hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

仕事について

問い「気力が湧きません。」

問い「気力が湧きません。」

【ご質問内容】

3ヶ月前、職場の移動をきっかけに体調を壊し3週間のお休みをもらい復帰のその日に解雇通告されました。 
「解雇」の事実は日に日に私を苦しめ自信を奪い再就職の気力さえも消し去りました。その後、原因不明の湿疹に悩まされ体調もすぐれません。 
毎日考える事は、元気に働いていた頃の事ばかりです。3ヶ月経った今でも、なかなか心の区切りがつきません。 
今は1日も早く区切りをつけ次の仕事を探さなければいけないのに、なかなか動き出せません。

どうしたら心の区切りがつけられますか? 
自然に心身ともに復活する時がくるのでしょうか。よろしくお願い致します。


【拙回答】

旅行や映画など、どうでしょうか。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

職場の移動における環境の変化がストレスとなり、体の不調へと影響を及ぼしてしまったのかもしれませんね・・

「病は気から」と昔から申しますように、心の不安定さが、体の不安定さへと繋がってしまったり、もちろん、その逆もあり得るところでございます。

湿疹も、ストレスによる蕁麻疹だったのかもしれませんね。

とにかく、まずは体調を戻したいところでございます。

そのためにも、まだ今は休養、リフレッシュ、気分転換、癒しが必要であるようにも存じます。

少し旅行に出掛けられても。何か良い気づきやきっかけがあるかもしれませんし。せっかくでしたらお寺の宿坊に泊まって、写経体験、坐禅体験などもいかがでしょうか。

興味がございましたら、「宿坊 ○○体験」などで、検索して調べられてみて下さい。

または、映画などもお勧めです。それも自分が観たいというのではなく、事前に調べずに映画館に行って、その場で偏見を持たずに上映されているものを観てみる、などどうでしょうか。日常の思考を離れて、一度、思考をリセットしてみることが必要かもしれません。

とにかく、いち早く心身共に健康になられますよう、祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「自分に自信が持てません。」

問い「自分に自信が持てません。」

【ご質問内容】

今まで、自分に自信が持てたことがありません。

大学の講義で話し合う時も、ふとした雑談でも、人に注目されると焦ってしまい、自分の意見を落ち着いて言えなくなります。自分の話は面白くないのではないか?飽きられてるのではないか?と考えてしまい、当たり障りのない話をしてしまいます。

また、自分の容姿にもコンプレックスがあります。周りの友達を見ていると、自分の見た目にも中身にも自信があるからこそ、堂々とできるのではと思うようになりました。

就職浪人をして、やっと来年から憧れていた会社に就職できることになりましたが、このままの自分でうまくいくのか不安です。会社の性質上、人に指示を出すことが多くなりそうですが、やはり「自分が人に指示なんて出せるのだろうか」という思いがあります。

どうすれば、自分に自信が持てるのでしょうか。他人の顔色を伺うばかりでなくなれるのでしょうか。アドバイスをいただきたいです。


【拙回答】

あなたは自分が思うよりもずっと美しい

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

下記のCM動画をご覧頂くと分かりますが、私たちは自分の短所ばかりが気になってしまい、自己嫌悪や劣等感に陥りがちとなり、そのため長所が見えなくなってしまっている、活用できなくなってしまっていることがございます。

ダヴ・あなたは自分が思うよりもずっと美しい 

人間、誰でも長所短所共に持っているもので、できれば、短所も、何とかできるならば努力して改善させれると良いですが、どうにもならないことであれば、無駄を避ける意味でも、さっさと諦めて、長所を伸ばしていけるようにその分、注力することで、バランス良く過ごして参りたいものとなります。

また、どうにもならない短所でも、他を頼り、他の助け、支えを頂くことで、カバーすることもできることがあります。

この世界では、お互いの支え合い、助け合い、分かち合いが大切となります。ですから、短所で助けてもらったことも、自分の長所において、頼られたら助けてあげられると良いのであります。

