hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

後悔している事について

問い「過去の選択への後悔が強くて今を生きることができない」

問い「過去の選択への後悔が強くて今を生きることができない」

【ご質問内容】

過去の選択への後悔が強くて今を生きられません!

本当に誰にもどうにも出来ることじゃないんです!(タイムマシーンや魔法使いがいない限り)

「縁がなかったんだ」「それを選んでもその時の私じゃどうなったかはわからない」と言い聞かせても、朝から晩まで「それが欲しい」と駄々っ子が頭の中で騒ぎ、後悔が頭から離れなく憂鬱でどうしようもないです。

どうしようもない後悔や憂鬱からの解放ってありますかね、それともこれからも不愉快に過ごすしかないのですか?

私は、後悔で鬱々としていることが嫌です。今、気分良く建設的に過ごすにはどうしたら良いのでしょう?

【拙回答】

過去とは何か・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し難しいことなのですが、時間論について述べさせて頂こうかと存じます。

まずは、果たして過去、あるいは未来は「有る」のでしょうか。

既に過ぎ去った「過去」は、もう過ぎ去ったものですから、既に「現在」にはありません。もちろん、「過去」を思い浮かべて、あたかも「有る」ように錯覚してしまいますが、思い浮かべているのは、あくまでも「現在」の自分でしかありません。

また、まだ来たらぬ「未来」は、まだ来ていませんから、「現在」には当然に有り得ません。「未来」を思い浮かべて想像して、「有る」ように錯覚してしまいますが、想像している自分も、実は「現在」の自分であります。

また、「現在」と言っても、言ったそばから実は「現在」で無くなっていってしまいます。「現在」自体も、時間が止めれない限り、基本的には「有り得ない」ことにはなります。

もちろん、「過去」、「未来」、「現在」は無いわけではありません。一応は、「現在」があると仮定して、その相対として世間一般において「有る」とは言えますが、厳密に分析すれば、「実体」としてはそれぞれ有り得ないものになる次第でございます。

でも一応は、しいて世俗的に時間論について何が言えるのかとなると、現在における瞬間、瞬間の連続体はあると考えることはできます。

むろん、過去がなければ、今の自分はあり得ません。更に今の自分が無ければ、未来の自分も可能性としては有り得ないことになります。

過去と現在の自分は明らかに繋がっている、また、現在の自分は未来の自分とも繋がっていくものと言えるので、異なってはいないのだけれども、もちろん同じとも言えません。このことを難しいことですが、仏教的には「不一不異」と申します。

さて、結論的には、とにかく、「現在の一瞬一瞬の連続体でしか生きていない」自分のありようを理解することにより、これから先への良い結果へと向けた良い因縁(原因と条件)を確かに紡いでいくのも、この瞬間、瞬間の自分であり、しっかりと、この一瞬一瞬に集中して、大事に大切に過ごしていくことが必要であるということになります。

過去への後悔と憂鬱を乗り越えるためにも、少し上記の時間論についてご理解を頂けましたらと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「後悔、これから。」

問い「後悔、これから。」

【ご質問内容】

数年前に結婚するつもりで付き合っていた人から、私がなかなか結婚に踏み切れなかった為に突然振られてから、心に大きな穴が空いたように何をやるにも自信をなくし、地に足がついていないような気持ちが常にあり、無気力な状態になりました。 
それから何年か経って、やっと人を信じれるようになった頃に、今の旦那と出会い結婚、出産をしました。ですが、旦那は外面が良いと自分で言うくらい、他人には良い顔をする人でした。私に見破る力がなかった、軽はずみに結婚をしてしまいました。自分が悪い事をしているのに、私や私の親から注意をされると逆ギレ、自分の非を絶対に認めません。周りの意見は聞き入れません。私の親の悪口を言い、私は許せません。私の親なのに喧嘩を売るような言葉、態度をとり、常識がないです。俺はお前を嫁に貰ったんだ!と、昔の考えで、言いたい事ばかり押し付けてきます。「喧嘩は、良くする為にするもんだ」という考えで、私とは違う考えです。私は出来るだけ喧嘩したくないです。こんな人だと思わなかったです。結婚するべきじゃなかった。こうなるなら、振られた人と結婚していた方が幸せだったなと後悔ばかりです。 
出来ることなら離婚したい、旦那と喧嘩するばかりで疲れました。暴言ばかり言われ、私が悪いとばかり言われるので、また自信がなくなります。旦那から何を言われるのか怖くて、手が震えてくるのです、でも、離婚しても私には経済力があまりないと独身の時から感じていたので、離婚という言葉が浮かんでも踏み切れないのかもしれません。

