hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

癖について

問い「勝手に想像して苦しくなってしまう」

問い「勝手に想像して苦しくなってしまう」

【ご質問内容】

こんにちは。よろしくお願いします。

私には悪癖があり、それは「他人の苦しみを勝手に想像して自分で苦しんでしまう」ということです。

感受性が強いと言えば聞こえはいいのですが、やっていることはほぼ自傷と変わらないと思います。SNSで流れてくる特定の人種への差別発言、過剰反応なデマを流す人間の言葉、セクシャルマイノリティ等への暴言など、そういったものに勝手に憤慨してしまうのです。

私が軽度の障がい者(目には見えないものです)なので尚更かもしれません。こういった考え方をやめられたらいいのですが、脳は勝手にその事を考えてしまい、なかなかやめることができません。あまりに疲れてしまい、死にたさでいっぱいになったこともあります。

そして先日、私の上司の差別発言を聞いてしまいました。その上司は私を気にかけ親切にしてくださり、とても尊敬していました。 
その尊敬していた相手からごく自然に出た差別発言に私はショックを受けました。私が軽度の障がい者だと知っていて雇用してくださった方なのでなおさらです。

そのことが本当にショックで、つらい気持ちでいっぱいです。私もいつか差別されるのか、あるいはもう既に陰でされているのか、そういった事被害者意識のような事を考えてしまいます。

どうしたらこういった考えを抑えられるでしょうか。ご教授お願い致します。

【拙回答】

「慈悲の瞑想」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「他人の苦しみを勝手に想像して自分で苦しんでしまう」・・

相手のことを自分のことのように憐れみ、慈しみの心で何とかしてあげたいというお心は、仏教における「慈悲」の想いと非常に近いところがあり、無理に抑えようとされるのでなくて、むしろ、その方の苦しみや迷い、あるいは色々な煩悩、無明(根本的な無知)が無くなりますようにとの「慈悲の瞑想」も並行されてみられるのはどうであろうかと存じております。

そして、「他人の苦しみを勝手に想像して自分で苦しんでしまう」ことにおいて、各々に対して「慈悲の瞑想」をされたならば、それでいったん自分の中での一つの自分で自分を苦しめてしまっている想像、想いの区切り、決着とされてみられることで、少しずつでもその想像の囚われから離れられるようになさられていかれると良いのではないだろうかと存じます。

「慈悲の瞑想」におきましては、日本テーラワーダ仏教協会さんの「慈悲の瞑想」や「慈経」が有名ですので、下記にご紹介させて頂いておきます。

「慈悲の冥想 Metta Bhavana」 

「慈経 Metta Suttam/※注意・パーリ語読み自動再生あり」 

一つの参考となされてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「性格は変えれますか?」

問い「性格は変えれますか?」
http://hasunoha.jp/questions/545

【ご質問内容】

私は管理職をしているのですが、自分の意見を言う事が苦手です。
そのせいか、自分が悪くなくても自分のせいになったり、自分が苦労する事が多いです。

自信がなさそうに見えたり、すぐ謝ってしまったり。変えていかないと自分自身が嫌になってきます。
何か良い方法や考え方はありますでしょうか?
宜しくお願いします。

【拙回答】

性格も空であり縁起なるもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

性格でお悩みにて少し自信を失われて、自己嫌悪にも陥られているご様子・・

まず、この世においては、実体として成立しているものは一切無い、いわゆる「空」ということになりますが、「空」と言えども何も無いという「無」ではありません。確かに、私もあなたも存在していますし、私もあなたにも性格、気質というものももちろんございます。

そして、そのありようというものは、様々な因果関係や依存関係、つまり、「縁」によりて「起」こっている「縁起」として成立しているものであると考えることとなります。

問い「恐怖心から最初の一歩が踏み出せません。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992579.html

『・・恐怖や不安というものは、実体としては無い、「空」なるものなのでございます。もちろん、実体として無いとは言えども、全く無い訳ではありません。また、そのような心が生じるのは、何もないところから生じることもありえません。必ず何かの原因や条件によりて生じていることであり、つまり、「縁起」なるものと考えることができます。そこで、その原因や条件をしっかりと捉えることで、その原因や条件を何とか改善させれば、きっとそのような心が起こることも何とか改善することができるはずであります。・・』

もちろん、性格も色々な原因や条件によって今の性格となっている次第ですが、今の性格となっている原因や条件をしっかりと調べて理解することにより、その原因や条件をより善くに変えることで、当然に性格もより善くに変えることができることになるはずではあります。

ただ、性格は先天的な遺伝的要素や脳神経回路の構造等による影響もあるため、遺伝子や脳神経回路を操作できない以上は難しいこともあるかとは存じます。

性格を変えたいとしても無理な面があるのも否めないですが、例えば、状況に応じて、前もっての対処ぐらいは可能なのではないかとは存じております。意見や考え方がうまく伝えられないとなれば、事前に文書・メール・メモとして表して提示しておくなど、誤解を避けるためにも主張すべきは前もってしておくというのも一つであるかとは存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「何も好きなことがない」

