11月に「アトリエ 彩」で、造型の勉強会をしました。この課題は、際限の無い未来に取り組むような感じになってしまいがちで、参加された方も、何をどうするのか戸惑っていた方も多かったと思います。
 「自分しか持っていない、感性を素直に表現する事。社会的に決められた感じに自分の感性を取り込まれてしまわない事、それが私達の日常生活の中ではなかなか難しいことを、少しお分かりになって頂ければが目標」でしたので、皆さんの作られた3っつの作品の変化を見ると、少し造型に足を踏み入れるステップになった様な気がしました。でも、このまま終わっては、「良く分からない」ままに忘れ去られてしまいそうですので、私が元気であれば、来年2月頃に 少し造型の面白さに近ずく勉強会を開こうかと思っています。また「皆さんの、ワ−!!」と言う喚声を聞いてみたいです物ね。