過日 教室に行きましたら、何人もの会員さんが、一生懸命に白化粧土に取り組んでいました。「掻き落とし」「刷毛目」などがかなり工夫されて作られていました。陶芸の世界で言う「三島手」技法です。初心者の方には透明釉とか白化粧つちが透けて見える釉薬をかけるだけですから、先が見えて楽しいんでしょうね。これはこれで悪くはありません。しかし、粘土で形を作り、削り、後は化粧土をかけて、模様にする。こればかりやっていると、教室に有り余る釉薬を使って色彩豊かな作品には恵まれませんよ。釉薬は慣れないと、色も、仕上がりも分からないのでついその場で見える作品にしたくなる方を選ぶのでしょうが、先生に良く聞いて色彩豊かな作品にするのも楽しいですよ。少し長く焼き物を友達にするつもりならイ−ジ−な作品に終始しない方が、先人達の素晴らしい作品を見ても楽しくなりますしね・・・