hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

2016年01月

問い「8年間彼氏がいません」

問い「8年間彼氏がいません」

【ご質問内容】

もうすぐ30歳になる29歳、女性です。

22歳で就職してから仕事ばかりでしばらくは恋愛をする余裕もなく過ごしてきました。

ひとりで行動することも苦でない性格なのと、友達がたくさんいたのであまり寂しさを感じることもなかったのですが、やはり彼氏は欲しく…。

多忙な業界に勤めているためいちから出会いを探すのもしんどく、元々長年の友人だった男性を良いなと思い、告白するものの恋愛対象として見られず、振られてしまい友達としても気まずくなってしまう経験を何度かしています。

いま好きなひとも8年間同じ職場で、こちらが異性として好きなそぶりを見せるとすこし距離を置かれてしまうような関係値です。(そのひとも同じくらいの年数彼女がいません)

いつのまにか30歳を迎える歳になり、まわりの友達は結婚、出産とライフスタイルを変えていき、旅行などにも気軽に行けなくなってしまいとても寂しいです。

かといって、合コンや婚活アプリなどで出会う男性とも1度会って話して以上の関係になれず、除雪としての魅力がたりないのだととても卑屈になり、周りに嫉妬したりしてしまいます。

どうしたら彼氏ができ、結婚に向かい進めますでしょうか。 
友人から恋人になるのは難しいのでしょうか。 
また、周りの幸せを羨まずに済むのでしょうか。

【拙回答】

「幸せ」とは何か

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

彼氏を得ること、恋愛をすること、結婚をすること、伴侶を得ること、出産をすること、子どもを得ること、子育てをすること・・

tsubaki様の「目標」となるのは、どれになりますでしょうか・・

しかし、目標というものは、達成されると、あるいは、満足すると、一気に色褪せてしまって、また、それだけでは満足できずに、次の目標、また、次の目標と探さないといけなくなるものとなり、際限がなく、気づけばあっという間に人生が終わってしまう、ということになってしまいかねません・・

それでは、仏教的に申すならば、「求不得苦(ぐふとっく)」(求めても求めても満足できない、得ることができない)という苦しみのループに陥ってしまうことになります。

大切となるのは、好きな人、愛する人と共に、「お互いに支え合い、助け合い、分かち合って、幸せな人生を歩めるかどうか」になるのではないかと存じます。

重要なのは、「幸せ」であるのかどうかであって、「恋愛」や「結婚」が、「幸せ」とイコールというわけではなく、あくまでも「幸せ」のために、それらをどう活かして、「幸せ」を育んで、養っていくべきであるのか、ということになります。

ご自身の「幸せ」とは何かを今一度見つめ直されながらに、どうぞ今あるご縁を一つ一つ大切になさられて下さいませ。

西野カナさん『もしも運命の人がいるのなら』MV(Short Ver.) 
西野カナ Official YouTube Channel

tsubaki様のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「引きこもりを直したい。どうやって生活すればいいのか?」

問い「引きこもりを直したい。どうやって生活すればいいのか?」

【ご質問内容】

うつ病と摂食障害を患っています。 
今までの人生をまとめると、

高校3年生の時精神科に入院させられる(激しい胃痛と鼻血が止まらないせいで)→退院して高校に戻る(でも頭が働かなくて、テストの点が悪く先生に叱られ、正直もう疲れてました。家族やいとこにはさんざん学校に行けと言われましたが、その学校に行くことはできませんでした。

それから通信制の高校に通うようになる。 
レポートを書くのが楽しかったです。でもスクーリングが自分の 
負担になり、食事が入らなくなる。

2度目の入院をし、それは3か月で退院。 
通信制高校を卒業。

それから病院のデイケアに通ったり、ボランティアをする。

作業所に行ったり、自動車学校に通うようになる。

しかし、自動車免許も取ったし、私も20歳になったからいいだろうということで、急に両親が離婚。 
私が小学生の時から、離婚の話はささやかれていたのですが、あまりに急でした。

しかも父は愛人をつくってました。 
私は元々は父方の祖父、祖母の家に住んでました。 
父は愛人と一緒に住むから家を出てけと言われました。

だから今は母方の家に住んでいます。 
あれから全く父とは、会うことも電話で話すことすらしていません。

私は今また窮地に立たされている気がします。 
摂食障害がちょっとあります。痩せたい願望はなく、 
ただただ食欲がわかなくて、味が分からなくなることもあります。

外出ができなくて困ることもたくさんあります。内職を持っていくのも緊張して吐き気がし、大好きな本屋さんで本を眺めてても吐き気がし、いつのまにか外に出られなくなってしまいました。

