オールキャスト2時間ドラマ

お気に入りの2時間ドラマを集めキャストにこだわってみました。

倉田てつを

作家探偵・山村美紗-第2作(2012年)「京都紅葉寺殺人事件〜秋の七草の秘密〜」

◇初回放送日=2012年12月19日 視聴率=7.2%

◇サブタイトル
水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗2 京都紅葉寺殺人事件 秋の七草の秘密」秋の七草が隠す女4人の不倫劇!盲目の尼僧が覗いたオペ室の悪!ミステリーの女王が驚愕した悲しい愛憎劇」

◇出演者
浅野ゆう子、吉田栄作、山村紅葉、村井美樹、小磯勝弥、三浦修、山口竜央、角野卓造、大路恵美、川島なお美、松尾れい子、伊藤正之、速水今日子、奈良崎まどか、北山雅康、鼓太郎、大滝明利、倉田てつを、仲本工事、隆大介、佐古真弓、武藤令子、青木都、渡部央子、大林菜穂子、井上剛、永井裕久、岡けんじ、一川政也、天野勝弘、宗形柚杏、郡山彩夏

◇キャスト
作家探偵・山村美紗2.mp4_001999630
山村美紗/浅野ゆう子
(推理作家)
作家探偵・山村美紗2.mp4_002827191
狩矢荘助/吉田栄作
(京都府警捜査一課警部) 
作家探偵・山村美紗2.mp4_003821184
唐崎さと子/山村紅葉
(食堂勤務・美紗の友人)
作家探偵・山村美紗2.mp4_000227860
江森夏美/村井美樹
(鑑識課 検死官)
作家探偵・山村美紗2.mp4_000615247
橋口宗雄/小磯勝弥
捜査一課 警部補。
作家探偵・山村美紗2.mp4_006231892
片桐誠/三浦修
捜査一課 刑事。
作家探偵・山村美紗2.mp4_000540873
三沢克也/山口竜央
(編集者)
作家探偵・山村美紗2.mp4_000973973
西村京太郎/角野卓造
(推理作家) 

◇ゲスト
作家探偵・山村美紗2.mp4_000128728
奥平徳子/大路恵美
(琵琶奏者)
作家探偵・山村美紗2.mp4_000087454
長谷川恵安/川島なお美
(盲目の尼僧)
作家探偵・山村美紗2.mp4_001199765
笹田真里子/松尾れい子
(ツアーガイド)
作家探偵・山村美紗2.mp4_006066160
尾花勇夫/伊藤正之
(京都中央医科大学病院 医学部心臓外科 主任教授)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004623218
葛城雅美/速水今日子
(葛城の妻)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004265060
藤原沙智子/奈良崎まどか
(藤原病院 院長)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004223219
神野正/北山雅康
(藤原病院 元医師)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004202097
戸板武/鼓太郎
(京都中央医科大学病院 元医師)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004935597
実松/大滝明利
(湖南広域消防局 救急隊員)
作家探偵・山村美紗2.mp4_005476404
葛城真一/倉田てつを
(骨蕫「かつらぎ」店主・3年前水死)
作家探偵・山村美紗2.mp4_002609006
糸宮忠夫/仲本工事
(洛雲荘 主人)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004642371
和歌浦和彦/隆大介
(医療機器メーカー「和歌浦工業」社長)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004136198
千鶴/佐古真弓
(藤原病院 看護師)
作家探偵・山村美紗2.mp4_004058421
社員/武藤令子
和歌浦工業
作家探偵・山村美紗2.mp4_004030826
奈々/青木都
看護師?
作家探偵・山村美紗2.mp4_003975471
渡部央子
患者
大林菜穂子
作家探偵・山村美紗2.mp4_000050917
井上剛
永井裕久
葛城真一を救助した発見者
岡けんじ
一川政也
天野勝弘
作家探偵・山村美紗2.mp4_004046008
宗形柚杏
郡山彩夏
(病院の少女)

