hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

出産について

問い「子供を産んでいいのかわかりません」

問い「子供を産んでいいのかわかりません」

【ご質問内容】

昨年、足の痛みで病院を受診したところ、『先天性臼蓋形成不全』と診断されました。

先天的に骨の形状に問題があり、股関節の被りが通常より浅い為、負荷がかかり痛みが出るとのことでした。

このまま負荷がかかり続けると、軟骨が潰れ歩行困難となり、人工関節への手術をしなければならない為、現在は温存治療としてリハビリへ通っています。

この疾患は治るものではなく、手術をしても必ずしも良くなるとは限らないので、上手く付き合って行くしかありません。 
悪化させない為には少しでも負荷をなくす必要があります。

しかし、結婚をして3年が経ち、そろそろ子供をと考えていました。 
ですが、この身体での妊娠・出産・子育ては悪化するリスクがかなりあると言われました。 
また、遺伝性はないものの、やはり親子なので骨格が似てしまい、子供も同じ疾患を発症する可能性もあると…。

疾患がわかってからたくさんしてきた辛い思いを、子供にもさせてしまう可能性があるかと思うと、子供を産んでいいものなのかわかりません。

主人も子供は欲しいようですが、私の身体に無理をさせるのも良くないので、今まで通り2人でもいいのではないかと言ってくれています。 
ですが、子供を欲しいと思ってくれているのに産まないと言う選択をするのも心苦しく、堂々巡りです。

先天性の疾患を抱えてしまう可能性があると分かっていながら、子供を産むことを選ぶのは正しいことなのでしょうか…。


【拙回答】

どう向き合っていくか

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

妊娠すると身体への負担も色々とありますから、確かに悪化してしまう可能性があるのでしょう・・

しかし、妊娠・出産期において、持病・疾患があっても、現在医療技術の発展においては、負担をカバー、軽減するための方策も既にあるかもしれません。

これまで色々なケースを経験されている専門の産婦人科にて、一度ご相談なされてみられても良いのではないだろうかと存じます。

「先天性の疾患を抱えてしまう可能性があると分かっていながら、子供を産むことを選ぶのは正しいことなのでしょうか…。」・・

ご心配であるのはもっともであるかと存じます。

しかし、実は、私たち人間は、それぞれ個々においても、必ず遺伝子多型・SNP(スニップ・一塩基多型)という変異を抱えているものであり、ある意味では、皆、先天性の遺伝的疾患を抱えていると言っても過言ではありません。

それでも、子どもを望み、妊娠したのであれば、胎児として無事に成長し、そして、産まれてきて、成長してくれることを信じて、夫婦仲睦まじくに、妊娠からどのようなことがあろうとも、互いに助け合い、支え合って、子どもと真摯に向き合っていくことが大切になるのではないだろうかと存じます。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうしたらいいのか分からなくなってしまいました」

問い「どうしたらいいのか分からなくなってしまいました」

【ご質問内容】

初めて質問させていただきます。

私はバツイチシングルマザーで、今年再婚する事になっていました。

熊本地震で家を失い、彼の一人暮らしの家に小学生の娘と私の母と3人でお世話になっていました。

お腹のなかには8ヶ月になる子もいます。

しかし、母と娘とずっと一緒に暮らしていたので2人が離れて寂しくなるのではないかとばかり考えて、彼の優しさに甘えて彼のストレスに気付いてあげる事が出来ず彼の気持ちを失ってしまいました。

なので明日から娘とお腹の子とまた車中泊になると思います。

母は兄弟に引き取ってもらおうと思っています。

もともと母以外の家族(父とは小学1年生の頃から疎遠、兄2人姉2人)とは仲が悪く近くに親戚もいないので頼るところもありません。

貯金もなくアパートも震災後なので探しても見つかりません。

あと2ヶ月で出産を迎えてしまうし、入院しても娘が一人になってしまうし、産後も車中泊、仕事も出来ないでしょうから生きていく方法が分かりません。

なので出産してしまう前に3人で心中しないといけないだろうなって所まで来ています。

自殺する事も、親の勝手で娘もお腹の子も死なせてしまうのは重い罪になるだろうと思っていますが他に選択がありません。

家族で心中してしまっても子供達だけでも魂は助けてもらえるのでしょうか?


