hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

2014年06月

問い「お坊さん同士の交流ってあるんですか?」

問い「お坊さん同士の交流ってあるんですか?」
http://hasunoha.jp/questions/562

【ご質問内容】

こんにちは!

素朴な疑問なのですが、いつもお坊さんはずっとお寺にいるイメージなのですが、お坊さん同士の交流や横のつながりはあるのでしょうか?

集会とかあるんですか?

【拙回答】

※最新版を追記させて頂きました。

勝義方便メモNo.9 超宗派系一覧、分類整理・再提示(2014.6.29時点)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52166846.html


【超宗派系・団体】

[全国的組織]

公益財団法人・全日本仏教会 各都道府県市町村仏教会
http://www.jbf.ne.jp/

全日本仏教青年会・世界仏教徒青年連盟(WFBY)日本センター
http://www.jyba.ne.jp/

公益財団法人・全国青少年教化協議会
http://www.zenseikyo.or.jp/

公益財団法人・仏教伝道協会
http://www.bdk.or.jp/

公益財団法人・国際仏教興隆協会
http://www.ibba.jp/

一般社団法人・仏教情報センター
http://bukkyo-joho.com/

公益財団法人・日本仏教保育協会
http://www.buppo.com/

一般社団法人・在家仏教協会
http://www.zaikebukkyo.com/

公益財団法人・全日本仏教婦人連盟
http://jbwf.jp/


[交流系・学術系]

BBA(ボーズ・ビー・アンビシャス)
http://www5.ocn.ne.jp/~seishoji/bouzbeframe.html

仏教国際交流会(サンギーティの会)
https://www.facebook.com/pages/仏教国際交流会サンギーティの会/228798330571217

一般社団法人・お寺の未来・未来の住職塾
http://www.oteranomirai.or.jp/

結縁企画
http://www.kechien.jp/

一般財団法人・東京大学仏教青年会
http://todaibussei.or.jp/

東洋大学仏教青年会
http://www.toyo-ymba.org/

早稲田大学仏教青年会
https://www.facebook.com/wasebutsu

一般財団法人・九州大学仏教青年会
http://homepage1.nifty.com/cura/bussei/

公益財団法人・中村元東方研究所
http://www.toho.or.jp/

東京国際仏教塾
http://www.tibs.jp/


[NGO系・国際活動]

NGO・国境なき僧侶団
https://www.facebook.com/pages/国境なき僧侶団/578961352183094

スーパーサンガ(宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会)
http://www.supersamgha.jp/

NGO・四方僧伽
http://catuddisa-sangha.org/

仏教NGOネットワーク
http://www.bnn.ne.jp/

NPO法人・アユース仏教国際協力ネットワーク
http://ngo-ayus.jp/


[国内・社会活動・NPO系]

南無の会
http://homepage3.nifty.com/namunokai/

宗教者災害支援連絡会
https://sites.google.com/site/syuenrenindex/

宗教者災害救援ネットワーク
https://www.facebook.com/FBNERJ

自死・自殺に向き合う僧侶の会
http://www.bouzsanga.org/

自死に向きあう関西僧侶の会
http://www.inochinohi-kansai.com/

自死に向きあう広島僧侶の会
http://www3.hp-ez.com/hp/inochi-no-hi/page1

いのちに向き合う宗教者の会
http://inochi.in/

寺ネット・サンガ
http://teranetsamgha.com/

フリースタイルな僧侶たち
http://www.freemonk.net/

一般社団法人・メッター
http://metta.or.jp/

寺子屋ブッダ
http://www.tera-buddha.net/

傾聴僧の会
http://keichosou.houjuji.net/

いのち臨床仏教者の会
http://www.acls.gr.jp/

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

INEB(International Network of Engaged Buddhists)
http://jneb.jp/

KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)
http://ktskktsk.jugem.jp/
https://www.facebook.com/KtskQingTingniQuriZumuZongJiaoZhenoHui

東北大学文学研究科実践宗教学寄附講座・臨床宗教師会
http://www.sal.tohoku.ac.jp/p-religion/top.html
https://www.facebook.com/pages/臨床宗教師会/343217972493361


[イベント系]

