hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

比べることについて

問い「ボランティアの価値とはなんでしょう」

問い「ボランティアの価値とはなんでしょう」

【ご質問内容】

私は地方の大学に通っています。元々もっと自宅に近い大学に通い、東京の方へ出るつもりでした。しかし受験で失敗し、結果現在の大学に通っています。

地元から離れたこともあり、高校時代の友達関係も薄いです。仲いい人は仲いいですが、それ以外の人とはほぼ会いません。そこはまぁ気にしてませんが。

ただこないだ久しぶりに会った、都内の大学に通う友人Aに夏休みをどう過ごしているかについて聞かれました。

私は今大学での有志学生によるボランティア団体に所属しています。さらに授業の一環でもボランティアに参加したり、個人的に伺ったりもしています。 
夏休みはその活動と塾の講師のバイトでほぼいっぱいいっぱいでした。

そのことを伝えると、友人Aはよくボランティアなんかできるね、と言いました。利益も出ないものによく時間を費やせるね、との言い方でした。

悔しかったです。彼女の家庭は家よりも裕福なので自然とそういった考えになるのか、と思いましたが、何よりもそれに反論出来ない自分にも苛立ちました。

彼女は家庭が裕福で、夏休み中はバイトもせず、1か月間留学し、金持ち彼氏と都内で遊びほうけています。学生としては華やかだと思います。

ボランティアを行っていて得るものは大きいです。ボランティアの必要性も大変感じてますが、それをあの子に伝えるほどのことが出来ていません。

あの発言で自分のやっていることが否定されているような気がしました。 
私の価値観はおかしいのでしょうか。 
結局ああいう子が成功して、私は誰かのため、と言ってそのまま時が過ぎて行ってしまうのでしょうか。

きっと不安と嫉妬があります。 
自分の行いに自信を持てるような助言をいただけたら幸いです。 
お願いします。


【拙回答】

「ミスターボランティア」の反省

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生も二十代中頃から三十代中頃まで、福祉・NPO・NGO・まちづくり・市民活動と、いくつもの活動を無償ボランティアで掛け持ちして、「ミスターボランティア」と呼ばれるぐらいでした。

でも、やがて、時間・労力・お金と、正直、続かなくなりました・・気が付けば、プライベートと仕事と貯金に全く余裕がなくなってしまっていましたね・・

そして、一度全てを辞めました。

辞めて、しばらく振り返って、「ボランティア」について考えた時に、キーワードとなったのが、「志」と「ご縁」でした。

良い志、良いご縁・・これだけは、正直、お金で買えるようなものではありません。

もちろん、ボランティアの世界だけではなくて、世間一般の社会においても良い志、良いご縁もあるでしょうが、損得勘定、お金・利得・名誉・称賛やらと、打算の入ってしまっている場合、偽善の場合も多くあり、そういったものを抜きにして、純粋な気持ちで取り組む姿勢や志高く取り組む姿勢を学んだり、醸成できたりするのは、やはり、ボランティアの世界の良いところではないだろうかとは思います。

今では、このhasunohaもそうですが、仏教に関連しての利他活動を中心としていますが、とにかく、ボランティアをするにしても、バランスが大切になります。

「自利利他」の円満な成就を目指すのが仏教でもあり、自利だけでもダメ、利他だけでもダメ、双方をバランスよく進めていくことが必要になります。

利他(ボランティア)は、この支え合い、助け合い、分かち合い、補い合いの世界で生きていくためには、当然に大切なことです。でも、あまりに自分のことを犠牲にしてまで、偏り過ぎてはいけません。無理せず、あまり頑張り過ぎず、自利とのバランスを取って、取り組んで参りたいところとなります。

とにかく、ボランティアをしてたこと、していることは、必ずいずれどこかで役に立ちます。「情けは人の為ならず」です。

でもあまり無理せずに。もう少し余裕も持って取り組んで参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「他人を気にしすぎてしまいます」

