オールキャスト2時間ドラマ

お気に入りの2時間ドラマを集めキャストにこだわってみました。

ハンチョウ5

ハンチョウ5-第10話~第11話~最終話「最終章…木曜日の子供」~「都内5カ所爆破予告!」~ 「衝撃!キングの正体」

第10話 ◇初回放送日=2012年6月11日 視聴率=12.4%
◇出演者(第10話)
佐々木蔵之介、比嘉愛未、小澤征悦、福士誠治、六平直政、加藤夏希、郭智博、内野謙太、清水紘治、鶴田忍、奥田達士、並樹史朗、渋谷哲平、森里一大、鈴木秀人、千咲としえ、澤田怜央、滝田匠、野口雅弘、尾関伸嗣,井上和香、高島礼子、里見浩太朗

第11話 ◇初回放送日=2012年6月18日 視聴率=10.4%
◇出演者(第11話)
佐々木蔵之介、比嘉愛未、小澤征悦、福士誠治、六平直政、加藤夏希、合田雅吏、郭智博、内野謙太、清水紘治、鶴田忍、奥田達士、並樹史朗、滝田匠、桂佑輔、山中アラタ、平真之丞、井上和香、田村亮、高島礼子,里見浩太朗

最終話 ◇初回放送日=2012年6月25日 視聴率=11.2%
◇出演者(最終話)
佐々木蔵之介、比嘉愛未、小澤征悦、福士誠治、六平直政、加藤夏希、合田雅吏、白石朋也、伊藤友樹、平田裕一郎、郭智博、内野謙太、清水紘治、鶴田忍、奥田達士、並木史朗、滝田匠、澤田怜央、友倉由美子、橋野純平,里見まや、井上和香、田村亮、高島礼子

◇ゲスト
838
三神雅也/郭智博
(容疑者M)
400
町村良平/内野謙太
(町村写真館店主)
377
稲垣徹/清水紘治
(イーストアジアプレス社長)
065
ほのか園/鶴田忍
施設の園長
909
坂元英樹/奥田達士
(元警視庁公安部公安一課第三公安捜査第6係係長)
290
樋口亜希子/井上和香
(スーパーマーケット店員)
188
若林公康/田村亮
(投資ファンド社長)
545
白石朋也
伊藤友樹
平田裕一郎
||
刑事
256
原田邦暁/並木史朗
(原田パシフィック貿易社長)
385
渋谷哲平
亜希子の喧嘩相手
691
森里一大
尾崎の情報屋
115
三神慎太郎 鈴木秀人
父 享年35 雑誌記者
||
三神今日子 千咲としえ
母 享年35 会社員
123
三神雅也/澤田怜央
少年期
353
三神雅也/滝田匠
幼少期
968
内藤彰    野口雅弘
内藤破砕土木建設社長
尾関伸嗣の画像
谷靖人巡査/尾関伸嗣
尾崎の後輩 殉職
943
桂佑輔
平真之丞
山中アラタ
||
亜希子の古い仲間
友倉由美子の画像
友倉由美子
聞き手?
470
橋野純平
マンガ喫茶の店員
里見まや
アナウンサー
CASTY
劇団ひまわり
テアトルアカデミー
劇団東俳
CASTY
OFFIC101
テアトルアカデミー