◇あらすじ
京都・安念寺。通称、紅葉寺と呼ばれるこの寺で、作家の山村美紗(浅野ゆう子)は大勢のファンとともに親友の唐崎さと子(山村紅葉)や、ツアーガイドの笹田真里子(松尾れい子)、盲目の尼僧・長谷川恵安(川島なお美)らと「山村美紗ファンの集い」に参加していた。ところが昼食後、美紗たちが琵琶奏者・奥平徳子(大路恵美)の演奏に聴き入っていたところ、突然女性の悲鳴が響き渡る。駆けつけてみると、なんとそこには竹に逆さ吊りにされた男性の遺体が…。男性の手には撫子が握られ、そばにはコーヒーの少し残った紙コップが置かれていた。
殺されたのは京都中央医科大学病院の教授・尾花勇夫(伊藤正之)。京都府警捜査一課の狩矢警部(吉田栄作)が、さっそく遺体の第一発見者である藤原沙智子(奈良崎まどか)に事情を聞くと、恩師である尾花から相談があると呼び出され、午後2時頃に紅葉寺に来たところ、尾花の遺体を発見したと話す。
しかし、その後の捜査の結果、2人が午前11時半頃に紅葉寺で口論をしていたことや、長年2人は不倫関係にあったが最近別れ話が出ていたこと、さらに尾花が沙智子の経営する病院に対して系列化の話を持ちかけ、そのことで揉めていたことなどが判明する。紙コップに入っていたコーヒーから睡眠薬が検出されたことから、狩矢たちは沙智子が尾花にコーヒーを飲ませて眠らせた上で殺害したのではないかと疑いの目を向ける。
ところがその矢先、今度は通称・萩の寺と呼ばれる清生寺で、その沙智子が遺体となって発見される。手には萩の花を持ち、またも遺体の傍らにはコーヒーが少量残った紙コップが…。沙智子も殺されたことを知った美紗は、そこである奇妙な符合に気づく。秋の七草は、萩、尾花(ススキ)、撫子、女郎花、藤袴、葛、そして桔梗の7つ。そのうち、藤原の藤が藤袴の藤を暗示していると考えると、他の尾花、撫子、萩の3つとともに、2つの事件は秋の七草を想起させる形で起こっていたのだ。これは単なる偶然の一致なのか、それとも…?そんな中、桔梗寺でまたしても秋の七草にちなんだ第3の殺人が起こった。美紗は、盟友の西村京太郎(角野卓造)とともに事件の捜査に乗り出す。

上条麗子の事件推理-第5作(2006年)「函館・洞爺湖・白老・札幌〜流れ質屋の罠・心の家を求めて」

◇初回放送日=2006年4月17日 視聴率=13.1%

◇サブタイトル
上条麗子の事件推理-第5作(2006年)「函館・洞爺湖・白老・札幌〜流れ質屋の罠・心の家を求めて」

◇出演者
眞野あずさ、須藤温子、木村元、阿知波悟美、赤井英和、天宮良、加藤貴子、倉田てつを、下岸昌代、渡辺成紀、西川智宏、山崎優子、若林豪、石山浩亨、水野大、ささき麗、川島玄起、鈴木ヒロミツ、石橋蓮司

◇キャスト
mpg_000609280
上条麗子/眞野あずさ
上条会計士事務所代表
mpg_000998827
風間望/須藤温子
上条会計士事務所の事務員
mpg_000300683
仙波芳太郎/木村元
大次郎の兄。仙波会計事務所所長。
mpg_000452239
風間文江/阿知波悟美
耕一の妻。喫茶店「風」オーナー。

