問い「死への恐怖がぬぐえません」
http://hasunoha.jp/questions/471

【ご質問内容】

この前、精密検査をして結果が出る間
不安で不安ですごくうろたえました。
(ほとんどパニックでした)

自身のあまりの「生への執着」に驚いています。

ネットを見ると、私より若い方々が余命宣告うけて
それでも強く受け止め、戦ってらっしゃる姿を拝見します。
ホントに心から尊敬します。

自分よりも家族の為に生きれば、恐怖は薄まるのでしょうか?
(一応、そのつもりでしたが…)
それとも、もともと無だからそれに戻るだけなのでしょうか?

どのように考えれば、住職さまのように心穏やかに死への恐怖を
克服できるのでしょうか?

これからの人生、うろたえるコトなく過ごしていきたいです。

難しい言葉ではなく分かりやすい言葉で
アドバイス頂ければ幸いです。

【拙回答】

「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

手術後のご様子はいかがでありますでしょうか? 誠にご快復の程を祈念申し上げます。どうかご無理なく、焦らずにじっくりと滋養なされますようにお願い致します。

そうですね・・なかなか分かりやすくというのも難しいものでございます・・

まず、死んで「無」になるわけではありません。このことは下記の問答にても少し扱わせて頂いております。

問い「朝起きるのが楽しくて仕方がない充実した毎日を過ごしたい」
http://hasunoha.jp/questions/169

問い「生きる意味ってなんでしょうか」
http://hasunoha.jp/questions/300

拙生は、仏教の「空と縁起」の学びを進めますうちに、少しずつ死んで「無」になるわけではない、死しても存続していく心の相続の有り様を少しばかり理解していくことができました。もちろんまだまだの浅学菲才の未熟者による理解としての程度でございますが・・下記問いにおいてもこのことを少し扱わせて頂いております。

問い「死を考えてしまう」
http://hasunoha.jp/questions/318

また、死への恐怖につきましては、これまで下記のような問いにても回答させて頂いております。

問い「生きる意味、死ぬのが怖い」
http://hasunoha.jp/questions/292

仏教の考える究極的真理のレベル(勝義諦)においては、実体としての「生」と「死」は無いと考え、世俗のレベル(世俗諦)としては、一応、「生」と「死」が有ると考えるという、いわゆる「空と縁起」ということの理解になりますが・・うーん・・やはり難しいものとなります・・

とにかく、そうですね・・死んで終わりではなく、悪事をなさず、悪業を作らずに、心(相続)のありようをできれば仏縁などの善き「縁」によりて清浄に保っていくことで、悟りへと向けてのより善き心の相続がこれからも続いていくようにとして、今の心のありようを調えていくことが大切になるのではないかと存じております。つまり、仏教の基本としての「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」ということになる次第でございます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16