問い「他人を気にしすぎてしまいます」

【ご質問内容】

よろしくお願いいたします。

私は、常に他人からの評価を気にしてしまいます。

いろいろなことにそれは反映されますが、たとえば趣味で描いているイラストです。 
自分ではとてもうまくできたと思っているし、実際以前に描いたものよりもずっと出来がいい、というものでも、思うような評価を貰えずに苦しむことが多々あります。自分と同等、もしくはそれ以下(であるように思ってしまいます)の作品が自分のものより評価されている、ということがさらに自分を苦しめます。 
自己評価と他者評価とのギャップに苦しんでいる、と言えばいいのでしょうか。 
しかし、絵を描くのは楽しく、やめたいとは思いません。

自分は自分、他人は他人、と思えればいいのでしょうが、そう理屈ではわかっていてもできません。 
たとえば、自分というものを否定され続けてきたならば、生きていくために、肯定されるために「他者」を取り入れるほかどうしたらよかったと言うのでしょうか。 
というのも、私は不美人ですが、小中の頃から勉強も運動も芸術も、そこそこにできたのです。しかし、勉強も運動もできて部活も強く、顔が可愛くて男女問わず人気者の女の子が幼馴染みとして長年隣にいた、という過去が私のこの人格形成に影響しているのではないか、と最近になって思うようにもなりました。

まとまらなくてすみません。 
毎日苦しいです。助けてください。


【拙回答】

心の目薬

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ハンドルネームに掛けまして・・心の目薬を差してみましょう。

私たちはモノ・コトを見る際には、どうしても自分を中心として判断してしまいます。それにより、偏見や差別、恣意性などが邪魔してしまうことで、モノ・コトのありのままが見えなくなっていることがございます。

ありのままのモノ・コトが見えない、くもって、ヨゴレてしまっている、その原因は、煩悩(嫉妬・怨み・怒り・貪り・慢など)にあるとして、そのくもり・ヨゴレを取るための薬が、仏教となります。

更に、そのくもり・ヨゴレの正体が何かと言えば、「無明」(根本的無知)に原因があるとして、その無明の対治に取り組むことも必要となります。

では、その「無明」とは何かとなれば、自分も他も、実体として存在しているのだという誤った見解へのとらわれということになります。

その誤った見解を治すために必要となる薬が、「空と縁起」の理解という仏教の智慧になります。

さて、ここまでは小難しいことになりましたが・・

まあ、とにかく比べてしまうことは、ある意味で仕方がありません。

なぜならば、自分というものが何であるのかということは、他と相対的に比較してでしか判断できないからです。

それは、更に言えば、他との関係性に依存して自分というものも成り立っていると言いえるものであり、また、私たちは、独りで存在できるものではなく、色々なモノ・コトに依存していかないと存在できないものということでございます。

そこで、他と比べること、他に依存することは当然として、それにより、自分の価値、立ち位置を正確に知り、それを活かして、自分という存在の長所と短所を見極めて、うまく人生を前へと進められるように、幸せになれるように、調えることが肝要になるのではないかと考える次第でございます。

この依存関係の世界では、互いに支え合い、助け合いが大切になります。足りない部分、短所は、他の支えや助けをもらったり、また、自分の長所を活かしてできることがあれば、他のための支えや助けになってあげたりできていけると良いのであります。

あまり他について、排除しようとか、無視しようとか、そう深刻に考えられず、他へのお互い様、お陰様という気持ちもお持ち頂ければ、有り難いことであるかと存じます。

川口英俊 合掌

問い「人はみんな平等ではない……。」

問い「人はみんな平等ではない……。」

【ご質問内容】

どんなに頑張っても報われない人っているんですよね……。 
全然よくならない人生が嫌になります。

周りを見れば幸せな人ばかりが目に付きます。

私だって幸せな生活が送りたいです。 
お金持ちでなくてもいい。 
毎日が穏やかに、家族みんなが仲良く、健康に暮らせるだけで幸せなのに。 
そんな幸せさえ、私には与えてくれない。 
色々な問題や辛いことばかりが押し寄せてきます。 
涙が止まらない、毎日がどうやってモチベーションを上げたらいいのか分からない……。