◇ゲスト
mpg_004516546
宝田銀平/赤井英和
風間文江の弟。
mpg_000866675
大下泰明/天宮良
(三島不動産 総務部長)
mpg_000935100
三島カオル/加藤貴子
(三島の年の離れた妻)
mpg_002813184
岡田司郎/倉田てつを
(競馬牧場「岡田ファーム」経営者・カオルの元恋人)
mpg_000809532
若松美智子/下岸昌代
三島不動産事務員?
mpg_000511600
ジョージ鈴木/渡辺成紀
(流しの質屋)
mpg_003327244
林/西川智宏
(北海道警胆振警察署 刑事・渡辺の部下)
mpg_003321058
山崎優子
クラブ「道」?
mpg_004015442
渡辺/若林豪
(北海道警胆振警察署 主任)
mpg_001032504
石山浩亨
mpg_003400207
水野大
秋本工務店 社員
mpg_005630609
ささき麗
事務員?
mpg_004513164
川島玄起
質屋
mpg_001512142
秋本健次/鈴木ヒロミツ
(秋本工務店 社長)
mpg_001065471
三島岳彦/石橋蓮司
(三島不動産 社長)
mpg_003150133
ゴルフ場の事務員

◇あらすじ

北海道警事件ファイル 警部補 五条聖子(若村麻由美)-第1作(2012年)「過去からの脅迫者」

◇初回放送日=2012年10月24日 視聴率=%

◇サブタイトル
水曜ミステリー9「北海道警事件ファイル 警部補 五条聖子」 第1作「過去からの脅迫者」(2012年)

◇出演者
若村麻由美、石黒賢、益岡徹、遊井亮子、山口翔悟、蟹江一平、倉田てつを、外波山文明、斉藤陽一郎、竜川剛、大滝明利、瀧川英次、出口高司、重田千穂子、阪田瑞穂、川野太郎、石山輝夫、小杉幸彦、早川純一、進藤学、江畑浩規、野呂佳代、山田邦子、松尾れい子、竜雷太、枝元萌、関根順子、天本咲、山口豊子、清水敬司、林崎希望、野田紘美、遠藤史樹、高野恵一、吉村美輝(子役)

◇キャスト
mpg_003569811
五条聖子/若村麻由美
北海道警釧路方面本部警部補
mpg_000632837
芳村大地/石黒賢
聖子の恋人・獣医師・料理好き
mpg_000597236
片桐陽一郎/益岡徹
北海道警釧路方面本部警部

◇ゲスト
mpg_000860729
木原音々(兵頭千恵)/遊井亮子
(敏也の妻)
mpg_000423165
大隈浩司/山口翔悟
(中標津警察署 捜査課 巡査)
mpg_000760035
木原敏也/蟹江一平
(木原の息子)
mpg_001257544
佃啓太/倉田てつを
(中標津道東総合病院 産婦人科 医師) 
mpg_000924793
鴻上増夫/外波山文明
(中標津警察署 副署長)
mpg_000111921
高見沢一樹/斉藤陽一郎
(元振り込め詐欺グループリーダー)
mpg_004709083
黒崎/竜川剛
(中標津警察署 捜査課 刑事)
mpg_001445748
中島忠和/大滝明利
(北海道警釧路方面本部 巡査部長) 
mpg_001286753
室田彰広/瀧川英次
(チーズ工房むろた 店主・チーズ職人) 
mpg_006060110
出口高司
ホテルの支配人
mpg_003546070
原田知子/重田千穂子
(下北沢総合病院 看護師)
mpg_001252563
原口弥生/阪田瑞穂
(中標津道東総合病院 看護師・佃の恋人) 
mpg_003409586
清宮真吾/川野太郎
(警視庁世田谷北警察署 警部補)
mpg_003585196
滝沢/石山輝夫
(下北沢総合病院 医師) 
mpg_003494506
浜名/小杉幸彦
(不動産屋)
mpg_001129912
長谷川/早川純一
(中標津道東総合病院 職員) 
mpg_003662000
江本/進藤学
(下北沢のバー「ジャック」マスター)
mpg_004223451
神尾/江畑浩規
(ドッグカフェ「INDY」店員) 
mpg_004106965
香菜/野呂佳代
(犬の飼い主)
mpg_001076313
田村郁代/山田邦子
(中標津道東総合病院 看護師長)
mpg_006272230
中西音々/松尾れい子
(中西泰造の養女)
mpg_001324319
木原岩男/竜雷太
(木原牧場を息子夫婦と経営)
mpg_000938104
比沙子/枝元萌
刑事課
mpg_005290823
関根順子
看護師
mpg_004593894
兵藤早苗/天本咲
(兵藤千恵の母・故人) 
山口豊子
清水敬司
林崎希望
野田紘美
遠藤史樹
高野恵一
mpg_004555607
兵藤千恵/吉村美輝(子役)
幼少期
mpg_000115165
レンタカー社員
mpg_000397777
死体発見者
mpg_000341658
刑事
mpg_000845313
牧場の近所
 

