問い「死ぬと地獄行き」
http://hasunoha.jp/questions/203

【ご質問内容】

すいません。後から気づいたのですが2回同じ質問してしまってました。
こっちが本当です。

私の学校は仏教の学校です。

学校でのお坊さんの教えでは生きてるうちに良い行いをすれば極楽浄土へ行けるといったものでした。

私はそれを信じて今までちょっとした発言や行いで人を傷つけてしまったことを悔いてそのことを今一度悔いて謝ろうとも思っていましたし、少しでも人のためになるような良い行いをしていこうと心がけどのようにすれば良い人間になれるのだろうや一度罪を犯してしまうとその人は救われないのかなどいろいろ調べていると、たまたま見た記事に日本人はみな地獄行きというのがあり怖くなりついつい見てしまったのです。

するとそこには虫などを殺すと地獄行き、お酒を飲めばもっと怖い地獄行きなど他にも地獄レベルが書いてあるのがありました。
それはお坊さんが知ってることなどが書かれていたのです

私は、最近では虫を殺すのは悪いことだと思い今では蚊すら殺してなかったのですが今までは殺してしまったりしてました。

私達は、今までは罪を悔いて良い行いをしていれば人に好かれる人間にもなれるし極楽浄土へ行けると信じてきましたし地獄は殺人や人を傷つけても平然と後悔することなく生きている人間が反省するための場所と思っていました。

なのにそんな事実をつきつけられ私は、どうすればよいのでしょう。
1日1日を良いことをしても、どうあがいても逃れられない地獄へ行く恐怖をもちながら生きていかねばならないのでしょうか?

今まで学校で教わった教えはなんだったのでしょうか?
すぐ泣いてしまう私なのにショックと信じられないという思いですぎて涙もでません

【拙回答】

三宝帰依、出離心、菩提心、諸悪莫作・衆善奉行・自浄其意

川口英俊でございます。

http://hasunoha.jp/questions/204

この度は、上記問いと併せてお答えさせて頂きたいと存じます。

仏教においては、誠に難しいことではありますが、因果応報論、輪廻論、業論を扱いますので、できるだけ悪い行いを慎み、善い行いに励み努めることが望まれることとなります。このことは下記問いの拙回答におきましても少しく述べさせて頂いております。

問い「悪口や愚痴を言わない人って」
http://hasunoha.jp/questions/113

「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」

http://ja.wikipedia.org/wiki/七仏通誡偈

悪い行いを成さずに、しっかりと善い行いに励み努めて、心を浄めて、清らかに保つことが仏教の基本となります。

そのためには、まずこの苦しみの現実を知り、次にその苦しみには必ず原因があること、そして、その原因が解決できれば、苦しみは滅せれることを理解した上で、その原因を解決するための道(八正道・中道)をしっかりと歩むことが望まれます。

これが、釈尊の初転法輪において説いたとされる苦・集・滅・道の「四聖諦」でございます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/四諦

http://ja.wikipedia.org/wiki/八正道

私たちにおきましては、仏教を実践するために、まず三宝への帰依が求められます。

仏様とその教え(仏法)とその教えを護り実践している僧侶たち(先師たちも含む)への帰依となります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/帰依

そして、この苦しみの世界を何としても離れたいとする「出離心」、次に、悟りを求めたいとする「菩提心」を起こすことが大切となります。

菩提心に関しましては、下記を参照として頂けましたらと存じます。

「菩提心論」
http://t.co/aSBtLQQI

三宝帰依、出離心、菩提心をしっかりと保ちながら、悪い行いを慎み、善い行いにしっかりと取り組んでいくことが求められることとなります。特には三悪趣(畜生・餓鬼・地獄の状態・境涯)の輪廻に陥らずに、悟りを目指して来世も仏縁・仏法のあずかれる境涯に赴けますようにとして、是非共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16