向源
http://kohgen.org/

メリシャカ!
http://www.merry-shaka.com/

諸行無常ズ
https://www.facebook.com/shogyomujoz

宿坊研究会
http://syukubo.com/

・・

超宗派系の団体一覧

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

丁度、超宗派に関する集まりについての情報をまとめさせて頂いておりましたので、まだまだ追記も出てくるかとは存じますが、今のところのものを記させて頂いておきます。

宗派を超えての団体だけでも現時点でこれだけございます。もちろん、同宗派内における交流や集会等となるともっと多いものとなりますでしょう。

「勝義方便メモNo.9 超宗派 無宗派 単立寺院 について追記」(2014.6.27時点)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52166628.html

各個別のサイトにつきましては、上記のページ内を参照として下さいませ。

超宗派系の団体一覧(順不同)

全日本仏教会・各都道府県市町村仏教会
全日本仏教青年会
全国青少年教化協議会
公益財団法人・仏教伝道協会
BBA(ボーズ・ビー・アンビシャス)
虚空山彼岸寺
一般社団法人・お寺の未来・未来の住職塾
自死・自殺に向き合う僧侶の会
「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
NGO・国境なき僧侶団
スーパーサンガ(宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会)
四方僧伽
寺ネット・サンガ
フリースタイルな僧侶たち
一般社団法人・メッター
寺子屋ブッダ
傾聴僧の会
仏教国際交流会・サンギーティの会
いのち臨床仏教者の会
宗教者災害支援連絡会
宗教者災害救援ネットワーク
仏教情報センター
INEB
仏教NGOネットワーク
アユース仏教国際協力ネットワーク
南無の会
KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)
應典院
東京大学仏教青年会
東洋大学仏教青年会
早稲田大学仏教青年会
九州大学仏教青年会

またこれを見ていただいた方で、更に抜けている団体がございましたら、是非、教えて頂けましたらと存じております。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「近所の子供に対して寛容になれません」

問い「近所の子供に対して寛容になれません」
http://hasunoha.jp/questions/552

【ご質問内容】

度々申し訳ございません。

私は都会のマンションに住んでいるのですが、
階上・階下の子供の声と足音が毎日かなり騒がしく、
精神的にかなり参っています。
些細ではありますが、深刻な悩みです。
10年近く悩まされている悩みです。
ここ最近、階下に幼い子供をお持ちのご家族が
引っ越しをなさった関係で、以前より深刻になりました。

毎晩夜11時までは、音楽が無ければ平穏に
過ごすことも厳しいです。耳栓では太刀打ちできません。
体調の悪い時や、早めに寝たいと思った時でも、
自由に寝ることができません。

以前、階上の方に直接会って、気を付けて貰えないか
お話したこともありますが、育ち盛りの子供をお持ちなこともあり、
静かになる見込みはありません。
また、家の財政的に、防音マンションに引っ越すことも
難しいです。

そのため、この状況を受け容れたいと切実に願っています。
自分でも色々な解釈をしようと試みたのですが、
何度も苛立ってしまいます。

そのため、どのようにこの状況を解釈すれば、
もう少し心穏やかに過ごせるか、何かヒントがございましたら
ぜひ伺いたいです。

神経質で、途方もない悩みで申し訳ございません。
宜しければご教示いただけると幸いです。

【拙回答】

管理組合の取り組み姿勢が問われる

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

騒音問題・・マンションにおける近隣トラブルの中でも非常に多いのではないかと存じます。

この問題は当事者同士で解決を目指すとなっても感情的な争いになったり、余計に話がこじれてしまうことにもなりかねないため、管理組合や自治会、管理人など第三者を介しての解決が望ましいのではないかと存じております。

まずは管理人へと相談をしてみる、但し管理人は管理組合の雇われ人であるため、権限があまり与えられていないこともあります。管理人ではうまく解決できなさそうな場合、管理会社に直接に掛けあってみる。それでも効果的な対応をしてもらえないとなれば、次に管理組合に対して適切な対応をとってもらえるようにお願いする必要もあるかと存じます。管理組合に掛け合う前に理事長や理事に対してまずは相談するのも一つかもしれません。

管理組合には、住民に対して、快適で過ごしやすい住環境の構築への責任があるため、騒音問題についても、その対策、ルール作り、入居者への説明等、しっかりと配慮するべき義務があります。我慢してストレスを溜め続けるよりかは、より良い解決へと向けた現実的、実践的な対応を取られるのが賢明であるのではないかと存じております。