◇あらすじ

山村美紗サスペンス赤い霊柩車-第17作(2003年)「毎月の脅迫者」

◇初回放送日=2003年6月13日 視聴率=17.2%

◇サブタイトル
山村美紗祭り赤い霊柩車17 毎月の脅迫者 「大資産家の遺産を巡る骨肉の連続殺人…突然消えた1億8千万円の驚愕の謎」

◇出演者
片平なぎさ 若林豪 大村崑 山村紅葉 渡辺典子 仁藤優子 沖直未 松永博史 小鹿番 杜澤たいぶん 塩津正幾 松美里杷 日下美 小沢良太 田中玲 西田千絵子 倉田てつを 寺田農 神田正輝

◇キャスト
mpg_002168676
石原明子/片平なぎさ
京都の石原葬儀社
mpg_002293139
狩矢警部/若林豪
京都府警
mpg_002103375
秋山隆男/大村崑
1級葬祭ディレクター
mpg_000363395
内田良恵/山村紅葉
事務員
mpg_001197171
橋口刑事/松永博史
部下
mpg_002855290
黒沢春彦/神田正輝
大学病院医師

◇ゲスト
mpg_001867139
三沢理絵/渡辺典子
(クラブホステス)
mpg_004227209
松井留美/仁藤優子
(松井の姪)
mpg_001548047
森田加代/沖直未
(松井家のお手伝い)
mpg_006755224
竹内/小鹿番
(葬儀屋社長・秋山の友人)
mpg_004988861
山中/杜澤たいぶん
(高知県警高知中央警察署警部)
mpg_003757021
野村/塩津正幾
(高知県警高知中央警察署刑事)
mpg_001650885
石田陽一/倉田てつを
(松井の甥)
mpg_006001959
松井伝吉/寺田農
(資産家)
mpg_004531289
太田/松美里杷
土産物店員
mpg_005949472
日下美?
三沢理絵幼少期?
mpg_004777746
小沢良太
アナウンサー
mpg_005952983
三沢妙子/田中玲
三沢理絵の母?
mpg_002248519
重子/西田千絵子
資産家の未亡人?

◇あらすじ
京都の葬儀社社長・明子(片平なぎさ)は、学会に出席した恋人の春彦(神田正輝)に誘われて高知へ出かけ、友人の竹内(小鹿番)の葬儀社20周年パーティーに出席した社員の秋山(大村崑)とバッタリ顔を合わせる。
ドライブをしていた春彦と明子は、とある断崖で加代(沖直未)をはねそうになる。そんな加代に案内された別荘で2人は浴槽に沈む松井(寺田農)を見つける。その松井とは県内でも有数の大資産家で、加代はその家で手伝いをしている女性だった。警察側は事故死とみていたが、浴槽のガスの種火が消えているのを見た明子は、殺人事件とにらむ。松井と仲のいい竹内はパーティー後に倒れていたので、秋山が松井の葬式を仕切ることになる。秋山は明子を助手に仕立てて松井家を訪れ、喪主と称する甥の陽一(倉田てつを)と姪の留美(仁藤優子)と交渉し、葬儀の段取りを進めるが、警察は遺体を返してくれない。
明子が警察で、「遺体から睡眠薬でも出たの?」などと話しているところへ、京都府警の狩矢警部(若林豪)が声をかける。松井が京都に住んでいたことから、狩矢警部も高知に来ることになったらしい。
突っ込む明子に狩矢は、松井の口座から毎月、1千万円が京都の銀行の五江万里という受取人のもとへ振り込まれ、その総額は1億8千万円にのぼることを話す。その大金はばらばらに引き出され、さらに、当の五江の行方は分からない…。やがて松井の遺体が返され、葬儀が始まる。参列者の中にクラブホステスの理絵(渡辺典子)の姿があった。松井との仲をウワサされた女性だが、理絵は明子と春彦の調べで松井の娘だと分かる。
松井殺しの関係者は、松井に捨てられて自殺した母を持つ理絵、金に困っている陽一と留美、実は松井と関係のあった加代と出そろった。しかも、全員にアリバイがない。そんな時、加代の死体が桂浜で見つかった…。
  

