hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

学校について

問い「生きているのがしんどいです」

問い「生きているのがしんどいです」

【ご質問内容】

私はこの前病院に行っていくつかの検査をしてきました。 
大きな病気とかではなく、胸の痛みと胃の痛みと頭痛がありその原因がなんであるか、何も大きい病気はないことを確認するためでした。

結果として何も見つかることはなく、担当の先生が言ったことは受験などのストレスからくる鬱だろうと言われました。

私は自分が鬱だとは思わなかったのでとても驚きました。 
受験に対してもそこまでストレスを感じているというわけではなかったので、そこにも驚きました。

この体調不良が精神的なものからくるのであれば、私の何がいけなかったんだろうか。と思いました。 
自分の過去の言動が全てダメだったんではないか。この程度のストレスに負けるなんて弱い自分が悪いのではないかとも思いました。

病院に行く前、めったに泣かない私が、教室で泣いてしまいました。泣くというより勝手に涙が出てきたんです。 
初めてのことで、とてもびっくりしました。

頭痛はもう5年間、ほぼ毎日あります。 
私は今、大学に行くために勉強しています。大学に行って資格を取ってなりたい職業があるからです。

でも、この頭痛を抱えて仕事ができるのか。と考えるようになりました。

社会に出れば保健室で休むということはできません。心配されたとしても最初くらいでしょう。痛みはなかなか他人には理解してもらえません。 
たかが頭痛、で片付けられてしまいます。

仕事をするために勉強を頑張っているのに、仕事ができるかわからない。 
じゃあ、私は今なんのために頑張っているんだろう。と考えるようにもなりました。

病院で鬱だと言われた時、他に言い方がなかったから、そう言ったんだとわかっていてもショックでした。

ストレスなんてないよと親に言っておきながら、本当は自分が漠然とした何かに苦しんでいることに気づいていました。

でも、親にも友達にも彼氏にも本当の気持ちなんて言えません。平気だと嘘をついて、気持ちを偽って、そんな自分がますます嫌いになっていきます。

たまに、本当に死んで消えてしまいたいとすら思います。自分が何に苦しんでいるのかすらわからない。本当のことは誰にも言えない。人前でも泣けない。 
みんなの記憶から自分の存在が消えれば迷惑をかけることもないのにと思います。

私はこんなドロドロとした真っ黒な気持ちをどうしたらいいですか?


【拙回答】

身体的原因を更に探る

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

原因不明であっても、身体的な症状が出ている以上は、必ずその症状の身体的な機能における因縁(原因と条件)があるはずです。

例えば、起立性調節障害、膠原病なども考えられます。または、ホルモンバランスの変化・崩れによっての副腎疲労・慢性疲労症候群の予備的な症状といったことも考えられます。

一概に、「鬱」だとして済まされてしまって、本当の原因が見過ごされ続けてしまっては、取り返しのつかないこともございます。

もう少し身体的なことにおける原因を探るということをお考え頂きまして、上記も参考に調べて頂く余地があるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「もう生きているのが辛いです」

問い「もう生きているのが辛いです」

【ご質問内容】

もうどうしたらいいのかわかりません。 
私は親元を離れ、4年間大学に通い、心理学を学びました。 
もっと心理学を勉強してカウンセラーなどの仕事に就きたいと思い、大学院を目指したのですが、結果は不合格でした。 
自分の勉強不足が原因だったのは自覚していたので、親に「院浪人になるけど秋試験まで頑張らせてください」とお願いし、ダメだった場合すぐに就職するという条件で今年の試験を受けることになりました。 
実家に戻って勉強していると、姉や近くに住んでる親戚から「もう諦めて就職したら?」と言われた事もあったのですが、母だけは唯一「頑張って!」と言ってくれました。

しかしこの間、リビングで勉強していた私に母親から「どうせまたダメでしょ?笑」と言われました。 
そんなこと言われると思っていなかったので、ショックと混乱で何も言えませんでした。

この言葉を言われてからもう涙が止まりません。 
応援してくれてたんじゃないの? 
この半年間、どうせダメだろっていう目で見てたの? 
どうしてどうして…という考えや感情がぐるぐる頭の中でまわっています。