あとは、管理組合の取り組み姿勢が問題のようでしたら、弁護士やマンション管理士など専門家に相談なされて解決を図られていかれるのも良いかと存じます。

もちろん、わんぱく育ち盛りの子どもさんのことですので、親のしつけ通りにはいかずに言うことにもなかなか従ってくれないこともあるかとは存じますが、親御さんの意識次第で少しの改善は期待できるのではないかとも思います。

とにかく、一人で悶々と悩まれ続けられるよりかは、しかるべきに相談をでございます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「障碍者は お坊さんになれませんか?」

問い「障碍者は お坊さんになれませんか?」
http://hasunoha.jp/questions/551

【ご質問内容】

私の息子は 18歳  今年高校を卒業し  京都 聖護院様にて
得度式を受け  僧侶になりました
しかし  障害を理由に  受け入れてくれる  お寺が見つかりません
何とか 私が元気な内に  一人でも 生きていけるように したいのですが

【拙回答】

ハンデを乗り越えて・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生、以前に精神障害者・通所授産施設の社会福祉法人の理事長を勤めさせて頂いたことがございます。

それだけに利用者の皆様のおかれている現状、現実につきましては、ある程度理解をさせて頂いております。誠に頂ける社会訓練の作業としての受注内容や工賃などの待遇の改善もなかなか難しい中で、社会復帰、就職となりましても本当に厳しい現実・・そのあまりの厳しさ、難しさに対して、拙生は無力さ、申し訳なさを痛感することが多々でございました・・

誠に抱えておられる障がいの種類や度合いによっても色々とケース・バイ・ケースになるかとは存じますが、何とか修行の受け入れを行って頂けるお寺が見つかりますと良いのですが・・健常者と同様の修行が難しい場合、僧堂においては、居士(在家出家修行者)として受け入れて頂けるところや安居会という短期間集中しての修行を数年繰り返す制度を設けているところもありますので、僧籍の取得可能の有無も含めて、(ご宗旨は、京都・聖護院様で得度とありますので、恐らくは本山修験宗になるのではないかとは存じますが)お確かめになられましたらと存じております。

また、ご本人の意思における僧侶への志が誠に熱くございましたら、他宗での僧籍取得の方法も検討なさられると良いのではないかと存じます。是非、各宗派の本山や宗務庁にお問い合わせもしてみて下さいませ。ハンデがある分、厳しいことも色々とあるかもしれませんが、ハンデを乗り越えられて、確かなる仏法興隆、衆生済度を果たされる僧侶と御成りを頂けましたら、本当に有り難く、尊いことであるかと存じております。

また、「障がい」に関する拙生の考え方につきましては、これまでにも下記の各問いにても述べさせて頂いておりますのでご参照下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/障がい

『・・また、「○○障がい」・「○○症」・「○○依存症」といったものに、変にマイナスに囚われてしまわれずに、私たちそれぞれにおいてのより良い幸せのためには、それぞれの心をより良くに変容させていくことが必要となります。・・』

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「自分の無力さが辛いです」

問い「自分の無力さが辛いです」
http://hasunoha.jp/questions/549

【ご質問内容】

こんにちは。精神病になって10年経つ者です。
波はありますが、10年目にしてやっと身の回りのことがある程度できるようになりました。
毎日、夢の中に居るような感覚で、ぼんやり生きています。

発病して数年は寝たきりの生活でした。
いつも天井を見つめながら、普通のこと、当たり前のことができるようになりたいと思い続けてきました。
それがある程度できるようになった今、今度は自分の現実を突き付けられています。

私は精神病の無職独身女。まもなく40歳を迎えようとしています。
結婚した友人は家を持ち、子供の成長を楽しみ、独身の友人はキャリアを積み、休暇は海外旅行を楽しみ…。
私の経験した10年と友人達の経験した10年の格差を感じてとても苦しいです。

時間が足りないです。本当にあっという間に日々は過ぎて行き、このままでは年ばかり取って私はやりたいこともほとんどできないまま死んでしまうのかと思うと悔しくて涙が出ます。
もちろん、私よりももっと苦しんでいらっしゃる方もたくさんおられることはわかっています。
家族、友人の支えもあってここまで来られたと感謝もしています。
でも、こんなに無力で何もない人生でいいのでしょうか?

