考えると、いや、考えなくても、自分のマワリはカタチだらけですね。ソレッテ、目に見え、触れるものです。空気や風、人の感情はカタチとしては見えないです。見えますか?見えたら凄い!多分触れる事が出来たり眺めて確認できるもの以外はよほどのことがない限りカタチなんて見えてこないんです。でも、皆さんは、作陶の中では、見えてないものを見えるものに仕上げているんです。お互いに「お皿」の話をしていても、心の中にあるものは違っているはずです。生活の中のお皿の共通点で話が通じてるのです。でも、作品は同じじゃありませんね。この、同じでないものに気付くと、今自分の作っている物の姿がハッキリと感じ取れるはず。デ!!!次回はカタチを見る事を考えてみようと思います。理屈っぽくなってしまいました。ゴメンナサイ!