助けられて、そして、助けつつに、少しずつ自分のできることが増えていけば、自信も醸成されていくことになるでしょう。

人に指示を出すことも、お互いのお陰様ということを考えておくと、色々とスムーズになるのではないだろうかと存じます。

あまり気負いすぎずに。。

川口英俊 合掌

問い「仕事と自分の目指す生き方がうまく合わない」

問い「仕事と自分の目指す生き方がうまく合わない」

【ご質問内容】

4月から社会人になり、5ヶ月がたちました。 
私の仕事は全国転勤があり、現在生まれ育った東海を離れ、中四国で一人暮らしをしています。

私は特に向上心があるわけではないので、仕事について生きてければ内容にはさしてこだわりはなく、お給料や人間関係が程々であればよいと考えています。 
それよりむしろ、趣味の追っかけや、友人や家族、恋人と過ごす時間をとりたい。それが満足にできないなら働く意味はないとすら思います。

ところが現在、中四国から東海・関東があまりに遠く、思うように余暇を楽しめていません。休日も不定休のため、友人とも時間が合わず、知り合いのいない土地で1人で過ごす休日になっています。

会社自体はまったく不満はありません。お給料も同じくらいの学歴の新卒と比べて良い方ですし、残業が多いということもない。反りの合わない上司はいますが、心をやられるほどではないので、ただの相性と割り切っています。年間の休日も、他社と比べて多い方です。 
ただ、連休が取れないために、趣味や会いたい人に会う時間だけが作れないのです。

今ではふと転職の二文字が頭をよぎります。 
しかし、私の経歴では十分すぎるほどの会社に勤められているし、今が社宅住まいなので転職するなら家探しからになる。親も心配するだろうし、何より入社前から予想できたはずのことで何をへこんでいるんだとも思います。 
それでも、今後こんな状態が何年も続いていくのかと思うと、私は何のために働いているのかと感じてしまいます。

私はどうしたらいいんでしょうか。 
せめて心持ちだけでも変えられたらと思います。


【拙回答】

「工夫」(くふう)

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「工夫」(くふう)という言葉がございますが、実は禅語の「動中工夫」という言葉が語源の一つとなっています。

修行僧も坐禅ばかりをしてるだけでは、当然に生活ができなくなってしまうため、坐禅以外における、作務や托鉢、食事の支度などの動作中においても、坐禅をしている時と同じような心境において修行ができるように、状況、環境に併せて、臨機応変に修行しているつもりで対応していきましょう、といった意味合いになります。

あめ様は、今の状況、環境において、どこかまだ「工夫」するような余地はないでしょうかね。

「趣味の追っかけや、友人や家族、恋人と過ごす時間をとりたい」というお気持ちも誠に理解できますが、一方で、転職というリスクを取った場合、安定した職場、給与等を維持できなくなってしまう可能性もございます。そうなると、更に余裕が無くなり、余暇やレジャー、リフレッシュも楽しめなくなってしまう可能性もございます・・

もちろん、まだ一年目であり、これからの頑張り次第では、転勤願いや配置換えを出せるぐらいまでにまでなれることも、先ではできるのではないかと思います。

とにかく、今は今の状況、環境で、ネットも最大限活用するなどして、無駄なく、うまく効率よく休みを「工夫」して、余暇やレジャー、リフレッシュも楽しんでみることも。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「あと1歩が怖くてたまりません。」

問い「あと1歩が怖くてたまりません。」

【ご質問内容】

 お忙しい中、失礼致します。 
 二十代も半ばながらまともな職歴がなく、いわゆるニート状態です。半ば引きこもりに近く、せっかく進学した大学も卒業できず、ずるずると閉じこもってしまいました。 
 身内の不幸が続いた、どうすればいいか分からない、働きに行かなければ、税金はどうなっているのか、体調不良だ……と言い訳をしては嫌な方向に思考が向き、こうしてずるずると何年も過ごしてしまったのです。

 不幸ごとや問題が色々続き、本当にこのままではダメだと起き上がったものの、「資格なし、職歴なし、大学は引きこもって卒業できてない」状態で果たして職を得られるのか?

