hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

死後について

問い「生きるのが嫌になりました」

問い「生きるのが嫌になりました」

【ご質問内容】

もう4年ぐらい無職の状態ですし、生きる意味が分かりません。12月〇日で40歳になります。40年というきりの良い所で自分の最後に仕様と考えてます。 
こんな自分ですから、家族でも孤立してて話もほとんどしませんし、引きこもり状態です、ほぼ毎日死ぬ事ばかり考えてます。死ぬのは怖くありませんが、お坊さんにお聞きしたい事がありますが、人は死んだらどうなるのでしょうか?


【拙回答】

タメ(同い)です。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生も来月で40歳になります。タメです。

「40年というきりの良い所で自分の最後に仕様と考えてます。 」・・

それはダメです。

確かに、生きるということは、誠に皆、一様につらくしんどいことでございます。

もちろん、四苦八苦と申しますように、生きることだけではなく、老、病、死、そして、愛するモノ・コトとも別れなければならないという苦しみの「愛別離苦」(あいべつりく)、憎しみ怨むモノ・コトとも出会っていかなければならないという苦しみの「怨憎会苦」(おんぞうえく)、(実体的にモノ・コトを)求めても得られず満足できないという苦しみの「求不得苦」(ぐふとっく)、心身共の作用が盛んに働いていることによる苦しみの「五蘊盛苦」(ごおんじょうく)とございます。

これらの苦しみを滅するための教えをお釈迦様はお説きになられておられます。

「人は死んだらどうなるのでしょうか?」・・

死後の赴き・流れに影響を大きく与えるのは自分自身の行い、業・カルマとなります。

できる限り、より善き赴き、流れへと向けて、良い行いの因縁(原因と条件、動機と行動)を調えて参りたいものでございます。そのためのヒントも仏教にございます。

是非、仏教に興味を持って頂きまして、少しなりにも修習に努めていって頂けました有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「これから自殺するつもりの者です」

問い「これから自殺するつもりの者です」

【ご質問内容】

自殺した後の死後の世界のことが気になっています。また、お釈迦様は死んだ者の死に方、死にぎわを問わないとは本当でしょうか?仏教の法典?について色々と調べてみて、お釈迦様が自殺したら地獄に落ちると言っていないことや、自殺を否定していないこと、それら全ては人間の善悪の価値感であることがわかったのですが、サイトや書籍によって若干のバラツキがあったので本職であるお坊様にお聞きしました。じゃないと何か未練のようなものが残りそうで…

また、人間は死んだらどうしても輪廻転生をしなければならないのでしょうか?私は今まで生きてきて、もう生まれ変わるのはこりごりだ、無になるか世界をただ傍観するだけの存在になりたいと思いました。そういうものになる方法はあるのでしょうか?

あとこれは個人的なことなのですが、人間は肉体を離れて霊や魂だけになったら性別や年を超えて姿を変えられるのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。


【拙回答】

仏教で死後のことが語られるのは何のためであるのか

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

誠に自殺をお考えになられておられる切実なお悩み・・

仏教で死後のことが語られることがあれば、それはいったい何のためであるのか・・

それは、いずれにせよ、仏教の基本となる、悪いことをなさずに、善い行いに努め励みて、心を浄らかにするためであると考えております。

「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」でございます。

しっかりと仏法を修習し、悟りへと向かう資糧(智慧と福徳)を確実に積めるように、今生においても、できる限り怠ることなく努めて参りたいものでございます。

どうしても死後のことについて、もっとお知りになりたいと思われるのでしたら、下記を是非お読みになられて下さいませ。

「チベットの生と死の書」講談社/ソギャル・リンポチェ著/訳・大迫正弘氏・三浦順子氏

既に絶版のため、古書しかございませんが、お勧め申し上げたいと存じます。


もし、お読みになられて分からないことがございましたら、どんどん遠慮なくに、hasunohaへとまたご質問下さいませ。できる限りお答えさせて頂きます。お待ち申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「死後の世界」