その時に必要だった人と縁があって巡り会うとかよく言うけど、そうは思えません。何故、付き合っていた人と出会えたのに別れたり、よりによって旦那のような人と出会ったのか知りたいです。 
後悔は、どうしたら消えるのか、教えてください。

また、親は「いずれ、あなたよりも先に死ぬのだから、幸せになっていてほしい、一人じゃなく結婚していてほしい」と言います。そうだとしても出来るだけ親の近くにいたい、親の面倒を少しでも見たい。と、結婚して親から離れてからそう気付いて、その気持ちが強くなりました。旦那は私の親の近くに住むこと、同居は賛成していません。子どもはまだ小さくて手がかかります。質問が多いのですが、どうしたら良いのか教えてください。

【拙回答】

「アスペルガー症候群」の疑い・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

旦那様のことでお悩みのご様子・・

結婚するまでは分からなかったのだけれども・・として多いのが、「アスペルガー症候群」でございます・・

少し旦那様のアスペルガー症候群を疑われた上で、専門機関にも相談し、周りにも色々と協力してもらって、今後の対応について考えていかれると良いのではないだろうかとは存じます。

また、よくあるのが、アスペルガー症候群の旦那さんの配偶者が、「カサンドラ症候群」になってしまうということがございます・・

「暴言ばかり言われ、私が悪いとばかり言われるので、また自信がなくなります。旦那から何を言われるのか怖くて、手が震えてくる」・・

その兆候も少し出てきてしまっているような気もします・・


仏教では、あらゆる全てのモノ・コトというものは、因縁(原因と条件)にて成り立っていると説明致します。

簡単には、悪い因縁であれば、悪い結果になり、良い因縁であれば、良い結果になるということでございます。

過去のことをあれこれと、いつまでも後悔するのではなくて、良い結果へと向けて、今、これから先、良い因縁をどう調えていくべきであるかを考えて、実行していことが大切となります。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「罪悪感」

問い「罪悪感」

【ご質問内容】

私はつい最近人身事故を起こしてしまいました。 
私は車運転していて、相手をひいてしまいました。幸い怪我で済んだのですが、ずっと後悔というか、落ち込んでいます。 
仕事もなかなか集中できずに失敗ばっかりで、お客さんに怒られてしまいました。 
これからどうしたらいいかわかりません。 
毎日泣いてばかりです。はっきり言って死んだ方がいいのかなあと思っています。 
本当に今が一番辛いです。

【拙回答】

重大事故とならずに良かったです。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

とにかく、お相手は怪我でございましたが、命にかかわらずにてひとまず何よりでございました。

大きな事故の前には、必ずちょっとした不注意やミス、ヒヤリ・ハットすることが幾つかあるということで、「ハインリッヒの法則」というものがございます。

「1件の大きな事故の裏には、29件の軽微な事故、そして300件のヒヤリ・ハットがある」とされています。

今回の事故は、もえ様ご本人にとっては、もちろん大きな事故かもしれませんが、とにかく怪我で済んだ軽微な事故と捉えて頂いて、少しこれからの一つの教訓となさられて下さいませ。

また、何事においても、少し不注意やミスが目立ち始めたら、これは、危ないとして、ワンクッション置いたり、リフレッシュを図ったり、休んだりすることが大切となります。

あまり不安、自己嫌悪ばかりを募らせても、負のスパイラルに陥って余計に委縮してしまいかねません。

誠意ある謝罪や保険による補償、行政罰などもお済みでしたら、ひとまず一度気持ちもリセットなさられて、この度のことは、本当に良い教訓になった、しっかりとこれからも気をつけようとして、どうぞお過ごし下さいませ。