西村京太郎トラベルミステリー第58作(2012年)「山形新幹線・つばさ129号の女! 」

◇初回放送日=2012年11月3日 視聴率=12.1%

◇サブタイトル
土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー58 山形新幹線・つばさ129号の女! 謎の駅に2分停車の盲点…黒いロープとサクランボの殺意!!」

◇出演者
高橋英樹/山村紅葉/伴杏里/木崎浩之/森本レオ/宇梶剛士/高田純次/酒井美紀/筒井真理子/神保悟志/螢雪次朗/渋江譲二/崔哲浩/倉田てつを/松本若菜/芹澤みづき/石丸佐知/草薙仁/羽室満/榎亮太朗/錦辺莉沙/梨本謙次郎/浅利香津代/山形透/荒井幸博/山口竜央/佐々木真奈美/吉田優華/浜幸一郎/高杉心悟/阿部美幸/八巻博史/稲輪吉泰/泊帝/津阪雄一/藤平稚子/永長正美/鈴木励和/北村海歩/佐々木里菜/清水海人/土井万騎士/小林優我/船木真莉奈/細梅九平/荒井佑梨江

◇キャスト
636
十津川省三/高橋英樹
902
北条刑事/山村紅葉
722
久保田刑事/伴杏里
958
三田村刑事/木崎浩之
648
西本功/森本レオ
584
松山刑事/宇梶剛士
949
亀井刑事/高田純次

◇ゲスト
368
矢代圭子/酒井美紀
(出版社勤務 松山刑事を幼なじみ 山形に転向)
599
藤沢静江/筒井真理子
(藤沢の妻)
446
藤沢時彦/神保悟志
(小池祐子の所属する事務所社長)
784
柴田秀夫/螢雪次朗
(蘭カオルの父)
734
木下直也/渋江譲二
(カメラマン)
793
白根進/崔哲浩
(愛美の父親、運送会社運転手)
324
倉田功/倉田てつを
(音楽番組ディレクター)
578
小池祐子/松本若菜
(女優)
342
蘭カオル/芹澤みづき
(新人歌手・本名は柴田薫)
584
白根愛美/石丸佐知
(女子大生)
386
浜岡/草薙仁
(横浜釣り船店)
羽室満
田島/羽室満
(編集長)
351
金村/榎亮太朗
(刑事)
130
遠藤美香/錦辺莉沙
圭子の娘 去年5月5日、山形で轢き逃げに遭い死亡
245
三浦/梨本謙次郎
(宮城県警警部補)
777
渡部鈴代/浅利香津代
矢代圭子の山形時代を知る隣人
689
山形透
列車の車両を間違えた乗客
753
荒井幸博
遠藤家の隣人
814
山口竜央
カオルの所属ディレクター
677
佐々木真奈美
リポーター

吉田優華の画像
亜紀/吉田優華

浜幸一郎

014
高杉心悟
店長
406
阿部美幸
つばさの車内販売員
341
遠藤雅弘/八巻博史
(美香の父)
936
稲輪吉泰
つばさの車掌
142
泊帝
スポーツジム
928
津阪雄一
所轄の刑事?

