hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

心の病について

問い「統合失調症」

問い「統合失調症」

【ご質問内容】

私は統合失調症という精神病を患っています。毎日病院のお薬が手放せません。そのお陰で他の人が当り前にできることも、私にはできなかったりするのです。

昨日だったか、出家したいということを書いた覚えがありますが、実は半分夢物語だと思っています。症状で集中力がなく、情緒不安定、薬の副作用でいつも眠いし、今の仕事(作業所)もきつくて一時間くらいで帰宅しているのです。 
この病気で二回、入院した経験もあります。

この病気にかかってから、私は二回宗教を変えました。深く考えたつもりが情緒不安定になりすぐ不安が沸き上がって、自分の進む道に自信が持てないのです。しかし以前慎重だったのが、症状により衝動的に行動するようにもなっています。深く考えたつもりで衝動的に行動→不安→自信をなくすの繰り返し。

私、前はキリスト教のシスターや牧師になりたいと思ってたんですよ。仏教もすぐ離れてしまうかもしれません(イスラームやキリスト教にいたときも、すぐ宗派を変えたりしていました)

真言宗→浄土真宗→曹洞宗を行ったりきたりしてます…(笑)

病気と本来の自分の性格の区別ももはやつかない。

なんで私はこんなんなんでょう?前世の因縁ですか?

なんかよくわからなくなりましたがなんかメッセージをください。


【拙回答】

分子栄養学的治療

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

統合失調症にてのお悩み、誠におつらいことでございます。

拙生、実は、もう十年以上前になりますが、統合失調症や躁鬱・双極性障害、自閉症の方たちが就労を目指すための施設の運営に携わったことがございまして、向精神薬の副作用で悩まされている様子にいつも何とかならないものか・・と心を痛めておりました・・

以来、向精神薬に頼らない治療の代替はないものかと、いつも気にしておりました・・

そこで、副作用なく、安全な分子栄養学的治療という代替があるということを知りました。要は、副作用のある向精神薬を使わずに、適切な漢方・サプリメント処方により症状の改善を目指すというものでございます。

分子栄養学的治療を導入されている医療機関も少しずつですが増えてきています。

もしご興味がおありになられましたらにて、是非、少し色々と検索等にてお調べ頂きまして、今後の治療方針の一つとして、ご検討をされてみられても良いのではないだろうかとは存じます。

川口英俊 合掌

問い「消えたい」

問い「消えたい」

【ご質問内容】

私は小さな時からひどいかんしゃく持ちでした。 
そんな私への疲れからか、母に毎日殴られたり、泣きながら首を絞められたりしました。 
その時に、「お前がいると誰も幸せになれない。」と口癖のように言われ、同じように「お前は16で家を出て20で戸籍から抜く」と言う言葉に 
あぁ、私は20になったら自殺しなきゃいけないんだと思っていました。 
死ななければと思ったのは、一人で生きていくという発想がなかったからです。 
結局私は死なず、気が付いたら予想図よりもずいぶんと長く生きてしまっています。

中学になってから、重度のうつ病と診断され、そのお陰で母との関係はかなり修復出来ました。 
しかし、最近年金生活になり、また関係がこじれ始めています。 
お金のことで喧嘩になることが増え、今度は母から「私を殺してくれ」と頼まれるようになりました。 
自分の保険金が入るから父も楽が出来るし、私は自殺すればいいと言われます。 
お金に関しても、一番使っているのは私なので、お父さんは一人で楽に食っていけると思っているようです。

喧嘩をする度に、私が生きていたら誰も幸せになれないんだとどんどん自分を追い込んでしまいます。 
そして、消えたい思ってしまいます。 
死にたいのではなく、私がこの世に存在した全ての痕跡を消し去りたいです。 
産まれた事実その物を消し去りたいです。 
この先もずっと消し去る方法を探しながら生きなくてはならないのでしょうか?


