問い「仏教では同性愛についてどう考えるのでしょうか。」
http://hasunoha.jp/questions/401

【ご質問内容】

こんにちは。私は、今とても好きな人がいるのですが
その人は同性の女性です。
海外ではキリスト教や他の宗教を理由にして同性愛者を排除しようとする人がいたりしますが、仏教が比較的浸透している日本ではあまりそんなことは聞いた事がありません。
仏教では同性愛についてはどのような考え方をするのでしょうか。よろしければ是非教えて下さい。

【拙回答】

仏教と同性愛について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

仏教と同性愛について・・

難しい問題でありますが、丹下様と同様に拙私見として以下に少しだけ述べさせて頂こうかと存じております。

基本的に、僧侶・出家者で無い者においては、「不邪淫戒」として、淫らで邪な愛欲に支配されてしまっているのではなく、特に相手や他の人への迷惑にならないのであれば、同性愛であっても問題は無いのではないかとは存じます。

淫らで邪な愛欲とは、簡単な例としては、ストーカー的な歪な愛執、色々と日常生活や仕事に支障をきたしたり、他人への迷惑となるような程に性行為に依存してしまうこと、他の人と不倫的な関係を持ってしまうことなどとなりますでしょうかね・・

健全で良好な愛情(想い合い、思い遣り、親切心)を持ち合う関係であれば、異性でも同性でも構わないのではないかとは考えております。

大切となるのは、異性でも同性でも、お互いの支え合い、助け合い、分かち合いのバランス関係を保てるかどうかではないかと存じております。

次に僧侶・出家者についてですが、本来的な意義として、仏道成就のためには、煩悩、執着に繋がるような愛欲は当然に避けることが望ましいこととなります。現在日本では、明治政府による戒律緩和政策がなされて以来、僧侶の妻帯が認められていますが、それ以前では、「女犯」(にょぼん)として、女性と交わることはもちろん、妻帯も当然に堅く禁じられていました。但し、本当に厳しく取り締まりがあったのは奈良時代と江戸時代で、それ以外では形骸化していた時代も多くあり、また、余談ながら、取り締まりの厳しい時代では、「衆道」という男色(男性同性愛)が流行した時期もあったようです・・

話を戻して、戒律の厳格な宗派では、今でも女性との交わりは禁じられていますし、本来的意義からしますと同性との常軌を逸脱した愛欲・性欲による交わりも禁じられているかとは存じます。

もちろん、妻帯したからといって仏道を歩めないわけではありませんが、妻子帯しない方が仏道をよりスピードを上げて進めやすいということはあるのではないかとは存じます。既に妻子帯してしまっている愚鈍なる拙生としましては、このことを十分に理解した上にて、しっかりと菩提心を保ちて、智慧と福徳の二資糧、善根を積んで参りたいと考えております。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16