hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

受験について

問い「生きているのがしんどいです」

問い「生きているのがしんどいです」

【ご質問内容】

私はこの前病院に行っていくつかの検査をしてきました。 
大きな病気とかではなく、胸の痛みと胃の痛みと頭痛がありその原因がなんであるか、何も大きい病気はないことを確認するためでした。

結果として何も見つかることはなく、担当の先生が言ったことは受験などのストレスからくる鬱だろうと言われました。

私は自分が鬱だとは思わなかったのでとても驚きました。 
受験に対してもそこまでストレスを感じているというわけではなかったので、そこにも驚きました。

この体調不良が精神的なものからくるのであれば、私の何がいけなかったんだろうか。と思いました。 
自分の過去の言動が全てダメだったんではないか。この程度のストレスに負けるなんて弱い自分が悪いのではないかとも思いました。

病院に行く前、めったに泣かない私が、教室で泣いてしまいました。泣くというより勝手に涙が出てきたんです。 
初めてのことで、とてもびっくりしました。

頭痛はもう5年間、ほぼ毎日あります。 
私は今、大学に行くために勉強しています。大学に行って資格を取ってなりたい職業があるからです。

でも、この頭痛を抱えて仕事ができるのか。と考えるようになりました。

社会に出れば保健室で休むということはできません。心配されたとしても最初くらいでしょう。痛みはなかなか他人には理解してもらえません。 
たかが頭痛、で片付けられてしまいます。

仕事をするために勉強を頑張っているのに、仕事ができるかわからない。 
じゃあ、私は今なんのために頑張っているんだろう。と考えるようにもなりました。

病院で鬱だと言われた時、他に言い方がなかったから、そう言ったんだとわかっていてもショックでした。

ストレスなんてないよと親に言っておきながら、本当は自分が漠然とした何かに苦しんでいることに気づいていました。

でも、親にも友達にも彼氏にも本当の気持ちなんて言えません。平気だと嘘をついて、気持ちを偽って、そんな自分がますます嫌いになっていきます。

たまに、本当に死んで消えてしまいたいとすら思います。自分が何に苦しんでいるのかすらわからない。本当のことは誰にも言えない。人前でも泣けない。 
みんなの記憶から自分の存在が消えれば迷惑をかけることもないのにと思います。

私はこんなドロドロとした真っ黒な気持ちをどうしたらいいですか?


【拙回答】

身体的原因を更に探る

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

原因不明であっても、身体的な症状が出ている以上は、必ずその症状の身体的な機能における因縁(原因と条件)があるはずです。

例えば、起立性調節障害、膠原病なども考えられます。または、ホルモンバランスの変化・崩れによっての副腎疲労・慢性疲労症候群の予備的な症状といったことも考えられます。

一概に、「鬱」だとして済まされてしまって、本当の原因が見過ごされ続けてしまっては、取り返しのつかないこともございます。

もう少し身体的なことにおける原因を探るということをお考え頂きまして、上記も参考に調べて頂く余地があるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「もう生きているのが辛いです」

問い「もう生きているのが辛いです」

【ご質問内容】

もうどうしたらいいのかわかりません。 
私は親元を離れ、4年間大学に通い、心理学を学びました。 
もっと心理学を勉強してカウンセラーなどの仕事に就きたいと思い、大学院を目指したのですが、結果は不合格でした。 
自分の勉強不足が原因だったのは自覚していたので、親に「院浪人になるけど秋試験まで頑張らせてください」とお願いし、ダメだった場合すぐに就職するという条件で今年の試験を受けることになりました。 
実家に戻って勉強していると、姉や近くに住んでる親戚から「もう諦めて就職したら?」と言われた事もあったのですが、母だけは唯一「頑張って!」と言ってくれました。

しかしこの間、リビングで勉強していた私に母親から「どうせまたダメでしょ?笑」と言われました。 
そんなこと言われると思っていなかったので、ショックと混乱で何も言えませんでした。

この言葉を言われてからもう涙が止まりません。 
応援してくれてたんじゃないの? 
この半年間、どうせダメだろっていう目で見てたの? 
どうしてどうして…という考えや感情がぐるぐる頭の中でまわっています。

あの一言は私にとって、ものすごくショックで、涙が止まらず、勉強も思うように進まなくなってしまいました。もう消えてしまいたい、死んでしまいたいと思うほどです。 
あの一瞬で自分がどう頑張ったら良いのかわからくなりました。 
どうしたら良いのでしょうか 
毎日朝が来る事が辛くて仕方がありません。 
寝るときにいつもこのまま目が覚めなければ良いのにと思います。 
生きているのがつらいです。