よく、「みんな平等。」と言いますが、私にはそうは思えなくなってしまいました。

【拙回答】

仏教における平等について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「隣の芝生は青い」ように見えるだけで、「幸せ」そうに見えてはいるものの、実際、まあほとんどの人たちは、何らか問題、悩み、迷い、憂いなどを抱えているのではないだろうかとは思います。

世間で、政治的に使われているような「平等」という言葉は、ある意味で不満を抑えさせて、納得させるためのプロパガンダ的なものであると思って下さい。

ちなみに仏教で言うところの「平等」と申しますと、少し難しいことになりますが、例えば、全てのモノ・コトというものは、必ず因縁(原因と条件)によって成り立っているという意味では、それで平等になります。つまり、何らかの因や縁など他に依存せずに成り立っているものは見当たらないということでございます。他に依存して成り立っているということを「縁起」(えんぎ)と言います。

また、全てのモノ・コトは、何らとして独立自存にて実体として成り立っているものがないという意味でも平等となります。「空」(くう)ということであります。

とにかく、因縁によって成り立っているということにおいては、皆、同じであって、その因縁次第において色々と変わっていくということでもあります。

それは、ドラミカ様も、より善い因縁を調えていくことができれば、善い結果も望めるものであるということでございます。

幸せは、昼間の星のようなものです。普段はあまり分からないのですが、問題や辛いこと、苦しいことがあった時(暗闇)においてこそ、やっと幸せ(星)も分かるものとなります。

穏やかで、家族が仲良く、健康に暮らせること、それがドラミカ様の幸せという星のようですね。

目指すべき幸せが分かったのであれば、そこへ向けてしっかりと善き因縁を調えていくことに取り組むことで、やがてその幸せへと至りたいところとなります。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「まわり羨ましくて仕方がない」

問い「まわり羨ましくて仕方がない」

【ご質問内容】

他人が羨ましくてなりません。 
都心のタワーマンションに住んでいる友人やフルタイムで働かずにすむ友人、専業主婦で幼い子供と一緒に過ごしている友人。

私は幼稚園で育ったため自分の子供も幼稚園入園までは一緒に過ごし幼稚園に行かせたかったのですが経済的に困難であり今月から保育園に預けて来週から私も仕事復帰です。

結婚してから夫の借金が発覚し現在夫は給料の全般が借金の返済に追われています。

結婚を期に引っ越しをし 私は通勤時間が2時間となりました。 
それでも生活のため必死で職場に通い家事も行い仕事、妊娠、出産、育児を行っていました。妊婦中マタニティーハラスメンントにもあいました。

先日夫に暴言を吐かれ何かがプツンと切れて今は夫と話す気力がなく意見したら夫も不快だろうと思い夫を回避する手段を選びました。

綺麗なマンションで暮らす人、パートで生計がなりたつ人、専業主婦の方が羨ましくてなりません。

自分が不幸だとは思いませんが先日の夫からの暴言で、急に他人が羨ましくなり時には泣いてしまいます。

こんなにも他人が羨ましくて仕方がない日々、どうすれば抜け出せるのでしょうか。

【拙回答】

「隣の芝生は青い」のには・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご主人様の借金問題、暴言・モラハラのこと、誠におつらいことでございます・・

妊娠、出産、育児とこれまでも本当に大変でしたね・・

とにかく、ご主人様との話し合いによって、場合によっては、親、第三者や専門家も介して、まずは借金問題の解決のメドと、職場復帰へ向けて、保育園の送迎や家事分担等についてなど、より良くにお互いに過ごしやすくしていく環境を調えていくことが、まず大切になるのではないかと存じます。

他の拙回答において、前にも述べさせて頂いておりますが、「隣の芝生は青い」とよく言われますが、何もそれは始めから青いものではありません。放ったらかしにしておくと、当然に茫々となり、醜いものになってしまいます。

仏教では、モノ・コトは、因縁(原因と条件)によって成り立っていると、ご説明申し上げます。

芝が青いのにも、青くするための因・縁(原因や条件)が必ずあることになります。

肥糧をあげたり、こまめに刈り込んだり、水を絶やさずあげたりと、よく手入れをしているからこその青さになります。

それだけの因・縁を調えてこその青さということは、表面上だけを見ていては、なかなか理解できないものとなります。

青いのには、必ずそれなりの努力や精進があるということです。

幸せになるためにも、良き因縁次第であり、しかるべくに因縁を調えてこそとなって参ります。

その良き因縁を調えていくことで、良き結果も次第に見えてくるのではないかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「コンプレックスを払いたいです」

