問い「素晴らしさはわかるのですが…」
【ご質問内容】

お念仏のありがたみは分かるのですが、どうしても「阿弥陀さまを信じてお念仏を唱えたら極楽に往生できる」ということに疑念を抱いてしまいます。疑い深い性格でして、「たったそれだけで?」と思わずにはいられません。 
もちろん、「たかがそれだけ、されどそれだけ」というのはわかるのですが、どうしても信じられないというか。 
信じるって難しいですね。 
私にはお念仏があっていないんでしょうか?


【拙回答】

悟りへと向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちが仏教を修習して目指すところは「悟り」です。

往生も大切ですが、何よりも悟りが目指すべき最終の目標となります。

往生というのは、悟りを目指すための一道程、過程に過ぎません。

自分に合わないルートであると判断されれば、まだルートはお釈迦様により幾つも開かれているのですから、別のルートを選択するのも必要なことであるかとは存じます。

頑張って悟りを目指して仏道に精進して参りましょう。

川口英俊 合掌