第10話◇あらすじ
ある日、とある貿易会社の社長が射殺されるという事件が発生する。犯人が撃った銃弾の特徴から、1年前に起きた建設会社社長の射殺事件と同一犯の可能性があり、西新宿署に捜査本部が設置されることとなった。その捜査本部に尾崎(小澤征悦)も加わるようにと、川口刑事部長(里見浩太朗)からの命令を、真山捜査一課長(高島礼子)が尾崎と安積(佐々木蔵之介)に伝える。
5年前、尾崎の後輩が射殺された事件で、その現場にいた不審人物を尾崎が目撃しているのがその理由だった。その不審人物とは、三神雅也(郭智博)という人物で、1年前の建設会社社長射殺事件の重要参考人として捜査線上に挙がっていたのだ。
詳しくは川口刑事部長に聞いてほしいという真山の言葉を受け、安積は刑事部長室へと向かった。すると、三神と関係の深いという、樋口亜希子(井上和香)と町村良平(内野謙太)という2人に関するファイルを渡され、樋口には結城(比嘉愛未)、町村には小池(福士誠治)に、それぞれ接触して三神の情報を集めてほしいと指示された。
その指示に驚き、単独捜査を心配する安積だが、川口によると、結城も小池もそれぞれ2人には面識があるから心配ないという。その言葉に、さらに驚く安積。いったい三神雅也とは何者かと川口に尋ねると…!?

第11話 ◇あらすじ
高性能爆弾を入手したという容疑者M・三神雅也(郭智博)が、とある倉庫街に現れるという情報を掴んだ川口刑事部長(里見浩太朗)は、安積班を急行させた。
そこで三神と遭遇するも取り逃がす安積班。とそこで、小池(福士誠治)が不審車両の爆発に巻き込まれた!これは三神の罠だったのか!?
事件解明のためとはいえ、これ以上部下を生命の危険にさらされたくない安積は、川口刑事部長が、なぜ三神の情報を知り得たのか疑問を持ち、真山捜査一課長(高島礼子)に川口刑事部長の通話記録を懲戒免職覚悟で調べさせてくれと依頼する。
そんな時、安積が川口との関係を疑っていた、三神の両親殺しに加わったとされる「木曜日の子供」のメンバーで、現在は通信会社社長・稲垣徹(清水紘治)が射殺され発見されたとの連絡が入った…。
ほどなく、使用された爆弾は高性能のプラスチック爆弾で、起爆装置はセンサーで連動、人が近寄るとスイッチは入るタイプだと、丸岡(六平直政)から報告が。これは軍の破壊工作員かテロ組織などが使用するものらしく、三神の犯行だとすると警察にとってかなりの脅威となるという。
安積班は、命の危険を感じながら、三神が接触する可能性の高い樋口亜希子(井上和香)と町村良平(内野謙太)、そして児童施設の寮長(鶴田忍)に張り付き、引き続き捜査を継続するが…。

最終話◇あらすじ
三神(郭智博)の行方を追うために参考人としてマークしていた町村(内野謙太)の命が狙われ、亜希子(井上和香)は銃で撃たれた。やはりこれも三神の仕業なのか!?
そんなとき、「都内5箇所に1キロの爆弾を仕掛けた。爆発を回避したければ正午までに臨海埠頭に来い」と、川口刑事部長(里見浩太朗)宛に脅迫メールが届いた。
残された時間は3時間しかない。まもなく、鑑識課の丸岡(六平直政)から、千春(加藤夏希)が脅迫メールの発信場所を特定したとの連絡が。尾崎(小澤征悦)と結城(比嘉愛未)、小池(福士誠治)らは、三神の姿を追って手分けして奔走する。
一方の安積(佐々木蔵之介)は、川口刑事部長を護衛して、犯人が指定した埠頭へと向かう。指定された埠頭では、真山捜査一課長(高島礼子)ら捜査一係のメンバーが配置についていた。
 安積が運転する覆面パトカーが指定場所へと向かう途中、川口刑事部長の携帯にメールが届いた。それは犯人からのメールで、場所を変えてAスタジアムへ来いという内容だった。
ほどなく、スタジアムへ到着すると、また犯人からの指示がメールで届く。犯人は、二人をカメラで監視しているようだ…。
まもなく、犯人が指示した位置へ川口刑事部長と安積が立つと、またもや指示が。その指示とは、正午までに川口刑事部長を、安積が射殺しろというものだった。
数万人の命を犠牲にはできないと、川口刑事部長は安積に自分を撃てと命令。その言葉を受けた安積は……!?

