hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

2016年07月

問い「過去を捨てたいです。」

問い「過去を捨てたいです。」

【ご質問内容】

私は、小中高といじめられました。 
内容は様々です。

今年の春、念願だった専門学生になれました。 
やっと自分の頑張りが認められ、これからだ。 と思っていました。

ですが、様々なトラウマのフラッシュバック。 
誰も居ない教室にさえ入れない日もしばしば... 
とにかく悔しくて、辛くて。

また、学校へ行けなかった期間が小中高とあったため、専門学校での勉強に支障が出てきました。

最近では単位も落としてしまい、父親にも見放されました。 
もう本当に夢も失い、自分が一体何のために生きていたのかが分からないし、朝の目覚めが苦痛でたまりません。

何か、助言等して頂けたらと思い登録しました。 
何卒よろしくお願い致します


【拙回答】

負の過去への対処について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

既に過ぎ去った過去の出来事を想起しているのは、どこまでも今の瞬間における自分。現にあるのは、今の瞬間瞬間の自分だけなのですが、あたかも過去の自分があるとして囚われを起こしてしまって、過去様のように、そこに縛られて苦しんでしまうことがあります。

でも、過去に縛られて苦しんでいるという自分がいるというのは、実は妄想でしかなく、今の自分が過去の出来事に与えてしまっている「価値・評価・意味・理由」というものが、その苦しみの正体となります。

今の自分の現実が、あたかもその過去のせいであるかのような負の「価値・評価・意味・理由」を与えてしまっていることによる苦しみであるとご理解下さい。

つまり、今の自分の現実を好転させていければ、その過去の出来事の「価値・評価・意味・理由」も、負から正となることだって、当然にあり得るということであります。

よく成功者が言うように、「あのつらい、苦しみの過去があったからこそ、今の自分があるのだ」と、努力にて自分のありようを好転させれば、そう思えるようにだってなれるのです。

繰り返しになりますが、過去の出来事は既に無いのですが、問題は、その過去の出来事への自分自身による「価値・評価・意味・理由」付けに問題があるということです。

少し上記の事と共に、「今の自分が、自分というもの。少しずつでも頑張って努力して現実をより良いものとしていければ、きっと大丈夫。過去への悪い囚われからも必ず解放される。過去の出来事の価値・評価は自分次第で、きっと変えられる。」そう意識し、信じて、目の前のやるべきこと、なすべきことに集中していけるようにされてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「無分別智」

問い「無分別智」

【ご質問内容】

無分別智をわかりやすく教えて頂けませんでしょうか? 
特に蹴落とし社会における無分別智の実践をお坊様はどのようにお考えなのでしょうか? 
お忙しい中、恐れ入りますが、ご回答を宜しくお願い申し上げます。


【拙回答】

無分別智について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「無分別知(智)」についてでございますが、まず、「分別知(智)」と共にそれぞれ二段階で考える必要があるのではないかと存じております。

分別知について・・

無明・煩悩による影響のある分別知(真実執着・真実把握・迷乱知・顛倒知など)

無明・煩悩による影響のない分別知(後得知・正理知・比量了解に近い分別知など)

無分別知について・・

顕現しているものに対する無分別知(後得知・正理知・比量了解など) 
(幻の如き空性)

無顕現に対する無分別知(三昧・等引知・現量了解など) 
(虚空の如き空性)

分別知は、特に言説知・言説量によって把捉されたるモノ・コトとなり、「無明・煩悩に犯された言説知・言説量と無明・煩悩に犯されていない言説知・言説量」による二通り、無分別知は、「顕現しているものと、顕現していないもの」の二通りを対象にしていると考えることができます。

かなり以前における拙図式となりますが・・

拙理解仏教図式No.7(2014.6.14) 

上記拙図においては、空性へと向かう知(智)が正しい無分別知の理解において大切になるのではないかと考えております。

しかし、ここで注意しなければならないのは、「無分別知」=「悟り」という勘違いでございます。

これは、よく一般的な仏教理解においても間違われてしまいますが、仏陀・如来となるまでは、「善い分別と悪い分別」、「善い無分別(空性了解)と悪い無分別(悪取空など)」(更に厳密に言えば、中性の分別と無分別もあります)があり、仏道においては、善い分別・善い無分別を慎重に選択して修行を進めていかなければならないのではないかというのが現時点における拙見解でございます。