【拙回答】

追記、支援情報のSNSでの呼びかけはすぐに中止しました。

赤ちゃんポストで有名な慈恵病院さんならば支援連携先もあるかもしれませんので、妊娠に関わることであれば、何でも相談に乗って頂けるようですので、一度、ご相談されてみて下さいませ。


・・

間もなく臨月となられる中での車中泊は、エコノミー症候群はもとより、この暑い中、熱中症等、母体、赤ちゃんにも大変に危険です。

それに、心中などとんでもない。

何か具体的な良い支援先がございましたら、また、追記にて書かせて頂きたいと存じます。

どうかはやまらずに、何卒にも宜しくお願い申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「小さな小さな息子の気持ち」

問い「小さな小さな息子の気持ち」

【ご質問内容】

私のお腹の中でちゃんと大きく育てられず、あまりにも小さい内に帝王切開で出産せざるをえず、それでもフニャー!と息子は産声を上げて産まれてきてくれました。 
保育器の中で、身動きもとれないまま手術にも耐え、43日間頑張り通した小さな息子はパタパタ飛んでいきました。 
私は息子と旦那さんや家族とただ一緒に生きたかったです。 
私は赤ちゃんをちゃんと出産できるか分からないリスクのある体質でした。それでも産もうとしたこと自体が私のワガママだったのではないか、私の赤ちゃんにあんなに頑張らせてしまった。本当にごめんなさい。という思いと、 
私はあなたに会いたかった。あなたは保育器の中でも目を開けて私を見つめてくれた。あなたを撫でたりあなたの力を感じることができた。あなたと一緒に43日間生きることができた。本当にありがとう。という思いもあります。 
あの子はどういう気持ちだったのか…ねえ、教えて、と毎日いつもあの子に聞いてしまいます。お母さんはただただあなたが大好きで四十九日を迎える今も現実をまだ認められない自分がもがき、あがいています。自分がただ辛いからだと分かってもいます。なぜか息子は待ってる、帰ってくると信じています。 
わけが分からなくなっています。息子は今どんな気持ちでいるのでしょうか。息子と私たちはこれから一緒に幸せになれるのでしょうか。あの子は帰ってきてくれると信じていいでしょうか…


【拙回答】

この度は、小さな息子様とのお別れ、誠におつらいことでございました。拙生にも流産の子の経験がございます故に、ご心痛の程、いかばかりであろうかと少しなりにもお察し申し上げます・・

「あの子は帰ってきてくれる」

拙妻もそのように思っていたようです。流産の少し前に、ぼんやりとながら、船に乗った子どもを港で手を振りながら「また会おうねー」、「バイバイー」と見送る夢をみたそうです。明るい情景で、きっと戻ってくるとその時に確信したようです。

次の子(今の長男)は、きっとその子だったと、今でもあの時を想い出したり、水子供養の折々に申しますし、私もそのように思っています。

とにかく、どうかまずはお身体のご快復にご留意なさられて、御供養にもお勤めを賜りまして、ご夫婦仲睦まじくに、お互いで支え合って、助け合って、困難を乗り越えていって頂けましたらと存じます。

お幸せを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「死ぬことばかり考えてしまいます」

問い「死ぬことばかり考えてしまいます」

【ご質問内容】

1週間前に2人目を出産しました。 
赤ちゃんは低体重だったので私だけ退院しました。

退院後、身体はまだ完全に治った状態じゃないにしろ上の子もいますし、旦那は自分のことも自分でしない人なので必然的に私がやります。 
まだ悪露もあり、骨盤が開いているせいか腰痛、子宮収縮のため腹痛も続き、母乳を出すために胸が張って痛み、ホルモンバランスのせいか精神的にも落ち込んでいるのが自分でわかります。 
それでも家事育児があるのでゆっくり休むこともできない。 
それは妊娠したときから覚悟の上だったので辛くても仕方がないと思っています。 
それでもやはり産後の今、しんどいし極力動かず休みたい。 
ですが旦那は、子どもの食事やお風呂などは一緒にいるだけで何かしてくれる訳でもなく私が全てやっています。 
オムツ替えなんて私がいれば一切しようともしません。 
それなのに私が横になって、子どもの事を少しほっておくと『ほんまにお前なんもせんな』とキレられます。 
これは産前からですが義母は、私のする家事育児が気に入らないようで、否定されてしまい何が正解で間違いなのか悩み考える毎日です。 
悪い人ではないし、お世話になっていて感謝しているので口論になり仲が悪くなるのも嫌でイラッとしても言いたいことが言えません。