問い「死後の世界」
http://hasunoha.jp/questions/11603
【ご質問内容】

人は死んだらどうなるのでしょうか? 
私の周りの一部の''人は死んだら無になる''と言います。でも私はどうしてもそうは思えません。たしかに死んだら形がなくなってしまいますが、魂は無くならないと思います。きっと見えない姿になって生き続けるのだと思います。そんなのはただの願望ですか?たしかに証拠がないので断定はできません。でももし死後の世界が存在するのなら死を目の前にする(私がそういう状況というわけではありませんが)人々にとってとても心強い支えとなるでしょう。まだまだずっと先のことだとわかっていますが、やはり死ぬのが怖いです。人間は死んだら自然の一部になるという考えが一番現実的だと思いますが、それは科学的なことです。今生きている自分の魂(心)はどこへ行ってしまうのか。死んだら全ての記憶や体験がなくなってしまうのか。もしそうならやはり「死」は人間にとってとてもとても怖いものだと思います。生きるということ自体が死によって無駄(リセット)されてしまう。形がなくても魂が永遠に生き続けるということは本当なのでしょうか??


【拙回答】

死後について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

死後については、拙生も昔は虚無的、悲観的に考えておりましたが、仏教を修習していく中で、存続していくありようについての確信を少しくにも得ることができてきております。

それは、微細なる意識として死後も存続していく心相続(心の連続体)に関するありようについてでございます。

私たちの存在は、「五蘊仮和合」(ごうんけわごう)なるものと申しまして、五蘊とは、それぞれ、色(物質・肉体)、受(感覚・感受作用)、想(表象・概念作用)、行(意思・意志作用)、識(意識・認識作用)が、色々な因縁(原因と条件)によって、それらの要素が互いに依存し合って集まり成り立っているものとなりますが、死後において、この肉体が滅び、今あるような身体的な機能・作用が停止したとしても、実は、肉体的な機能に左右されない微細なる意識としての心相続(心の連続体)が、更に色々な因縁(原因と条件)によって存続していくものであると考えることになります。

そして、その微細なる意識としての心相続、心の連続体においては、過去世、現世ももちろん含めて、全てのこれまでの数々の行いの業・カルマというものが、これから先へ向けても引き継がれていくことになります。

永遠永久に変わらない実体的な自分という何かがあるわけではありませんが、様々な因縁に依りて存続していくものはあり得ているというところとなります。

ですので、何もかもが消えて無くなるというわけではないと考えています。

ただ、その死後における心相続、心の連続体の赴きにおいては、様々な因縁と共に、実は、己自身の行い(業・カルマ)の影響が強く反映され、おおよそその行き先が 決まっていくことになります。

ですので、できる限り、この今、現在、そしてこれからも、善き業・カルマをしっかりと調えることで、より善い行き先へと向かえるように調えて参りたいものとなります。

できれば、仏道を歩み、悟り・涅槃へと向かうための善き業・カルマをしっかりと調えることで、この迷い苦しみの輪廻を解脱して、悟り・涅槃へと至ることを目指すことが、仏教においての要諦となって参ります。

できましたらこれを機会に、より一層、仏教に興味を持って頂きまして、是非、学びを進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「自殺した魂はどうなるのでしょうか」

問い「自殺した魂はどうなるのでしょうか」

【ご質問内容】

原因不明・完治が難しい多くの症状に悩まされ、鬱・パニック状態に陥るようになってしまいました。症状緩和のため、自分なりに努力していますが、時々発作的に死んでしまいたいと思う事があります。

実際に踏み切る勇気もないのですが、死後の世界は悪くないと聞く中、自殺者の魂はこの世での課題を放棄したペナルティが課されるという事も聞きかじりました。

これは自殺者からの真のメッセージなのか、或は自殺防止のための宗教的教えなのかと疑問に感じています。 
アドバイスよろしくお願いします。


【拙回答】

「因縁無くして結果無し」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

原因不明・完治が難しい多くの症状に悩まされていることで、自殺まで考えてしまうほどに追い込まれてしまわれているご様子・・誠におつらいことでございます・・

とにかく、必ずモノ・コトには、その結果へと至るための因縁(原因と条件)がございます。

何でもそうですが、「因縁無くして結果無し」でございます。

もう少しその症状の因縁について深掘りして調べて、因縁を明らかにすることで、何とか快復へと向けた治療のメドをつけて参りたいものでございます。

例えば、原因として考えられることとして、更年期障害によるホルモンバランスの変化やストレスによる副腎機能の低下によっての慢性疲労症候群や、免疫機能の低下による膠原病の発症などもございますが、そのあたりにつきましては、もう既にお調べになられていますでしょうか。