そして、更に、上述における善い分別・善い無分別(つまり、善業や無明、所知障を対治することになる分別、無分別)をしっかりと見極めていくためには、「勝義諦」と「世俗諦」の二諦の意義を理解していくことも求められるものとなります。

是非、二諦につきましても併せて学ばれて頂けましたらと存じます。

川口英俊 合掌

問い「寺院の跡継ぎについて」

問い「寺院の跡継ぎについて」

【ご質問内容】

私は寺院の長女として生まれ、育てられてきました。今は社会人として実家から離れたところで一人暮らしをしております。

少し離れた弟と妹がおり、弟が生まれてからは弟が寺院の跡取りとして育てられています。しかし、その弟が反抗期で、寺院を継ぎたくないと言っています。

私自身、寺院で育ったからと言って特別いい思いをしたこともなく、むしろマイナスにしか感じてこなかったので弟の気持ちはよく分かります。

そのことについて住職である父は、「弟が継がないのであればこの家を出ていかなければならない」「もう俺の代で終わりか」と悲観的な事も言えば、弟に対して強く当たったりもしているようです。

そして、この前父と二人で話し合った際、「兄弟三人、平等に継ぐ可能性がある」「お前だけが先に結婚して跡継ぎ問題から一抜けするのはずるい」というような事を言われました。

しかし、男兄弟がいるにも関わらずどう言う形であれ女が寺院を継ぐというのはあまり受け入れられない気がします。

また、生まれた頃から跡取りだからと父に優遇されてきた弟を見て、苦しい思いをしてきたこの何年間は何だったのかという気持ちにもなります。

何より、歳の離れた兄弟が進路を決めるまで待っていたら、自分の人生がめちゃくちゃになってしまうと思います。

父の代まで続いてきた寺院を、弟に継いで欲しい気持ちは分かります。私と妹にも継ぐ可能性はあると言いつつも、弟に継いで欲しい気持ちが一番だと思います。

ただ、父の弟に対する当たりが強く、それでは嫌われても当然だと思う事も多々あります。弟の気持ちも痛い位に分かります。

このまま穏便に、誰も嫌な思いをする事なく解決できる方法はないのでしょうか。


【拙回答】

仏法への真なる気付きへ向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

やはり、僧侶もそうですが、何事も同じで、やる気・モチベーションもない、志もない、嫌々仕方なしにやる・・それでは、寺族、檀家さんや役員・総代さんなど、利害関係人たちともうまくいくはずはありませんし、揉め事・トラブルも多くなってしまうことでしょう・・

また、本人も、ストレスや不満等がうまく処理できずに、内に向かって、鬱屈し過ぎた感情が、やがて鬱病、適応障害などの心の病になる場合もあり得ます・・かなり悪い場合にはストレス発散のための犯罪に走ることもたまに散見されます・・そうなったら誠に悲劇です・・

と、一歩間違えれば、拙生だって・・と振り返りますけれども・・

では、どこで変わっていったのか・・やはり、それは仏法への真なる気付きでありました。

とにかく尊く素晴らしい仏法への気付きがなければ、正直、危なかったでしょうね・・

では、それをどう気付いていくべきか・・は、それぞれにおける機縁次第でしょうし、気付くためには、やはりそれなりの悩み苦しみも必要であるかもしれません。山頂を目指して厳しい山道を辛苦を我慢して耐え忍んで頑張って登らないと、素晴らしい景色とは出逢えないという感じです。

とにかく、真なる仏法への気付きへと向けて、このhasunoha等、先達の皆様からお話をお聴きになられるのも一つであるかとは存じます。悩まれている弟さんにも是非、hasunohaの存在を知らせてあげて、ご利用をお勧めして下さいませ。何か良い一つのきっかけになるかもしれません。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「「重複障害者を狙った」にショック」

問い「「重複障害者を狙った」にショック」

【ご質問内容】

「身体」と「精神」に障害を持つ者です。 
昨日の相模原市の障害者施設での殺人事件で動揺しています。 
健常者はやはり本音の部分で「障害者なんて死んでしまえばいい」と 
思っているのでしょうか。 
子供のころから実際に言われているので、「やはりそうなのか。」 
と思ってしまいます。 
負けずに戦えばいいのでしょうか。聞き流せばいいのでしょうか。