問い「何も好きなことがない」
http://hasunoha.jp/questions/301

【ご質問内容】

何も好きなことがありません。好きかもと思ってはじめても、やっぱりそんな好きじゃなかったと思ったり、他に興味が移ったり、真っ向向き合えた試しがありません。

色々と試し、浅い経験ばかりを増やして来ましたが、空しくなってきました。いま何か興味のあることが出てきても、同じことの繰り返しになりそうです。趣味も人間関係もある程度深まると嫌になって、自分からフェードアウトしてしまいます。こんな習慣を変えるにはどうしたらよいでしょうか。

【拙回答】

「縁」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「好き」、「嫌い」にも実体はありません。これも「縁」によりコロコロと変化していく相対的なものでしかありません。

そのため、昨日好きだったものが、今日は好きでなくなるなど状況、条件(縁)によって当然にあり得ることです。

好きな食べものでも、好きだ、好きだといつまでも食べ続けてしまえば、または、毎日毎日三食、そればかり食べ続けていれば、やがて見るのも嫌になるぐらいに嫌いになります。もちろん、これは明らかに御腹、体調を壊すので実際に試さなくても良いですよ(笑)

試すことは大切です。何でも試さないと実際に分かりません。頭で考えるよりかは試して判断することが重要です。二十代ですから、まだまだ融通の利く時期なだけに、できるだけのことを試して、その中で、「これだ」というものが見つかると大したものです。もちろん、見つからなくても、可能性は無限に広がっています。自分でその可能性をシャットアウトしてしまわずに、現実の中においても試せることは試してみることが肝要です。世の中には試したくても、色々な事情があり試せない境遇の方も多くいらっしゃいます。試せることは幸せなことです。

「同じことの繰り返し」・・仏教的には、この世におけることで「同じ瞬間」が続くことはあり得ないと考えます。ここで仏教の時間論を述べ始めると煩雑となりますが、この「今」というものを止めれない限り、この「今」を示すことはできません。「今」と言った瞬間には、もうその「今」は「今」で無くなってしまっています。「今」は示せないのであります。もちろん、過去や未来と相対的には一応「現在」と言えることはできますが、絶対的なものとしてはあり得ないものでございます。

実は、同じことを繰り返しているようで、同じことを繰り返せていることなどあり得ない現実にも気付くことが大切となります。日々、取り返しの付かない毎日を私たちは過ごしています。できる限り、日々、瞬間、瞬間を大切に過ごしていきたいものでございます。

とにかく「縁」によりて存在している自分の「今」のありようをお考え賜れる少しのきっかけとなりました幸いでございます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「逃げ癖を直したいです」

問い「逃げ癖を直したいです」
http://hasunoha.jp/questions/263

【ご質問内容】

切羽詰まると全て放り投げて逃げてしまう癖があります。
ある程度追い詰められるとエンジンがかかるタイプなのか、窮屈な生活が好きなのか、苦しい状況に自分を持っていきがちです。
逃げずに立ち向かえば大概は自分の思った通りに進んだり、思ったより簡単に事が済むのですが、8割方「もういやだ!」と放り投げて逃げてしまいます。
いやだ!と思わずに前に進めばいいのですが、その気持ちになるまでに多大なる時間を無駄にしています。
自分で招いた状況から逃げずに、いやだなと思わずに立ち向かえるようになるには、どうしたら良いのでしょうか?

【拙回答】

「逃げ」=「悪いこと」ではない

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「逃げ」については、良い逃げと悪い逃げがあり、責任放棄や背信的放棄はもちろん宜しくは無いのですが、一様に「逃げ」が全て悪いと考えてしまってはいけないかと存じます。

時に「逃げ」は本能的な危険回避行動の場合もあります。このことにつきましては、下記の論説が参考になるのではないかと存じます。

「逃げる」のは悪いこと?―ウツの人にもよく向けられる精神論
http://diamond.jp/articles/-/3889

無理に「逃げ」=「悪いこと」とはあまり思いすぎずに、時と場合、状況も考える必要があり、良い「逃げ」もあるのだと思って頂きたいと存じます。「三十六計逃げるに如かず」という故事もございますしね。

みみずく様が、もしか致しますと逃げたいとどこかで思ってしまうということは、本来の自分のやりたいことや自分にとっての楽しいこと、遣り甲斐があると思っていることではない可能性もあります。

もしもそうであれば、そこはあまり無理はせずに、転職や新たな取り組み、次の展開を図られることも必要になる場合があります。本当の心の声を聞いてみるチャンスかも知れませんしね。

例えば、本能的な危険回避行動としての「逃げ」を否定し続けて、やがて無理が祟って心の病になったり、自分を追い込んでどうしょうも無くなってしまってもいけないことであります。

上記のことを理解して頂いた上で、一応、下記のような参考となるまとめもございますので、ご覧になって下さいませ。

「逃げ癖はこうして克服できる」
http://matome.naver.jp/odai/2135064366930992401

丹下様のご回答の内容は、特に一番目の項目のことのわかりやすいご説明となってございます。

とにかく、まずは、「逃げ」=「悪いこと」とはあまり考えすぎずに、実際の自分と今一度向き合っての解決を目指されていかれましたらと存じます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