◇初回放送日=2009年9月26日 視聴率=16.5%

◇サブタイトル
土曜ワイド劇場 「西村京太郎トラベルミステリー52 密室列車・かもしか,途中下車連続殺人!男鹿?弘前,温泉めぐり新婚旅行で花嫁が殺された…狙われる女系家族」

◇出演者
高橋英樹、大路恵美、結城しのぶ、未來貴子、山村紅葉 、井川晃一、茂賢治、天原まさみち、森本レオ、寺泉憲、山本みどり、緒形幹太、潮哲也、柳沢なな、片山昌三、伴杏里、佐藤輝、中帆登美、阿部裕見子、今井里美、稲輪吉泰、木崎浩之、山口竜央、窪園純一、福田博代、松尾晶代、山形透、田代大悟、松山尚子、藤川千尋、唐沢民賢、高橋華蓮、野村涼乃、風間凛、東映アカデミー、STORM RIDER、テアトルアカデミー、矢崎滋、小野寺昭、浅野ゆう子、愛川欽也

◇キャスト
mpg_004739704
十津川警部【 高橋英樹 】
mpg_006078899
北条刑事【 山村紅葉 】
mpg_006104611
清水刑事【 井川晃一 】
mpg_006103154
日下刑事【 茂賢治 】
小林刑事【 天原まさみち 】
mpg_001196135
西本刑事【 森本レオ 】
mpg_008997637
久保田あかね【 伴杏里 】
新人女性刑事
mpg_000421206
十津川直子【 浅野ゆう子 】
警部の妻
mpg_007898268
亀井刑事【 愛川欽也 】

◇ゲスト
mpg_007863805
朝倉多紀/大路恵美
(仙蔵の妹・新宿第一法律事務所・弁護士)
mpg_001389710
三宅文子/結城しのぶ
(仙蔵の妻・資産家・後家で未亡人)
mpg_003580534
三宅夕子/未來貴子
(文子の妹・バツイチの出戻)
mpg_004029102
青木俊郎/寺泉憲
(青木法律事務所の弁護士)
mpg_006128347
青木千鶴子/山本みどり
(青木の妻)
mpg_006892652
野澤利彦/緒形幹太
(野澤病院院長)
mpg_004116430
北山/潮哲也
(秋田県警察の刑事)
mpg_002019542
三宅清美/柳沢なな
(夕子の娘)
mpg_000755549
鈴木(刑事)/片山昌三
mpg_003674543
三宅晴夫/矢崎滋
(仙蔵の連れ子・藍染め土産店経営)
mpg_001745551
西本誠治/小野寺昭
(西本刑事の兄)
◇その他
mpg_001347381
マスター/佐藤輝
 文子の知り合い
mpg_003794372
三宅ひろみ/中帆登美
(晴夫の妻)
mpg_001567446
満江/阿部裕見子
落合温泉の仲居
mpg_001199224
時子/今井里美
ホテル鹿角の仲居
mpg_000713296
百瀬/稲輪吉泰
車掌
mpg_002447934
木崎浩之
ホテルフロント
mpg_002433212
ベルボーイ/山口竜央
新宿
mpg_001729942
支店長/窪園純一
津軽中央銀行
藤川千尋
三宅家のお手伝い
mpg_000367598
松尾昌代
アイメイト協会
mpg_001263686
山形透
タクシー
mpg_000396634
田代大悟?
福田博代?
(アベック・目撃者)
mpg_003427038
松山尚子
八百屋
mpg_008021196
三宅仙蔵/唐沢民賢
(三宅家先代で婿養子・故人)
mpg_007937172
三宅文子/高橋華蓮
(少女期)
mpg_007939956
三宅夕子/野村涼乃
(少女期)
mpg_007948006
朝倉多紀/風間凛
(幼少期)
東映アカデミー
STORM RIDER
テアトルアカデミー

◇あらすじ
警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(愛川欽也)は、西本刑事(森本レオ)から一葉のハガキを見せられる。それは彼の兄の誠治(小野寺昭)から届いたもので、温泉めぐりを楽しんでいるという内容だった。西本によると、誠治は三年前に妻を亡くし、今は独り身という。
秋田県大湯温泉で投函されたそのハガキには、旅先で三宅文子(結城しのぶ)という素敵な未亡人と知り合い、一緒に旅をすることになったと記されていた。
その夜、十津川の妻・直子(浅野ゆう子)は、自宅近くの路上で女性が倒れているのを目撃する。近くにいた学生の話では、その女性はひき逃げに遭ったという。突然ライトを消した車が彼女めがけて突っ込んできたというのだ。どうやら、その女性の命を狙っての犯行だったらしい。
幸いその女性・朝倉多紀(大路恵美)はかすり傷を負った程度だった。そこで直子は、多紀を近くの交番に連れて行き警官に事情を説明した。多紀は自分は弁護士だと名乗り、命を狙われるような心当たりはまったくないと言い切ったのだった。
一週間後、青森発秋田行きの奥羽線特急『かもしか2号』が、終着秋田に到着したとき、車内で首を絞められた女性客の死体が発見される。死体は三宅文子だった。
その夜、東京の誠治の自宅で、誠治が首を吊って自殺を図り、意識不明のまま救急車で病院に運ばれるという騒ぎが発生する。病院へ駆けつけた西本は、意識不明の兄・誠治を発見したのは、彼を訪ねてきた秋田県警の刑事だと知る。その刑事・北山(潮哲也)によると、誠治には文子殺害の容疑がかかっているという。西本宛に書かれた誠治の遺書も見つかり、それには、私は大変なことをしてしまった。死んでお詫びすると記されてあった。
北山の話では、誠治と文子はずっと行動をともにし、今朝、文子が黒石の銀行から500万円下ろして、そのまま二人で『かもしか2号』に乗り込んだことまでわかっているという。だが、殺されたとき、文子は500万を持っていなかったというのだ。
やがて誠治の家の中から500万の金が見つかるが、誠治は依然として意識不明で詳しいことはまるでわからない。
兄が殺人など犯すはずはないと信じる西本は、休暇を取って自ら三宅文子の死の謎を解き明かそうと秋田に向かうが…。