【拙回答】

皆、弱者同士、より良くに過ごしていくためには・・

誠に痛ましい事件が起きてしまいました・・亡くなられました皆様へ心からご供養申し上げます。また、ご遺族の皆様には心からお悔やみ申し上げます。そして、傷つかれました皆様のいち早いご回復を祈念申し上げます。再び同じような悲劇が繰り返されないように、社会全体で考えていくことが必要でございます。

「障害」のことについてでございますが、丹下さんと同様、全ての人はある意味での「障害」を持っていると言えます。

例えば、人間は、皆それぞれ何らかの遺伝子多型・SNPスニップ(変異)を抱えており、変異があるということは、大なり小なり何らかの障害を持っていると言えるのであります。

皆、変異・障害を持っているのですから、それで、実は「あたりまえ」、「普通」なのであります。

もちろん、その変異は、何かの病気や機能的な問題をもたらす原因になったりもしますが、一方で、実は、「ある特定の環境において、有効であるかもしれない遺伝子」となる可能性もあるのでございます。

これは、厳しい環境に適応して種を存続させていくために、変異・障害を抱えておかなければならないという、生命が進化の過程において必要になった当たり前の生存能力の一つではないかと考えることができます。

とにかく、完全完璧に何でも一人でできるような人間など所詮おりません。互いに皆、弱者同士にしか過ぎません。それぞれで、助け合って、支え合って、分かち合って、補い合っていくことが、私たちにおいては何よりも大切となるのであります。お互いがより良くに過ごしていけるように、各々が配慮、思い遣りを心掛けて参りたいものでございます。

以下の内容もご参考に。

「弱者を抹殺する。 不謹慎な質問ですが...」 

『・・「優秀な遺伝子」ってものは無いんですよ。あるのは「ある特定の環境において、有効であるかもしれない遺伝子」です。遺伝子によって発現されるどういう"形質"が、どういう環境で生存に有利に働くかは計算不可能です。例えば、現代社会の人類にとって「障害」としかみなされない形質も、将来は「有効な形質」になってるかもしれません。だから、可能であるならばできる限り多くのパターンの「障害(=つまるところ形質的イレギュラーですが)」を抱えておく方が、生存戦略上の「保険」となるんです。・・』

川口英俊 合掌

問い「ポケモンGO迷惑!」

問い「ポケモンGO迷惑!」

【ご質問内容】

愚痴になります。

現在、実家に帰省中ですが、隣のお寺にポケモンがいるらしいです。 
日中チラホラ、ポケモン探しの若者を見受けます。 
実家の前に車を停める人がいると、母から聞いた時は、「こんな所にもポケモンいるんだ」くらいにしか思ってませんでした。

しかし、深夜寝静まった頃 
家の脇にお寺の裏のお墓に続く道があるのですが 
そこを原付数台、2人乗りした若者達が 
エンジン音を立て大声で会話しながら 
何回も往復するのです。 
その騒音で目が覚めました。

しかも、その道は車やバイクで通る道ではありません。 
本当に迷惑で、こうゆうのが続くと嫌だなと 
思いました。

お寺とか神社とか病院とか色々、場所や時間に 
規制があれば良いのに、、と 
腹立たしく思います。

熱中ブームの世の中異常に感じます。


【拙回答】

ポケストップやジムについて報告する

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ゲームアプリ「Pokemon GO」における、ポケストップやジムなどが近くに設置されていることで、深夜に人が来る際における騒音は、確かに迷惑ですよね・・

一過性のブームで済み、マナーの呼びかけ等により、やがて気にならない程度に落ち着くと良いのですが・・

あまりにも迷惑が続くようであるならば、そのお寺さんとも相談されて、下記のページからポケストップやジムの削除をリクエストすることもできるようですので、またご検討されると良いのではないかと存じます。

ポケストップやジムについて報告する 

ポケストップやジムの削除をリクエスト 

川口英俊 合掌

問い「落ち込んでいます」

問い「落ち込んでいます」

【ご質問内容】

世の中には、悩んでいる方が沢山いる中、こんな話は本当はこちらでしてはいけないと思うのですが、今日、ガソリンスタンドで数万円の残高があるチャージ式のカードをとり忘れて帰ってきてしまい、15分後くらいに、思い出してすぐ行ってみましたが、ありませんでした。届いてもいませんでした。自分の不注意で落ち込んでいます…