そんな毎日が続きストレスも溜まり、今は産後ということもあって精神的に辛い状態です。 
産後の身体的にも精神的にも辛い今を周りには理解してほしい、特に旦那にはサポートしてほしいのに理解してもらえません。 
私の気持ちを話したとしても今までの旦那ならきっと怒ります。『じゃあ 産後どうやって育児していくつもりやったん?』『そんなんなら子ども見なくていい、出ていけ』と言われてしまうと思います。 
帰ってきて3日目にして既に旦那に2日キレられ『役立たず』『なにもせぇへん』など言われてしまい、退院してから泣いてばかりです。

赤ちゃんが生まれて幸せはずなのに、これからも正解か不正解かを悩み、自分の思い通りに家事育児ができない、ストレスに堪え続けなければならないと思うと憂鬱になり死ぬことを考えてしまいます。 
私が死ねば旦那は、私のありがたみが分かるだろうか。私の辛さを理解してくれるだろうか。と考えてしまいます。

自分が何をして欲しくて、何がしたいのかわからないです。 
私は死んだ方が楽になれるのでしょうか。

【拙回答】

産後鬱

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

産後の大変な時に・・理解のない旦那さん、義母さんとのことでのストレスも相まって・・産後鬱になりかけてしまわれているのかもしれません・・

とにかく、正直、もっとしっかり手伝ってあげてよ、と、旦那さんに面と向かって言いたいですね。

私も随分と怒られましたが、色々とお手伝いをあれこれとしたものです。今でもできる限りは・・汗)

言わないと分からないこともありますので、喧嘩腰とかではなくて、少し言い方を考えて伝えてみられても。手紙とかでも・・

また、産後は実家で過ごすこととかは無理だったのですかね・・

今からでも、赤ちゃんの退院後は、しばらく実家に帰られて、心の許せる身内の下で過ごされるのも。

もしくは、心療内科で診察をしてもらい、産後鬱病と診断されれば、当然に旦那さんも義母さんも無視はできなくなるかと思いますので、まだまだしんどい中であるかとは思いますが、出産された産婦人科も含めて、一度、電話からでも専門相談されてみて下さい。

このままではアヤカ様のこと、子どもさんのことも誠に心配です・・

川口英俊 合掌

問い「現在妊娠中です。」

問い「現在妊娠中です。」

【ご質問内容】

初めまして。私は現在妊娠中です。 
約2ヶ月後には出産を控えています。

そんな私ですが一昨年の10月末。 
中絶手術を受けました。 
その頃妊娠3ヶ月。初めての妊娠で相手は今の旦那です。(当時は彼氏)

最初は彼氏(旦那)に産もうと言われ、無知で馬鹿な私はその言葉を間に受け2人で産めるんだと思っていました。 
しかし現実はそう甘くなく中絶をしました。 
それからは後ろ向きな思いと前向きな思いが交差する様になりました。

そして、もうすぐ1年が経とうかという去年の9月末。2度目の妊娠が発覚しました。

今回の妊娠は前回の妊娠と違い、トントン拍子に話が進みました。 
そんな中私は元々決めていた、亡くなった子の供養に1年が経った2日後に相手(旦那)と私の両親でお寺に供養に行きました。 
水子供養のお札と安産祈願のお札を書き、お焚き上げをして貰い 
赤ちゃん用のお菓子、相手(旦那)が買ってきたお花、私の買った小さなブーケをお供えして手を合わせました。

その時に私は 
''身勝手なのは分かってるけど、どうかこの子を連れて行かないで'' 
と、あの子を殺したのにも関わらずそんな最低な事を思ってしまいました。

今回の妊娠が前回と違いスムーズに話が進み、妊娠も順調に進む中で罪悪感と幸福感を感じました。

''あの子の時はこんなにスムーズにいかなかったのに、'' 
''あの子を殺した癖にお腹の子を産もうとしてるなんて''

妊娠が進むに連れて段々と動いているのが分かる様になり更に幸せを感じる様になりました。 
ですが、それで良いのかとふとした瞬間に良く思います。

手術をしてから月末には必ずお花や、その月に見合った物をお供えしています。 
1月ならお年玉だと称して赤ちゃん用のおせんべい。3月なら桃の花。 
今は少し早いですが、小さな鯉のぼりを飾っています。

それくらいしか出来ない上にあの子を殺した最低でダメな母親が、約2ヶ月後にお腹の子を産み、本当に母親になって許されるのでしょうか。

水子霊はとても純粋なものだと聞きましたが、あの子は私を本当は恨んでいるのでしょうか?