もしも、まだでございましたら、一度、「慢性疲労症候群 ○○県」で検索されて、扱いのある近くの専門病院で調べてみられてもどうであろうかと存じます。

少しアプローチを変えてみることで、今まで見えてこなかったところに光を当ててやると、もしかするとその因縁も見つかってくるかもしれません。

因縁が分かると共に、更に良くなるための治療も望めるとなれば、自殺など考えることもなくなり、少しずつでも前向きに過ごせていけるようになるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「無になりたいです。」

問い「無になりたいです。」

【ご質問内容】

転生などしたくありません。他者に苦痛を与え、自らもそれに悩む毎日です。 
仕事をすれば余計な仕事を増やしてしまいますし、会話も成り立たないので失敗や怒らせてばかりです。

記憶も断片的になりがちなので、せっかくの救いの言葉もちゃんと心に残せないのではと不安です。

私の目指す先は命も意識も感覚も一切ない、無です。快楽など本当に必要ありません。 
私が恐れるのは、死後も意識があるのではということです。死後のことがよく語られるのなら意識があるのでしょうね。

私が死後、どのような裁きが下りるかはわかりませんが、転生したくないです。本当を言えば抹消させてほしいのです。 
そのような願いは邪でしょうか。


【拙回答】

意識について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

無になられたいとのお気持ち・・誠に分かる気が致します。

実は拙生も、虚無主義・悲観主義から「無帰論」・「中間ニヒリズム」という論を立てたこともあり、しかも、まだネット上にも残っております。

「無帰論」 

いまでこそ、間違った論であると認識していますが、当時は当時でそれなりに真剣だったのでしょう。

死後の意識につきましては、非常に微細な意識であり、生きている間の粗い意識とは異なり、生きている間に認識することは、よほどの瞑想修行を行った者でない限り、難しいことになります。もちろん、たまに臨死体験等でおぼろげながらにでも認識できることはあるようですが。

とにかく、死後も連続して続いていく微細な意識の赴きを、より良いものへと調えていくために、仏教では、智慧の開発や福徳の修習、善業の集積を勧めることになります。

また、全てのモノ・コトは、因縁(原因と条件)があって成り立っています。

今の意識も、死後の意識も、必ず、その前の因縁によって続いてきている意識が無いと成り立たないものであります。つまり、産まれてくる際の意識というものも、何も因縁が無いのに突然に生起して生じるものではなく、産まれてくる前における意識が無ければならないことになります。そして、また死後においても肉体・物質に左右されない意識というものが、次の存在へと向けた意識の質料因となっていくのであります。

とにかく、より良い赴きへと向けた善根(三宝帰依、菩提心、仏縁、善業など)を意識に植えつけて、しっかりと育み、微細な意識にも働きかけて、良き変容を得ていくことで、より良い次生へと繋げて参りたいものでございます。

是非、少しなりにもこれを機会に仏教にご興味を持って頂きまして、学びと実践を進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「死後について」

問い「死後について」

【ご質問内容】

人は死んだ後、その人生において大切であった人達に再会できるのでしょうか。

数年前に祖父を亡くしました。 
身近な人の死は初めてで、すぐには現実味がなく何も感じず、今更になって悲しいです。

うちは浄土真宗らしいので、仏様になっている筈なんですが…。 
後からいった人は会えるのでしょうか。 
仏様になる、というのがいまいちピンときません。

また、宗派が違うと(例えばキリスト教など)、別々の世界?に行ってしまい会えなくなるのでしょうか。。 
実際はどうあれ、意見を聞いてみたいです。


【拙回答】

死後について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

死後に関しましては、現在の仏教各派においても色々と解釈がございますが、お釈迦様におかれましては、議論してもあまり意味のないことであるとして、さほど重視はなさられずに、それよりも現実、今の迷い苦しみにどう対処していくべきであるのかの方が大切であるとして、様々に善き教えをお説きになられておられました。

もちろん、死後についてのことが、今の迷い苦しみへの対処となり、より良い生き方へと直接に繋がるのであれば、それを方便的に扱うことも否定はなさられないのではないだろうかとは存じます。

