問い「生きる意味、死ぬのが怖い」
http://hasunoha.jp/questions/292

【ご質問内容】

5月に父親を亡くしました。 

普通の生活に戻った今頃になって
自分が死んでしまう事に恐怖を感じるようになってきました。

結局死んでしまうのになぜ人は生まれ、生きなくてはならないんだろうと毎晩考え、いつか訪れる自分自身の死に対して怖くてたまらなくなります。

死にたいと言う訳ではなく死ぬ事が怖いです。

【拙回答】

「死」と「生きる意味」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、お父様のご逝去に際して、「死」という現実をよりいっそう身近なものにお感じになられましての問いであるかと推察申し上げます。お父様のご冥福を心から祈念申し上げます。

「死」はいずれ例外なく誰にでも訪れるものですが、誰もが「死」に恐怖するものでございます・・もちろん、仏教的には、水上様の御回答にございます「輪廻」の本質をしっかりと理解することで、克服することができるのではないかとは存じております。

「生死」に関してですが、「死」は「終わり」ではありません。そして、「生」は「始まり」でもありません。「無始無終」なるものです。このことを弘法大師は、「生れ、生れ、生れ、生れて、生の始めに暗く、死に、死に、死に、死んで、死の終わりに冥し」と「秘蔵宝鑰」の中にて述べられています。

「無始無終」に関しては、例えば龍樹大師の「中論」における八不「不生不滅・不一不異・不常不断・不去不来」とも関連しますが、これらは「離戯論」と「空」ということを示唆するための重要な考え方であるものの、この理解は非常に難しくございます。

「不去不来」を説明する際の有名なフレーズ「去る者は去らない」的に申しますと、「死ぬ者は死なない」のであります。これは、丹下様の御回答の「あなたは死なない」ということでもあります。

また、「生きる意味」に関連するご質問は下記のように多くございます。
http://hasunoha.jp/questions?tag=生きる意味

この中で、問い「生きていく意味」 http://hasunoha.jp/questions/93 では、「もし、生きる意味があるならば、生きる意味がない」と、少しなぞなぞのような題にて回答をさせて頂きました。

ここで言えますのは、究極的真理レベルからは、生死に関しても「不生不死」で、「意味」についても「意味は無い」のですが、世俗的レベルにおいては確かに「生死は有り」・「意味は有る」のであります。

とにかく難しいです。それよりも何よりも、まあ、分からない、答えの出ないことはあまり考えないこと(離戯論)にして、「今」目の前にある現実、この現実を精一杯に、より善く生きなさいということが最も大切であるのではないかとは存じております。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16