先月あたりから、このアトリエの日常の素晴らしい雰囲気や古風な設備ETCを、一作展を中心に写真集にして残してみようと思い立ち、少々皆さんの作陶の目障りになるのを承知で撮影をさせていただいています。当初は気楽に考えていましたが、作陶室 作陶台 作品棚 轆轤 釉薬 粘土 成形中の雰囲気Etcを撮影し始めていると、これがなかなか大変で、アトリエのスタッフの皆さんの真剣な作業や、成型されていく作品が凄く迫力があり、なまじな態度では撮影しても絵になりません。 帰宅後 近くのフォトショップで仕上げ 作品帖にレイアウトしながら組立てゆくのですが、かつて訪ね歩いた作家の工房よりも多角的な作画になっていてとても難しい作業になっています。また空間を埋めたり飾ったりする予定の挿絵が難しく、年内完成の気合が少々不安になり始めています。
 ところで、一作展の会場風景が圧倒的に不足しています。スナップを余分にお持ちになっている方がおられましたらご寄付頂けるとありがたいです。
 念のため この写真集はあくまで私専用に制作しているもので、フォトブックになる事はありません。会員の皆さんにはご覧いただける様にするつもりです。
 またお願いのブログを書くことになるかもしれません。よろしくネ!