どうしてあの子は私を選んでくれたのでしょうか? 
そしてお腹のこの子はどうして私を母に選んでくれたのでしょうか?

長くなりましたが、ご回答頂けると幸いです。

【拙回答】

その子はあの子です。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

優しいあの子は、きっとまた二人のところへと戻ってきてくれたのでしょう。

有り難し。

ご安産、お子様の健やかなご成長を祈念申し上げます。

どうかお二人、仲睦まじく、優しいお子に愛情を精一杯に注いであげて下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「触られるのが苦手だけど子供を産まないと」

問い「触られるのが苦手だけど子供を産まないと」

【ご質問内容】

私には数年付き合っている彼氏が居ます。彼氏は手を繋いだり髪に触ったりとにかく私に触れるのが好きなようなのですが、私はそういうのが苦手でキスもセックスも好みません。おかげさまでずっと処女です。 
そんな私ももう結婚や、親の事を考えると孫の顔も見せなければならないのかな、と考えるようになりました。彼氏の事は嫌いではなく、むしろ触られるのが苦手ということを聞きあまり触れないでいてくれます。 
しかし親を思い孫の話となると別です。セックスはしたくないし、年齢ばかりが大人になって子供の私には子供を産めると思いません。 
世の皆にはできることが私にはできなくて、悲しいやら悔しいやら考えがまとまらずどうすればいいのかもわかりません。 
私にも子供を産んで親を喜ばせてあげることができるのでしょうか。子孫を残す行為をしたくない私はどうしたらいいんでしょうか…。

悩みがわかりづらいかもしれず、だらだらとした内容ですみません。


【拙回答】

子どもは授かりもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

極端ではないようですが、感覚過敏にお悩みのご様子・・誠におつらいことでございます。

専門家ではないため、あまり無責任なことは言えませんが・・

一種の生理的なものであるかもしれず、無理に何とかしようとすればするほどに、ストレスや負担になってしまう可能性もあるため、感覚統合を扱う専門の医療機関・カウンセリングにて相談してみられるのが良いのかもしれません。もしかすると効果的な治療法があるかもしれませんし。

よく、産後にホルモンバランスが崩れてしまい、突然に何かの感覚過敏になってしまったといった例を聞くことがあります。もしかするとホルモンのバランスが、何かのヒントになるかもしれません。

とにかくあまり無理せず、焦らずに、しっかりと少しずつに、感覚過敏が治るように取り組まれることで、先のことはそれからでも構わないのではないかと存じます。

理解のある彼氏さんには、誠に有り難いことでございます。

お子様のことは、お二人の話し合いと理解、取り組み、助け合い、支え合いが、特に大切になるのではないかと存じます。

あまり、親のためとか、子孫を残さないととか、そんなことは、少し脇に置いて頂いて、お二人のお互いの気持ちをまずは大切にし、子どもは授かりもの、授かれる時に授かられると良いのではないかと存じます。授かる時が、その時ということです。

もじょ様のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。

問い「無事出産しました。」

問い「無事出産しました。」
http://hasunoha.jp/questions/2400

【ご質問内容】

妊娠中たくさん相談に載ってぐさりありがとうございました。本日無事に出産することが出来ました。 

性別は男の子です。

この場を借りてご報告をさせていただきます。

【拙回答】

「誕生日」

この度はお子様のご誕生、誠におめでとうございます。

お子様の健やかなるご成長を心から祈念申し上げます。

産まれてきてくれて、本当に有り難し。

「誕生日」 熊木杏里さん
作曲︰熊木杏里さん
作詞︰熊木杏里さん

誕生日のことは覚えていますか?
ろうそくのにおい 胸にためた
あなたのことをお祝いしましょう
あなたである今日と明日のために

生きてきたようで
生かされてる
そんな私であって
あなたである

おめでとう
今日まで辿りついたんだよ
つらいことの方がよくあるけれど
ありがとう
理由は何もないんだよ
あなたという人がいることでいいんだよ

もらったものを覚えていますか?
形ないものもありました
特別ではないものが特別になって
あなたを幸せにしたこともあったでしょう

何もできない
なんてことは
私にもないし
あなたにもない

おめでとう
奇跡があなたなんだよ
暗闇に灯ってる火のように
ありがとう
手のひら合わせられるのは
あなたがこうしてここにいるからなんだよ

おめでとう
今日まで辿りついたんだよ
思い出がまたひとつ増えました
ありがとう
理由は何もないんだよ
あなたという人がいることでいいんだよ

・・

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「出産は難しいと言われました。」

問い「出産は難しいと言われました。」
http://hasunoha.jp/questions/1048

【ご質問内容】

私は先天性心臓病です。
母子家庭で育った為、昔から絶対幸せな家庭を持ち子どもを産み家族を作るんだと夢見てきました。
そして、やっと結婚が決まりました。
しかし、前から知っていた現実、心臓病はもちろん、服用している薬が出産にはかなりのリスクがあると主治医から話をされ、成功しても母子どちらかに障害が生じるか成功はたった1/3と言われました。