 体の不調を調べると手術が必要そうな病が多く、税金のことを思えば経済的な不安に恐れどうするべきかとうろうろしています。

 同じ年代の、大切だった友人にも劣等感や嫌 
な意地のようなもの、同年代なのにきちんと労働の義務をしていない羞恥から顔向けできず他人、特に知人、近所さんへの恐怖が増して顔を隠し合わないであろう場所を探しては夜にこそこそ活動している状態です。

 恐れる恥ももうないだろうと、ここでまた踏みとどまればまた悪化すると冷静な自分は「外に出て、まともにならなければ」と急き立ててきます。

 「働くというのは当たり前のこと」と分かっているからこそ、自分はその「当たり前すらできていない」と羞恥に憤悶しているのに行くべき機関へあと1歩、踏み出せていません。

 どうしたら、そのあと1歩を踏み越えられるでしょうか。


【拙回答】

「端楽」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず、「働くというのは当たり前のこと」とあまり思い込み過ぎて、そこにとらわれて、こだわってしまってはいけません。

世の中には、病気など、色々な因縁(原因と条件)によっては、働けない方も当然におります。そのための社会保障制度、医療制度、福祉制度でもあります。

「福祉」の目的は、仏教と同様に、全ての人々の幸せというものとなります。

私も何とか頑張って今のところは働けていて、税金を納めさせて頂けて、その税金が福祉のためにも使われておりますことは、仏教的にも功徳に繋がることであり、誠に有り難いことであると考えております。

何かに依存していかないと成り立たないこの世界においては、助け合い、支え合い、分かち合いで過ごしていくことが大切となります。

とにかく、まだ今は無理し過ぎずに、良いきっかけがあれば、少しずつでも働いていけるように調えていかれれば良いのではないだろうかと存じます。

「働く」という語源は、「端楽」で、「端(周り)を楽(幸せ)にする」という意味合いからきているらしいです。

いずれ自分に少しでも余裕が出てくれば、誰かの幸せのための助けや支えになって頂ければと存じます。それまでは、誰かの功徳に甘えて頂いても構わないと思っております。

いや、更に仏教的には、功徳を積まさせて頂ける存在がいなければ、悟りへと向けて必要となる徳積みをすることができずに大変に困ったことになります。

ですから、功徳の対象となる方がおられるこの世界は、実に貴重で稀有なのでもあります。もちろん、かといって、それを奇貨として甘えすぎてもいけないことなのですが・・

とにかく無理せずに少しずつ、一歩一歩です。あまり自己嫌悪に陥り過ぎて、卑下して、自分で自分を苦しめ過ぎてもいけませんよ。

川口英俊 合掌

問い「どうしたらいいかわからない」

問い「どうしたらいいかわからない」

【ご質問内容】

ちょっと前までは友達と連絡とれてたんですが、最近メールいれても返事貰えなくて、連絡がとれなくなりました。なんで急に連絡がとれなくなったか分かりません。私、何かした覚えないですし。向こうは私のこと友達と思ってくれてないんでしょうか?もうわからなくなってしまいました。職場でも、上司に何もしていないのに嫌がられるし何がなんだか分かりません。


【拙回答】

「去る者は追わず、来る者は拒まず」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

連絡が取れなくなるのは、忙しさや環境の変化など、相手の色々な状況によるのでしょうが、特に身に覚えが無ければ、正直、あまり深く考えても仕方のないこともございます。

「去る者は追わず、来る者は拒まず」ぐらいで考えおくのが良いのかもしれません。

「友達」も「職場」も含めて人間関係において大切となるのが、相手への思い遣りや配慮といったものになります。

「去る者は追わず、来る者は拒まず」というのも、相手の事を尊重した一つの姿勢の現れと考えることができます。

もちろん、関係性の維持のためにはバランスが大切になります。どちらかが一方的となってしまうと不満やストレスになってしまい、関係が壊れてしまいかねません。お互いに尊重し合える、配慮し合える、そんな仲を目指して参りたいものでございます。

ご縁を大切に、どうぞ良い関係が築けていけますことを。

川口英俊 合掌

問い「責任感を持ちたい」

問い「責任感を持ちたい」

【ご質問内容】

責任感とはどのようにすれば持てるのでしょうか

リクエストが多く質問するにも順番待ちがある中で質問が出来るのは何かの縁ではないか…と思い長文ですが質問させて頂きます

入社して4ヶ月が経ちました 
仕事場の環境にやっと慣れ、利用者とも何とかやっていけてます 
この時期は行事が多くあり、企画を任されることも行事に同伴する事もあり職員は非常に忙しくなります