【拙回答】

落ち込みますね・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

それは落ち込みます・・しかし、もう戻ってくる可能性がない以上は、やはり諦めるしかないでしょう・・

どうしても罪を咎めたいとなれば、恐らくはあるであろう防犯カメラを解析してもらえば、誰が占有離脱物を横領したのかは、もしかすると分かるかもしれませんが・・

まあ、後悔、怒り、恨み、憎しみなどの悪い煩悩を抱くのではなく、誰か余裕のない人に布施してあげたのだ、善徳行をしたのだとお考え頂けましたら、仏教的には大変に有り難くには存じます。

次回からしっかりと(誰かに罪を犯させないためにも)気をつけましょう。

川口英俊 合掌

問い「将来について」

問い「将来について」

【ご質問内容】

今、大学を休学している者です。 
これからのことについて悩んでいます。 
是非、助言を頂ければ、と思います。

休学したのは、今年の4月からです。 
理由としては、精神的に学校に行くのが大変になったからです。元々、精神的に弱い部分があり高校にも休みながらなんとか行き、卒業することができました。しかし、入院をしたりとかはしていません。病院で薬を貰っている程度です。元々、心理学を学びたかったのですが 
事情があり、法律学部の学校に入学してしまいました。1年生の時は、頑張って行っていたのですが、2年になって、「だめだ」と思い、自分のわがままですが、休学させてもらうことにしました。2年になるくらいか、1年の最後らへんにやっぱり心理学を学びたい、その中でも精神保健福祉士になりたい。という思いがでてくるようになりました。しまいに学校に行けなくなってしまいました。

半年間、休学する予定ですが、もう復学届けの書類が届きました。その間に、復学するか、他の学校にするかもしくは就職と考えてきました。 
精神保健福祉士になりたいという気持ちがあり、そういう学校に行きたいのですが、親は今の大学に行ってほしいそうです。正直、私にとって、全く学びたくない分野です。といっても、結局は自分で選んだ道なのですが…。 
それを昨日、話し合ったのですが、そんなのはわがままだ、みんな第一志望じゃない学校でも我慢して、学校に行ってる。今の学校をでてから学んでもおかしくない、など色々言われました。確かにそのとおりではあると思うのですが、私は全く今の学校に行く気がありません…。なので、他の学校に行ってはいけないというなら、就職と考えています。今の学校に行くのなら、就職したほうが良いと私は思います。本当に精神保健福祉士になりたいのならば、お金を貯めて、大学やら専門にいっても良いと思っています。

親が言う事は、正しいのかもしれませんが… 
自分を殺して今の学校に行かなきゃならないのか?と親に聞いたところ、みんな自分を殺して行っていると言われました。 
あんたがいうのは理想論だと、世の中はそんなに甘くないと言われました。 
私はどうするべきなんでしょうか?今の学校に無理にでも行ったほうが良いでしょうか?


【拙回答】

リーガルマインド

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生も一応は法律学科を出ています。

法律は全ての社会活動の領域に関わることですので、学んでおいてまあ損はないと思います。いわゆるリーガルマインドというものです。

精神保健福祉士においても、社会福祉法や精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、精神保健福祉士法などの下で業務ができるようになっていますし、社会福祉法人や施設、各福祉制度等の運営においても、法律の下で成り立っているものとなります。

いずれにしても、精神保健福祉に関することだけではなく、法律も知っている方が、より就職も有利となるのではないだろうかも存じます。特に福祉関係においては、補助金や助成金が運営の要諦にもなりますから、法律・制度に基づいての行政とのやり取りも大切となりますので、尚更、リーガルマインドを持った職員は貴重な存在にもなるのではないだろうかとも存じます。

福祉系大学卒でない場合は、一年の一般養成施設での学びが受験資格のようですね。夜間コースもあるようですから、在学中からダブルスクールで頑張れば、卒業と共に受験できるかもしれません。