問い「コンプレックスを払いたいです」

【ご質問内容】

初めまして。20代の女性です。

大学生の頃から摂食障害(拒食)を患っております。きっかけはダイエットです。

小学生の頃からぽっちゃり体型で、いじめを受けた影響からか、それがコンプレックスとなってダイエットにのめりこんでしまいました。

今は見た目では分かりませんが、痩せたいという思考を消すことが出来ません。食事を制限したり、職場で無意味に立って過ごしたり(消費したいと思ってしまうため)してしまいます。

摂食障害となったことで、親には大変な迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳なく思っています。

自業自得で年齢不相応な悩みとは分かっておりますが、それでもコンプレックスを払うことが出来ません。こんな自分が本当に情けなく恥ずかしいです。

治すのは自身の心がけとは思いますが、実践に結び付けられません。勝手ながら苦しいです。

相談が殺到しているとのこと、そのような中でこんな身勝手な相談を投稿してしまい、申し訳ありません。一言でもご回答下さいましたらありがたく存じます。

宜しくお願い申し上げます。

【拙回答】

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

依存的になってしまっているものの習慣化を、何とかするには、やはり、時間が掛かるのは仕方がなく、そう焦ることはありません。

先ほど車に乗っていましたら、禁煙のことをラジオで扱っておりまして、ニコチン依存症は三日も経てば抜けていくようですが、「習慣」となってしまっていることの方は、なかなか治すのが容易ではなく、最低でも三週間は掛かるということのようでした。

おそらく、痩せたいという思いが強くありすぎて、ダイエットをしていないと気がやすまらない、ダイエットをしないとストレスになるというぐらいにダイエットが習慣となり、依存的になってしまっていることが、摂食障害の要因になっているものであるかと存じます。

この習慣化を何とかするには、やはり長期的な計画が必要で、例え何度か挫折しても、少しずつ、習慣化が抜ける期間にまで延ばせていけるようにしていくのが良いのではないかと存じます。

計画的に行うには、記録も大切になります。期間や体重の目標を掲げて、チェックしていく、もちろん、挫折しても構わないので、また、都度に新しいチェック表を作って、チェックしていく。

そうすることで、目標やリズムが可視化されることにより、達成、成功を目指せるということにもなりますし、あるいは、自分の好きなこと、幸せと感じることのご褒美を用意するというのも効果的になるのではないだろうかと存じます。

あとは、劣等感やコンプレックスを少しでも無くして頂くためにも、下記の動画を少しご覧頂けましたらと存じます。


「あなたは、自分が思うよりも、ずっと美しい」

自分をあまりそう卑下なさられずに、貴女は、貴女自身をもう少し愛してあげて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「周りより劣っている自分が嫌です」

問い「周りより劣っている自分が嫌です」

【ご質問内容】

大学に入ってから、自分が周りより劣っているのではないかと悩んでいます。

大学では自らで問題を見つけ出し、考えていくことを求められることが多く、その中で自分の考える力のなさに度々落ち込んでしまうのです。

私の周りには、自分の考えをしっかりと持った発言力のある優秀な人がとても多く、月並みな発言しかできない自分の不甲斐なさが悔しくてたまりません。

いつも自分なりに精一杯で取り組んでいるのに、やっぱり周りよりもできなくて、そんなもどかしさが苦しくて、自分はもとから人より劣っているのではないかと思ってしまいます。もっと努力しなければと思えば思うほど、追い込まれて苦しいです。