悔しくて生きがいもないです。 
私がこうなったのは周りの影響もあったのかもしれないけど、 
私にもいろいろ悪いところがありました。 
謝りたい人、お礼を言いたい人がたくさんいます。

でも今の状態では私には何をすることもできません。 
唯一、父方の祖父は「元気ね?」と言って電話をかけてくれたり、 
ちょっと遠いのに私の家まで訪ねてきてくれるのが、すごくうれしいし、ありがたいです。

早く胃の調子が良くなればいいのですが…… 
こんな私はどうやって、これからの人生を歩んでいけばいいのかわかりません。 
どうすればよいでしょうか?


【拙回答】

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

うつ病と摂食障害を患っておられますとのこと・・誠におつらいことでございます。

医療の専門家ではないため、詳しいことや正確なことはあまり申せませんが・・

少し異なことをお伺いいたしますが、アレルギーは何かお持ちでしょうかね?

もしも何かアレルギーをお持ちであるならば、免疫的なところに何らかの問題がある可能性もございます。

それと、胃というよりも消化吸収器官である「腸」の方に問題がある場合も考えられます。

腸は、「第二の脳」と言われますように、実は、私たちの心にも多大な影響を与えている重要な臓器であると考えられています。

「腸 第二の脳」でグーグル検索して頂きますと、下記のページがまずトップに出て参りますので、ご参照下さいませ。

「腸は第2の脳。腸に関する10の豆知識」 

腸の状態が、心や精神に与える影響についても様々な関連が指摘されており、最近、「腸内フローラ」という言葉をよく耳にしますが、腸内環境を調えることから始められることで、それが摂食障害、うつ病についての好転のきっかけになるかもしれませんので、是非、「整腸」について、しっかりと情報収集されて、一つ取り組んでみられて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

ライブドアのニュース・主要トップページにhasunohaの記事

hasunohaが、ライブドアのニュース・主要トップページの記事で取り上げられて、ここのところアクセス&質問が凄いことになっております。

サービス・リリース以来3年3ヵ月、一つの大ブレークになったという感じでございます。



お坊さんが悩みに答えてくれるサイト「hasunoha」 回答がすごい - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11119980/




はてなブックマーク・ホッテントリ(問い「ソシャゲやめたい」)

http://b.hatena.ne.jp/entry/hasunoha.jp/questions/2976


グノシー「四苦八苦する人生に!お坊さんがこたえてくれるQ&Aサービス「hasunoha」がありがたし」

https://gunosy.com/articles/ab9g3


「いいね!」のかわりに「有り難し」ボタンを設置 本物のお坊さんが質問に答えてくれるサービス「hasunoha」の徳が高いと話題に(ヤフーニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000044-it_nlab-sci


「(ガチャは)ただの乱数です」 課金ガチャに悩む女性にお坊さんが説法、エッジが効きすぎと話題に - ねとらぼ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/28/news129.html


・・

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha

http://hasunoha.jp/


回答者として四年目に入りました。すっかりとペースが落ちてしまっておりますが、少しずつでも皆様のお役に立つことができる回答を目指して日々、省察、精進致して参りたいと存じます。本年もご叱正、ご批正の程を賜れますように、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6


問い「偽経と信心について」

問い「偽経と信心について」

【ご質問内容】

大学で仏教の事を学んでいる真宗の信徒です。先生には質問しづらい内容ですのでここで質問させてください。 
大学で四諦の教えや空の思想を知り、苦しみの生まれるプロセスを理解しました。 
ただ私は意思が弱い凡夫ですので、渇愛煩悩を絶つために修行し自力で悟りを得られるような人間ではありません。 
やはり阿弥陀仏の本願に縋るしかないと考えております。

しかしながら、偽経について学び、同時に観経が偽経である事を知ると疑いの心が生じてきました。 
信じたいと思っているのですが、釈尊が説かれた教えではないものと知ってしまうと、阿弥陀仏は本当に自分を救ってくださるのかどうしても心配になってきます。 
この心にどう折り合いをつければ良いでしょうか?