こんなことで・・とはあまり強くは申しませんが、自殺などされてしまわれたらご家族、ご友人、周りの皆さまも悲しみますし、私も悲しみます。

どうか、少しでも気をお楽にして頂けましたら幸いでございます。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうしたらいいかわからない」

問い「どうしたらいいかわからない」

【ご質問内容】

2年前に亡くなった母のことが忘れられません。 
その母とは籍が抜けていたのですが連絡などは取り合っていました。 
しかし母が死んだと聞き駆けつけるも、死に際にも会えず、感謝の言葉も伝えることもできませんでした。 
昔のことを思い出しては後悔にかられます。 
もう一度母に抱きしめてもらいたかったし、もっと話したいこともありました。 
また母は再婚していたのですが、母の異変に気付かなかった再婚相手がどうしても許せません。 
さらに再婚相手は母が亡くなった後に母の友人?(友人と呼べるかもわかりませんが)と籍を入れました。 
母はその再婚相手と籍を入れなければ死なずに済んだんじゃないか、騙されてたんじゃないかなどと思ってしまいます。 
また母はアルコール中毒で、2、3度入院したこともありました。 
しかし母は慣れない環境でストレスからまたお酒を飲み始めしまい止まらなくなってしまっていたんだと思います。 
再婚相手が母のことを考え、もっと早く気づき病院に連れてっていたらこんなことにはならずに済んだのではないかなと思います。 
こんなことを思っては母が悲しむかもしれませんがどうしても許せません。 
また私がもっと母の話を聞いてあげていたらこんなことにはならなかったんじゃないかなと思ってしまいます。 
誰かを恨んだところで母が帰ってこないのはわかっていますがどうしたらいいのか私自身もわかりません。

母に会いたくて会いたくて仕方ないです。

【拙回答】

「供養」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「供養」は、「供(とも)に養う」ということになりますが、亡くなられた方と一緒に、悟りへと向かうための行い(「智慧」の修習と「功徳」の集積)を養って共有していく、ということになります。

お母様とのことで、色々と後悔や思い悩み、再婚相手に対することもあるかとは存じますが、とにかく、少しでもお母様が、御仏様のお導きにより、安らかなる悟り・涅槃の境地へと向かうための「供養」を及ぼすこととして、一緒に、仏教の説いている悟りへと向けて取り組むべきより善い行いに、努め励んで頂けましたらと存じます。

それがお母様へと感謝して報恩になることだともお考え下さいませ。

善い行いと致しましては、例えば「十善」が代表的にございますので、また下記もご参照にして下さいませ。

「十善戒」(不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不綺語・不悪口・不両舌・不慳貪・不瞋恚・不邪見)


川口英俊 合掌

問い「二度の人工中絶」

問い「二度の人工中絶」

【ご質問内容】

私は二度、人工中絶をしました。 
長文になります。申し訳ございません。

一度目は23歳の時。 
妊娠報告に彼のお家に挨拶に行った時に、彼のお父さんから「赤ちゃんはお金がないと産まれてこない。産めるか産めないかもう一度考えてから来なさい」と言われました。結婚してもこの家族とは暮らしていけないと思いました。 
授かった命と考えましたが、一人で育てる自信がなく中絶を選んでしまいました。

二度目は28歳の時。 
別れる直前に妊娠が分かりました。 
別れる1年ほど前に、看護の道を進みたいと彼から相談を受け、1年の約束で受験勉強を応援しました。1年後、結果は不合格。その頃、私は昇格。 
彼は「〇〇は正社員だし、昇格できる力があるし。俺はバイトだし、看護学校も落ちるし。」と言うようになりました。「アルバイトが嫌なら、正社員の試験受けたら?」とアドバイスをしましたが「〇〇と違うから。やりたいこともわからないし。でも〇〇といつか結婚したい。」と言っていました。 
正直、家族を持つなら支えて欲しいと思っていた私なので、重荷に感じてしまうようになりました。私の誕生日当日に彼はプロポーズしようとしているとこに気付き、私は先に別れを告げました。 
また罪を重ねる自分に自問自答していましたが、彼と相談し中絶を選択してしまいました。