藤平稚子

永長正美

003
鈴木励和
松山刑事(少年期)
097
北村海歩
矢代圭子(幼少期)

佐々木里菜

清水海人

土井万騎士

小林優我

船木真莉奈

細梅九平

荒井佑梨江

山形市の皆さん
村山市の皆さん
新庄市の皆さん
銀山温泉の皆さん

芸優
フジアクターズシネマ
テアトルアカデミー


◇あらすじ
警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)たちは、今注目の新人歌手・蘭カオル(芹澤みづき)が殺害された事件を捜査していた。蘭カオルの父・柴田秀夫(螢雪次朗)をはじめ、彼女と親交のあった誰もが被害者は恨みを買うような人柄ではないと口を揃えるが、鈍器で頭部を殴られた後、とどめをさすように黒いロープで首をしめられるという酷い殺され方だった。十津川は犯人がなぜ黒のロープを用いたのかが気になるが、松山刑事(宇梶剛士)が栃木県内にあるロープ工場に足を運んで調べたところ、都内だけで200もの店舗に出荷されており、購入者を突き止めるのは難しかった。
その捜査からの帰り、松山は東北新幹線の車内で懐かしい人物と出会う。偶然、隣の席に、幼なじみの矢代圭子(酒井美紀)が座っていたのだ。小学生のとき彼女が山形県に引っ越して以来の再会で、圭子は現在、都内の出版社に勤務し、旅行情報誌の編集を担当しているという。2人は思いがけない再会を喜び合う。
数日後、女優の小池祐子(松本若菜)が仙台市内で死体となって見つかった。頭部を鈍器で殴ったのちに黒いロープで絞殺、という手口が蘭カオルの事件と酷似しており、宮城県警に確認したところ、凶器のロープの材質や色はもちろん、長さまでまったく同じと判明、同一犯による犯行と思われた。犯人は、蘭カオルと小池祐子の2人に恨みを抱く人物なのか…!? だが、十津川たちが必死に捜査を続けても、2人の接点が見つからない。そして、なぜ小池祐子が仙台まで出かけていったのか、その目的も謎に包まれていた。
そんな中、山形県内で取材中の圭子から松山に電話が入る。圭子は事件当日の朝、東京駅で女優の小池祐子が“東北新幹線やまびこ129号”に乗車したのを見たという。その際、ホームの物陰から40歳ぐらいの女性が小池祐子のことをにらんでいたのを目撃したと話す。松山たちが調べたところ、その女は小池祐子の所属する事務所社長・藤沢時彦(神保悟志)の妻・静江(筒井真理子)だとわかる。藤沢と小池祐子は以前から男女の関係にあり、静江は浮気の現場を押さえようと思って東京駅で張り込んでいたが、夫が現れなかったため帰宅したと主張。静江は帰宅後、不動産業者と電話でやりとりしており、確固たるアリバイがあった。
その矢先、歌手の蘭カオルとひそかに交際していた音楽番組ディレクターの倉田功(倉田てつを)が、一方的に別れを告げられ、彼女に恨みを抱いていたことが発覚。倉田は蘭カオルが殺された夜のアリバイはあるが、小池祐子が殺害された日は休みを取っており、アリバイはなかった。同じように、静江にも小池祐子が殺された日のアリバイはあるが、蘭カオルの事件の日の行動は証明できなかった。もしや、この事件は静江と倉田による“交換殺人”ではないか…!? 
十津川たちは2人の動きを張り込むが、その直後、女子大生の白根愛美(石丸佐知)がまたもや同じ手口で殺されて…!?
最新コメント
外部リンク
QRコード
QRコード
りんく

TITLE_info

TITLE_info

hantyou

mainaa

緊急取調室

記事検索
プロフィール

ハッシー

カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