【拙回答】

「最清浄法界等流」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

正直なところ、釈尊は、教えを文字で残すことを許されなかったため、後世に文字にて表されて伝えられている経典というものは、誤解を恐れずに申せば、釈尊のそのままの真意なる教えとして捉えて良いものかどうかは、非常に疑わしく、また、文字で表されたものは、釈尊の教えでないとするならば、全て「偽経」と言ってしまっても、ある意味において過言ではありません。

なぜ、釈尊は、教えを文字で残すことを許されなかったのか・・

拙私見ですが、「文字化→概念の固定化→実体視→執着→迷い苦しみ」ということがあるからではないかと存じております。

また、文字化の否定のことを「言語道断」、「戯論寂滅」、「離戯論」、「離言真如」などと概念化してしまっても同様なことになりかねず、やはり、宜しくないものとなってしまいます。

しかし、それでは、一体どのようにして釈尊の教え、仏教を修学・修習していくべきであるのか、となりますと、如来が不在である以上、やはり、私たちは経典を頼りにしていく他に、その教えを学び修していく術はないのであります。

もちろん、経典は、何も根拠のない教えというわけではありません。八万四千とも言われる釈尊の善巧方便による無数の教えにおける、ある一面であったり、要約や公約されたものであったりと、それぞれの経典における方便的な立場があると考えることができます。

アサンガ大師は「摂大乗論」にて、「最清浄法界等流」というお言葉を使われておりますが、まさに、清浄なる真理の世界から流れ出ている教えであるとして、経典の内容について、慎重に吟味して扱う必要があると存じております。

問題は、では、どの経典やその中の教えが、(自分やそれぞれの衆生に対して)頼りになり、あるいは頼りとすべきかということについては、それも慎重に判断していくことが必要となります。このことにつきましては、下記の拙回答もご参照を頂けましたらと存じます。

問い「お経の種類」 

問い「龍樹と唯識」 
http://goo.gl/GnWUpc

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「死にたいです。」

問い「死にたいです。」

【ご質問内容】

私は自殺願望、自傷の性格です。 
自傷行為は中1の時からやり始めました。

自傷行為するきっかけは母からの言葉でした。 
私はほかの兄弟とは違い、教えられたことをすぐ理解することができません。

そんな私を見て母は 
「馬鹿な子だね」 
「頭のおかしい子」 
「人を怒らせる天才」 
「疫病神」 
など様々な言葉を私に浴びせてきました。

私はただ、母が言った言葉を聞くことしか出来ませんでした。

しかし、去年の夏頃に昔住んでいた隣町に引っ越してきました。

その時に祖母と同居することになりました

しかし、母と祖母は私を罵りました。 
「頭の悪い子」 
「馬鹿な子」 
「可愛げのない子」 
「鬼娘」 
などの様々な言葉を今日まで言われ続けました。

その言葉に耐えられなくなった私は 
ただ、リストカットするしか在りませんでした

リストカットするところわざわざみて 
母は 
「脅しをかけてる死にぞこない」っと言いました。

とても辛いです。 
この世から消えたいです。

私は生まれてきても良かったのでしょうか?

【拙回答】

明らかにモラルハラスメントによる虐待です。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

誠におつらいことでございます。

明らかにモラルハラスメントによる虐待です。

「モラルハラスメント 親子 相談」でグーグル検索すると下記のページがトップに出て参りました。

親からの過干渉、否定、罵倒、暴力につらい思いをしている人のための専門相談 
おとなの親子関係相談所・モラルハラスメント(精神的虐待・暴力) 

モラルハラスメントの特徴は、

相手の考え方や行動を否定し、あらゆる理由を用意して支配しようとする。 
相手の欠点をことさらに大きくして追及を繰り返す。 
相手が自立しようとすると、中傷や罵倒などの精神的な暴力をふるい始める。 
自分の言動を外部に漏らさないようにする。 
相手の人格・人権を認めない。 
上記のことが限度を超えて行われている。

モラルハラスメントを受け続けると、

恐怖による極度の緊張 
離人感(自分が自分で無いような感じ) 
強いストレスによる心身症状 
判断力の低下 
自己否定のくりかえし 
孤立無援な感じを常に抱いている

回復には

自分がモラルハラスメントを受けているかもしれないということを疑うこと 
相手の言っていることに疑問をもつこと 
自分の意見を持って立ち向かうこと 
「強者には従わなくてはならない」という固定観念を捨てること 
依存しない環境をつくること(時間・財力・判断…etc)

・・

ただ、検索の上位にあるページということだけで、一応参考として載せさせて頂きました。

上記のサイトの方は、親子関係カウンセラーとして有料の相談・プログラムもあるようですが、ご自身だけで何とか解決されようとなされずに、最初は勇気がいるかもしれませんが、お近くの上記のような専門家を探されて、相談されるのも良いのではないかと存じます。

もちろん、jun様は生まれてこられて良かったのですよ。大丈夫です。安心して下さい。

早くモラハラから脱して、幸せな人生を歩みだしてほしいと存じます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「SNSについて」

問い「SNSについて」

【ご質問内容】

お坊さんはSNSをどう思いますか?