二人とも付き合っている時は結婚も視野に入れてお付き合いしてるということもあり、避妊はほぼしていませんでした。 
私の考えが浅はかで赤ちゃんを、自分の手で二度も殺めてしまう結果になったことに変わりはありません。 
水子供養も考えましたが、それをすると、どこかで自分の中で終わったことにしてしまいそうなので、していません。

現在妊娠32週です。夫は別の方です。中絶したことは夫にも話せていません。 
今、切迫早産で入院中です。低地胎盤、逆子ということもあり帝王切開の確率が高い状態です。 
帝王切開でも構いませんが、元気で健康な赤ちゃんが無事に産まれてくれたらそれだけで十分なのですが、正直それすらできるか不安の毎日です。 
こうなったのも私が二度も中絶してしまったからだと責めてしまいます。 
だからと言って誰かに相談できることではなく、辛いです。 
どうしたらよいのでしょうか。 
自分勝手な悩みだとは重々承知です。 
よろしくお願いします。

【拙回答】

母の日に寄せて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

中絶は、誠にお辛いことでございました。

そして、今は新しい命を授かられまして、あと少し、いよいよご対面。楽しみですね。ご安産を祈念申し上げます。心身ともにできる限りリラックス。あれこれと悩まずに。過去にとらわれずに。

でも、中絶したお子は、紛れもなく、なっちゃん様のお子。

水子供養は、また少し落ち着かれてからで構いませんので、なさられて頂けましたらと存じます。

「供養」は、字の如く、「供(とも)に養う」、一緒に、悟り、仏様の世界へと向けての善き功徳、あるいは智慧を養うということになります。

どうか善きお導きがありますようにと、水子さんのご供養も宜しくお願い申し上げます。

不安なことは、中絶とは関係ないと思って下さい。貴女のお子たちは、何より貴女の幸せを願っていると思います。

今日は母の日ですね。カーネーションの代わりに、貴女のお子たちからの言葉と思って下さい。

「良いお母さんになって下さいね。」

ご安産、そしてお子様の健やかなご成長、ご家族皆様のお幸せを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「私が彼にできること」

問い「私が彼にできること」

【ご質問内容】

私には遠距離恋愛2年目の彼氏がいます。 
お互いによく頻繁に連絡しあった時はあったのですが、最近は彼が忙しいからか、彼から連絡してくれるのはほぼなくなってきています。 
冷めてきてしまっているのではないか、浮気されていないか、と悩むばかりで、暫く泣いていた時期もあったのですが、今は大分落ち着いています。 
私が一度素直になるべきだと受け止め、彼にすれ違っていないか、素直になれなくてごめん、と思いの丈を話したところ、「そんな君も好きだから。愛してる」と言われたからです。 
彼は付き合いたての頃から、連絡をする度に「かわいい」「好きだよ」と言ってくれる、私とは正反対に本当に優しい彼なのです。 
多少忙しくても、こちらから誘えば少ない時間でも連絡してくれます。

私は、そんな彼を裏切った時があります。 
1年前、彼との関係に私が冷めてしまい、変わらず愛を注いでくれる彼との縁を、一方的に切ったのです。

しかし、1年経っても彼の存在は私の中で見え隠れしていました。 
彼の優しさや与えてくれていた愛情を、簡単には忘れられなかったのだと思います。 
一人になった私は、人肌が恋しいという自分勝手な思いで彼にまた連絡をしてみました。 
すると、すぐに返事をくれ、1年たっても私を思う気持ちは変わらないと、彼は話してくれました。 
彼と話すにつれ、罪悪感でいっぱいになりました。 
彼自信一番辛かったのに、都合のいいように接していたことが、自分自身許せませんでした。 
それからは彼を本気で愛し、彼もまた私にその思いを返してくれます。

そして前文に至ります。 
彼にはまだこのことを話していません。 
彼から話は聞いたのですが、しばらくは連絡があまりできないとのことでした。 
もし彼にこの話をしてしまったら、彼は私に幻滅して、別れを切り出してくるかもしれません。 
そうでなくても、いつか来る別れもあるでしょう。 
それでも私はいいと思っています。 
素直に受け止め、ただの思い出として残すつもりです。