親族からは、今はこんなに健康でいて、ここまで、辛い手術や治療に耐えてきたんだから、自分を危険にさらしてまで無理して産まなくて良いと言われました。

彼や彼の家族も無理して産む必要はないからね。と言われてます。
家族からしたら私自身が一番大切と言われる意味も分かります。
ただ、女として生まれて子供を授かりたいと思うのは普通のことだと思うんです。
特に私は、仕事も保育士で大好きな子供と過ごす為
よりいっそう子供が欲しい気持ちが強まります。

挑戦はしたい気持ちは変わりません、
でも私が死んだら意味がない。
子どもは諦めて、他の幸せを見つけるべきか?
でも子どもがいる人への嫉妬心は消えない気がします。
子どもを虐待するくらいなら、私に育てさせてよ。
って思います。

里親は?と言われますが、調べたところ、
健康でない以上は難しいとの事でした。

複雑な気持ちと毎日戦ってます。
何かある度に、健康な人への嫉妬も止まりません。

【拙回答】

善き結果のためには、善き因縁が大切となります。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご苦労なされて、色々な思いをお抱えの中、ここまで頑張られてこられたこと、誠にお察し申し上げます。

そして、この度はご結婚、誠におめでとうございます。そして、理解ある優しい周りの皆様にも誠に感謝でございますね。有り難いことでございます。

これまでにも「子どもに恵まれたい事」につきましては、下記の各問いに回答させて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_319589.html

上記における拙回答の一つの中で少し触れさせて頂いておりますが、野田聖子議員のお子様のことを扱わせて頂いております。批判も様々にあるでしょうが、本当に色々と考えさせられました。でも、それが女性として、子どもがほしいという大切な、切実な想いの一つの現れであるのだと存じました。

もちろん、あまり無責任なことを安易には言えませんが、可能性がある以上は、よりリスクの少ない方法を選択なされて、諦めずにトライされてみられても良いのではないかと存じます。とにかく医療技術、妊娠・出産医療も日進月歩、アメリカなどの先進医療現場における最新の方法であれば、低リスクでの妊娠出産も可能かもしれません。渡米せずともアメリカの最先端の医療技術を導入している病院が国内にあるかもしれませんので、情報収集なさられてみられてもどうかと存じております。

また、日本では正式に認められていませんが、どうしても子どもがほしいとなれば、体外受精・母胎提供を受けての代理母出産という方法もございます。

とにかく、この世では、何事も最初から完全、完璧に結果が決まっていることなどは何もなく、当然に色々とリスクは付き物です。ただ、善い因縁(原因・条件)の流れによって、善い結果が得られるというものとなります。

仏道もそうですが、善い結果へと向けて、できるだけ善い因縁を積む精進努力が必要であるということになります。

とにかく、お気持ちは十分に分かりますが、悪い煩悩の一つである「嫉妬」はまずいけません。嫉妬による行いは悪業となり、悪い因縁となりて、悪い結果をもたらしかねませんので、どうかお気を付けを賜りたくに存じております。

善処を心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「インスピレーションで子どもの名付けをしてはいけませんか」

問い「インスピレーションで子どもの名付けをしてはいけませんか」
http://hasunoha.jp/questions/660

【ご質問内容】

あと1ヶ月ほどで子どもが生まれます。
性別は男の子です。

わが子にどうしてもつけたい名前があります。
いわゆるキラキラネームや流行りの感じではなく、どちらかと言えば古風な名前です。
しかし、なぜその名前にしたいのか、どんな思いが込められているかを問われると、うまく答えられません。
その名前にしたいと思ったのは、全くのインスピレーションだからです。
ある日突然その名前が降ってきて、わが子をこの名前で呼びたい!と思いました。

もともと物事を決めるのに、そういう感覚的なものを大事にする方なので、今回もできれば変えたくありません。
夫も気に入り、賛成してくれています。
しかし、名前は一生背負うものなので、もっと真剣に、意味合いや画数を考えてつけたほうがいいのかとも思います。
一方で、子どもはどうせ親の思い通りになんかならないのだから、あまり色んな思いを背負わせすぎるのもな…とも思います。

