問い「孤独感を無くすためにどうしたらよいですか」
http://hasunoha.jp/questions/677

【ご質問内容】

30代未婚です。
親とは離れて暮らしています。車で五時間くらいの距離のため、
盆、正月に帰るくらいです。
関係は良好で、一人でいる私を心配しながらも、
温かく?見守ってくれています。

身近に友達もいますが、結婚してそれぞれの家庭をもっているため、
相手をしてほしい、一人で居たくないときに、わがままを言える状態ではありません。

最近、孤独感が半端なく押し寄せてきます。
自分が一人ぼっちのように感じて、誰かと話したいと思うんですが、
つい家に引きこもりがちになっており、
満たされない心とどう付き合えばよいか悶々としています。

どうしたら孤独感を取り除くことができますか?

【拙回答】

「孤独感」への対処法

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「孤独感」への対処法・・

もしも、その孤独感が理由のないものであるならば、是非、下記の内容をお試し下さいませ。

理由がない「さみしい」「悲しい」への対応法7つ
http://matome.naver.jp/odai/2134053824108123701

「上を向く、光を浴びる、意味なく笑う、ポジティブな言葉を独り言で言い続ける、楽しかったころの音楽を聴く、楽しかった頃の匂いをかぐ、身体をちょっと強めに動かす、寝る」

もしも、理由がある孤独感であるならば、その理由、原因を何とかすることで解決が可能になるのではないかと存じます。

とにかくこの世は、無数の因・縁によって成り立っている世界でございます。仏教では「縁起」と申しますが、私たちは、何かに依存して、頼り、支えとなっているものがないと生きていけない存在でございます。ですので、本来的に絶対孤独ということでは存在できないものでもあります。

例えば、ふと今、かじ様が食べようとしてるオニギリがあったとすれば、そのオニギリに関わった多くの支えが、口に入れるまでにあったからこそ、空腹を満たす、命をつなぐ食べ物として食べることができるのであります。自然の恵、お米を作る人、具材を採る人、加工する人、運ぶ人、販売する人・・と多くの関わりを想起させることができます。このように、どの何気ない一つをとっても、独立自存にて成り立っているものなどありえないのが、事実この世界でございます。人の繋がりもそうですが、もっと広くにそういった無数の「縁」の繋がりを思うことができれば、「孤独感」というのも無くすことができるのではないかとは存じております。

そこで、自ら自身の存在への支えや助けとなっている無数の者たちへの感謝報恩を思うことにより、また自分も何かで支えとなり、助けることもできるようにと調えていくことが大切なことになるのではないかと存じます。

何事も「縁」次第であり、より善い縁へと向けた努力がより善い結果へと向けても必要なことになります。

とにかく、この度は、「縁」について考えて頂くきっかけとなりましたら幸いでございます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16