ただ、一つだけ心残りがあります。 
彼は私にたくさんのものを与えてくれたのに、私はまだなに一つ返していません。 
彼に何かしてあげられることはないでしょうか。 
ほぼ昔話のようになってしまいましたが、この話を見て下さっただけでも感謝しています。 
長文失礼しました。

【拙回答】

「愛」という字は・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まあ、そんなに気負われることはなくに。揺れる恋心です・・不安、心配、寂しさ・・色々とあるでしょうし、相手に想いは十分に伝わっているのではないだろうかと思います。

「愛」という字は、「心を真ん中で受ける」と書きます。

お互いが、しっかりとお互いの心を受けとめ合える間となってこそとなります。

もう少し彼氏さんには、ゆう様の心を受けとめて、言葉だけではなくて、ゆう様を大事にして気遣ってほしいなと思うところはありますね・・

色々凸凹とあっても、想いを遂げられて一緒になれると良いのですが。。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「片思いが止められない」

問い「片思いが止められない」

【ご質問内容】

私は高校一年生のときに同じクラスの男の子を好きになりました。

その彼を三年間想っていたのですが、

自分に自信がなく奥手な私は自分の気持ちを一切伝えぬまま、

彼にさよならも言わずに高校を卒業しました。

大学に行けば新しく好きな人が出来るだろうと考えていたのですが、

どんな男性に出会っても「かっこいいな」くらいにしか思えず、好きな人ができません。

それどころか、今でも彼の夢を見たり、彼との出来事を思い出しては泣いてしまいます。

きっと何も伝えることが出来なかったのが心残りなんだと思います。

しかし、卒業以来全く会っていないし、連絡先さえも知りません。

独りよがりなのはわかっています。でも、もう一度会いたいと願う気持ちが消えません。

どうすれば私は前を向けるでしょうか。

【拙回答】

過去の忘れ物

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

伝えぬままの片想い・・あれやこれやと想像してしまっては、後悔してしまう・・なんとなく同じような経験がございますのでよくわかります・・

前を向くためには、そうですね・・過去の忘れ物を取りに帰る必要があります。

先生、友達を頼って、一度、手紙やメッセージ・ライン、電話などでも連絡してみられてはどうかな・・とは思います。(もちろん、迷惑にならない程度にて)

あるいは、Facebookをされている可能性はないのでしょうかね。友達繋がりで結構昔の友人と出会えることもあります。

また、近況を色々と知れることで、吹っ切れて諦めることができたり、あるいは、想いを伝えてみようかな、となったり、いずれにしても、動き出せることができるのでないだろうかと思います。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「後悔。。。」

問い「後悔。。。」

【ご質問内容】

今までの人生で沢山相談したいことがあります。

19歳の頃、妊娠しましたが、私は社会人でしたが彼が学生で、結婚していなかったため、親の反対で、中絶をしました。

現在別の人と結婚して二人の子供を授かりました。

私は本当は出産したかったけど、親に出産するなら絶縁すると言われて、中絶をしたときから、ずっと罪悪感と後悔をしています。

今からでも償えるような行動や考え方はありますか?

年を重ねる度にこの世にいない一人目の赤ちゃんに申し訳ないのです。

宜しくお願いします。

【拙回答】

ご供養

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

やむなくに中絶なされましたことを後悔なされておられるご様子・・誠におつらいことでございます・・

罪悪感と後悔・・

懺悔、慚愧なされるお気持ちは、誠に大切なことでございます。

悪業を悪業と知らずに積む業の深さこそ、誠に怖いものがございます。

反省、自省することができるからこそ、私たちはこの業火に灼かれて苦しんでいる身を知り、何とか逃れたい、離れたいとして、仏様の教えを頼りとして仏道を歩めるようになるのでございます。

償えるような行動・考え方・・

もちろん、ございます。

簡単に申しますと、善行、功徳を積むということになります。

例えば、その赤ちゃんを思われる優しいお心で、その赤ちゃんにできなかったこと、してあげれなかったことを、誰かにしてあげて下さい。

世の中で苦しんでいる赤ちゃん、子どもたちはたくさんおります。病気、貧困、虐待・・

是非、何かできることで、苦しんでいる赤ちゃん、子どもたちの救いや癒しのためにできることを、善行、功徳としてなされて下さいませ。

きっと、その赤ちゃんのご供養となることでしょう。

川口英俊 合掌

問い「罪悪感」

問い「罪悪感」

【ご質問内容】

軽い気持ちで常識的にもない悪い事をしてしまいました。 
とてつもない後悔をしています。 
自分を信じてくれている、親や祖父や祖母、家族を裏切ってしまいました。 
まだ家族には言っていません。 
この罪悪感というのは一生死ぬまで背負っていくものでしょうか?