その名前につけられている漢字の意味は、もちろん知っています。
決して人の名前としておかしなものではありません。
また、強いて言えば歴史上の人物と同じ名前なので、その方にあやかって立派に育って欲しいと言うことはできます。

わたしは、わたしの思いや感覚に捉われすぎでしょうか。
子どもの立場に立った名付けとは、どのようなものでしょうか。

【拙回答】

安産を祈念申し上げます

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

もう臨月となられて出産へと向けていよいよでございますね。。まだまだ暑い中ではございますが、どうかご安産を祈念申し上げます。

命名、名付け・・誠に難しいものでありますよね。。名前占い、画数、由来とあれこれと悩んでしまって苦しむよりかは、インスピレーションでスパっとお決めになられるのも誠に宜しいのではないかとは存じます。

但し、昔に子どもに「悪魔」という名付けで問題となりましたが、子どもの福祉を害する恐れがあるものであれば、考え直す必要もあるかもしれません。そうでなければ全く問題はないでしょう。

時にインスピレーション、ひらめきは誠に大切です。余談となりますが、仏教の世界でも思考や思念を超えた直感を重視する場合もございます。特に「空」に関する理解において、空性を直接知覚する現量了解が悟りへと向けての重要な要素になります。

もちろん、だからといって論理的思考、理知的思考を無視するというわけではなく、両側面からのバランスのとれた理解が大切となります。

とにかく、名前だけで何かが決まるわけではなく、要は、親御さんや子育てにおける周りの皆様による適切なサポート、支援によっての健やかなる成長、人格形成が何よりもお子様の将来において最も大切になるのではないかと存じております。

以下の問いの拙回答は「名前」繋がりにてのご参考までに。

問い「呼び名について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002970057.html

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「ラブストーリーは突然すぎて…」

問い「ラブストーリーは突然すぎて…」
http://hasunoha.jp/questions/541

【ご質問内容】

妻がいて、数か月後には子供も産まれます。
それなのに、他の女性に恋心を抱いてしまいました。
俗に言う、両想いです。

いけないと頭では理解しているのですが、どうしても気持ちに逆らえません。
どうしたら良いでしょうか???

もちろん妻のことも好きで、産まれてくる子供のことも嬉しく思っています。

【拙回答】

母子ともに健康にてのご安産を祈念申し上げます。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

奥様はそろそろ臨月ぐらいに差し掛かっておられるでしょうか。。妊婦健診に付き添われていますかね。胎動も激しくなってくる頃、どうか話し掛けや胎動遊びなども奥様とご一緒になさられて赤ちゃんとコミュニケーションを取られて下さいませ。

さて、既に多くの僧侶の皆様からお叱りのお言葉を頂けているようでございまして、誠に有り難い限りでございます。

一つの悪い行いでも、状況によっては、ただその一つの悪い行いに留まらずに、「嘘つきは泥棒の始まり」と言いますように、複合的な悪い行いを幾つも積んでいくことにもなりかねないため、誠に注意が必要となります。その悪い行いの集まりである悪業の報いがいずれ訪れるのが、早いか遅いか、今世か来世かに拘らずに後悔するほどのものになってしまうことも当然にあり得ます。

特に不倫・浮気の代償・報いの多くは、今世のうちにおいて訪れることも多いのではないかと存じます。

まだ引き返せる今のうちにしっかりと改心して、どうか一人の大人として、父親としての自覚と責任を持って、子育て生活に勤しんで頂けましたらと存じております。

「幸せは失ってみて初めて気づくもの」ということをよく聞きますが、実際に失ってからでは正直遅いのです。

どうか、後々に嫌というほどに後悔する前に、この度は踏みとどまって頂きたくに存じます。

もちろん、自らで苦難の道を選ぶのも、そして父になる様の自由ではあります。先にて大いに苦しむ覚悟をお持ちであるならば無理に止めることは致しません。ご勝手にとなるでしょうが、しかし、私たち僧侶の立場においては、悪因悪果、善因善果の因果の理に偽りのないことをよく承知しておりますので、やはり、強く諌めなければならないというものとなります。どうかよくよくにお考えになられますことを祈念申し上げます。

また下記各問いの拙回答の内容もご参照賜われましたらと存じます。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_339249.html
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/不邪淫戒

母子ともに健康にてのご安産を誠に祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