問い「仏教徒に対する疑問パート9」

【ご質問内容】

僕が昔瞑想してた時に雑念を払い無になろうと心がけ瞑想してました 
でも雑念を払い無になろうとする意識自体が雑念であることに気づき 
無になろうと意識することも意識しないいことも野放しにしました 
そしたら目の前で色んな色をした小さな粒が不規則な動きをしてる光景が見えました 
その小さな粒の不規則な動きを目で追ってるときはまだ自分の中に意識がある状態で 
その小さな粒の不規則な動きを目で追ってないときは自分の中に意識が無いような状態でした 
そしてその小さな粒の不規則な動きを目で追ってない意識が無い状態になると 
神妙な気持ちでボーっとしてるんです 色即是空のような無であると同時に無でないような 
そしてずっとその状態でいると白昼夢みたいなのを見るんです 
白昼夢を見てるときは意識がないのでそれを見てるという意識がなく見てるんです 
でも後で意識がある状態にもどると自分がさっき変な夢を見てたなと気がつくんです 
白昼夢には良いものもありましたが悪いものもありました 
一番悪いものは白昼夢の夢の中でもう一人の自分が無差別に人を殺してました 
でも僕はそれをボーっと見てるんです 
意識があるのかないのかもわからず 
善悪の価値観があるのかないのかもわからず 
自分であるのかないのかもわからず 
ただただボーっと見てるんです 凄く怖い夢だったのでそのことを親に話しました 
そしたら親は「え!おまえ上の階で瞑想してたのか?おまえ下の階でテレビ見てたじゃん・・・」って言われました 
それを聞いて僕は瞑想して意識が有るのか無いのかわからない状態になると悪霊に憑依されるんじゃないかと思いました 
そして瞑想やヨガのルーツを探ると 
ヒンドゥー教の破壊神シェバからで人間の切り落とした頭部を持って踊ってる神様からだというのを知りました 
インド人はカニバリズムや麻薬や変態的性癖を儀式的に行いこのシェバを崇めてることも知りました 
瞑想やヨガのルーツって危ないんじゃないんですか? 
瞑想やヨガの危険性は全く無く健康に良いだけなんですか? 
瞑想のしすぎて悪霊に取り付かれることとかないんですか? 
僕が見たのは単なる幻想で何も考えず瞑想し続けて悟りを開いた方がいいですかね? 
というか瞑想し続けた結果として自殺大国日本や僕のこの悪夢すら救える悟りの力は得られるのですか?


【拙回答】

智慧と福徳

川口英俊でございます。問い拙生のお答えでございます。

あまり瞑想における神秘体験に対して、とらわれたり、こだわったり、実体視したりしてしまってはいけません。

円満なる悟りへ向けて大切となるのは、智慧と福徳の二資糧の集積となります。

智慧は、主に「空性」の理解。

福徳は、功徳・方便行の実践。

両輪をバランス良くに修めていくことが必要となります。

この中で瞑想・禅定は、あくまでも「空性」の理解のための一つの実践にしか過ぎません。

瞑想・禅定において重要となるのは、「空性」の理解になります。

それも止と観により、正しく調えていくことが望まれます。

比量と現量で「空性」を正しく捉えていけるようにしっかりと頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