【拙回答】

まだお若い。諦めるのは早過ぎます。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まだお若い。人生これからです。諦めるのは早過ぎます。

まず、癇癪や鬱病は心の病の分類となりますが、身体と心は密接に関連し合って成り立っています。

何か身体的なことが、その心の病に関連している可能性もあります。脳神経系物質のバランス、ホルモンバランスの崩れが元となってしまっていることとして、副腎系や免疫系の身体的な問題についても少し思い当たることがありましたら、気に掛けて治療に取り組まれて下さいませ。

また、抗うつ剤などの精神薬の中には、長い服用により、自殺企図を高めてしまう副作用もございます。そのあたりにつきましても、少しお気を付け下さいませ。

とにかく、私たちは一人で生きていけるような存在ではなく、皆、それぞれ本当に弱い存在です。それでも何とか過ごせていけているのには、互いの支え合い、助け合い、分かち合い、補い合いによるところが大きくございます。

周りを頼ると共に、何か自分のできることで支えや助けになることもできていければ良いのであります。

それと、あまり、自己嫌悪、卑下なさられる必要はありません。もう少し自己肯定感、自信を養われることも必要であるかと存じます。

例えば、心身共の状態のこともありますから無理は禁物ですが、もし少しでも働けるようでしたら、バイトなどからされてみられても。「働く」というのは、元々、「端楽」が語源で、「端(周り)を楽(幸せ)にする」ということから来ているようです。もちろん、周りだけでなく、自分の幸せのためにも、ということになります。お金の事のご不安の解消へ向けても、余裕ができて参りましたらで構いませんので、またご一考下さいませ。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「心と体が重たいです。」

問い「心と体が重たいです。」

【ご質問内容】

自律神経失調症から来るふわふわめまいで月曜日は外出出来たのに、きのうから今日は体が重たいです。2日間引きこもりです。外に出ると回転性のめまいが起きるのではという予期不安が頭をよぎってしかたありません。それに電車やバスに乗る事も出来ません。ポジティブ思考になるようにと思っても切り替えが下手です。いつまでこの状態が続くのか良く外出していた頃の自分に戻りたいです。


【拙回答】

副腎疲労、慢性疲労症候群かもしれません

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

体調が悪いことで、なかなか前向きになれないお気持ち、不安な心をお抱えされておられるご様子・・誠におつらいことでございます。

とにかく、その「めまい」ですよね。

色々と治療や投薬はされておられるかとは思いますが、もしかすると対処療法にしかなっていないのかもしれません。

要するに根本的な治療になっていないということでございます。

また、自律神経失調症について、その原因には、自己免疫の問題やホルモンバランスの乱れ、アレルギー疾患、あるいは、副腎疲労、慢性疲労症候群、膠原病などいくつか根本的な原因となっているものも考えられます。

一度、副腎疲労、慢性疲労症候群を疑ってみられて、扱いのある医療機関へと受診されてみられてはどうでしょうか。

根本的な原因がしっかりと分かれば、根本的な治療も可能になるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「父を亡くした悲しみ」

問い「父を亡くした悲しみ」

【ご質問内容】

私は、約12年前からうつ病や不安障害などのために治療を受けております。 
約1年8ヵ月前に父がガンのために他界いたしました。

私は元々寂しがりな性格であることもあり、また、私の発病後は友人との接点が全くなくなり、とても寂しい気持ちで毎日を過ごしておりましたので、父が他界してからは、物凄い悲しみや寂しさが続いております。

悲しみや寂しさの強さや、落涙する頻度は、時期によって多少の強弱があります。

主治医にこのようなことを相談したこと もあるのですが、「普通の人は、家族とか仕事などがあるから、そんなことばかり考えていられないんだ。」というようなことを言われてしまいました。 
(私は無職で独身なので、このようなことを言われたのだと思います。)