ハンチョウ5-第9話 「母親の命か?子どもの命か?」

◇初回放送日=2012年6月4日 視聴率=10.5%

◇キャスト
佐々木蔵之介 比嘉愛未 小澤征悦 福士誠治 六平直政 加藤夏希 合田雅吏 金田賢一 中丸新将 蟹江一平 久松信美 三田村賢二 南周平 森奈みはる 勢至郎 山崎竜太郎 若松俊秀 山本修 鈴木智絵 辻本伸太郎 岩山孝 美月麻帆 松島海斗 五十嵐空 高島礼子

◇ゲスト
134
神坂孝介/金田賢一
(共立浦原総合病院心臓血管外科医)
636
鶴来陽一/中丸新将
(洸徳総合病院院長)
404
真壁秀樹/蟹江一平
(ロッキー&モーリス社機械工学エンジニア)
325
秋葉太一/久松信美
(悠馬の父親)
448
柊肇/三田村賢二
(衆議院議員)
南周平
983
神坂澄子/森奈みはる
067
北川/勢至郎
事務長
620
秋葉悠馬/山崎竜太郎
(洸徳総合病院入院患者)
478
南弘和/若松俊秀
杉並中央病院 医師
926
山本修
秘書
086
鈴木智絵
南の妻
423
辻本伸太郎
060
岩山孝
患者
tuma
秋葉早苗/美月麻帆
(悠馬の母親)
松島海斗の画像
神坂タケル/松島海斗
息子
563
南諒/五十嵐空
息子

CASTY


◇あらすじ
真山捜査一課長(高島礼子)からいたずら電話の捜査を頼まれた安積班。そのいたずら電話とは「息子を誘拐した。その息子の命と柊議員(三田村賢二)の命の、どちらが大切な命か選べ。選ばれなかった命を抹殺する」という内容で、被害は東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県にまたがり、同じような内容の電話が90件以上、全て医師がターゲットだった。
早速、柊議員を訪ねる安積(佐々木蔵之介)だが、そんなとき、ある総合病院の鶴来院長(中丸新将)が、自宅マンションの駐車場で死体となって発見されるという事件が発生する。鶴来は、1年前に柊議員が心臓手術した病院の院長で、その執刀を担当した医師・神坂孝介(金田賢一)と共に、当時「奇跡の生還」と新聞紙面でも大きく報道されていた。
安積はその記事の中、柊、鶴来、そして神坂の3人で写っている写真で、命を救ったはずの神坂だけが険しい表情をしていたことが気にかかっていた。そこで、安積は神坂医師を訪ねるが、その報道のあった後、辞めていることがわかった。また、神坂医師の周辺を調べていると、ある一人の少年の死が浮かび上がる。
ほどなく、安積は現在、神坂が勤めている病院へと向かった…。

ハンチョウ5-第8話 「はだしの美女…記憶喪失の女」

◇初回放送日=2012年5月28日 視聴率=12.2%

◇出演者
佐々木蔵之介 , 六平直政 , 前田愛 , 加藤夏希 , 合田雅吏 , 小澤征悦 , 平田裕一郎 , 比嘉愛未 , 沢井美優 , 渡浩行 , 滝直希 , 白石朋也 , 福士誠治 , 鈴木裕樹 , 高島礼子 , 渡辺寛二 , 阿部朋子 , 松澤仁晶 , 関根洋子 , 椋田涼 , 岡部たかし , 尾崎雅幸 , 瀬尾智美 , 八木菜々花 , 東山麻美 , 倉崎由衣 , 宇都隼平

◇ゲスト
822
向井歩美/前田愛
(クラブグレイスホステス嬢)

