◇初回放送日=2012年6月6日 視聴率=%

◇サブタイトル
水曜ミステリー9 信州あづみ野名刑事道原伝吉の捜査行 長崎雲仙島原湯煙地獄(信州あずみ野の名刑事道原伝吉の捜査行)

◇出演者
松平健、斉藤慶子、内藤剛志、大谷直子、鳥羽潤、斉藤暁、平泉成、野村真美、篠田光亮、谷内里早、大城英司、石原温美、菊池隆則、田中綾子、加藤義宗、瀬野和紀、上原しおん、小野豊、佐藤祐一、真木千春、渡辺瞳、滝本ゆに、菅原佳子、高橋昌志、藤原新太、石原勇二、萩原康雄、柳川なほ、安田敦、大西利空、岡武史、伊藤水大毎、鈴木新平、納富新、伊藤明秀、林雄大、幸俊也

◇キャスト
道原伝吉の捜査行1.mpg_000648614
道原伝吉/松平健
(安曇野北警察署捜査主任・
警部補・元県警本部捜査一課)
道原伝吉の捜査行1.mpg_001456321
道原康代/斉藤慶子
(伝吉の妻)
道原伝吉の捜査行1.mpg_001454386
道原比呂子/谷内里早
(伝吉の娘)
道原伝吉の捜査行1.mpg_000455054
牛山耕二郎/菊池隆則
刑事課の刑事。
道原伝吉の捜査行1.mpg_000483282
岡島良彦/加藤義宗
刑事課の刑事。
道原伝吉の捜査行1.mpg_000486819
四賀善範/平泉成
(安曇野北警察署刑事課長)

◇ゲスト
道原伝吉の捜査行1.mpg_000835334
川尻星輝/鳥羽潤
(中留の弟子)
道原伝吉の捜査行1.mpg_001667899
伊吹/斉藤暁
(雲仙中央警察署 刑事)
道原伝吉の捜査行1.mpg_000488588
吉村和明/篠田光亮
(安曇野北警察署 刑事・道原の部下)
道原伝吉の捜査行1.mpg_002229894
淡路陶子/野村真美
(大松閣 女将)
道原伝吉の捜査行1.mpg_001017449
中留詩子/大谷直子
(中留の妻)
道原伝吉の捜査行1.mpg_000394727
中留浩介/内藤剛志
(画家)
◇その他
道原伝吉の捜査行1.mpg_006470230
重見竜也/大城英司
(九州新聞 記者) 
道原伝吉の捜査行1.mpg_005649744
寒川純子/石原温美
(中留の弟子)
道原伝吉の捜査行1.mpg_004642704
田中綾子
(大松閣 仲居)
道原伝吉の捜査行1.mpg_005450945
山尾/瀬野和紀
(雲仙中央警察署 刑事)
道原伝吉の捜査行1.mpg_000652451
夏江/上原しおん
第一発見者
道原伝吉の捜査行1.mpg_000623422
森田/佐藤祐一
第一発見者
道原伝吉の捜査行1.mpg_000591390
小野豊
救急隊員?
道原伝吉の捜査行1.mpg_000793459
沢木梓/真木千春
(安曇野北警察署 婦警) 
道原伝吉の捜査行1.mpg_003489652
渡辺瞳
看護師
道原伝吉の捜査行1.mpg_005821182
美和子/滝本ゆに
(島原の染物屋)
道原伝吉の捜査行1.mpg_006274501
工藤綾子/菅原佳子
20年前自殺
三谷/高橋昌志
(鑑識員)
道原伝吉の捜査行1.mpg_004551446
刑事/藤原新太
(雲仙中央警察署 刑事)
石原勇二
道原伝吉の捜査行1.mpg_000915281
中留浩介/萩原康雄
若い頃
道原伝吉の捜査行1.mpg_000913545
中留詩子/柳川なほ
若い頃
道原伝吉の捜査行1.mpg_000418751
安田敦
門番警官
道原伝吉の捜査行1.mpg_006305399
川尻星輝/大西利空
(幼少期)
道原伝吉の捜査行1.mpg_004210873
菊里敬三/岡武史
(美術教師・画家)
道原伝吉の捜査行1.mpg_004313275
伊藤水大毎
浩介の母
道原伝吉の捜査行1.mpg_004325754
塩谷/鈴木新平
(漁師)
道原伝吉の捜査行1.mpg_003019649
納富新
鮮魚市場
道原伝吉の捜査行1.mpg_001299598
伊藤明秀
(鑑識員)
「林雄大」の画像検索結果
林雄大
道原伝吉の捜査行1.mpg_004478974
中留浩介/幸俊也
(幼少期)
 

◇あらすじ
「あの女に刺されるなら仕方がない」という言葉とともに「一切闇処(いっさいあんしょ)」という地獄の名を言い残して、画家の中留浩介(内藤剛志)が安曇野の山道で殺害された。その夜、長崎県・雲仙でも新聞記者の重見(大城英司)が殺害され、遺体のそばで中留が描いた地獄絵図が発見される。同日に長野と長崎で起こった2つの殺人事件。繋がりを感じた安曇野北署の刑事・道原(松平健)が事件の真相に迫る!安曇野の山道で、画家の中留浩介(内藤剛志)が何者かに腹部を刺され殺害された。現場に急行した安曇野北署の刑事・道原伝吉(松平健)と新人刑事の吉村(篠田光亮)は、目撃者の証言から、中留が「一切闇処(いっさいあんしょ)…自業自得だ…あの女に刺されるなら仕方がない…」と言い残し亡くなったことを知る。その言葉を裏付けるように、現場付近では赤いリボンの登山帽をかぶった不審な女性が目撃されていた。中留は地獄絵図と菩薩の絵を描く長崎県雲仙在住の画家で、新作を描くために安曇野に来ていたという。中留が言い残した「一切闇処」とは、18種類あるという大叫喚地獄の1つで、婦女子を犯した者や人妻を奪った者が堕ちる地獄を指すことが判明する。