問い「赤ちゃんの行き先は誰が決めるのですか?」

【ご質問内容】

赤ちゃんが「あのお家に行こう」と選ぶというのは本当ですか? 
それとも神様・仏様が「あのお家に行きなさい」と決めるのですか?

私は不妊治療もしましたがなかなか授かれず、一度だけ妊娠したものの早いうちに成長が止まり流産となりました。 
子どもが好きで保育士をしていますし、何よりも全く性格の違う夫と私の間にどのような子どもが生まれてくるのか、どうしても会ってみたくて諦められず、待ち続けています。

だから、虐待や殺害のニュースを見るたびに「我が家に来てくれていれば…」「待ち望んでいるお家に行ってくれていれば…」と思わずにはいられません。 
「行き先が違っていたら幸せになれた命が沢山あるはず」と思わずにはいられないのです。

最近も28歳娘と義父の元に生まれた赤ちゃんが殺害されたニュースがありました。(その娘さん自身も被害者なのかもしれない事は知っています)

赤ちゃんがそこに行きたいと選んだのでしょうか? 
神様・仏様が決めたのでしょうか? 
親に傷つけられたり、殺されるために…。 
そんな酷い事があっていいのでしょうか?

私たちが「たった1人でもいいから」と望んでいる間に、よそには2人目、3人目と生まれたりしています。 
何の意地悪なのか…、そもそも神様も仏様もいないのでしょうか? 
「信じる者の中に存在する」と聞き、ずっと信じて生きてきましたが…。

身も蓋もない言い方になってしまいますが、結局のところは身体的に全く問題がなく受精・着床…と進めば、人としてどうかとか、神仏云々関係なく授かることができるんですよね。

頭ではわかっていても心がモヤモヤしてしまい、こんな事ばかり考えてしまいます。 
「今度は間違えないで私たちの家に来るんだよ」と諦められず待ってしまいます。

【拙回答】

どうかお子様が授かれますように

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お子様を強く望まれる中におきまして、大変な不妊治療、そして、流産のご経験・・と、誠におつらいことでございます・・

仏教では、全てのモノ・コトというものは、因縁(原因と条件)により結果が成り立っているとご説明申し上げます。

赤ちゃんが授かれるのも、そのための因縁が調っての結果ということになります。

その因縁をできるだけしっかりと調えて参りたいものとなります。

何よりご夫婦仲睦まじく、そして、お互いの心身共の健康に留意しつつ、医療の活用にも努めて、結果を待ちたいものでございます。

どうかお子様が授かれますようにと心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