前述のとおり、友人と呼べる人もいなく、誰とも話をしないことが日常ですので、悲しくて、寂しくて、困り果てております。 
いい年をした中年男が涙を流す日が続いております。

こんな私に何かアドバイスをいただけませんでしょうか。 
どうぞよろしくお願い申し上げます。


【拙回答】

「法友」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お父様を亡くされましたこと、誠におつらいことでございます・・

亡くなられました方を弔うことを「供養」と申しますが、供養とは、「供(とも)に養う」として、亡きお父様やご先祖様と一緒になって、あるいは、亡くなった全ての皆、衆生の全てと一緒になって、悟りへと向かうための行い(智慧の修習と功徳の集積)を養って共有していくということが、本来のあり方になると考えております。

それは、何もお寺で、墓前で、形式的に僧侶に読経、回向してもらうということだけではないということでございます。

お寺にて、あるいはお寺でなくても、大学やどこかの会館ででも開かれている仏教に関する法話や講義に参加し、しっかりと悟りへと向けた智慧を開発し、功徳の行いに励めるようにしていくということも、大切な「供養」になるものであると考えております。

まずは、各宗の本山などが行っている仏教の概要的・一般的な法話や講義からでも構わないかとは存じますし、例えば、下記のように受講料がある程度掛かりますが、少し専門的に扱っているところからでも良いかとは思います。

公益財団法人 中村元東方研究所 

仏教を学び修する者は、皆、「法友」です。たか様も、是非、私たちと共に「法友」となって頂けましたら有り難くに存じます。

そして、仏教を学び進める中で分からないこともございましたら、どうぞお気軽に私たちhasunohaの法友も頼りとされてご質問もされて下さい。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「学校に行けません。疲れました。」

問い「学校に行けません。疲れました。」

【ご質問内容】

生きているだけで疲れてしまいます。 
私は小学5年生のときに親に「生きるって疲れるね」と言ったそうです。

弱さを克服出来ぬまま約10年経ち、不登校気味になっています。もうすぐ出席日数が足りず退学になってしまいます。何故かはわかりませんが、学校に対して不安を強く感じ、お腹が痛くなってしまいます。不安障害だと心療内科では診断されました。

体は至って健康なはずなのに、すぐに心身ともに疲れてしまいます。

死にたいとは思いませんが、もう疲れました。 
どうしたら明るくなれ、学校に行くことができるのでしょうか。そもそも私は学校に行かなければならないのでしょうか。しかし働く方が大変だとも言われ、どうしたらいいかわかりません。

【拙回答】

もしかすると慢性疲労症候群や起立性調節障害かもしれません。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「生きているだけで疲れてしまいます。」・ 「体は至って健康なはずなのに、すぐに心身ともに疲れてしまいます。」・・

もしか致しますと、表面上、形式的な検査では調べてみれば健康に問題がない場合であっても、慢性疲労症候群や起立性調節障害、あるいは膠原病である可能性がございます。

心のご不安も、それらの身体的な原因が引き起こしてしまっている場合も考えられます。

星大晃様もおっしゃられておられますように、もっと「からだの声をきいて」みられるということで、拙生も心療内科とは別に、セカンドオピニオン的に、慢性疲労症候群や起立性調節障害を疑ってみられて扱いのある医療機関を受診されてみられてはどうであろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「心のやまいで、興奮が収まらないです」

問い「心のやまいで、興奮が収まらないです」

【ご質問内容】

はじめまして。では、早速本題へ。

私は、とある心のやまいで、15年近く闘病してます。 
発症直後は、病状軽かったですが、病名が、次々と

変わり、顔つきも、変わってしまいました。 
この頃は、日常的に、興奮しすぎてます。

色々、季節的に、体調に、あってないの 
かもしれません。一番好きな季節なのに。

きちんと、処方薬もつねに、飲んでます。 
興奮してるなって思ったら、 
その場から離れ、その物事を 
やめるしかないのでしょうか?