さて、浄土真宗さんでは、極楽往生にて倶会一処という考え方があり、また共に極楽にてお会いできると言われております。

ただ、往生してもすぐに成仏というわけではないのではないかとは存じます。阿弥陀様のもとにて、しっかりと成仏へ向けての何らかの成仏の因縁(原因と条件)となる修行は、必ず必要になるのではないかと考えます。

次に、宗派によっての浄土について、確かに色々と説かれてはいますが、では、それぞれ赴く先が違うのかと言われると・・うーん、違うのでもないし、かと言って同じでもないとして、一応、「不一不異」とだけ、苦しいところですが、今はお答えさせて頂いておきたいと存じます。

まあ、世間世俗の考え方、認識においては、なかなかそのあたりのところの理解が及びきれないものもあるのだとして、どうか今のところはお許し下さいませ。

とにかく、しっかりとまず、この現実においては、浄土へと赴くための因縁を、仏教を学び実践する中で調えて参りたいものとなります。

是非、これを機会に更に仏教を学ばれて頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「寝る前に毎回死ぬことを考えてしまいます」

問い「寝る前に毎回死ぬことを考えてしまいます」

【ご質問内容】

ご閲覧ありがとうございます。 
数年前くらいから、寝る前に毎回死ぬことを考えてしまい、自分の存在が消えて無くなるのに怖くなります。日中考えることもあるのですが、夜ほど怖くなりません。

家族に相談したらそんなもんだよ、と言われて、その時はそんなものかと捉えるのですが、夜寝る前に死ぬことをまじまじと想像すると、怖くなります。

死ぬことを考えるのは生きる意味や人生を考える上で大切だという考え方には賛同しますが、死ぬのは怖いです。まあ、そのおかげで今は一生しかない人生を自分のやりたいように、生きていけているのですが…。

どうしたら死を受け入れられますか?ちなみに、私は職業や性格柄、今まで自分の世界に没頭し続けて来たせいか、宗教に無頓着です。最近は宗教に興味が出てき、宗教の教えを知ることで死ぬことを克服できるのかな…とも思いますが、どうでしょうか…。

ご回答よろしくお願いいたします。

【拙回答】

死後へ向けて、今なすべきことは・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「死」への恐怖・不安についてのお悩み・・

クリスピー様は、死んでしまうと、自分の存在が消えて無くなるとして、「虚無」・「絶無」であるとして悲観されておられるところがあるのではないかと存じます。

私たちの存在は、「五蘊仮和合」(ごうんけわごう)なるものと申しまして、五蘊とは、それぞれ、色(物質・肉体)、受(感覚・感受作用)、想(表象・概念作用)、行(意思・意志作用)、識(意識・認識作用)が、色々な因縁(原因と条件)によって、それらの要素が互いに依存し合って集まり成り立っているものとなりますが、死後において、この肉体が滅び、今あるような身体的な機能・作用が停止したとしても、実は、肉体的な機能に左右されない微細なる意識としての心相続(心の連続体)が、更に色々な因縁によって存続していくものであると仏教では考えることになります。

そして、その微細なる意識としての心相続、心の連続体において、過去世、現世ももちろん含めて、全てのこれまでの数々の行いの業・カルマというものが、これから先へ向けても引き継がれていくことになります。

ですので、何もかもが消えて無くなるというわけではありません。

但し、その死後における心相続、心の連続体の赴きにおいては、己自身の行い(業・カルマ)によって、おおよそその行き先が決まっていくことになります。

ですので、できる限り、この今、現在、そしてこれからも、善き業・カルマをしっかりと調えることで、より善い行き先へと向かえるように調えて参りたいものでございます。

できれば、仏道を歩み、悟り・涅槃へと向かうための善き業・カルマをしっかりと調えることで、この迷い苦しみの輪廻を解脱して、悟り・涅槃へと至ることを目指すことが、仏教において大切となります。

できましたらこれを機会に、仏教に興味を持って頂きまして、是非、学びを進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「死ぬと楽になれますか?」

問い「死ぬと楽になれますか?」

【ご質問内容】

小~高校と自ら招いた種で周りから疎まれ、苦しい学生生活を送り

大人になった今趣味はパチンコに溺れ、親戚や弟にお金を借り、使ってはいけないと思いつつ今日も行って結果使うとまずいお金まで使用してしまい、 
キャッシングこそしてませんが来月はかなりジリ貧状態です(笑)