気持ちがうまく書き切れませんが、アドバイスいただけたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。

【拙回答】

第二幕のはじまり

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心の病と長年にわたって闘って苦しまれておいでにて、誠にお辛いことでございます・・この度はようやくに当たり前のことができるまでにご回復なさられましたこと、本当に良かったと存じます。

さあ、ここからが始まりです。人生再スタートです。今まで我慢して耐え忍ばれてこられた分、是非、頑張って参りましょう。

よしこ様は、これまで人一倍に辛い思い、しんどい思いをされてこられてきただけに、これからの生活や、働くこと、遊ぶこと、恋すること・・そのどれもが新鮮で、有り難く、尊いものになるのではないかと存じます。

更には、同じように辛く苦しい立場の人たちの気持ちもよしこ様であれば自分の事のようにお分かりになられるのではないかと存じます。その人たちのためにも、何かできることで励ましや応援をして頂けましたらと存じております。

人に優しく、もちろん、自分にも優しく、これからの人生を自分のため、そして人のためにも歩んでいって頂けましたら有り難くに存じます。

あとは、あまり周りと比べないことです。他と比べては自分を卑下したり、劣等感に苛まれたりすることはあまり宜しくないことでございます。比べることにつきましては、これまでも下記の各問いにても扱わせて頂いておりますので、是非、参照して下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_320135.html

さあ、人生、第二幕のはじまり、はじまりです。。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「死にたいと考えないようにしたいです」

問い「死にたいと考えないようにしたいです」
http://hasunoha.jp/questions/546

【ご質問内容】

こちらでは何度もお世話になっております。

長年大事にしてきた恋愛もあっけなく失い、ものすごい喪失感です。
おかげで職場でのパワハラにも耐えられなくなり、ついに鬱の診断を受け、仕事も先月辞めてしまいました。
しかしながら、哲学の本を読みいろいろと考え直し、病は気からのように体調は一ヶ月も静養すると戻りました。今は、数年前に働いていた企業にお世話になり、再就職をして働いています。

今ある恵みに感謝して、無いものにこだわらず、何を目指すでもなく、ただその幸せを継続して生きていきたいとは思うのですが、どうしても罪悪感と逃げたい気持ちに襲われて正気でいられない時があります。

【拙回答】

次の恋へと向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

大失恋による喪失感に苛まれてしまわれておられるご様子・・誠にお辛いことでございます・・

まだ失恋の悲しみを拭うためには時間が掛かってしまうことであるかとは存じます。

とにかく、この度の恋のことをあれこれと振り返って、後悔する、思い悩む、悲しむよりか、次の恋です。

恋愛につきましては、これまでも下記の各問いにてお答えをさせて頂いて参りました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_318674.html

問い「別れた人をどうしたら忘れられますか?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002960601.html

「・・前を向くには、しばらくはまだ時間が掛かるかとは存じます。今はまだその恋の余韻に浸り、楽しむのも良いかとも存じます。時間が少しずつ解決してくれることもあります。そして、一方であなたには色々と心身ともに自由が得られたこともあるでしょう。その自由を活かして、友人や知人と旅行やショッピング・レジャーに出掛けて楽しんだり、また、更には色々な出会いの場へと出ることも一つでしょう。

今はもちろんまだまだ考えられないかもしれませんが・・失恋の一番の薬は、やはり、新しい恋だと思っております。

やがて、この失恋は幸せを掴むために必要なものだったと後に振り返ることができて、いい思い出へと変えることができれば良いですね。・・」

そして、恋はとにかく縁次第となります。善き縁を求めるところから始めないと何も始まりません。何事もそうですが、善き結果を望まれるのでしたら、善き縁に依らないといけません。善き縁、次の恋へとレッツ・ゴーです。

幸せに関しましては、これまでも下記の問いにて扱わせて頂いております。是非、ご参照下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/幸せ

LIMI様のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「性格は変えれますか?」

問い「性格は変えれますか?」
http://hasunoha.jp/questions/545

【ご質問内容】

私は管理職をしているのですが、自分の意見を言う事が苦手です。
そのせいか、自分が悪くなくても自分のせいになったり、自分が苦労する事が多いです。

自信がなさそうに見えたり、すぐ謝ってしまったり。変えていかないと自分自身が嫌になってきます。
何か良い方法や考え方はありますでしょうか?
宜しくお願いします。

【拙回答】

性格も空であり縁起なるもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

性格でお悩みにて少し自信を失われて、自己嫌悪にも陥られているご様子・・

まず、この世においては、実体として成立しているものは一切無い、いわゆる「空」ということになりますが、「空」と言えども何も無いという「無」ではありません。確かに、私もあなたも存在していますし、私もあなたにも性格、気質というものももちろんございます。