私は昔から、寂しがり屋なところがありました。でも、コミュニケーションの障害があることもあって、人付き合いは苦手でした。孤独から逃れるために、ブログを始めました。それから、インターネット上での人付き合いが欠かせなくなりました。今は、ツイッター、その他のSNSをやっています。

自分の投稿した文章に反応が返ってくると嬉しいです。「いいね」とか「拍手」がもらえると安心します。たくさんもらえると嬉しいと思います。いつも「いいね」してくれる人が「いいね」してくれると、ほとんど口を利いたことのない相手なのに友人のような親しみを感じます。

文章を投稿してから何か反応があるまで、パソコンの前を離れられないこともあります。そういう時は、そのせいで時間を浪費しているような気がします。でも、SNSがなければないで、何もせず寂しい気持ちでだらだらとしてしまいそうな気もします。

最近、ようやく現実の人付き合いが増えてきて、現実とインターネットは違うなあ、としみじみと思っています。

私は実生活ではほとんど友人と言える人はいませんが、仕事を始めたので、職場の人とはそれなりに言葉をやり取りするようになりました。 
他には障害の支援員さんなどと関わりを持っています。

・・・まとまりのない文章になりましたが、無理やり質問にまとめます。

お坊さんは、SNSについてどう思っていますか? 
お坊さんは、SNSとどう付き合っていますか? 
以上の文章を読んで、お坊さんから、私に何かアドバイスのようなものはありますか?

どれか一つについてでもご回答頂けると幸いです。

【拙回答】

「SNS」用途の目的

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「SNS」(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、社会的連絡構成サービスとありますように、インターネットを通じて、人と人、人と社会、人と世界を結び付け合うためのサービスであり、非常に便利な半面、使い方次第では怖いものにもなってしまいます。

「SNS」は、やはり、その用途の目的に応じて、しっかりと使いこなせるようにしていくことが大切になるのではないかと存じます。

現在、拙生が、最も重視して活用しているのが「フェイスブック」になります。

小石さんの目的は、コミュニケーションの補助のため、孤独感を減らすためというものになるでしょうか・・

おそらく小石さんは、上記の目的はある程度果たせたところがあるものの、次の目的というものが少し明確になっていないのではないかな、とご質問の内容から僭越にも思うところがございます。

そこで、拙生がフェイスブックで目的としていることについて、少し述べさせて頂きますので、何かの参考になればと存じます。

一、昔の友人や知り合いの近況等の確認、元気に頑張っているかどうかなどの確認のため

一、業界の情報・世論情勢等の収集のため

一、簡単には会えない者同士においての会話・対話・議論のため

一、志を同じくする同志、切磋琢磨できる同志との出会いのため

一、自分の取り組みについての評価や検証を得るため、あるいは、取り組みの宣伝、拡散のため

特に、「志を同じくする同志、切磋琢磨できる同志との出会いのため」というところで、多くの方とお互いに会わずにでも知り合えていることで、自身の志、学び、自省、成長のために役立っていると実感致しております。

このhasunohaの同志の皆様との出会いも、きっかけはフェイスブックがほとんどであり、実際にお会いできていない方の方が多く、それでも色々と親しく意見交換して頂いております。

もちろん、問題は、やはり無機質な「言葉」・「文章」・「顔文字・絵文字」だけでは伝えられないこともあるだけに、誤解や偏見を生じさせないように配慮することも必要になるかとは存じます。

とにかく、現実・実生活において役立てられるものとして活用していけるように調えていければ良いのではないだろうかと存じます。

ご参考までに。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/
これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「性欲の強さに困っています」

問い「性欲の強さに困っています」

【ご質問内容】

お恥ずかしい話、元々性欲が強い方でしたが最近自分の性欲の強さに困惑しています。 
性欲は強いのですが男性との性行為はそこまで好きではなく、今までは自慰行為などで解消してきました。

しかし最近それでは解消しきれず現在彼氏もいない為、交際関係ではない男性と性行為をしてしまい、それが出来ない日が続くとイライラしてしまいます。 
こんな日々が続いており真剣に悩んでおります。 
インターネットで性欲の減らし方を調べ、運動など始めましたが効果がありません。

冷やかしの質問のように見えるかもしれませんが真剣に悩んでいます。 
女性の性欲を減らす方法はないのでしょうか?