◇その他

472
門脇修二/鈴木裕樹
(康平の弟)
830
奥村加奈子/沢井美優
(修二の幼馴染)
161
西村敦史/滝直希
(スミレ銀行融資担当)
754
渡浩行
所轄
535
渡辺寛二
練馬北署 2年前自殺と処理
458
夏目/阿部朋子
向井歩美の担当医者
113
大石治/松澤仁晶
(スミレ銀行主任調査役 刺殺体で発見)
739
祐子/関根洋子
歯科医
625
坂巻行雄/椋田涼
コンビニ強盗
147
岡部たかし
救急隊員
321
阿久津秀行/尾崎雅幸
暴力団組員
521
響子/瀬尾智美
ママ
120
大沢麻衣/八木菜々花
歩美の前の隣人
031
亜梨紗/東山麻美
ホステス
634
彩花/倉崎由衣
ホステス
703
門脇康平/宇都隼平
(元スミレ銀行 歩美の婚約者 2年前自殺)

CASTY

263
片山刑事/白石朋也
平井刑事/平田裕一郎

◇あらすじ
ある朝、犯人を追跡中の安積班の面々。その最中に結城(比嘉愛未)が、ある女性と出会い頭にぶつかってしまい、その女性を倒してしまった。脳震盪を起こしているのか、その女性は意識不明の状態に。至急、救急車で搬送されると、その車中で意識を取り戻すが、自分が誰かが分からないという。また、身元がわかるような所持品などはなく、ましてや靴すら履いていなかった。
そんなことがあった近所で、同日、男性が死んでいるとの通報が入った。その知らせを受けて事件現場へと向かう安積(佐々木蔵之介)と結城。事件現場は争った様子もなく、現金、貴金属の類も手付かずのため、怨恨による顔見知りの犯行のようだ。
その後、被害者の身辺を捜査していると、水商売風の女性が被害者の自宅に出入りしていたことが、聞き込みにより判明。また、鑑識が採取した指紋に、あの記憶喪失の女性の指紋があることがわかった。しかし、女性が着ていた衣服からは、被害者の血痕などは検出されなかった。
事件現場から女性の指紋が見つかったことで、重要参考人として記憶喪失の女性の身元を調べる安積班。そして、ほどなくその女性は「向井歩美」という人物だということがわかり、被害者の自宅に出入りしている女性だったということもわかる。
その後、安積は結城に、歩美に付き添って捜査をするよう指示する

ハンチョウ5-第6話 「尾崎暴走!逮捕状発令」 第7話 「5年前の真実…完結編」

第6話◇初回放送日=2012年5月14日 視聴率=10.8%
第7話◇初回放送日=2012年5月21日 視聴率=10.6%

◇出演者(第6話)
佐々木蔵之介 比嘉愛未 小澤征悦 福士誠治 六平直政 加藤夏希 合田雅吏 白石朋也 伊藤友樹 岩永洋昭 山下徹大 飯田圭織 小西博之 木下ほうか 法福法彦 福井博章 内野智 高山成夫 大島明美 オジエルノザキ 中田舞奈 高島礼子 里見浩太朗

◇出演者(第7話)
佐々木蔵之介 比嘉愛未 小澤征悦 福士誠治 六平直政 加藤夏希 岩永洋昭 山下徹大 飯田圭織 小西博之 法福法彦 三輪ひとみ 内野智 森本武晴 尾関伸嗣 鈴木誠克 高島礼子 里見浩太朗

◇ゲスト
701
ケニー・フジムラ/岩永洋昭
日系ブラジル人三世 サッカー留学
369
ジョーノ・タナカ/山下徹大
ケニーと親友
086
青木美加/飯田圭織
ケニーの恋人aloha table店員
688
赤川光一郎/小西博之
西多摩市会議員
759
菊島治郎/木下ほうか
(警視庁西多摩警察署強行犯係刑事)
741
倉田真一/法福法彦
赤川の秘書
366
深町高広/福井博章
(連続タクシー強盗犯)
895
松永恒夫/内野智
 闇金 解散した響組の構成員
607
武井正雄/高山成夫
(武井木材社長)
422
武井友子/大島明美
(麻友の母親)
824
マスター/オジエル・ノザキ
058
武井麻友/中田舞奈
(西多摩女子児童ひき逃げ事件被害者)
CASTY
クーインターナショナル
132
刑事/白石朋也
刑事/伊藤友樹

