◇初回放送日=2020年3月22日 視聴率=%

◇サブタイトル
日曜プライム 私は代行屋!事件推理請負人-第5作(2020年)「嫉妬や怨恨など種々の思いが渦巻く高級タワーマンションで、不幸にも発生してしまう連続殺人事件の謎」

◇出演者
高畑淳子、近藤芳正、生島勇輝、綱島郷太郎、宮下ともみ、神永圭佑、小野武彦、星野真里、菅原大吉、池田成志、遠山俊也、久世星佳、佐々木勝彦、前田航基、藤真利子、加茂美穂子、嶋崎伸夫、吉本選子、田村健太郎、平尾仁、藤井佳代子、和泉佑三子、菅裕輔、ガンビーノ小林、ボブ鈴木、前田ばっこー、澤村穣、村上かず、松田章、原妃とみ、前田晴香、飯田祐貴、上野山浩、米持愛梨、増田眞澄、小野塚雅人、二階堂梨花

◇キャスト
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000471471
葛城晴子/高畑淳子
はあとふるサポート社員
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003453550
乾寛二/近藤芳正
刑事・晴子の高校時代の後輩
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000226492
柴田明良/生島勇輝
刑事、乾の後輩
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003189286
小塚賢治/綱島郷太郎
はあとふるサポート社員
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003177240
大倉真紀/宮下ともみ
はあとふるサポート社員
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_004813575
葛城俊哉/神永圭佑
晴子の息子、一浪中
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000144878
私は代行屋!
事件推理請負人
5
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003671000
星川護/小野武彦
はあとふるサポート社長 

◇ゲスト
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000564463
杉浦瞳/星野真里
(森園明香の付き人)
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000596696
高橋元樹/菅原大吉
(電機メーカーの部長・休職中)
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_007121614
尾高典史/池田成志
(大実業家)
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_004112942
本多達彦/遠山俊也
高層階の住人
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000551083
森園明香/久世星佳
(女優・最上階の住人)
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000463863
広岡康人/佐々木勝彦
マンションの理事会長
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_004231660
森園拓海/前田航基
明香の息子・引きこもり
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000582415
岩崎礼子/藤真利子
(書道家)
◇その他
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000601601
唐島夏子/加茂美穂子
(最上階の住人)
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003821417
平野/嶋崎伸夫
ホテル火災の被害者遺族
平野/吉本選子
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_006476603
平野健司/田村健太郎
被害者・平野の息子
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_005679674
大西/平尾仁
大西メタル加工
大西/藤井佳代子
「和泉佑三子」の画像検索結果
和泉佑三子
マンション住人
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000769635
今井/菅裕輔
仁藤のアパートの隣の住人
「ガンビーノ小林」の画像検索結果
ガンビーノ小林
マンション住人
「ボブ鈴木」の画像検索結果
ボブ鈴木
マンション住人
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_004043339
店主/前田ばっこー
八百屋
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_000135935
仁藤祐介/澤村穣
被害者
村上かず
松田章
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003233663
原妃とみ
派遣会社事務員
「前田晴香」の画像検索結果
前田晴香
飯田祐貴
上野山浩
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003220584
米持愛梨
派遣会社事務員
「増田眞澄」の画像検索結果
増田眞澄
小野塚雅人
私は代行屋! 事件推理請負人.mpg_003317414
高橋友紀/二階堂梨花
元樹の娘・ホテル火災の被害者
クロキプロ
スマイル合唱団
 

◇あらすじ
葛城晴子(高畑淳子)は、星川護(小野武彦)が社長を務める『はあとふるサポート』勤務の代行屋。「誰かの欠けたピースになる」ことをモットーに、依頼主が求める人物になりきり、子どもの送迎など日常的な困りごとから冠婚葬祭、ビジネスといったオフィシャルな場での対応まで、幅広く代行業務を請け負っている。そんな晴子が今回代行するのは、超高級タワーマンションの管理業務。管理人が立て続けに辞めているというマンションに赴いた晴子は、あろうことか着任早々、20階と21階の間の非常階段で若い男の刺殺体を発見してしまう!被害者は仁藤祐介(澤村穣)。マンションの住民ではなく、監視カメラの映像から、点検中で使用できなかった上層階専用のエレベーターに代わり、20階までの下層階専用エレベーターを使用後、階段でさらに上の階に住む誰かを訪ねようとしていたと推定された。
急きょ開かれた住民たちへの説明会で、晴子たちは、世帯収入が違うという高層階と下層階で二分する、タワーマンション内の人間関係を知ることになる。高層階グループには、“マンションの女帝”と呼ばれ取り巻きを引き連れているビジネスウーマンの唐島夏子(加茂美穂子)、その取り巻きの一人で物静かな書道家の岩崎礼子(藤真利子)、心臓の病気で休職中ながら電機メーカーで部長を務める高橋元樹(菅原大吉)、また女優の森園明香(久世星佳)の顔もあった。明香にもまた派手な取り巻きがいて、夏子のグループとはいがみ合う仲。なだめ役は、明香の付き人を務める杉浦瞳(星野真里)だ。住民の聴取をはじめ捜査の指揮を執るのは、晴子の高校時代の後輩で警視庁勤務の乾刑事(近藤芳正)。晴子は管理人代行として、一刻も早く居住者の平穏な暮らしを取り戻すため、本来の業務に加えて捜査にも全面協力する。
しかし、聴取の結果、夜になって帰宅した高層階に住む本多達彦(遠山俊也)も含め、住民には一人として被害者を知るものはなかった。代わりに、事件とは一見、無関係そうな、夏子と明香がいがみ合う理由や、取り巻きの一人に見えた礼子にとって夏子はクライアントであること、そして夏子が勤務する企業の会長が、警察の上層部にも顔が利く大実業家の尾高典史(池田成志)で、2人が愛人関係にあるとの噂を明香が撒き散らしていることなど、ゴシップを含むさまざまな情報が晴子や乾に入ってくる。その中には、明香に対する脅迫など穏やかでないものも。また、本多の意外な過去も判明。住民のそれぞれが抱える秘密に捜査の手が伸びる中、最も恐れていた第二の殺人が発生! 晴子は管理人としての力不足を痛感し、自責の念にかられる…。