【拙回答】

性依存症、セックス依存症の疑い・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

性行為は、普通に人間の持っている大切な生理的な機能、生殖的な機能の一つであるため、それを否定してしまうとなれば、人間の種の存在意義、自分自身の存在意義さえも否定してしまうことになりかねないため、それは良くありませんが、あまりに何か依存的に極端に陥ってしまっているとすれば、何らかの問題が発生している可能性が高くなりますので、気をつけなければならないのではないかと存じております。

もしも、生活や仕事に支障をきたしてしまう、過度なストレスになってしまっている、というようであるならば、性依存症、セックス依存症なのかもしれませんね・・

それならば、ご自身で何とかされようとしても難しい場合もございますので、是非、専門の医療機関や心理カウンセリングへと治療に行かれるというのが良いのではないかと存じます。

調べてみましたら、下記の漫画での解説が分かりやすいかと思いますので、ご参照下さいませ。

マンガで分かる心療内科・精神科「あなたも実は、性依存症・セックス依存症!?」 

重要なポイントは、「自己嫌悪を抱くかどうか」・「問題になるかどうか」というところとなります。

やや当てはまられてしまっているような・・

とにかく、何でもそうですが、極端を避けてのバランス良くが大切になります。仏教的に言うならば「中道」ということになります。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「ソシャゲやめたい」

問い「ソシャゲやめたい」

【ご質問内容】

アイドル育成ソーシャルゲームにはまって数年が経ちました。 
そして某ゲームでつい最近、自分の推しアイドルがいわゆるガチャに登場したのですが、いくら金を積めどもガチャからそのアイドルをスカウト出来ませんでした。

正直そのゲームを引退したいくらい辛いのですがまだ煩悩とわずかな希望を持ってガチャを回し続けてます。ムキになってるというのは分かるのです。もう回したくないのですがどうやって辞めるべきですか?ありがたい一言を聞きたいです。

あと煩悩を捨てきった時に彼はガチャから出てきてくれますか?

【拙回答】

煩悩を捨てきった時・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「ソシャゲ」と聞いて、「マンジュシャゲ」を連想してしまい、あるいは、「ガチャ」と聞いて、「ガッチャマン」を連想してしまった一僧でございます。

ここ十数年、ゲームはほとんどしませんので、「ソーシャルゲーム」や「ガチャ」のことはよく分かりませんが、パチンコと同じような一種の麻薬的要素、感覚を麻痺させられてしまう要素があるのではないかと存じます。

「次こそは、次こそは」と意欲を掻き立てて、購買意欲も高められてしまう・・

あまり否定しすぎると業界からの批判も免れませんし、課金制度により、会社が成り立って、生活をされている方もいらっしゃいますので、強く否定もできませんが、最も大切となるのは、やはり、中毒に陥らずに、自制するということになるのではないかと存じます。

自己責任は自己責任ですが、「煩悩とわずかな希望」を持たれてしまう気持ちも良く理解はできます。

しかし、ゲームは所詮、ゲームです。バーチャルであって、夢や幻のような架空の世界ということであります。

夢や幻のような架空の世界というのは、実は、仏教的には、現実(リアル世界)もそのようなものであるとして、煩悩や執着、無明を対治していくことになりますが・・

とにかく、ゲーム世界におけることで、良い意味でのストレス発散や気分転換になれば、それも悪くはないのですが、明らかに日常生活に支障をきたすようなものとなってきてしまっているのでならば、やはり、中毒による弊害の疑いが強くなります。

生活(お金、勉強等)に支障をきたしてしまっているのであれば、やはり、辞めるべきでしょう。

ちなみに、煩悩を捨てきった時、彼ではなく、「ガチャ」っと扉が開き、仏陀と会いまみえることができるかもしれません。お楽しみに。。

※蛇足 将来、あなたは、ホストに貢ちゃんになってしまうかもしれないタイプ。どうかお気を付け下さい。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「勉強のための心構えについて」

