◇初回放送日=2004年8月30日 視聴率=%

◇サブタイトル
月曜ミステリー劇場 血痕 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル-第1作(2004年)「松本の一家惨殺事件! AB型の犯人は誰? 血の痕をたぐり警察科学研究所の鑑定官が執念で暴いた真実」

◇出演者
竹下景子、三船美佳、松田悟志、菊池均也、鈴木ヒロミツ、深浦加奈子、夏八木勲、志村東吾、永山たかし、渡辺琢磨、中根徹、望月太郎、大塚幸太、津山登志子、田川惠理、須永慶、沼崎悠、相本久美子、徳井優、越村公一、御園まゆ美、三谷侑未、川本けい子、曽川留三子、住吉理栄、武田大和、鈴木修平、渋谷実、檜尾健太、池田昭広、佐野泰臣、若山詩音、大嶋捷稔

◇キャスト
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000764964
湯川愛子/竹下景子
研究官。犯罪捜査の証拠固め
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_001138103
湯川朋美/三船美佳
愛子の娘。世田谷総合病院の看護師。 
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_001886985
杉山博史/松田悟志
愛子の助手。
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000847446
佐野利行/菊池均也
愛子の同僚。
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005073568
樋口英一郎/鈴木ヒロミツ
室長。愛子の上司。
 

◇ゲスト
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_002970000
金井玲子/深浦加奈子
(スナックのホステス・城山の元愛人)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_001429528
秋津幸三/夏八木勲
(長野県警捜査一課 警部補)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000565431
沢井俊夫/志村東吾
(松本東警察署 刑事)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005896123
吉岡清志/永山たかし
(剛の家庭教師)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003634897
城山剛/渡辺琢磨
(城山と玲子の息子・高校生)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_002479810
藤井/中根徹
(刑事)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003097060
城山則文/望月太郎
(病院院長)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000055655
木川/大塚幸太
(刑事)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003425622
川上佐千代/津山登志子
(千佳の母)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003254351
川上千佳/田川惠理
(剛の同級生・朋美の担当患者)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000363196
角田/須永慶
(松本東警察署 署長)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000347714
山根/沼崎悠
(松本東警察署 鑑識課長)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005251179
城山春江/相本久美子
(城山の妻)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005272300
遠藤由紀夫/徳井優
(無職)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_002559089
坂下信夫/越村公一
(病院事務局長)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_002955919
佐々木貴代/御園まゆ美
スナックの店員
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_001190489
楢崎房子/三谷侑未
(婦長)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003554017
川本けい子
レポーター
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005287915
曽川留三子
近所の主婦
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_000187720
住吉理栄
近所の主婦
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005469096
武田大和
居酒屋店主
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003050313
鈴木修平
バーの客・玲子が過失死
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_002459223a
渋谷実
研究官
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_002459223
檜尾健太
研究官
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_003574404
池田昭広
外科医師
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_006557417
秋津昇/佐野泰臣
(秋津の息子)
血痕 警科研 湯川愛子の鑑定ファイ___1.mpg_005128690
湯川朋美/若山詩音
(幼少期)
大嶋捷稔
早川プロ
劇団ひまわり
松本市のみなさん
 

◇あらすじ