アトリエ彩 になって久々に千葉県 長柄町にある作陶室の穴窯焼成が始まります。取り組むのはN会員さんです。アシスタントは、アトリエ彩のY君、このサ−クル出身のプロ、O君、地元の陶芸グル−プ主催のS氏等です。すでに、今では高価なアカマツで 窯の焙りはN会員さんが終了させています。この焼に向けてアトリエの会員さんの焼成希望の方からの作品が長柄に運び込まれている様です。 中心のN会員さんの焼き締め陶えの思いが伝わってきます。焼成は3日間位かかりますので、担当メンバ−の体調維持が心配ですが、皆 経験者ばかりですし、地元の陶芸愛好グル−プからの差し入れ?があるやもと思ったりして、少し気が休まります。炎の力を祈るばかりです。無事終了したら 慰労会でもしてあげたい気分です。何点かが「1作展」に出せるといいですね。
 素敵な焼成になる事を祈っています。