問い「無になりたいです。」

【ご質問内容】

転生などしたくありません。他者に苦痛を与え、自らもそれに悩む毎日です。 
仕事をすれば余計な仕事を増やしてしまいますし、会話も成り立たないので失敗や怒らせてばかりです。

記憶も断片的になりがちなので、せっかくの救いの言葉もちゃんと心に残せないのではと不安です。

私の目指す先は命も意識も感覚も一切ない、無です。快楽など本当に必要ありません。 
私が恐れるのは、死後も意識があるのではということです。死後のことがよく語られるのなら意識があるのでしょうね。

私が死後、どのような裁きが下りるかはわかりませんが、転生したくないです。本当を言えば抹消させてほしいのです。 
そのような願いは邪でしょうか。


【拙回答】

意識について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

無になられたいとのお気持ち・・誠に分かる気が致します。

実は拙生も、虚無主義・悲観主義から「無帰論」・「中間ニヒリズム」という論を立てたこともあり、しかも、まだネット上にも残っております。

「無帰論」 

いまでこそ、間違った論であると認識していますが、当時は当時でそれなりに真剣だったのでしょう。

死後の意識につきましては、非常に微細な意識であり、生きている間の粗い意識とは異なり、生きている間に認識することは、よほどの瞑想修行を行った者でない限り、難しいことになります。もちろん、たまに臨死体験等でおぼろげながらにでも認識できることはあるようですが。

とにかく、死後も連続して続いていく微細な意識の赴きを、より良いものへと調えていくために、仏教では、智慧の開発や福徳の修習、善業の集積を勧めることになります。

また、全てのモノ・コトは、因縁(原因と条件)があって成り立っています。

今の意識も、死後の意識も、必ず、その前の因縁によって続いてきている意識が無いと成り立たないものであります。つまり、産まれてくる際の意識というものも、何も因縁が無いのに突然に生起して生じるものではなく、産まれてくる前における意識が無ければならないことになります。そして、また死後においても肉体・物質に左右されない意識というものが、次の存在へと向けた意識の質料因となっていくのであります。

とにかく、より良い赴きへと向けた善根(三宝帰依、菩提心、仏縁、善業など)を意識に植えつけて、しっかりと育み、微細な意識にも働きかけて、良き変容を得ていくことで、より良い次生へと繋げて参りたいものでございます。

是非、少しなりにもこれを機会に仏教にご興味を持って頂きまして、学びと実践を進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