第7話

986
滝田 麗子/三輪ひとみ
(松永の愛人)
737
浜田/森本武晴
銃の売人
771
谷靖人巡査/尾関伸嗣
尾崎の後輩 殉職
鈴木誠克CASTY

◇第6話あらすじ
ある日、街中で犯人を追跡していた尾崎(小澤征悦)、結城(比嘉愛未)、小池(福士誠治)ら。その逮捕劇の最中、出合い頭に一人の男と接触。犯人を確保した後、尾崎がぶつかってしまった男に声をかけ近寄ると、その男はサングラス残し一目散に逃げていってしまった。
不審に思った尾崎らは、警視庁でその男の身柄を調べると、その男の顔とサングラスから摂取した指先の指紋から、一年前に西多摩署管内で起きた「小学校5年生の女児ひき逃げ事件」の容疑者で、現在も逃走中の日系ブラジル3世、ケニー・フジムラ(岩永洋昭)だという可能性が高まった。
しかし、捜査を担当した西多摩署によると、ケニーは事故を起こした3日後にブラジルへ高飛びしたとのことだった。また、外務省を通じてケニーの所在を確認したが、密航したのか?ブラジルに帰国した記録は無いという。
ほどなく、安積(佐々木蔵之介)が捜査一課の真山(高島礼子)に掛け合い、ケニーの捜査に乗り出す安積班。西多摩署で、ひき逃げ事件を担当した刑事に話を聞くと、当時の事故後、ケニーの恋人だった青木美加(飯田圭織)の元にケニーから手紙が届いていたという。その手紙を調べたところ、ケニーの指紋とDNAが検出されたほか、ブラジルから投函されているところから、ケニーはブラジルに潜伏していると判断したとのことだった。
また、被害者の母親が事故直後に走り去るケニーの車を目撃しているほか、車を乗り捨てたケニーの姿を、西多摩市会議員・赤川光一郎(小西博之)の秘書が目撃していることから犯人と断定したというのだ。
しかし、被害者の母親から事情を聞くと、ケニーは以前、夫が経営する会社で働いていたこともあり、顔見知りで娘とも仲が良かったという。また、美加から事情を聞くと、ケニーは犯人ではない、卑怯な人間ではないと言い切る。
捜査が進む中、ひき逃げ事件とは別の事件が絡んでいると睨んだ尾崎は、単独行動で捜査を進めていく…。

第7話 あらすじ
一年前に起こったひき逃げ事件の犯人が、ケニー・フジムラ(岩永洋昭)ではないと確信した尾崎(小澤征悦)は、安積(佐々木蔵之介)の説得にも応じることなく、真実を求めてケニーと行動を共にする。
そんな尾崎に“犯人幇助(ほうじょ)”の容疑で逮捕状が出された。また、ひき逃げ事件の真相を知るジョーノ・タナカ(山下徹大)が射殺されたことから、ジョーノの殺人も疑われることになる。
尾崎の行方を心配する結城(比嘉愛未)と小池(福士誠治)だが、ひき逃げ事件の真相を明らかにすれば、尾崎がケニーを連れて逃走する理由がなくなると、安積は結城と小池に、ひき逃げ事件の捜査を続行するよう指示。
そんなとき、鑑識の丸岡(六平直政)からジョーノが射殺された現場から発見された銃弾が、尾崎の銃から出た弾丸と一致したとの報告が…。
ほどなく、ひき逃げ事故を起こした車からケニーが降りるのを目撃したという西多摩市議会議員・赤川光一郎(小西博之)の秘書・倉田真一(法福法彦)の証言のウラを取りに向かう結城と小池だが、倉田は過労で倒れて絶対安静状態だという。
 一方、安積はケニーの恋人の美加(飯田圭織)から事情を聞くと、ケニーは真犯人を捕まえようとしていると答える美加。ケニーを守ってほしいと、安積に頭を下げた…。