【拙回答】

「バイアス」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心理学を学ばれている方には、「釈迦に説法」かもしれませんが、「バイアス」により、冷静な判断、正しい判断ができない心理状況にある可能性がございます。確か、認知バイアスとか確証バイアスとか、色々とありましたでしょうかね。

何気ない一言を、あまりに重大事として必要以上に捉えすぎてしまっているのかもしれません。

とにかく、院試を受けられることには変わりないのですから、まずは、しっかりと合格できるように、やれることをできるだけやる、ダメだったら、それはその時、次は、就職へと向けて切り替えるということで、、

また、就職したとしても、先ではまだ意欲があれば、社会人入試とかもありますし、関連の職種について、実務経験を積むつもりでも構わないのではないかと存じます。

あまり極端な偏見に陥ることは、仏教でも「中道を歩みなさい」として、諫めることになります。

いい加減とは少し違いますが、「なんとかなるさ」ぐらいで、今は目の前のやるべきこと、やれることに取り組むことが大切です。

もちろん、合格を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「存在しなかったことにしたい」

問い「存在しなかったことにしたい」

【ご質問内容】

私は、浪人生ですが予備校にも行かず、家でダラダラとした生活を送っています。

親は、特には何も言ってきませんが、このままでは負担にしかならないので、生きていない方が良いのではと思う事があります。また、自分は存在しない方が良かったのでは?と考えることもあります。自分が存在しなければ、親への負担は少なかったのかなとか色々考え、自殺したいと思いました。でも自殺は死んだ後迷惑になると考えると自殺することも出来ません。

このままではいけないのは分かっていますが、どうすれば良いのが分かりません。助けてください。


【拙回答】

種まき

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

とにかく、親としては、子どもが幸せになってくれることが、一番の親孝行になるのではないだろうかと存じます。

幸せのカタチはもちろん色々ですが、「自殺したい」とまで思われている今のはな様は、やはり、幸せとは言えないのは確かでしょう・・

とにかく、これからの将来へと向けて、やりたいこと、やってみたいこと、夢や希望について、今一度しっかりと自分の気持ちを確かめることも大切になるのではないだろうかと存じます。

幸せへと向けて頑張っている元気な姿を親御さんに見せてあげられれば、親御さんもご安心して頂けることになるでしょう。

何事もそうですが、とにかく種まきをしていかないといけません。まず種まきが必要です。

少しずつでもできることから一つ一つ始めていってみましょう。

川口英俊 合掌

問い「両親が嫌い 大学受験 結婚について」

問い「両親が嫌い 大学受験 結婚について」

【ご質問内容】

長文を失礼します。一件でも、お願いします。

一つ目は、両親とどう過ごしていけばよいのか分からないということです。両親は仲が悪く(喧嘩などはなく、お互いに無言)、母親は僕によく父の悪口を言ってきます。母は自分には非がないと思っているようですが、そうではないことに気付いていません。ですが、母にそれを言い出すこともできません。毎日父の悪口を聞かされて本当に嫌です。そして、父は非常に自己中です。また、いつも何かを言いたげな態度で、何も言いません。それも嫌です。倦怠期というものかもしれませんが、見たくないです。正直に言うと別れて欲しいです。僕は進学先を県外の大学に考えているので、合格すれば親から離れられますが…まだ二年あります。

二つ目の件は大学受験のことです。僕が目指しているのは京都大学です。しかし、成績は全然届いておらず、勉強に身が入っていません。合格できる気が、全くしません。高校受験のように、また失敗すると考えてしまいます。でも、志望校を変える気はないのです。勉強に身が入っていない原因は自分の甘さだと思っていますが、克服できていません。このままでは、本当にまた落ちます。どうしたらよいのでしょうか。また、なぜ落ちるとしか考えられないのでしょうか。

三つ目は本当はいつか結婚したいけど、絶対に結婚したくないと思ってしまうことです。一人っ子で独り身のまま死にたくはないのですが、両親や最近のドラマを見ていると、汚すぎて結婚などしたくないと考えてしまいます。また、美しい恋愛物のドラマやアニメを見ても、「ただの空想でしかない。こんなものは存在しない。愛は存在しない。」と、どうやってもマイナスに考えようとしてしまいます。曲がりきっている性格です。戻りますが、愛は存在しないと思っています。だから、今の両親のようになるのだと思います。人間は性欲で恋愛をするだけ。良い関係とは、友情だけだと思います。