その中で失敗する事が多く有ります 
利用者への対応で事務作業がろくにこなせない、行事が一人前にできるのかと言うと「初めて行くところだから」など何かと理由付けてサポートも上手く出来ていません。

先日は期限のある提出資料を確認すら出来ておらず上司を含め多くの方に迷惑をお掛けしてしまいました。また、先方へ提出する資料を所持しておらず1ヶ月程待たせてしまいました。会社の運営を左右するような事でしたのでそれを担当されていた方や上司には多大な心労をかけてしまったと悔やむばかりです。 
その後、丁度休みに入ったためまだ会社に行っておらず仕事に非常に行きたくないです。 
会ってその事に触れられたらまた当分の間引きずってしまうからです。

苦手な事から逃げようとする、嫌な事を避けて先輩を頼ってしまう自分の無責任さには吐き気がしますが、責任感を持つにはどのようにすれば良いのかも分からず何も変われていません。

失敗が怖いというより細かい事まで引きずってしまう自分の性格も関係しているのか…など色々考えます。

また、本来なら嬉しい言葉や思いやりの行為もミスが重なった状態では全てマイナスに捉えてしまい突き刺さって抜けません。人の会話が全て自分の悪口に聞こえてきます 
それもまた辛いです

対応策だけではなく心構えなど救われる言葉でも構わないので何か糧になる言葉が欲しいです


【拙回答】

メモの活用

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

会社、仕事にまだまだ慣れていない中で色々と不安をお抱えのご様子・・

対応策、心構えとしては、とにかくメモの有効利用をお勧めします。手帳とスマホのアプリ等を連動させるなどして、うまく情報を整理し活用していくことです。

よく拙生もしていますが、とにかくカメラ機能で必要な情報を何でも撮っておくというのも。手書きの手間や間違いのリスクも減らせて、クラウド上で保存しておけば、必要な時に、いつでもどこでも閲覧できますし。

人間のやること、できることには限界がどうしてもあります。ミスは正直、仕方のないことです。でも、できるだけミスを無くすためには、情報の活用と共に、できないこと、苦手なことを、他を頼り、他を利用してできるだけ補完していくことも必要となります。

また、自分のキャパも常に把握しておきたいところとなります。そのためにもメモ情報が自分の経験値を図るための欠かせない資源にもなります。

ミスが減っていけば、きっと自信になることもどんどん増えていくことになるでしょう。そうすると自ずと責任感も醸成できるようになっていくのではないかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「やめるをやめるは許されますか?」

問い「やめるをやめるは許されますか?」

【ご質問内容】

前回はとてもありがたいご回答をいただきありがとうございました。 
少しずつですががんばってみています。 
実は、もう一つ合わせて悩んでいることがあり、ご相談させていただきたいと思います。 
職場で色々あり、上司に退職を相談したところ、ひき止められました。 
一度は退職を口にしてしまった私がこのまま職場に居続けることは許されるのでしょうか?

厳しいお言葉も覚悟しております。 
どうぞよろしくお願いいたします。


【拙回答】

やめるをやめるももちろんありかと

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

あまり気にすることではないのではないかと存じます。

私たちには、しなければならないこと、やらなければならないこと、するべきことなど、色々とありますが、無理なこと、嫌なこと、理不尽なこと、おかしいこと、不正なことは、やるだけストレスによる弊害も大きなものになってしまいます。

それこそ、心身ともに壊してしまっては何にもなりません。

何事も退くのは、難しいことですが、自分を守るためには大切なことになります。無理に攻め続けて、多大なリスクを取るよりかは、退くべき時に退けるようにする決断も必要なことがあります。

「三十六計逃げるに如かず」です。

まあ、この度の退職の意向、相談は、自分の気持ちを確かめるための一つの機会であったとして、まだ留まってやる気があるのであれば、前向きに、プラスに考えて、あまり負い目とされずに、会社の為、社会の為、そして何よりも自分の為に、できることを頑張っていかれれば良いのではないだろうかと存じます。

世間で生きていくためには、時には駆け引きが必要なこともあります。その中では、色々な選択肢をあまり排除せずに考えることも。この度のやめるをやめるも、もちろんありであると思います。あまり気になされずに。