あの一言は私にとって、ものすごくショックで、涙が止まらず、勉強も思うように進まなくなってしまいました。もう消えてしまいたい、死んでしまいたいと思うほどです。 
あの一瞬で自分がどう頑張ったら良いのかわからくなりました。 
どうしたら良いのでしょうか 
毎日朝が来る事が辛くて仕方がありません。 
寝るときにいつもこのまま目が覚めなければ良いのにと思います。 
生きているのがつらいです。


【拙回答】

「バイアス」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心理学を学ばれている方には、「釈迦に説法」かもしれませんが、「バイアス」により、冷静な判断、正しい判断ができない心理状況にある可能性がございます。確か、認知バイアスとか確証バイアスとか、色々とありましたでしょうかね。

何気ない一言を、あまりに重大事として必要以上に捉えすぎてしまっているのかもしれません。

とにかく、院試を受けられることには変わりないのですから、まずは、しっかりと合格できるように、やれることをできるだけやる、ダメだったら、それはその時、次は、就職へと向けて切り替えるということで、、

また、就職したとしても、先ではまだ意欲があれば、社会人入試とかもありますし、関連の職種について、実務経験を積むつもりでも構わないのではないかと存じます。

あまり極端な偏見に陥ることは、仏教でも「中道を歩みなさい」として、諫めることになります。

いい加減とは少し違いますが、「なんとかなるさ」ぐらいで、今は目の前のやるべきこと、やれることに取り組むことが大切です。

もちろん、合格を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「存在しなかったことにしたい」

問い「存在しなかったことにしたい」

【ご質問内容】

私は、浪人生ですが予備校にも行かず、家でダラダラとした生活を送っています。

親は、特には何も言ってきませんが、このままでは負担にしかならないので、生きていない方が良いのではと思う事があります。また、自分は存在しない方が良かったのでは?と考えることもあります。自分が存在しなければ、親への負担は少なかったのかなとか色々考え、自殺したいと思いました。でも自殺は死んだ後迷惑になると考えると自殺することも出来ません。

このままではいけないのは分かっていますが、どうすれば良いのが分かりません。助けてください。


【拙回答】

種まき

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

とにかく、親としては、子どもが幸せになってくれることが、一番の親孝行になるのではないだろうかと存じます。

幸せのカタチはもちろん色々ですが、「自殺したい」とまで思われている今のはな様は、やはり、幸せとは言えないのは確かでしょう・・

とにかく、これからの将来へと向けて、やりたいこと、やってみたいこと、夢や希望について、今一度しっかりと自分の気持ちを確かめることも大切になるのではないだろうかと存じます。

幸せへと向けて頑張っている元気な姿を親御さんに見せてあげられれば、親御さんもご安心して頂けることになるでしょう。

何事もそうですが、とにかく種まきをしていかないといけません。まず種まきが必要です。

少しずつでもできることから一つ一つ始めていってみましょう。

川口英俊 合掌

問い「過去を捨てたいです。」

問い「過去を捨てたいです。」

【ご質問内容】

私は、小中高といじめられました。 
内容は様々です。

今年の春、念願だった専門学生になれました。 
やっと自分の頑張りが認められ、これからだ。 と思っていました。

ですが、様々なトラウマのフラッシュバック。 
誰も居ない教室にさえ入れない日もしばしば... 
とにかく悔しくて、辛くて。

また、学校へ行けなかった期間が小中高とあったため、専門学校での勉強に支障が出てきました。

最近では単位も落としてしまい、父親にも見放されました。 
もう本当に夢も失い、自分が一体何のために生きていたのかが分からないし、朝の目覚めが苦痛でたまりません。

何か、助言等して頂けたらと思い登録しました。 
何卒よろしくお願い致します


【拙回答】

負の過去への対処について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

既に過ぎ去った過去の出来事を想起しているのは、どこまでも今の瞬間における自分。現にあるのは、今の瞬間瞬間の自分だけなのですが、あたかも過去の自分があるとして囚われを起こしてしまって、過去様のように、そこに縛られて苦しんでしまうことがあります。

