hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

勉強について

問い「センター試験に大失敗、本当に辛いです。」

問い「センター試験に大失敗、本当に辛いです。」

【ご質問内容】

受験期真っ最中の高校3年生です。 
春から欲を捨てて勉強に励んできました。 
その甲斐があり成績もぐんぐん右肩上がりに伸びて、第一志望校に手が届きそうでした。

しかし、センター試験本番で緊張と焦りで大失敗。第一志望校は夢のまた夢となってしまいました。

センター試験が終わってからは毎日死んだように過ごしています。 
心はからっぽで何もしたいと感じなく、悲しみから、勉強にも以前のように取り組めません。勉強をしていて泣いてしまうこともあります。

「他の私立大学の受験があるんだから気持ちを切り替えなきゃいけないよ」と言われ、切り替えようと努力しますが、センター試験での自分の失敗を思い出し苦しくなります。

なぜ今までの自分の努力を発揮してあげられなかったのかとやり場のない悔しさがこみ上げてきます。 
なんだかずっと自分が間違ってきたことをしていたような気にも駆られてしまいます。 
もう死んでしまおうかなとも1日に何度も思います。 
ですが私を今までずっと支えて来てくれた、大切にしたい人たちのことを考えると死ぬことはできません。

一日中そんな気持ちたちが悶々とこみあげてきてとても辛いです。

このままだと自分がおかしくなってしまいそうです。どうしたらいいでしょうか。

【拙回答】

安心して下さい。私も大失敗しましたよ。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

安心して下さい。私も大失敗しましたよ。

20年前の阪神大震災が、センター試験の翌日で、自己採点の提出日でしたので鮮明に覚えています。

拙生の結果は、予定していた八割には全く届かず、七割五分ぐらいでした・・

神戸大の法学部を受験しましたが、やっぱり当然に無理でした・・

結局、一浪したものの、当時、志望した早大法や慶大法も落ちてしまい、希望の大学では無かったのですが、入学しました。

それでも、目標(弁護士・政治家)がありましたので、何なりと勉強はずっと継続しました。

しかし、結局、司法試験も挫折して諦め、当然に実家のお寺の後継のこともあるため、政治家も諦め、今に至っています。

もちろん、拙生も挫折した都度は、落ち込んだり、少しは荒れたこともありましたが、でも、何も後悔はしていません。

全て今の自分に繋がり、役に立っているからであります。

人生の目標は、何も希望の大学に入るだけで終わりというわけではないでしょう。

条件次第では、いくらでもリカバリーできます。

頑張れば、編入や大学院で学びたい大学へと入り直すことだってできます。

社会人になってからの社会人入試だってあります。

こずえ様の目標や夢は何でしょうか?

こずえ様の幸せとは何でしょうか?

今一度、何を学び、どう人生に活かすか、夢や幸せへと繋げるかについてもお考え下さい。

「今までずっと支えて来てくれた、大切にしたい人たちのことを考えると死ぬことはできません。」・・

そうです。お互いに色々と支え合い、助け合いで成り立っているこの世界。

貴女もまた誰かの支え、助けとなることだって当然にできます。恩返しもしないと。。

ですので、「死んでしまおうかな」などと思われずに。

ちなみにセンター試験で大失敗したものの、センターがあまり重視でない後期試験で、県立の医学部に入った同級生がおります。正直、びっくりしました。

何が起こるかは最後の最後、結果が出切るまで分かりません。最後までしっかりと。もちろん、再挑戦もできます。少々時間は掛かってもやり方次第、頑張り次第でリカバリーもできます。

夢、幸せへ向けて、hasunohaは、いつでも、どこでも、こずえ様を応援します!!

フレーフレーこずえさん

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「勉強のための心構えについて」

問い「勉強のための心構えについて」

【ご質問内容】

僕は大学生でしたが再受験することに決めた受験生です。せっかく親から与えてもらったこの機会を絶対に後悔しないものに変えたいと思い、東京大学を目指してます。

僕が前に行っていた大学のレベルは低かったので、その分勉強をしないといけません。受験勉強は苦ではなく、むしろ好きです。 

けれど自分の性格上何をするにしてものんびりやってしまいます。 大切な時間を無駄にはしたくないのですが、なかなか自分の制御ができないのです。

最近は朝早くに起きてはいるのですが、部屋が寒すぎるために布団から出れず、勉強したいのに机の前までたどり着けなかったりします。

自分に厳しくして、より勉強時間の確保をしたいです。だらけている自分に喝を入れるような、自分の心の礎となるような、考えや言葉などを教えていただきたいです。

【拙回答】

何のために大学へと行くのか?

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「大学へいくための勉強か、それとも、将来の目標や夢のための勉強か」

あるいは、「東京大学へと行くのは、いったい何のためであるのか」について、今一度、お考えになられるのも良いのではないかと存じます。

ただ、「東大」に行きたいと言うだけのことであるならば、もしかすると同じように大学を途中でやめてしまうこともありうるかもしれません。

「何を大学で学びたいのか、先でどんな仕事をしたいのか、あるいは、将来の目標や夢は・・」

もちろん、入ってから考えるというのもありでしょうが、できるだけ今のうちから考えておかれるのも良いのではないかと存じます。

「自分に厳しくして、より勉強時間の確保をしたい」・・

やはり、切磋琢磨する仲間、ライバルがいる環境、予備校や自習室へと通うことで、モチベーションを上げて、奮起し、また、緊張感もしっかりと養うことで、だらけてしまうのを抑制させるというのはどうでしょうか。

特に、志を同じくする仲間同士との出会いというものが、これからの先において、Asp様の大切な糧になっていくこともあるのではないかと存じます。

合格を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