ハンチョウ5-第5話 「女子高生は見ていた!」

◇初回放送日=2012年5月7日 視聴率=12.3%

◇出演者
佐々木蔵之介 比嘉愛未 小澤征悦 福士誠治 六平直政 加藤夏希 宮本真希 須藤茉麻 赤木伸輔 いとうまい子 根本久美子 山下規介 渋谷亜希 森岡朋奈 福山亜弥 大鶴美仁音 あべかつのり 五十嵐大輔 長谷川恵一郎 丸山裕一 志摩鮎子 原浩史 高島礼子

◇ゲスト
518
広沢江里/宮本真希
(飛鳥工房チーフアシスタント)
743
大友果歩/須藤茉麻(Berryz工房)
(東京都立若葉台女子高校生徒)
346
藤巻亮介/赤木伸輔
(栄講社・純情クリスタル編集担当者)
955
飛鳥あかり/いとうまい子
(純情クリスタル作画者)
836
大友尚子/相本久美子
(果歩の母親)
242a
大友茂/山下規介
果歩の父親
512
杉山佳恵/渋谷亜希
(結城の友達)
178
美菜/盛岡朋奈
果歩の友人
311
木谷きらら/福山亜弥
(本名は木谷伸枝・純情クリスタル原作者)
359
大鶴美仁音
桜丘カフェ店員
553
あべかつのり
五十嵐大輔
||
通報で駆け付けた警察官
897
長谷川恵一郎
珈琲タイムスの店長
506
丸山裕一
志摩鮎子
||
死体を発見したカップル
原浩史
セントラル子供タレント
CASTY

◇あらすじ
ある日、結城(比嘉愛未)が友人・杉山佳恵(渋谷亜希)のマンションで午後のひと時を過ごしていたとき、警官がやってきた。「4階の右から2番目の部屋で女性が襲われている」との通報があり、その部屋と思われる杉山の家を訪ねてきたのだ。結城に事情を聞いた警官は、イタズラ通報と判断し帰っていった。
その2日後、人気連載漫画「純情クリスタル」の原作者・木谷きらら<本名・木谷伸枝>(福山亜弥)が「山梨県で渓流釣り中に事故死」というニュースが流れ、漫画のファンだという小池(福士誠治)が、分署内で騒ぎ出したことから事態は一転。なんと、木谷の住んでいたマンションは、結城の友人・杉山が住んでいるのと同じマンションだった。結城があらためて月曜日の通報内容を確認すると、マンションのベランダ側から見て4階の右から2番目が木谷の部屋に当たると判明。通報が事実だった可能性もあると、結城は再調査を願い出る。しかし、山梨県警が既に事故死と発表しているため、安積(佐々木蔵之介)は慎重な捜査を指示する。
尾崎(小澤征悦)と小池は「純情クリスタル」の作画担当をしている飛鳥あかり(いとうまい子)と、アシスタントの広沢江里(宮本真希)、編集担当の藤巻亮介(赤木伸輔)など木谷に近い人物を当たる。
一方、捜査を進め中、通報者は事件のあった向かいのマンションに住む、大友果歩(須藤茉麻)という女子高生だということが判明。犯人を目撃していると思われる果歩は、1ヶ月ほど前から高校に行かず部屋に引きこもっているという。
大友家を訪ねた結城は、部屋のドア越しに、果歩の通報をいたずらだと勘違いしたことをわびるのだが、心を閉ざしている果歩からの返事はなかった…。
最新コメント
外部リンク
QRコード
QRコード
りんく

TITLE_info

TITLE_info

hantyou

mainaa

緊急取調室

記事検索
プロフィール

ハッシー

カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