人と比べることに意味がないことはわかっています。しかし、先生によって比較され、評価されることを考えると、周りのことを気にせずにはいられません。

こんな気持ちを乗り越え、前向きに努力し続けるにはどうすればよいでしょうか。

【拙回答】

比べるとは・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

比べてしまうことは、ある意味で仕方がありません。

なぜならば、自分というものが何であるのかということは、相対的に比較してでしか判断できないからです。

ここに一本のひもがあると想像して下さい。

何も比べるモノがなければ、それはただの一本のひもでしかありません。

長いも、短いも、太いも細いも、軽いも重たいもありません。

しかし、ただの一本のひもだったものに、他のひもを持ってくると、ただの一本のひもではなくなってしまいます。もう一本のひもと比べて、短いだとか、軽いだとか、細いだとか・・と言ったように評価、価値が生じてしまうことになるのであります。素材まで違うものをたくさん用意すれば、もうキリがないぐらいにあれやこれやと差異が生じることになっしまいます。

しかし、上記のように、差異こそが、それが、あるいは、自分が何ものであるのかを知るためには必要になるのであります。

この世が多様なモノ・コトの関係性で成り立っている以上は、その差異が生じるのは仕方がありません。

むしろ、そのように多様化して差異なるモノ・コトがあるからこそ、私たちも無数の関係性の中で、生かされて生きることができているのであります。

ですので、差異があることは当然となり、相対というものにおいて成り立っている以上は、周りを気にせずに生きられるというものでもないのであります。

つまり、何が言いたいのかと申しますと、周りと比べることは当然として、それにより、自分の価値、立ち位置を正確に知り、それを活かして、自分という存在の長所と短所を見極めて、うまく人生を前へと進められるように、幸せになれるように、調えることが肝要になるのではないかということであります。

足りない部分、短所を何らかで補ったり、また、他の支えや助けをもらったりと、それで、また、自分の長所を活かしてできることがあれば、他のための支えや助けになってあげたりできていければ良いのであります。

私たちは、完璧、完全というものでないため、互いに支え合い、助け合いが大切になるのであります。

あまり深刻に考えられず、お互い様、お陰様という気持ちをお持ち頂ければ有り難いのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「なんで産まれたかわからなくてつらい 」

問い「なんで産まれたかわからなくてつらい 」
http://hasunoha.jp/questions/1311

【ご質問内容】

高校1年ですよね母が離婚しシングルマザーで、家が貧しいため我慢することや挑戦したいことが出来ません。勉強する環境も良いとは言えません。僕は進学したいのですが、高校に行くにも奨学金を利用しないと行けないぐらいの環境です。友達との格差を感じる時があります。

不満を親に伝えると「だったら出ていけ」「うちでは無理だね」などと答えられてしまい、親の考えが理解できません。原因は母が貧しいためなのになぜ母はこんなにも無責任なのでしょう?

またそんな時決まって僕は生まれた意味がわからなくなります。こんなに辛い環境にいるくらいなら死んだ方が・・・と思うことも最近増えました。僕はなぜ生まれたのでしょう?教えてください。

【拙回答】

「自灯明、法灯明」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

なぜ生まれて、そしてここにいるのか、また、どうして生きるのはこんなに苦しくつらいのか・・

本当に疑問に思いますよね・・拙生もそうでございました。

正直、すぐに答えは出ないですし、そう簡単にも答えは出ないと思っておくのがまだ良いのではないかとも存じます。

また、答えは出たとしても、それが果たして真に正解かどうかというのも問題となります。

更には、そもそも正解があるのかどうかさえも疑わしいものでもありますし、その正解も何も一つではなく、それぞれにおいてあるとも言えるものでございます。

とにかく、「生まれたから生まれた」、「生きているから生きている」、もちろん、それには必ず因縁(原因と条件)があるというのは確かなことでございます。

突然、何も因縁なしにして、生じたり、滅したりするようなものは、この世にはあり得ません。この世における全てのモノ・コトというものは、複雑ながらにも無数の因縁果の流れによって成り立っています。

そして、その因縁の一つの流れを明らかにされましたのが、釈尊でございます。

その最も有名であるのが「無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死」の「十二縁起」となります。

迷い苦しみの流れ、連環を代表的に十二の項目にまとめられたものとなりますが、ただ、その項目はあくまでも大きな分類であり、本当はもっと複雑なもので、本来は、一人一人に応じて、その複雑な流れについてパズルを解くように解明して、そしてそれぞれに対して、迷い苦しみの解決へと向けた処方箋が必要となります。

