「ぐい呑み」?か「猪口」か不明ながら、ポツポツと作り始めました。道具は殆どヘラと針、形がどうだとか、使い良さがどうだとか、あまり考えていませんので、およそ、今までの自分とは違う物が出来あがった気持になります? まだ生乾きの「ぐいのみ」らしきものをじっと見ていると、それぞれが、勝手に話掛けて来ます。返事の変わりに化粧土で模様を加えてやります。一つ一つ、相手の言い分にあわせて模様が変わり、それぞれが、満足、不満足の「ノ−ガキ」を言ってくるようでとても面白いです。なるべく、下絵の具を使わないで作ろうと思っていますので、いわゆる「綺麗」な作品とは縁遠いものが出来るかもしれません、ゆっくり時間の流れの中で出来上がる、物作りを楽しんでいます。徳利も幾つか出来ました。少し手間がかかりますが、表現幅が広がるようで、「ぐい呑み」作りとは面白みがちがい、少し手間が掛かます。土の量は「ぐい呑み」の倍ていどですが、こちらに付けてくる注文は結構多くなるナ---と感じます。
 早く作り上げよう、上手に作ろう、の姿勢では得られない楽しみです。「自分らしく出来る」ことに満足するのは「マア イイカ・・・」とは違っていますので、作り上げた後の気分が随分と差があるな--と思います。じっくり作品になって行くのを見続ける時間を持って作るってまた一味違う刻を貰えた様で、少し人生の得をした気分です。