(ちなみに、やまいは、妄想とか 
あると言われるやまいです。) 
幻聴幻覚はないので。

興奮おきると、買い物依存に走ります。

hasunohaで、以前、他のかたの、解答見ました。

心のやまいは、だらだらで、 
なく、早めに治さないといけないと。

ショックでした。

はじめてなので、簡単に書きました。

返信お待ちしております。 
お忙しいなか、読んでいただきありがとう。

【拙回答】

慢性疲労症候群、副腎疲労の疑いも

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心の病は、もしかすると本当は心の病でないことの場合もございます。

身体の不調が心の病の症状を引き起こしてしまっていることもございます。

例えば、起立性調節障害や膠原病、あるいは、慢性疲労症候群、副腎疲労などが原因であるかもしれません。

何らかの免疫不全による要因が、ホルモンバランス、脳内神経物質のバランスを悪くしてしまっていることもあり得ます。

興奮が強いとなれば、ご存知であるかと思いますが、ドーパミンやアドレナリン、セロトニンなどのバランスが悪くなってしまっているということが考えられます。

そのバランスが悪いとなれば、もしかすると副腎に問題がある可能性もございます。

とにかく、無理や焦りは禁物ですが、もし宜しければ、慢性疲労症候群、副腎疲労を疑われてみられまして、扱いのある病院へと一度、セカンドオピニオン的にも受診されてみられてもどうであろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「心の問題ですか?」

問い「心の問題ですか?」

【ご質問内容】

私は30代半ば位から、病気になったり、体温調整が出来なくなったり、体調不良になってきていました。

数年前から、何とも言えない気持ち悪い感情と言いますか、説明しにくい状態ですが、込み上げてきて、体を調べてもこれといって悪い所もないので、心療内科に通う様になりました。

体調不良は、気持ちの問題では?やる気スイッチが入ってない、がむしゃらに働かなくてはならないと、そんな事は言ってられないと、周りの人達に言われます。

最近は、私自身も今の状況を有り難く思い、感謝しなければいけないと思いはじめています。

しかし、普段の不満や仕事のストレスもあり、何か趣味を見つけたり、発散したいと思いますが、仕方がわかりません。

全ては、私の心の持ち様でしょうか? 
心が弱いのでしょうか?

【拙回答】

起立性調節障害や膠原病の疑い・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

体調不良は、もしかすると、起立性調節障害や膠原病、あるいは、慢性疲労症候群などが原因であるかもしれません。

一度、起立性調節障害、膠原病を疑って、関連の専門医療機関へと受診なさられてみられてはいかがでしょうか。

とにかく、なかなか理解されない体調不良については、原因が分かれば、周りへの説明もしやすくなり、説得と理解を求められることもできていけるようになるのではないだろうかと存じます。

とにかく無理や焦りは禁物です。

まずは、もう少し体調不良の原因について、身体のことから調べ直してみましょう。

心身共に健康になられますようにと祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「悪い因果の解消」

問い「悪い因果の解消」

【ご質問内容】

何度も同じ事の繰り返しから抜け出られなくて 
焦燥感は 精神の病気からでしょうか? 
毎日が不安です。 
爽快感など感じられず。 
何をするにも疲れて長続きできない。 
今の状態 生活から抜け出したいです。 
働ける 体 心 の状態を取り戻したいです。 
何処で人生が狂ったのか 先ずは因縁がすっかり無くなり良い因縁を積めるような状態作りたいです。

【拙回答】

副腎疲労、慢性疲労症候群の疑いも

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

精神・心の不調は、身体の不調からきてしまっている可能性もございます。

疲れやすいとのことにて、もしか致しますと、副腎疲労、慢性疲労症候群であるかもしれません。

一度、慢性疲労症候群を疑って、扱いのある医療機関を受診されてみられても。

まずは、身体の不調をしっかりと治されて、それからできることを増やされつつに、焦らずに少しずつ少しずつです。

どうか心身共にご快復なされて、善い因縁をしっかりと調えていけるようになられますことを、心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「私の運命」