川口英俊 合掌

問い「これから先の人生について」

問い「これから先の人生について」

【ご質問内容】

忙しいところ失礼致します。 
踏ん切りが付かず、御助言を頂戴したく思い書き込みをさせていただきます。

私は今、今後の人生に悩んでいます。 
それは、この仕事を続けるか、終わりにするかです。 
終わりにする場合は首をくくるつもりです。

こんなことを考える理由ですが、これ以上周囲の人に迷惑をかけたく無いからです。

就職して4年になります。 
今の職場には1年になりますが、先日冗談めかしていましたが「こいつダメだ」と言われました。 
冗談かも知れませんが普段から思っていることが不意に出たのかもと思いました。

長く勉強も続けていますがすぐに記憶から抜けます。 
注意力も足りず書類にもミスばかりです。 
頑張っているつもりですが手も遅く時間がかかってしまいます。 
周囲の人とのコミュニケーションも上手くいかず、シャクに触る様です。

もうみんな呆れているでしょう。 
職場の人に声をかけることにも相当な覚悟が要ります。 
自分の人生を振り返っても自分という人間は失敗作だと思います。

甘えかもしれません。被害妄想かもしれません。もっと頑張れば済む話かも知れません。 
でもこの考えが振り払えず何度も繰り返します。

最近は常に胸が痛いです。

もうこれ以上、人から嫌われながら生きていくことは辛いです。 
仕事を辞めたら家族からも嫌われ疎まれるでしょう。

どちらに転ぶにも私の考え方次第ですが良い方向に考えられません。 
どうか御助言を頂けませんでしょうか。 
お願い致します。


【拙回答】

アンテナと整理・分析

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

あまりご自身を追い込まれ過ぎませんように。

もう少し気楽に考えることも必要です。

頑張っていてもなかなか結果が出ないことだって当然にありますし、頑張って結果の出せるような環境かどうかということもあります。

今のところでダメならば、頑張れば結果の出せられそうなところへと転職するのも当然にありです。

あまり、「こうでなければいけない」と思い込み過ぎないことも大切です。

注意力を付けて、ミスもなくすためには、とにかく情報整理を効率よくすることです。

手帳をうまく活用されて下さい。何でもメモることと、そして内容の整理、優先順位付け、手順の確認などを怠らずマメにしてみて下さい。

記憶の問題も、遅く時間が掛かってしまうのも、また、コミュニケーションも、物事のタイミングも、全て情報がポイントになります。

情報をどううまく整理して扱うのか、そこを少し改善されてみて下さい。あとは情報でも質のよい情報を仕入れるためのアンテナ作りも欠かせません。ネット、Facebook・TwitterなどSNSなどもうまく活用されてみて下さい。

これから先の人生を決めるのは、他の誰でもなく何より自分自身です。人生を航海に例えることがありますが、まさに航海を無事に進めるためには、精度の高いアンテナによる情報収集とその情報の整理・分析が大切になります。

良いアンテナと良い整理・分析で、良い人生を。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「気持ちがどうにもならない、逃げたい」

問い「気持ちがどうにもならない、逃げたい」

【ご質問内容】

保育士です。2年目で3歳児クラスの主担です。 
少ない人数のクラスのため、まとめられないと「たかが○人なのに」と言われることもおおく、毎日がストレスです。 
1年目のときにも1歳児の副担だったのですが、主担の先生と折り合いがつかずもめてばっかり、そのたびに私が怒られることが多かったです(私が悪いのはもちろん、主担の先生が悪いことも)

1年目の時から辞めたいと思っていましたが、2年目で頑張ってどうにもならなかったら辞めようと考えていました。

そもそも今受け持っているクラスを持つ前、3月の時点で園長からは「あなたは大きいクラスは無理だ」と言われていたはずなのに、クラス発表の日になり、「あなたがどのクラスでも頑張ると言ったから、去年一年間のだめだった分今年で取り返しなさい。今年もだめだったら下ろすことを考えている」と言われました。

正職員でとってもらえたのはありがたいのですが、「正職員なんだから」と何かにつけて主任や園長に言われ、残業も当たり前な職場です。(行事前は日付を超えそうになる)

今の現状の話に戻すと、系列園と職員交換研修というのを行っていて、私が2週間ほど系列園にいっていました。 
その間、うちのクラスにはいるのが主任で、私が受け持っていた間のやり方や、部屋の飾り付け、物の配置など相談なく全て変えられました。 
それを研修初日帰ってきて見た瞬間絶句しました。

