しばらくぶりです。何となく書くことが面倒でご無沙汰してました。
 このところ、教室で会員さんに、意見を言うのが何となく面倒になり、気になりながら黙ってしまうことが多くなりました。
 たいした理由も無いのですが、一生懸命に作陶している皆さんの心のなかが分からなくなってきたためのようです。皆さん夫々に作りたい物があって、作陶しておられる訳ですが、どうも、いまの私には理解できない状態なのです。ある程度出来上がってくると「そういうことですか」と分かって来るのですが、今の私には同感できない物が割りに多いんです。皆さんの作られたものが、良い 悪いではなく、「理解できない」「納得がいかない」のですね。製作途中では皆さんの目指すものが余り分かることは無いですから、観ているしかありません。かなり作品がその姿を見せ始めない限り、何もいえないんですね。どうしたんでしょう、自分でも不思議です。かつて製作途中でもその方の狙いが見えていたんですがね-。
 何となくですが、皆さんの作品のつくり始めに、目的意識が薄いナ-と言うのがこのごろの実感です。何も言うことが無くなり、結果が良く、そして、その間が楽しければ、其れで十分ならば、何も手伝う必要が無く、いる必要も無いんですね。 私にとって、この場所が不必要になって行くのでしょうか、このところ良く考えます???