おひさしぶりです。スコ−シたるんでると、もう3月です。そろそろ暖かくなる季節ですね。頭も身体もボンヤリしてきて気分はノンビリしますが、生活態度も右に倣いまして・・・・  冗談はともかく一つ二つ気の付いていることを書いてみます。 「少し贅沢なお皿」の釉薬掛がポツポツ始まりました。目下、皆楽しいし、工夫された釉薬の扱いをしていますので、個性が出ていますよ。スコ−シ原 講師のム−ドもあるんですが??? そこでこれから釉薬をかける方のために、・・・「贅沢の極地は---コストの高か-い釉薬を使う訳ではありません。」 私の思う一番の贅沢は、今までの経験の全てを思い出し取捨選択をして、今、自分の心に向かって、どうしたら、このお皿素晴らしいってかんじさせてくれるんだろ----って考える時間取ることなんです、教室の仲間と真剣に討論するのも良いですよ。(ついでにベチャベチャ話ししててもいいから)。結果は、いまどきの言葉でいえば アトカラツイテクル のでしょうね。今の皆さんなら、本気になれば凄いアイデア出るでしょうね。最後は「困った時の手近にいる講師頼みって言うのもあるんです」が????  もう一つの気付いたこと、自分の作品が見えにくいほど上達し始めたことなんですが、長くなるので次回にしましょう。