リーガルマインドは資格試験でも少しは役に立つのではないかとも思います。

あと、拙生の大学時代の利点を思い出しますと、図書館の利用がありました。あの雰囲気が好きでしたね。

図書館に行くために大学に行っていた時期も。色々ととらわれずに好きなことも学べますし。折角ですので、復学されましたら、是非、図書館もフルに活用されて下さい。結構、新たな発見や自分探し、知見の広がりにも役立ちますよ。

川口英俊 合掌

問い「恨みと嫉妬」

問い「恨みと嫉妬」
【ご質問内容】

以前こちらで相談させて頂きました。 
回答頂きありがとうございます。 
今回は違う件で相談させて頂きます。 
私は幸せな人が羨ましいです。 
私は昔から色々と大変な思いをしてきました。 
学生時代はいじめにあったり、人から利用されたり、ストーカーにあってお金を騙し取られたりしました。 
会社ではパワハラにあったり会社をクビになったりしました。 
ナンパされて連れて行かれそうになったこともあります。他にも色々な辛い思いをしました。 
何で私ばっかりと思うことがあります。 
私の従姉妹は人間関係に恵まれ、頭も良く、お嬢様大学に行けて、大手の会社にも入社出来き何も揉め事もなく、安定した生活を送れているのです。 
羨ましいです。 
人と比べるなとか、その人達も知らないところで大変なこともあるかもしれないとか言う人もいますが生きていれば少なくとも嫌なことはありますし、いいことばかりではないと思います。 
ただ、明らかに差があると思うんです。 
今までは今苦労した分、いつか恵まれると思い信じてきましたがそうとは限らないみたいですね。 
何も信じられません。 
親も嫌だしもっと優しい親に生まれていれば人生変わっていたかもしれません。 
親は一回スイッチが入ると感情的になるのでいきなり怒られたりします。 
で、急に絡んできたり。 
もうもっとまともな人生になりたかったです。 
あまりにも嫌で空想してもっとあーだったらなとかこーだったらなとか昔から考えていました。 
でも現実は違いますね。 
学校卒業して出会った人とかで出会わなければよかったと思う人もいます。 
既婚者の人からは性的なことで色々言ってくるしもう恨みや嫉妬でいっぱいなのです。 
私は数年前から強迫観念にとらわれ、頭の中で悪く思ってないことが浮かんできてその事柄を消す為に打ち消し行為をしています。 
気にしないようにしようとか考えないようにしても浮かんできたりします。 
後、数字に関してもこだわったりします。 
頭の中で浮かんできても考えない方がいいのでしょうか?私からすれば他人は呑気に気楽に生きてるように見え、どうしたらあんなに罪悪感もなく、気楽に生きていられんだろうと羨ましいです。 
とにかく私は怖くてたまらないんです。 
私はこれからどうしたらいいのでしょうか? 
私は自分の人生を受け入れるしかないんですかね?


【拙回答】

随喜

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

境遇、環境への恨みと嫉妬・・人間誰もが少なからず持ってしまうものでしょう・・

拙生も・・

しかし、恨みや嫉妬などの悪い煩悩による行いは、悪い業(ごう)・カルマとなるため、やはり避けて参りたいものとなります。

それよりも、「随喜」(ずいき)と言いまして、一緒にその幸せや成功を素直に喜んであげることで、自分にもその「福徳」の分け前を頂くようにしていく方が、よほど先々へと向けた良い因縁(原因と条件)にすることができるようになります。

例えば、FacebookやTwitterでの他人の善い行いに「いいね」するというのも、仏教的には一つの「随喜」と言えます。

あるいは、他人の善い行いをシェア、リツイートするというのは、周りにもその「福徳」をお裾分けすることになり、仏教的には「回向」(えこう)と申しまして、尚、良い因縁とすることができます。

とにかく、良い結果へと向けては、良い因縁が必ずや必要となります。

原因の無いところに結果は生じませんし、原因があっても、条件が調わなければ結果は出ません。

自ら進んで悪い因縁を作るのはやはり愚かなこと。それよりも、お金も労力もある意味で全く掛からない「随喜」というものであれば、簡単に良い因縁としていくことができます。ここだけの話、実はかなりお得なのです。

是非、身近なことからでも、お試しになって下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「子育ての苦しみ」