【拙回答】

罪悪感を活かす

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

慚愧、懺悔の思いは、誠に大切であります。

罪悪感を持たれることは、罪を罪として、悪を悪として、しっかりと認識できているということであります。

ならば、反省し、謝罪し、償うべきことがあれば償うで良いのであります。

最初から完璧な人間など誰もおりません。

大なり小なり、皆、失敗、過ちを犯すものです。

大切なのは、しっかりと反省して、次へと活かすことです。

罪悪感を背負うのではなくて、その罪悪感を活かして、行いを、正しく、より善いものに調えて、幸福感へと繋げていかなければいけません。

大丈夫です。きっと挽回できますよ。

川口英俊 合掌

問い「心が不安定です。」

問い「心が不安定です。」
http://hasunoha.jp/questions/1407

【ご質問内容】

私は高校生3年生の受験生です。
普段は学校と塾の毎日で、
時々何もやる気が起きなくなって、家に引きこもってしまいます。
そんなある日、ある動画サイトでイライラして、知らない人数人に対して中傷してしまいました。
内容は、ブスやキチガイなどという幼稚な内容です。後からものすごく後悔して謝ったのですが、自分の中での罪悪感がずっと離れず、もしかしたら警察に捕ま るんじゃないか、など、頭の中でどんどん展開を広げてしまい、不安で仕方がありません。イライラしてたからといって、見ず知らずの人を傷てけた自分も情け ないし、今度私はどうなるんだろうという不安もあり、
受験生という大事な時期にこんな自分が蒔いた種で苦しんで、最近さらに引きこもりがちになってしまいました。
この不安を消すにはどうしたら良いのでしょうか?

【拙回答】

「リフレッシュ」と「モチベーション」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

イライラしてしまって悪い言動をしてしまうこと、ありますよね・・拙生も、もちろん、ありましたし、今でも・・

なかなか悪い感情、煩悩をコントロールすることは難しいのですが、ある程度パターンが決まっているならば、事前にリフレッシュや休憩、気分転換などのための別行動をすることによって回避させることもできるではないかと存じます。

特に受験を控えられて、プレッシャーや不安、色々と我慢することもあり、ストレスがイライラに繋がっているのかもしれませんね・・

そして、少しやる気も失って、外に出ず引きこもってしまうと、更に鬱屈した感情を抱えてしまうことになりかねなくなってしまいます。

ちょっとリフレッシュしたいとなれば、友だちとカラオケに行ったり、ショッピングに出掛けたり、ただ散歩してみたりと工夫されると良いのではないだろうかと存じます。

拙生も受験生の時は、気分転換したいとなれば、友達とカラオケやゲームセンターに行って遊んだり、少し町中をぶらぶらと散策したり、公園でのんびりと本を 読んだりとしていたものであります。たまに、普段降りたことのない駅で降りてみて、商店街や路地裏を歩いたりして、どこか新鮮な感じにリフレッシュできた こともありました。

あとは、モチベーションの向上ですね。自分の将来、夢を思い描いたり、実際に受験する大学に行ってみてキャンパスライフの雰囲気を味わったり、将来なりた い仕事の現場に行ってみて、そこで活躍する自分をイメージしてみたりと、やる気をもって取り組むと、更に勉強も励めるのではないかと存じます。

とにかく今回の件は、既に反省されて、謝ってもおられますし、懺悔、慚愧の思いもお持ちであり、後悔はここまでとして、同じ失敗を繰り返さないように気を つけて、また、身体・健康にも気をつけて(風邪や花粉症は大敵です・・経験者談)、サクラサクへと向けて頑張って下さい。

また不安につきましては、これまでにも下記の各問いの拙回答でも扱わせて頂いておりますので、お時間のある時にでもご参照下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_321055.html

応援しております。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