◇初回放送日=2007年10月6日 視聴率=14.6%

◇サブタイトル
土曜ワイド劇場 タクシードライバーの推理日誌-第23作(2007年)「東京〜蔵王 死体と待ち合わせた女」

◇出演者
渡瀬恒彦、風見しんご、鶴田忍、小林健、林美穂、佐藤二朗、大島蓉子、平田満、角替和枝、伴杏里、若林志穂、ヒロシ、小木茂光、淡路恵子、田中美奈子、森岡豊、二階堂千寿、緒方美穂、吉舎聖史、昼真りえ、寒河井譲

◇キャスト
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_002561091
夜明日出夫/渡瀬恒彦
大同交通のタクシードライバー
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_002222954
東山秀作/風見しんご
刑事
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_004294390
野村忠/鶴田忍
同僚タクシードライバー
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_002225990
国代義明/小林健
刑事
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_000148748
西村あゆみ/林美穂
夜明の娘
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_002272536
橋本/佐藤二朗
大同交通の新任係長
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_000091191
おばさん客/大島蓉子
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_000626525
神谷警部/平田満
警部。夜明の同期で元部下。

◇ゲスト
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_000930763
木村昌江/角替和枝
(朱音の叔母)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001607672
泉友紀/伴杏里
イラストレーター・朱音の元アシスタント
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001782180
松原朱音/若林志穂
(イラストレーター)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_002131796
井上レイジ/ヒロシ
(朱音の腹違いの弟・無職)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001032831
松原史朗/小木茂光
(朱音の夫・ワイン商)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_002564361
八木沢充子/淡路恵子
(遼子の母・アルツハイマー)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001577008
八木沢遼子/田中美奈子
(巴書房 編集者)
◇その他
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001470669
山本/森岡豊
(巴書房 編集者)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_004216412
寛子/二階堂千寿
(ケアホーム職員)
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001641006
緒方美穂
宝石店店員
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_001868032
吉舎聖史
パチンコ店店員
昼真りえ
タクシードライバーの推理日誌23.mpg_000554487
寒河井譲
所轄刑事?

◇あらすじ
タクシードライバーの夜明日出夫(渡瀬恒彦)は元警視庁の敏腕刑事。訳あって8年前に妻とは離婚、元妻と暮らしている一人娘のあゆみ(林美穂)もすでに大学院を卒業し、現在はフリーターながら自活している。
夜明は、そんなあゆみから母が再婚するらしいと聞かされる。しかも相手は13歳も年下だということで、彼の心は穏やかではない。
心に屈託を抱えたままの夜明は、ある日、神田神保町で、立川まで行ってほしいという女性客・八木沢遼子(田中美奈子)を乗せる。遼子は雑誌編集者で、売れっ子のイラストレーター、松原朱音(若林志穂)の家まで原稿を取りに行くところだという。
途中、遼子は御茶ノ水のコンビニで手土産の缶ビールを一ケース買い込んで、重そうに車の中に運び込んだ。
朱音の家に到着したところで、夜明は缶ビールのケースを持って、遼子に附いて玄関に向かった。だが、遼子がいくらインターホーンを押しても応答がない。
仕方なく遼子は庭に廻ったのだが、しばらくして彼女の悲鳴が上がった。夜明が駆けつけてみると、居間の窓が開いていて血まみれの女の死体が転がっており、そばに遼子が呆然と佇んでいたのだ。遼子によると殺されていたのは朱音で、凶器と思われる血染めのゴルフクラブが残されていた。
夜明の通報によって所轄署の刑事が到着、遅れて本庁の東山(風見しんご)、国代(小林健)両刑事も駆けつけてくる。鑑識によると、死亡推定時刻は昼の12時半前後で、事件は夜明たちの到着する1時間ほど前に起こったらしい。
東山は、朱音の夫でワイン商の松原史朗(小木茂光)に連絡を取ろうとするが、なかなかつかまらない。近所での聞き込みでは、夫婦仲はあまりよくないらしい。さらに、朱音の叔母(角替和枝)から、朱音が夫に愛人がいるらしいと悩んでいたとの証言を得る。
そのころ、事情聴取を終えた夜明は、遼子から、アルツハイマーで入院中の母(淡路恵子)を見舞いたいので都内のケアホームまで行ってほしいと頼まれる。