少し前まではそのうち恋愛したり、家族に孝行できるのではないかと思ってましたが、今はもうそんな考えもでず、ギャンブルで自らを苦しめ、そのストレスから過去に楽しかったことなんてなかったし、この調子で行くと、永遠にないんじゃないかなんて思い始め、最近は自殺のニュースがあると可哀想というより 「いいな~楽になれて」なんて考えるようになりました。

色々長く書きましたが、結論から申し上げますとさっさと死んでこのつまらない現実から退場したいと考えております^^

人生楽もあれば苦もあるなんて言葉がありますが、今のところ自ら苦に足を突っ込んでいる部分もありますし、夢もなければ希望もありません。

どうやったら死ぬ勇気がでるのか教えて頂ければありがたいと思います。 
よろしくお願いいたします。次はもう少しまともな人間に生まれ変われたらいいなと微かながら願います。

長文誠に失礼いたしました

【拙回答】

再び人間として生まれ変わるためには・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちの存在は、「五蘊仮和合」(ごうんけわごう)なるものと申しまして、五蘊とは、それぞれ、色(物質・肉体)、受(感覚・感受作用)、想(表象・概念作用)、行(意思・意志作用)、識(意識・認識作用)で、色々な因縁(原因と条件)によって、それらの要素が互いに依存し合って集まり成り立っているものとなりますが、死後、この肉体が滅び、今あるような身体的な機能・作用が停止したとしても、微細なる意識としての心相続(心の連続体)が、更に色々な因縁によって存続していくものであると考えられています。

その死後における心相続の赴きにおいて、最も影響する因縁の一番は、やはりその者自身の行い(業・カルマ)というものとなります。その行いの集まりに応じて、どのような赴きとなっていくのかが、おおよそ決まって参ります。

「もう少しまともな人間に生まれ変われたらいいな」・・

もう一度、人として生まれ変われるためにも、やはりそれなりの善い因縁が必要となります。

もっと良いのは、人間界も含めて、この迷い苦しむ輪廻の世界ではなくて、仏国土、浄土など、仏様のお教えを賜れて、悟りへと向けて修行に励めれる世界へと赴くことです。そのためにも、もちろんしかるべき善き因縁が必要となります。

とにかく、今のままでは人間に生まれ変わることは・・うーん・・難しいかも・・

しかし、これも誠に良い機会です。

是非、今から仏教にもっと関心を持って頂きまして、是非、修習を進めていって頂けましたらと思います。

良い因縁を積むためのヒントも多くございますので。

川口英俊 合掌

問い「死後について」

問い「死後について」

【ご質問内容】

私はまだ20歳の女子なのですがこの歳でもう死後の事を考えています

気にしたらキリがないのに 
死後の世界が怖くて死にたくもありません。

その上虫や飲酒をするだけで 
地獄行きという事も知り余計に怖くて仕方ないです。

どうすればこのような考えにならないかアドバイスが切実に欲しいです

両親にそのことを話したら考えすぎと言われました。 
確かに神経質過ぎたなとは思っています 
ですが怖くて仕方ないのです どうにか考えなくなるようにしたいです お願いします

【拙回答】

より良い死後へと向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

死後についての色々なご心配、もっともなことでございます。

しかし、あまり極端にあれこれと偏って考え過ぎてしまってもいけません。

仏教では「中道」と申しますが、極端にとらわれてしまうことを避けるのを大切に致します。

虫を傷つけただけで、あるいは、飲酒しただけで、「地獄行き」という単純なものではなく、善いことと、悪いこと、そのどちらでもないこと、色々な複雑な因縁(原因と条件)が絡むことによって、死後の赴きというものも、おおよそ決まってくることになるかとは存じます。

また、例え悪いことをしてしまっても、慚愧(ざんき)、懺悔、反省、謝罪、償い、仏道修行、善行、功徳などを通じて、リカバリーしていくことも、もちろんできます。

まあ、難しいことは置いておいて、生かされて生きていくことのできている自分のありようをしっかりと理解し、お互い様の感謝の心、親切なる心で、この助け合い、支え合い、分かち合いの世界を過ごしていくことが大切となります。