そして、その問題を解決するのは、結局のところ最終的には自分次第となります。あくまでも他は他であって、他のことを考えたり、比べたりしても所詮は仕方がありませんし、あまり意味がありません。それに、まあ、他も他で、無明(根本的な無知)・煩悩により、大小少なからず同じように変わらず迷い苦しんでいるものであるとお考え下さいませ。

ただ、その問題の解決へと向けたヒントとなる教えが仏教にはいっぱいございます。それが前述のことと併せて、いわゆる釈尊の遺言としての「自灯明、法灯明」というものとなりますが、是非、これからも仏教に興味を持って、学びと修習を進めて頂けましたら有り難いことでございます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「自分の外見を受け入れるにはどうすればいいでしょうか」

問い「自分の外見を受け入れるにはどうすればいいでしょうか」
http://hasunoha.jp/questions/1041

【ご質問内容】

初めてご相談します。

私は、ありのままの自分を上手く受け入れられていないように感じていて悩んでいます。

例えば外見のことです。
自分の顔を鏡で見るたびに「醜いな」と思い、嫌になります。

自分と同年代の女性芸能人等と比較して落ち込んだりします。どうすればいいでしょうか。

回答お待ちしてます。

【拙回答】

他の助けを借りること(借りたら返すのもお忘れなく)

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

外見のコンプレックス、自己嫌悪、また、「ありのままの自分を受け入れられていない」ということをお伺いさせて頂きました。

そんなメイ様も下記のCM動画を一度ご覧になって下さい。

「ダヴ リアルビューティー スケッチ」
https://www.youtube.com/watch?x-yt-cl=84411374&v=E8-XKIY5gRo&x-yt-ts=1421828030

きっとメイ様は、メイ様ご自身が思っている以上に美しい、可愛らしいのではないかとは存じます。もっと自分の長所もまずは認めてあげて下さい。

次に、「ありのまま」と言えば、「アナ雪」でございます。

先日に初めて拝見し、当初抱いていた歌の内容だけのイメージとは異なり、どこかスッキリとしました。楽しい描写もあり、引き込まれ、アッと言う間に魅入ってしまいました。

さて、話を戻しますが、「ありのまま」の自分とは何でしょうか。傲慢、偏見、差別、自己満足・独り善がりなくに己のそのままのあり様のことですが、外見も内面も含めて、一度よくよく考えてみて下さい。

どうでしょう。他と比べてしまえば、あれやこれやと足りないこと、できないこと、劣ってしまっていることなどばかりが目についてしまうでしょうが、皆、実はそのようになってしまいます。当然のことです。何故ならば、私たちはできることよりも、できないことの方が圧倒的に多い存在だからであります。

そうです。「ありのまま」の自分とは、そのような存在であり、色々と制限のあるこの世界で生きていて、できることよりもできないことの方が当然に多いのであります。では、このような世界で過ごすためには、何が大切となるのか、それが、できないことよりも、できることをお互いに補い合って、助け合い、支え合い、分かち合って過ごしていかないといけないということであります。

話を戻しまして、例えば顔をより良くに変えたいとお思いであるならば、是非、メイク術や印象を変えるファッションコーディネートを長けている方から学んだり、エステ・ダイエットをして小顔を目指す、輪郭を調えるなど、幾らでも他の助けを借りれば良いのです。良い意味で芸能人のようにたくさんに盛るのも当然にありかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「前向きに生きる方法がわかりません。」

問い「前向きに生きる方法がわかりません。」
http://hasunoha.jp/questions/961

【ご質問内容】

私は自分の肌にコンプレックスがあります。そのせいで人と話すことは大好きなのに最近は学校に行くことも苦痛に感じています。
望んでこんな風に生まれたわけじゃないのに、なぜこれほどまでも悩まなきゃいけないのかという思いで胸が痛いです。
この悩みのせいで生きることがつらくてしょうがないです。
違うことに没頭すれば忘れられるかな、と考えてもすぐに‘‘どうして私だけ”と思ってしまいます。