それなのに「変えていただいてありがとうございます!」なんて言えるわけが無いです。自分はもういらないんじゃないかと思ってしまいました。

そして、今日(明日で研修は終わり)主任と電話でやり取りした際、「部屋の設定を変えてもなにもない」「自分のクラスの子が可愛くないの?」とまで言われました。園長には散々クラスの子が可哀想とまで言われています。

年度末まで頑張る気でいましたが、どうしても続けられません。年度途中で辞めてしまうのは子どもたちにも親御さんにも申し訳ないという一言で済ませられないのですがどうしても辞めたいです。 
喝でも慰めでも何でもいいのでお言葉をください。気持ちが荒んでいます。


【拙回答】

いつも頭が下がります。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

保育士さん、人の子のお世話、しかも大人数・・本当に大変であるかと存じます・・息子の保育園でも、保育士さんたちの様子を見ていて、いつも思います・・

これは、よほど、子ども、子どものお世話が好きでないとできないな・・と・・頭が下がります。

それに、まだまだ給与等の待遇面も悪いみたいですし・・

たまにしんどそうな姿を見ますと、もっと職員の数、フォローの方を増やしたりと、必要じゃないのかな・・といつも思ってしまいます。

好きだけでもできることでもありませんし、色々な事情があり、辞めていかれる方も多いですよね・・

あまり無理はなさられずに、もっと自分に合った遣り甲斐、働き甲斐のある職場を探されるのも。

まだ入って二年目であるのに、もっと親身に人を育てようとされない上司のいるようなところでは・・とも思います。使い捨てにされるようなだけでは悔しいだけですしね・・

子どものことだけでなく、自分のこともまずお考え頂きまして。

溺れている人を助けるのに、自分が泳げる余裕がなければ、助けるものも助けられません。

まず自分自身に余裕を持たせることも大切です。

川口英俊 合掌

問い「起業」

問い「起業」

【ご質問内容】

こんにちは。 
はじめまして。 
福岡県に住んでいる20歳のフリーターです。

私は昨年、2ヶ月だけスポーツトレーナーを目指して専門学校に通っていました。 
やめた理由は家庭の事情なのですが、 
これも自分の運命だと考えていました。

辞めてからというもの、今まで定まっていた夢や将来のビジョンも何もなくなってしまいました。 
それからは働きながら、暇があれば県外や海外に一人旅に出ています。

自分を探す為なのですが…… 
いつかは起業したいと思っているのですが、 
今だに将来も夢も定まらず、フラフラと生きています。

このまま、これを繰り返して生きていて大丈夫なのか心配です。

働きながら一人旅に出て…… 
このような生活を続けてて大丈夫でしょうか?


【拙回答】

千里の道も一歩から

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

起業を目指されておられるとのこと。

でも、なかなか現実はそこに向かっておられないご様子・・

そこでまず何が今の自分に必要となるのか、それを知らないことには始まるものも始まりません。

起業の道へと至るルートは色々とそれぞれあるでしょうが、やはり、何よりもまずは、現実に起業に成功している(それも継続して安定した経営も保てている)先人から必要なものを学ぶことです。

もちろん、あまりに今の自分と違うところから起業を成功させている方からの学びは、それほどためにならないかもしれません。

そこで、今の貴女様にも少しでも参考になるであろう起業家として、家入一真氏をお勧め致したいと思います。

是非、まずは、家入一真氏の著書からでも学ばれてみられてはどうであろうかと存じます。

確か福岡出身でもあったような…

そういえば、福岡は起業に熱いところでもありましたね。

とにかく、起業関連の本や雑誌、ネットなどからでも必要な情報を収集・分析すると共に、起業・スタートアップのセミナー・関連イベントに参加したり、積極的に人と会い、起業へ向けた同志を募ると共に、資金調達へ向けて投資家・出資者などの人脈も作る必要があります。

千里の道も一歩から。さあ、ワクワクしてきたら、今からでもできることを一つ一つして参りましょう。

また、いずれ起業に成功されて余裕ができましたら、hasunohaへとご寄付の程もどうか宜しくお願い申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