問い「子育ての苦しみ」

【ご質問内容】

高2の次男が二週間前気胸の手術をしました。その前から、学校の環境を嫌って、遅刻早退を繰り返し、不登校気味でした。先日高校の先生から、連絡があり、このままでは、出席日数がギリギリで、留年もあり得ると言われました。主人は、留年してでも今の高校を卒業すべきと言いますが、私は次男が嫌いなところへ毎日苦しみながら、行くことが耐えられません。何か私自身が救いのある、考え方、元気の出るお言葉はないでしょうか?よろしくお願いします。


【拙回答】

将来の夢や目標について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

高校生の息子さんのことでお悩みのご様子・・

ご本人が嫌でつらいのに無理に通わせ続けることは、やはり心配ですよね・・

留年、卒業も気になるのはもちろんですが、何よりも本人が、将来、何をしたいのか、夢や目標は何か、ということで、今一度、今後のことをお考えになられることも必要であるかとは存じます。

今の学校で、前向きに通えるようであれば、通えるように応援するに越したことはありませんが、どうしても無理となれば、通信制・定時制、フリースクール、または、退学して卒業できなくても大検に合格して大学へと向かうなど、将来の先へと向けて、まだまだ一考の余地のある選択肢は色々とあるかとも存じます。

とにかく、何事においても、まず、一体何がしたいのか、何になりたいのか、動機・モチベーションが大切となります。是非、この機会に次男さんの高校の先におけることについても少し考えを聞かれて、お考えを頂けましたらと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「これから先の人生について」

問い「これから先の人生について」

【ご質問内容】

忙しいところ失礼致します。 
踏ん切りが付かず、御助言を頂戴したく思い書き込みをさせていただきます。

私は今、今後の人生に悩んでいます。 
それは、この仕事を続けるか、終わりにするかです。 
終わりにする場合は首をくくるつもりです。

こんなことを考える理由ですが、これ以上周囲の人に迷惑をかけたく無いからです。

就職して4年になります。 
今の職場には1年になりますが、先日冗談めかしていましたが「こいつダメだ」と言われました。 
冗談かも知れませんが普段から思っていることが不意に出たのかもと思いました。

長く勉強も続けていますがすぐに記憶から抜けます。 
注意力も足りず書類にもミスばかりです。 
頑張っているつもりですが手も遅く時間がかかってしまいます。 
周囲の人とのコミュニケーションも上手くいかず、シャクに触る様です。

もうみんな呆れているでしょう。 
職場の人に声をかけることにも相当な覚悟が要ります。 
自分の人生を振り返っても自分という人間は失敗作だと思います。

甘えかもしれません。被害妄想かもしれません。もっと頑張れば済む話かも知れません。 
でもこの考えが振り払えず何度も繰り返します。

最近は常に胸が痛いです。

もうこれ以上、人から嫌われながら生きていくことは辛いです。 
仕事を辞めたら家族からも嫌われ疎まれるでしょう。

どちらに転ぶにも私の考え方次第ですが良い方向に考えられません。 
どうか御助言を頂けませんでしょうか。 
お願い致します。


【拙回答】

アンテナと整理・分析

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

あまりご自身を追い込まれ過ぎませんように。

もう少し気楽に考えることも必要です。

頑張っていてもなかなか結果が出ないことだって当然にありますし、頑張って結果の出せるような環境かどうかということもあります。

今のところでダメならば、頑張れば結果の出せられそうなところへと転職するのも当然にありです。

あまり、「こうでなければいけない」と思い込み過ぎないことも大切です。

注意力を付けて、ミスもなくすためには、とにかく情報整理を効率よくすることです。

手帳をうまく活用されて下さい。何でもメモることと、そして内容の整理、優先順位付け、手順の確認などを怠らずマメにしてみて下さい。

記憶の問題も、遅く時間が掛かってしまうのも、また、コミュニケーションも、物事のタイミングも、全て情報がポイントになります。

情報をどううまく整理して扱うのか、そこを少し改善されてみて下さい。あとは情報でも質のよい情報を仕入れるためのアンテナ作りも欠かせません。ネット、Facebook・TwitterなどSNSなどもうまく活用されてみて下さい。

これから先の人生を決めるのは、他の誰でもなく何より自分自身です。人生を航海に例えることがありますが、まさに航海を無事に進めるためには、精度の高いアンテナによる情報収集とその情報の整理・分析が大切になります。

良いアンテナと良い整理・分析で、良い人生を。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