そして、そのありようというものは、様々な因果関係や依存関係、つまり、「縁」によりて「起」こっている「縁起」として成立しているものであると考えることとなります。

問い「恐怖心から最初の一歩が踏み出せません。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992579.html

『・・恐怖や不安というものは、実体としては無い、「空」なるものなのでございます。もちろん、実体として無いとは言えども、全く無い訳ではありません。また、そのような心が生じるのは、何もないところから生じることもありえません。必ず何かの原因や条件によりて生じていることであり、つまり、「縁起」なるものと考えることができます。そこで、その原因や条件をしっかりと捉えることで、その原因や条件を何とか改善させれば、きっとそのような心が起こることも何とか改善することができるはずであります。・・』

もちろん、性格も色々な原因や条件によって今の性格となっている次第ですが、今の性格となっている原因や条件をしっかりと調べて理解することにより、その原因や条件をより善くに変えることで、当然に性格もより善くに変えることができることになるはずではあります。

ただ、性格は先天的な遺伝的要素や脳神経回路の構造等による影響もあるため、遺伝子や脳神経回路を操作できない以上は難しいこともあるかとは存じます。

性格を変えたいとしても無理な面があるのも否めないですが、例えば、状況に応じて、前もっての対処ぐらいは可能なのではないかとは存じております。意見や考え方がうまく伝えられないとなれば、事前に文書・メール・メモとして表して提示しておくなど、誤解を避けるためにも主張すべきは前もってしておくというのも一つであるかとは存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「絶対に許せん」

問い「絶対に許せん」
http://hasunoha.jp/questions/544

【ご質問内容】

今、絶対に許せない人がいます。
もう人生どうでもいいので直接、そいつか家族に復讐してやろうかとさえ考えています。

仏教では怒り、絶対に許せないことや人に対して、どう考えますでしょうか?

【拙回答】

「復讐」よりも「福修」を

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

怒りでも、特に激しい怒りというものは、仏教用語で「瞋恚」(しんに)と申しまして、特に煩悩の三毒の一つで、貪欲(むさぼること)と愚痴(愚かさ、無知・無明)と同様にしっかりと対治していくことが望まれることとなります。

問い「どうしても身内や騙して金を取った奴らが許せない」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002972089.html

「感興の言葉・ウダーナヴァルガ」(中村元氏訳)・岩波文庫・第14章・「憎しみ」から・・

「実にこの世においては、およそ怨みに報いるに怨みを以てせば、ついに怨みの息むことがない。堪え忍ぶことによって、怨みは息(や)む。これは永遠の真理である。」

「怨みは怨みによっては決して静まらないであろう。怨みの状態は、怨みの無いことによって静まるであろう。怨みにつれて次々と現れることは、ためにならぬということが認められる。それ故にことわりを知る人は怨みをつくらない。」

「・・仏教では、憎しみや恨みは煩悩であり、そのような悪い感情に支配されての行為は、結局、悪い結果しかもたらさないため、当然に諌めなければならないこととなります。憎しみ、恨みを無くすには、耐え忍ぶこと(忍辱波羅蜜)と共に、慈悲の思いを向けることによって対治することが大切となります。

実は、仏教では自らを苦しめるモノ・コトがあってこそ、修行を進めることができると考えるところもあり、逆にそのようなモノ・コトに有り難さを思い、例えば、自らを害する敵にでさえも慈悲を向けることで、憎しみや恨みの感情を超えていくことが求められることになります。・・」

どうか怒りによる「復讐」よりも、慈悲によっての善い行いに勤め励めることでの福徳の修習としての「福修」をお薦め申し上げる次第でございます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「職場に馴染めない」

問い「職場に馴染めない」
http://hasunoha.jp/questions/543

【ご質問内容】

初めてご相談します。
同業から同業へ転職して、3ヶ月たちましたがなかなか職場に馴染めません。

あまり明るくないとか、一部の事務員さんからはコソコソ、目の前でヒソヒソ話をされたり、言い合ってると言われてます。
毎日誰かしらの悪口や影口を言っていたり、その人に言いに行く人までいます。
わかりやすいほど露骨に嫌われているのがわかります。

