原 講師中心に20余名の参加で開催された作品展のお手伝いをさせて頂きました。有り難う御座いました。老骨には、少々キツカッタのですが、充実した時間をいただきました。今回も作品の飾り付けを主にさせて頂きましたが、作品数が、会場に比べて多く、それなりに大変でした。しかし、搬入された物は全て受け入れるつもりでいましたので、自分なりにレイアウトできたと思います。 搬入日の感想ですが「今回は、各自の作品が、自分なりの物になっており、会場を存在感のある空間に変化させている」と言うことです。少々駆け込み製作もあったようですが、おっつけ仕事がなかったのは、素晴らしい事だと思います。キャリアのある会員さんの多いサ-クルです。これからは、今まで以上に、一点一点に心を注いで、作陶に励んで欲しいし、それが出来る会員さん達と思います。しかし、今までと同じ心のゆとりは持ち続けてネ・・・・・ 追記、作品の 形、模様に独創的なものが多かったこと、碗の水準が高かったことは特筆できます。原講師のご苦労が実ったようですね。