生かしてくれることとなる食する命にもありがとうと感謝の「頂きます」を。そして、何かにてご恩返しになることもできていければという感じにて。。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「葬式をあげてほしくない」

問い「葬式をあげてほしくない」

【ご質問内容】

死後の事についてご相談があります。

私は宗教という考え方やそれに基づいた慣習、イベント自体は好きですが、私自身が何かの宗教に属することは避けたいと思っています。

私の知る上では各々の宗教の考え方と私自身の観念が合うことが少ないからです。

ただし、宗教のパロディである空飛ぶスパゲッティ・モンスター教には共感いたしておりますので、自称するときはパスタファリアンを名乗っています。

そこで、私が死んだ後、葬式をあげてほしくないと思っています。 
特に仏教式の葬式です。

なぜなら、戒名をいただいた時点で、仏教徒になってしまい、仏教という枠に囚われてしまうからです。 
悟りも輪廻も御免被りたいです。

衛生的な観点からは火葬自体はしても構わないのですが、法律が許しませんが、できればその後はゴミ箱にでも捨ててもらって処分してもらいたいと思っています。

家族にそのことを話すと、死んだら終わりだから死後の事など心配するなと言われるのですが、そうではなく、私がそのくくりにとらわれてしまうことを決定づけられることが不服なのです。

死後の世界云々は信じておりませんが、生きているうちはそのことが囚われであり、心配であります。

ただ、信じずとも無いことの証明は極めて難しい以上、ある可能性は0ではないというのが論理であり、公理です。 
(論理、公理とは数学上の意味です。)

ですから、その0ではない可能性で、仏教の枠に入ることで、悟れなければ輪廻を繰り返してしまうという観念に囚われてしまっているのです。

ただし、重ねて申し上げますが、悟り自体は御免被ります。 
渇愛は人間の人間たる、また、人間の動物たる所以と思います。

私は人間らしさを捨てたくはありません。 
仏教に従事していらっしゃるお坊さま方には相容れない考え方かも知れませんが、これが私の中の公理です。

さて、これは私の考え方を変える努力をして見たほうが良いのでしょうか? 
それとも、家族を説得するようにしてみたほうが良いのでしょうか?

相談する相手を間違っているような気もしますが、意見を伺えるかもしれない機会を捨てることはないと思い、ご相談差し上げます。

よろしくお願いします。

【拙回答】

悪魔の証明という悪魔

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」・・始めて知りました。

「アーメン」と祈る代わりに「ラーメン」と唱えるのですね・・

三度の飯よりラーメン大好きの丹下さん、出前です、いや、出番です。。(あ、でも飯やん・・)

創造主の問題や決定論・宿命論の問題、インテリジェント・デザイン説の問題・・と凝り固まった思想信条をほぐす上で、色々とどこか考えさせられるところがございますよね・・

「スパゲッティ・モンスター神が存在しないという明確な証拠さえ提示されるのであれば、スパゲッティ・モンスター神が存在しないという事さえ否定しない」・・悪魔の証明を持ってくるとは・・

「教祖や教団にお布施をする代わりに、そのお金は「貧困をなくす」、「病気を治す」、「平和に生きて、燃えるように愛して、電話の通話料を下げる」のに使う。」・・

「電話の通話料を下げる」という意味が分かりませんが、意味を問うこと自体に意味はないのでしょうね・・きっと・・

とにかく、貴女様が「悪魔の証明」を持ち出されてしまう以上は、詭弁を説く小悪魔となりかねず、それ以上、議論も話し合う余地もなくなってしまいかねません・・

拙生が、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」のことをざっとながら少し勉強してみましたように、仏教のことを一通り勉強されて、もっと正確にご理解を賜れましたらとは存じます。

仏教では、仏教という枠の中でしか通用しないような真理を扱っているわけでは決してありません。

例えば「空」や「縁起」という全てのモノ・コトに共通している真理も扱います。

そして仏教では、決して、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」を全面否定するわけではありません。

その者の迷い苦しみを真に解きほぐしていくために役立つものであるならば、方便として、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の教えであっても便宜的に利用させて頂くものとなり得ます。

いわゆる「対機説法」、「応病与薬」ということになります。

但し、最終的には、仏教における悟り・涅槃へといざなうことにはなりますが・・

制限字数の関係上、ここまでにて。是非、もっと色々とご質問を頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