来年の事を言えば鬼が笑うと言いますが、もう12月ですので窯開きの事で一言。原 講師がすでに実施を発表していますので、詳しくはそちらをお読みください。
 恒例のぐい呑みは、見通しが立っていますので気楽なんですが、徳利のデザインが決まっていないので、少し心配です。なるべく楽しい物を作りたいのですが、目下のところ 「皆さんがユッタリと楽しみながら飲めるような雰囲気と、数を用意できたらいいな」が私のテ−マです。 これと、クイズのアイディアがなくなったのと、考えるのが面倒になったので、止めるかもしれません。
 ぐい呑みは、金彩で干支を入れるアイディアを原 講師と話し合っていますが、どうなるかな?
 とにかく皆さんが良い年を迎える準備なので、マア楽しくやるつもりです。焼成の負担が年末年始に原 講師にかかってしまいますが・・・みんなで「1作展」の話でも楽しくやりましょう。
 小生は、先ず体調作りから始めなきゃなりませんが・・・