私自身色々あって人が怖く、独身というのもあって
周囲から奇異な目に写っているようです。

仕事も以前と似ているのに、全然役にたっていない状態で焦燥感でいっぱいです。
年齢も性格もあるので、そう簡単にはっちゃけるような事はできません。

出来上がった人間関係の中に、どう身を置いたら良いか教えてください。

【拙回答】


適当力・鈍感力を養う

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

以前にも職場に馴染めないということについてのご質問を頂いております。

問い「会社で馴染めないうえ、仕事が出来なくて悩んでいます」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002972533.html

「・・積極的に分からないことやアイデア等があれば、会議・ミーティングででもそうですが、正規・非正規・短期や立場、役職もあまり気にすることなくに、談話室や食堂などでチームの方と少しずつでも質問や意見交換するなどしていくというのも良いかとは存じます。・・」

人間関係の問題はやはりコミュニケーション不足が大いに課題になっているのではないかとは存じます。

大抵の場合、恐怖や不安というものは、よく分からない、知らないということで生じています。人間関係においても、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という孫子の兵法がございますが、とにかく自分の気質と相手の気質を詳しく知ることで、どのような場面でも対応していけるようにすることが肝要になるのではないかと存じております。

職場に馴染むためにも、良いも悪いも含めて、まずはその雰囲気や人間関係、人間の資質等を詳しく知ることから始められると良いのではないかとは存じます。そのためにも平素における何気ないことからのコミュニケーションが欠かせないものになる次第と考えております。

あとは、適当力・鈍感力を養うことです。

問い「転職か我慢か悩んでます」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1003293425.html

「・・人間関係については、とにかく相手についてよく知ることです。相手を知ることにより、うまく対応していけるように工夫することもできるのではないかと存じております。また、皆と仲良くしなければとも思わないことです。様々に異なる人間の集まり、それは無理です。そこはある意味で適当力・鈍感力も問われます。無理なものは無理と割り切ることも必要でございます。・・」

ただ、どうしても無理であれば、身体も心も壊れてしまっては元も子もないですから、もちろん無理はしないことです。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「仕事で求められることがどんどん増えていき、しんどいです。」

問い「仕事で求められることがどんどん増えていき、しんどいです。」
http://hasunoha.jp/questions/542

【ご質問内容】

仕事でこなさなければならない量と求められる質に対して、与えられる時間が少なく、苦しいです。
叱責や嫌みが多い毎日の中でどんどん自分に自信がなくなります。
私が悪いのでしょうか?

【拙回答】

一人で抱え込まずに相談を

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少しお仕事について自信を失われて、自己嫌悪に陥られておられるご様子・・

以前では下記のように仕事への不安を抱えておられるご質問において、「優先順位を定めて、一つ一つできることから徐々にやれることを増やして進めていくこと」について述べさせて頂きました。

問い「仕事に対してできるか不安。何か言われてないか不安」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1003004269.html

人間できることは当然に限られています。何でもかんでも全てをこなすというのは不可能です。ですので、明らかに今の仕事における量も質も与えられた時間が少なくて処理できないとなりましたら、優先順位付けと効率化を意識して改善に取り組むことが必要になるのではないかと存じております。

また、職場に対して環境改善へと向けた提案や訴えも必要であるのかもしれません。

是非、改善へと向けて、同僚、上司と共に部署内で、シフトやノルマの見直しについての話し合い、意見交換をしてみることに取り組まれてもどうであろうかと存じます。労働組合がありましたらそちらにもご相談なさられてみられても良いのではないだろうかと思います。

そして、叱責や嫌みが明らかに度が過ぎているとするならば、「パワハラ」の恐れもございます。

パワハラにつきましては、これまでも下記の各問いにおいて扱わせて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/パワハラ

場合によっては、部署替え、配属替えの人事異動、上司の交代等も申し出て、できる限り環境の改善へ向けて取り組むことも必要かもしれません。

とにかく、あまりに私が悪いのだとご自身を追い込まず、会社内で相談しにくいとなりましたら、労働基準監督署管轄の総合労働相談センターや男女共同参画センターの相談窓口等にて相談なさられることもお薦め申し上げます。

厚労省 総合労働相談コーナー 東京
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/tokyo.html

