問い「おみくじの待人 来る つれありとは?」
http://hasunoha.jp/questions/581

【ご質問内容】

つい先程おみくじをひいてきました。

待人の項目で初めて出た言葉があり、どう解釈すればよいのか知りたく質問させて頂きました。

内容は【待人: 来る つれあり 】というものでした。

待人の解釈は人それぞれだと思いますし、自分が待っている人だという事かなぁと今まで思ってきました。

私は今、待人と言うべきかわかりませんが、先日お手紙を書いた方がいます。

まだ相手の方の事を知らない事もあり、結婚されているのか、交際中の方がいるのかなどわかりません。

なので、手紙の返事は来るけどそのような上記に書いた存在がいるという意味なのかなぁと捉えました。

捉え方も人それぞれだと思いますし、正解不正解などないのかもしれませんが、どのような意味をもつ言葉なのでしょうか?

考えれば考えるほどよくわからなくなってしまい、あれこれ色々考えてしまいます。

【待人】の意味もできれば教えて下さい。

お答え頂けると大変ありがたいです。どうぞよろしくお願いします。

【拙回答】

頼りとなるのは自分の心の状態と行い次第

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

これまで占いに関することにつきましては、下記問いにてお答えさせて頂いております。

問い「パワーストーンや運勢についてです。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002945902.html

問い「厄年は悪い事ばかり起こるのですか?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002971916.html

「・・基本的に仏教では、占いの類は、迷い苦しみの原因になりかねず、禁止の扱いとされますが、拙見解と致しましては、例えば、注意を促す、慎重さや謙虚さを求める、強欲・貪り・慢心を諌める、誠意や努力、協調を勧める・・という点で、必要であるかとは存じております。・・」

「・・あまり、暦や占いに支配されすぎたり、束縛されすぎてはいけないですが、暦や占いを全面的に否定するのではなくて、楽しみながら、一つの参考として日常生活に活かすことが大切ではないかと存じております。・・」

「・・自らの人生の様々な結果は、自らの行いに縁って起こります。その行いも善い行いによってこそ、善い結果が望めることになるのであります。「善因善果」でございます。・・」

占いや御神籤などは因果の流れを善くするための一つの参考として判断することが大切となりますが、どうしても主観的自己満足・独善にて判断してしまい、あれこれと迷い苦しむ原因となるのであれば、一旦、白紙状態にして、現実における自分のありようを見つめ直されてもどうかと存じます。

それでも気になるのでしたら、何度か、一からしっかりと本殿に参拝した上で御神籤を引いてみて下さい。同じものが三度、四度と出るようならば、是非お知らせ頂きたいものですが、恐らくそうではないでしょう。様々な条件や原因が微妙にも少しずつに異なってくれば当然に結果も異なってきます。もしも運命が完全に決まっているのであれば、何度引いても同じ内容の御神籤が引けるはずです。そうではないはずです。あまり一喜一憂したり、囚われたりはせずに、頼りとなるのは自分の心の状態と行い次第として調えていくことが肝要になるかと存じております。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16