問い「私の運命」
http://hasunoha.jp/questions/7928

【ご質問内容】

私は、結婚して五年になる夫がおります。アパートに2人で暮らしています。 
今は、無職です。精神疾患になり車の運転、仕事にもつけず、子供もいません。借金がありパチンコ依存症です。こんな、どうしようもない自分を卑下してばかりでパチンコ以外は外出せず毎日、寝てばかりいます。

あと、2〜3ヶ月後に夫の両親と同居します。 
私は、自分が夫の両親に気を使う、無職、車の運転が出来ない、病気、子供が出来ない、何も取り柄ない こんな状況でうまくやっていけるか同居することが怖くてしかたありません。離婚して家に帰る場所もなくどうしたらいいのかわかりません。やはり、同居は、しないといけないのでしょうか?私の考え間違ってるのでしょうか?人生やり直し真面目に生きたいです。言葉足らずですみません。何から私は、変えていけばいいのかたくさん悩んでいます。

よろしくお願いしますm(_ _)m

【拙回答】

良い機会に

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ひとまずは、旦那さんのご両親と同居されるということで、ここは前向きに、義父母さんに、色々と支えてもらい、助けてもらって、ご病気の治療と、そして、依存症の解消へと向けて、落ち着いて取り組む良い機会であると思ってみられてはどうでしょうか。

また、ご病気が良くなり、依存症も解消されれば、車の運転もでき、働くこともできるようになり、そうすれば、借金問題も解決し、もしかすると先においては、お子さんもできるかもしれません。もちろん、同居も解消して別に住むこともありうることになります。

とにかく、まずはこの同居の機会にしっかりと治療に専念されますことをお勧め申し上げます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「私は社会復帰することができるのでしょうか」

問い「私は社会復帰することができるのでしょうか」

【ご質問内容】

私は現在、躁鬱病で休職しています。 
転職して2ヶ月しか経っておりません。

実は転職前の仕事でも鬱がきっかけで休職、その後退職しました。 
その後体調がよくなり、転職をしました。 
しかし、鬱が再発し働ける状態ではなくなってしまった為、休職に至ります。

現職に転職する際、不規則な時間が気になりつつも、仕事内容に魅力を感じた事、前職より会社が安定している事、その頃には以前と変わらない体調であった事、で決めました。 
入社後わずか2ヶ月で休職に入ってしまい、現在の会社には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 
しかし、体調が良くなり復職しても、不規則な時間や残業の多さによりまた体調を崩し兼ねない為、来月で退職するつもりでいます。

正直、この先自分が社会復帰できるか不安です。 
病院の先生は、治療を続けていけば仕事ができるようになるから、と言ってくれますが… 
二度も休職している以上、また再発したらどうしようという不安が消えません。 
この不安はどうしたら無くなるのでしょうか。

ご回答のほど宜しくお願いします。

【拙回答】

無理や頑張り、焦りは禁物です。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

鬱病の不安にてお悩みのご様子・・誠におつらいことでございます。

働くのは、とにかくまず鬱病をしっかりと治療してからにしましょう。

特に、無理や頑張り、焦りは禁物です。

周りの理解はどうでしょうか。

ご本人でしか分からないつらさやしんどさ、苦しさもあるかとは存じますが、できるだけ周りにもそのことをご説明されて、頼られて下さいませ。

また、先で復職される場合でも、いきなり正社員としてではなくて、契約社員やパート・アルバイトから、体調や症状の様子も見ながら、少しずつ働ける時間や期間も延ばすなど、自己管理をしながら調整されていかれてもどうであろうかと存じます。

とにかく、極端に「こうでないといけない」と思い込まないことも大切です。仏教では極端を離れた「中道」が推奨されます。時には、流れに任せて、柔軟に。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