問い「勉強のための心構えについて」

【ご質問内容】

僕は大学生でしたが再受験することに決めた受験生です。せっかく親から与えてもらったこの機会を絶対に後悔しないものに変えたいと思い、東京大学を目指してます。

僕が前に行っていた大学のレベルは低かったので、その分勉強をしないといけません。受験勉強は苦ではなく、むしろ好きです。 

けれど自分の性格上何をするにしてものんびりやってしまいます。 大切な時間を無駄にはしたくないのですが、なかなか自分の制御ができないのです。

最近は朝早くに起きてはいるのですが、部屋が寒すぎるために布団から出れず、勉強したいのに机の前までたどり着けなかったりします。

自分に厳しくして、より勉強時間の確保をしたいです。だらけている自分に喝を入れるような、自分の心の礎となるような、考えや言葉などを教えていただきたいです。

【拙回答】

何のために大学へと行くのか?

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「大学へいくための勉強か、それとも、将来の目標や夢のための勉強か」

あるいは、「東京大学へと行くのは、いったい何のためであるのか」について、今一度、お考えになられるのも良いのではないかと存じます。

ただ、「東大」に行きたいと言うだけのことであるならば、もしかすると同じように大学を途中でやめてしまうこともありうるかもしれません。

「何を大学で学びたいのか、先でどんな仕事をしたいのか、あるいは、将来の目標や夢は・・」

もちろん、入ってから考えるというのもありでしょうが、できるだけ今のうちから考えておかれるのも良いのではないかと存じます。

「自分に厳しくして、より勉強時間の確保をしたい」・・

やはり、切磋琢磨する仲間、ライバルがいる環境、予備校や自習室へと通うことで、モチベーションを上げて、奮起し、また、緊張感もしっかりと養うことで、だらけてしまうのを抑制させるというのはどうでしょうか。

特に、志を同じくする仲間同士との出会いというものが、これからの先において、Asp様の大切な糧になっていくこともあるのではないかと存じます。

合格を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「触られるのが苦手だけど子供を産まないと」

問い「触られるのが苦手だけど子供を産まないと」

【ご質問内容】

私には数年付き合っている彼氏が居ます。彼氏は手を繋いだり髪に触ったりとにかく私に触れるのが好きなようなのですが、私はそういうのが苦手でキスもセックスも好みません。おかげさまでずっと処女です。 
そんな私ももう結婚や、親の事を考えると孫の顔も見せなければならないのかな、と考えるようになりました。彼氏の事は嫌いではなく、むしろ触られるのが苦手ということを聞きあまり触れないでいてくれます。 
しかし親を思い孫の話となると別です。セックスはしたくないし、年齢ばかりが大人になって子供の私には子供を産めると思いません。 
世の皆にはできることが私にはできなくて、悲しいやら悔しいやら考えがまとまらずどうすればいいのかもわかりません。 
私にも子供を産んで親を喜ばせてあげることができるのでしょうか。子孫を残す行為をしたくない私はどうしたらいいんでしょうか…。

悩みがわかりづらいかもしれず、だらだらとした内容ですみません。


【拙回答】

子どもは授かりもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

極端ではないようですが、感覚過敏にお悩みのご様子・・誠におつらいことでございます。

専門家ではないため、あまり無責任なことは言えませんが・・

一種の生理的なものであるかもしれず、無理に何とかしようとすればするほどに、ストレスや負担になってしまう可能性もあるため、感覚統合を扱う専門の医療機関・カウンセリングにて相談してみられるのが良いのかもしれません。もしかすると効果的な治療法があるかもしれませんし。

よく、産後にホルモンバランスが崩れてしまい、突然に何かの感覚過敏になってしまったといった例を聞くことがあります。もしかするとホルモンのバランスが、何かのヒントになるかもしれません。

とにかくあまり無理せず、焦らずに、しっかりと少しずつに、感覚過敏が治るように取り組まれることで、先のことはそれからでも構わないのではないかと存じます。

理解のある彼氏さんには、誠に有り難いことでございます。

お子様のことは、お二人の話し合いと理解、取り組み、助け合い、支え合いが、特に大切になるのではないかと存じます。

あまり、親のためとか、子孫を残さないととか、そんなことは、少し脇に置いて頂いて、お二人のお互いの気持ちをまずは大切にし、子どもは授かりもの、授かれる時に授かられると良いのではないかと存じます。授かる時が、その時ということです。

もじょ様のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