◇初回放送日=2019年3月4日 視聴率=%

◇サブタイトル
月曜名作劇場 警視庁SP特命係「かつて、鉄壁と呼ばれたSPがいた。過去に因縁のある事件が勃発し、急遽、女性大臣の警護に引き戻される。特命の警視庁SPとして——!」

◇出演者
舘ひろし、葛山信吾、春輝、稲荷卓央、兼松若人、大迫一平、小木茂光、茅島成美、森本レオ、浅野温子、上田耕一、遠山俊也、谷田歩、飯沼千恵子、嘉人、岡部たかし、板垣雄亮、小山萌子、みっちー、加藤衛、伊藤俊輔、尾﨑祐司、内藤聖羽、常松恵子、清水伸、落合由佳、野澤しおり、松本圭世、もりのめぐみ、黒板七郎、岡けんじ、赤川千尋、伊東潤

◇キャスト
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_002001032
不破武志/舘ひろし
かつて鉄壁と呼ばれたSP 2係
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003136900
黛隆俊/葛山信吾
主任SP 
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_005273701
田邊詩織/春輝
SP
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003176339
近藤篤史/稲荷卓央
SP
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003173203
元山慎吾/兼松若人
SP
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003690186
若松裕太郎/大迫一平
部下
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_004600195
東原大貴/小木茂光
組織犯罪対策部 5課
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000796762
原菊子/茅島成美
古書店「ゆめや」店主
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000948380
板倉誠二/森本レオ
警視庁警備部 警護課課長
 

◇ゲスト
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_006106633
芥川奈美恵/浅野温子
薬物乱用対策推進担当大臣
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000404036
磯久保忠/上田耕一
黒幕 厚生労働大臣
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_005493254
芥川義和/遠山俊也
3年前 薬物乱用対策推進担当大臣
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_006766860
西方圭一郎/谷田歩
SP 不破の元部下
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_006048008
佐野亜季/飯沼千恵子
芥川大臣秘書官
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003794824
横田修一/嘉人
大学院生
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000562929a
安東祐樹/岡部たかし
南波医科大学薬学部 教授
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003258255
氷室学/板垣雄亮
暴力団 狙撃犯
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003297460
高野八重子/小山萌子
卵を投げつけた母親
◇その他
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000562929
助手A/みっちー
研究所の助手
記者A/加藤衛
記者B/伊藤俊輔
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_002853417
尾﨑祐司
会場作り
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000561527
助手B/内藤聖羽
研究所の助手
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_001343508
常松恵子
古本屋の近所
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_002674571
雑誌/清水伸
磯久保を取材
「落合由佳」の画像検索結果
落合由佳
アナウンサー
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_005166961
阿久津絵美/野澤しおり
少女
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_000495928
鈴木絢子/松本圭世
リポーター
月曜名作劇場「警視庁SP特命係」[解][字]1.mpg_003262158
もりのめぐみ
司会者
「黒板七郎」の画像検索結果
月影泰道/黒板七郎
日本ドラッグケアセンター院長
岡けんじ
赤川千尋
伊東潤
芸優
加藤企画
ハルベリーオフィス
 
 

◇あらすじ
警視庁警備部警護課セキュリティポリス(通称:SP)の不破武志(舘ひろし)は、薬物乱用対策推進担当大臣・芥川義和(遠山俊也)の警護に当たっていた。しかし、自宅玄関から大臣専用車に誘導する瞬間、銃声が響き芥川は頭部を撃ち抜かれた。妻・奈美恵(浅野温子)の目の前で…。
あの事件から3年。街のはずれにひっそりと佇む古びた古書店に、店主・菊子(茅島成美)とテレビのニュースを見ている不破の姿があった。画面には、薬物乱用対策推進担当大臣となった奈美恵が記者会見をしている映像が流れている。固い信念で危険ドラッグ撲滅に向け戦う奈美恵に反発する敵も多く、SPの間では何人いても彼女を守り切れないと嘆かれていた。
そんなある日、奈美恵の後援会事務所で爆破事件が勃発。ケガ人や巻き込まれた人はいなかったが、同じ頃、奈美恵の自宅にライフルの銃弾が送り付けられ、さらにはネットに「芥川奈美恵 次は殺す」といった脅迫が。奈美恵の過激な言動が相手を挑発したのではと考えられ、警護課は警備強化のためのSPの増員を決定した。
数日後、不破の元に、かつての同僚で現在は警護課課長の板倉(森本レオ)がやってきて、不破に復帰の話が出ていることを伝える。警護対象者は芥川奈美恵大臣で、しかもそれも、奈美恵直々の指名だという。考え抜いた末、不破はSPに復帰することを決心する。
復帰初日、不破は板倉や同じくSPの黛(葛山信吾)らと奈美恵のもとへ挨拶に行く。不破を前にした奈美恵は自ら指名したにも関わらず非難の言葉を浴びせる。さらに、「今度は私を見殺しにしてください」と…。その言葉が何を意味しているのか分からず、不安になる不破。
その2日後、薬物依存者の更生施設「日本ドラッグケアセンター」の完成記念式典に出席する奈美恵がセレモニー会場の裏口に到着した。確認に確認を重ねステージへと奈美恵を誘導する不破たち。その中で、不審な動きをする帽子を被った男を不破は見逃さなかった。不破が その男を追おうとしたその時、背後から列席者の悲鳴が響いた。そしてステージにいる奈美恵に…。