どうしたらいいのでしょう。
どうしたら前向きに生きていけるのでしょうか。
教えてください。

【拙回答】

もっと自分の長所を認めてあげること

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度はコンプレックスでお悩みのことをお伺いさせて頂きました。

まあ、人間社会は比較・相対で物事を価値判断してしまう世界ですから、大抵、皆、何らかの劣等感や自己嫌悪を持って過ごしてしまっていくものでございます。

かくいう拙生も10代、20代の頃は色々なコンプレックスを持っておりました。

拙生の肌には病的ではないものの慢性脂質湿疹的なものがあり、顔にはそばかすもあります。顔のホクロもやや人よりも多い感じです。特に思春期においては鏡を見るのが嫌な時期がありました。

しかし、自分が思っている、気にしている程に、実は人はそんなに思っていないことがやがて分かりましたし、外面より内面の大切さに気付くことができて参りました。

さて、佑香様は、誰かにそのコンプレックスを直接に指摘されて嫌な思い、差別や偏見を受けたことがあるでしょうか?

もしもありましたら、そんな人間とは付き合わない、相手にしないことが一つ、更に理不尽なことや不条理、反道徳的なことがあれば、しかるべきに毅然と対応していくべきでしょう。

とにかく、まあ一度、下記のCM動画をご覧になって下さい。

「ダヴ リアルビューティー スケッチ」
https://www.youtube.com/watch?x-yt-cl=84411374&v=E8-XKIY5gRo&x-yt-ts=1421828030

きっと貴女様は、貴女様が思っている以上に美しい、可愛らしいのではないかとは思います。もっと自分の長所を認めてあげて下さい。

「前を向くこと」に関しましては、これまでにも下記の各問いにお答えさせて頂いております。
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_323826.html

問い「前向きに生きるには」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002970570.html

前を向くためのヒントになりましたら幸いでございます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「他人は他人、自分は自分と割り切ることができません」

問い「他人は他人、自分は自分と割り切ることができません」
http://hasunoha.jp/questions/770

【ご質問内容】

他人と自分を比べて卑屈になってしまいます。
特に最近では、他人の結婚や出産報告が嫌で仕方がありません。
彼氏すらできない私は、女としての幸せを得ることができない自分が本当にダメな人間なんだと思えてなりません。
他人の幸せを祝えない自分にも嫌気がさします。だからダメな人生なんだ、と。
他人の幸せは他人の幸せで、自分の幸せとは別だと、理屈ではわかっているつもりなのに、感情がコントロールできません。
どうしたらこの気持ちを楽にすることができるでしょうか。
毎日気持ちが重くて辛いです。

【拙回答】

どうして「隣の芝生は青い」のか?

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「隣の芝生は青い」とよく言われますが、何もそれは始めから青いものではありません。放ったらかしにしておくと、当然に茫々となり、醜いものとなってしまいます。青いのには、青くするための因・縁(原因や条件)が必ずあります。肥糧をあげたり、こまめに刈り込んだり、水を絶やさずあげたりと、よく手入れをしているからこその青さになります。それだけの因・縁を調えてこその青さということは表面上だけを見ていては、なかなか理解できないものでございます。

幸せになるためにも、もちろん、因縁次第であり、しかるべくに因縁を調えてこそとなります。是非、諦めずに、もっと前向きに、明るく、元気よくを心掛けることからでも、随分と変わっていくのではないかと存じております。そして、自分磨きや婚活もなさられていかれれば、必ずその良き因縁によりて、良き結果も見えてくるのではないかと存じます。

また、「比べること」につきましては、下記各問いにて扱わせて頂いております。
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_320135.html

同じようなお悩みと致しましては、下記の問いもございます。

問い「苦しい嫉妬や妬み、友人の結婚や妊娠、出産」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1004623411.html

問い「人の幸せが憎い、腹だだしい。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1008533224.html

また、上記問いとの重複もございますが、「幸せ」につきましては、これまでにも下記の各問いにて扱わせて頂いております。
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/幸せ

その中では、下記問いの拙回答が参考となるのではないかと存じます。

問い「自己嫌悪」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1008428126.html

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