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い 「子供の周りへの対応に関する自分の行動について」

問い 「子供の周りへの対応に関する自分の行動について」
http://hasunoha.jp/questions/540

【ご質問内容】

 悩みをさっそく書き込ませて頂きます。
 息子は4歳です。幼稚園に通っています。性格は人好きで人懐っこく、動くことが大好きな普通の元気な子供です。小さなころから公園に行っても知らない人だろうが、子供を見ると走りついて遊ぼうとするくらい積極的な性格です。たいていは笑顔で皆接してくれたり、一緒に遊んでくれたり安心するのですが、中には なにこの子?って感じで明らかに迷惑な顔で自分の子から遠ざけようとする同じお母様方や、 子供たちがいるので いろんな人がいて当たり前なのですが そんな時は万が一を考え臨戦態勢でいつでも割って入れるように観察してしまうんですね。たとえるなら 野生動物だって子供に何かあれば牙だして戦うあの感じです。
 相手の雰囲気察して子を遠ざけるんですが、子供は無邪気に相手の迷惑な顔見ても、皆いいひとで優しいと無条件に思っているので解らないんですよね。  何度もこういう状況でせっかく遊んで楽しんでいる子供をもう少し遊ばせたいにも関わらず帰るの一言で車に乗せ、人が少ない別の遊ぶ場所に移動と繰り返していたんです。 基本 今もおなし感じです。
 幼稚園では皆顔を覚えているので、遊んでくれなきゃ次って感じで友達と遊んでいるようですが、 送り迎えの時など特定の女の子とかについて回り、同級生なんだけど、あんまりつくものだから相手の子が すごっく嫌な顔しているのを見てわかるんですよ。 思わず今までの経緯いとその子の様子からその子の親に 謝ってしまう始末です。 いいですよ?とおっしゃって下さるけれど、こんな時何も言わずほっといてもいいのでしょうか? 
 車についても自分の車に乗らず、その子の車に行ってついて回るんですけれど、何も言わなくてもいいでしょうか?
  無理やり連れだすと、あいてに遊ばせたくないとか誤解されても嫌ですし
息子の行動は決して悪い事をしているわけではないですが、口に出さない
物事での判断がみえて もやもやしてどうすることがいいか迷っています。
 たぶんその女の子は 息子がなんでついてくるのか解らないし、苦手なんだろうということは沢山人を見てきた経験から雰囲気でわかります。
 そのうち落ち着くだろう息子ですが、現状で親としてどうするか迷っています。

【拙回答】

子育て

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

子育て・・誠に大変ですよね・・そして、色々なことに一喜一憂しては悩みますよね。。

四歳の男の子、活発多感な時期なだけに親の目からもヒヤヒヤすることがあって目が離せないのもまだまだ仕方のないことなのではないかとは存じます。色々なことに興味が芽生えて、それも移ろい早く、そして、落ち着きもない・・しつけが難しい時期であると聞きます。

まや様のお子様においては、人や同じぐらいの子には凄い興味があって、どうしてもくっついて行ってしまう一面があるようで、色々と悩まれておられるご様子・・

まだまだ本人のコミュニケーションが試行錯誤の段階で、これからの成長に期待してみるのも良いかとは存じます。

子どもは子ども同士で色々と学んでいくことも大切であり、激しい喧嘩や明らかな迷惑行為でなければ、気長に見守っていくことも一つかもしれません。相手の子が本当に嫌なら、それなりの態度や言葉でも表すでしょうし、それで本人が自覚して自制していくことにも期待していけるのではないかとは存じます。相手の親の態度についてはまああまり気にすることはないでしょう。

または、今は一時の時期的なものかもしれません。小学校へ上がるぐらいまでに改善を目指されれば良い程度ではないだろうかとも思います。

しつけで大変なのが、二歳のイヤイヤ期の次が四歳の第一次反抗期と言われておりますが、それほど問題のない行為であるならば、本人のストレスが溜まらない程度で対応なさられるぐらいで、逆に厳しくするとストレスが増えてしまうことによって、しつけの面で大変なことになるよりかはましだと考えるぐらいが丁度良いようにも思います。

もちろん、色々とケース・バイ・ケースにもなりますが、明らかな迷惑行為、ダメなこと、危ないことは叱るのは当然ながら、それ以外のことでは、もう少し気長に構えて、本人の成長に合わせて言い聞かせていくぐらいの心の余裕を持って接していかれるのが良いのではないかと存じております。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