曲がった人間性と偏見に満ちていると思いますが、これが今の自分です。変えたいです。

【拙回答】

ご縁次第で・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

今の自分を変えたいと思われている時点で、実は半分変われているようなものだと存じます。

それだけ自己分析ができているということでもあります。

それならば、答えは早いはずです。

ご両親のことは、倦怠期といえばそうなのかもしれませんが、本当に嫌であるならば離婚しているはずで、お母さんも悪口が言えるぐらい、まだお父さんののことを気にかけているということの裏返しであると捉えてみて下さい。

お父さんのことは・・まあ、大抵の人間は自己中です。自己中で当たり前というぐらいに思ってみて下さい。何かを言いたげな態度、本当に言ってしまうと角が立つため、我慢されていると思って下さい。

別れてほしいとまでは思われず、普通に生活して、学校にも普通に通えていると少しだけでも構いませんので感謝なされて下さいませ。

大学のことは、大学に入って、何を学び、夢や目標の実現へ向けて活かせるかが大切になります。夢や目標を明確にさせることで、勉強のやる気やモチベーションに繋げていきたいところでございます。

結婚のことは、色々なご縁次第になります。出逢いできっと変わることもあるでしょう。そんな空想みたいなことが、ドラマみたいなことが、あり得るはずがない・・と拙生も思っていましたが、ありました。本当にご縁次第だと思います。

とにかく、今の自分を変えるためには、何もしないというわけではなくて、変えるための因縁(原因と条件)を調える必要があります。

変わりたいという動機を原因として、次にどのように条件を調えていくべきであるのかということになります。

大学、自立ということも大きな条件の一つとなるのではないかと思います。色々な世界の広がり、ご縁の広がりも条件となってくることでしょう。当面は、学生の本分である勉強についてしっかりと頑張り、そして、次のステージである大学へと着実に向かって頂きたいと存じます。

京都大学合格の報を楽しみにしています。

川口英俊 合掌

問い「大学受験」

問い「大学受験」
http://hasunoha.jp/questions/3428

【ご質問内容】

高校3年生です。

長く、まとまりのない文かもしれませんが、お付き合いください。

わたしは第一志望の大学に行きたくて、でもそこは私立で6年も行かなくてはいけなくて、学費がかかるし、妹の塾代もあるからと参考書を自分で買って学校に残って先生と一緒に勉強したり友達に遊びに誘われても断って部屋に一日中こもって勉強したり自分なりに予備校などに行かず独学で精一杯やってきました。成績もどんどん上がって行きました。 
でも結局第一志望どころか滑り止めにすらも落ちてしまい、これから最後の一校の入試があるのに勉強に集中ができません。 
今考えたってなんのプラスにもならないのにこれで落ちてしまったら、浪人してしまったらどうしようと考えてしまいます。本当にこわいです。 
ですが、一番辛いのは、仲良い一緒に受験勉強を頑張っていた友達が第一志望の一次試験に通ったことを本来おめでとう!と言って喜ぶべきなのに喜べないどころか二次で落ちないかなとか考えてしまうことです。 
自分一人が浪人したくないからって友達が浪人しないかなとか考えるなんて本当に最低だと思ってます。 
でも心のどこかにそう思ってしまう自分がいるんです。 
思って自己嫌悪に陥り、思って自己嫌悪に陥り…の繰り返しです。 
どうしたら他人のことでも一緒に喜び、これからある試験のために全力になれるでしょうか?

【拙回答】

遅くなりまして申し訳ございません。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

よく独学で努力して頑張られましたね。

六年ということは、医科・歯科系になりますでしょうか?

難しいのでしょう・・

もう最後の一校の受験も終わってしまったかもしれませんが、とにかく最後の最後まで、精一杯全力で、後悔のないようにやり切って下さい。

大学は、入ることが目的ではなく、そこで何を学び、色々なご縁も含めて、自分の人生に活かしていけるようになるかどうかが大切なことになります。

問題は、ご自身が何をしたいのか、どんな目標や夢があるのか、ということであります。

また、多少の挫折も必要な経験は経験です。浪人は浪人で、辛いこともありますが、きっと良い経験になりますよ(経験者談)

結構、困難や壁にぶつかったことで、普通では分からなかったこと、見えなかったことが、分かったり、見えてくることもあります。

鬱屈した思いの中で、色々と知り得たこともありました。

それもまた人生の糧にきっとなります。

友達のことは素直に喜んであげて下さい。嫉妬したり羨んだりしても、何も自分のプラスにはなりません。

自分は自分の人生。先にはもっと広い海の向こうの世界が待っています。

後悔のないように、自分の人生をしっかりと航海していって下さい。

頑張れ!受験生!

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