でも、過去に縛られて苦しんでいるという自分がいるというのは、実は妄想でしかなく、今の自分が過去の出来事に与えてしまっている「価値・評価・意味・理由」というものが、その苦しみの正体となります。

今の自分の現実が、あたかもその過去のせいであるかのような負の「価値・評価・意味・理由」を与えてしまっていることによる苦しみであるとご理解下さい。

つまり、今の自分の現実を好転させていければ、その過去の出来事の「価値・評価・意味・理由」も、負から正となることだって、当然にあり得るということであります。

よく成功者が言うように、「あのつらい、苦しみの過去があったからこそ、今の自分があるのだ」と、努力にて自分のありようを好転させれば、そう思えるようにだってなれるのです。

繰り返しになりますが、過去の出来事は既に無いのですが、問題は、その過去の出来事への自分自身による「価値・評価・意味・理由」付けに問題があるということです。

少し上記の事と共に、「今の自分が、自分というもの。少しずつでも頑張って努力して現実をより良いものとしていければ、きっと大丈夫。過去への悪い囚われからも必ず解放される。過去の出来事の価値・評価は自分次第で、きっと変えられる。」そう意識し、信じて、目の前のやるべきこと、なすべきことに集中していけるようにされてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「将来について」

問い「将来について」

【ご質問内容】

今、大学を休学している者です。 
これからのことについて悩んでいます。 
是非、助言を頂ければ、と思います。

休学したのは、今年の4月からです。 
理由としては、精神的に学校に行くのが大変になったからです。元々、精神的に弱い部分があり高校にも休みながらなんとか行き、卒業することができました。しかし、入院をしたりとかはしていません。病院で薬を貰っている程度です。元々、心理学を学びたかったのですが 
事情があり、法律学部の学校に入学してしまいました。1年生の時は、頑張って行っていたのですが、2年になって、「だめだ」と思い、自分のわがままですが、休学させてもらうことにしました。2年になるくらいか、1年の最後らへんにやっぱり心理学を学びたい、その中でも精神保健福祉士になりたい。という思いがでてくるようになりました。しまいに学校に行けなくなってしまいました。

半年間、休学する予定ですが、もう復学届けの書類が届きました。その間に、復学するか、他の学校にするかもしくは就職と考えてきました。 
精神保健福祉士になりたいという気持ちがあり、そういう学校に行きたいのですが、親は今の大学に行ってほしいそうです。正直、私にとって、全く学びたくない分野です。といっても、結局は自分で選んだ道なのですが…。 
それを昨日、話し合ったのですが、そんなのはわがままだ、みんな第一志望じゃない学校でも我慢して、学校に行ってる。今の学校をでてから学んでもおかしくない、など色々言われました。確かにそのとおりではあると思うのですが、私は全く今の学校に行く気がありません…。なので、他の学校に行ってはいけないというなら、就職と考えています。今の学校に行くのなら、就職したほうが良いと私は思います。本当に精神保健福祉士になりたいのならば、お金を貯めて、大学やら専門にいっても良いと思っています。

親が言う事は、正しいのかもしれませんが… 
自分を殺して今の学校に行かなきゃならないのか?と親に聞いたところ、みんな自分を殺して行っていると言われました。 
あんたがいうのは理想論だと、世の中はそんなに甘くないと言われました。 
私はどうするべきなんでしょうか?今の学校に無理にでも行ったほうが良いでしょうか?


【拙回答】

リーガルマインド

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生も一応は法律学科を出ています。

法律は全ての社会活動の領域に関わることですので、学んでおいてまあ損はないと思います。いわゆるリーガルマインドというものです。

精神保健福祉士においても、社会福祉法や精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、精神保健福祉士法などの下で業務ができるようになっていますし、社会福祉法人や施設、各福祉制度等の運営においても、法律の下で成り立っているものとなります。

いずれにしても、精神保健福祉に関することだけではなく、法律も知っている方が、より就職も有利となるのではないだろうかも存じます。特に福祉関係においては、補助金や助成金が運営の要諦にもなりますから、法律・制度に基づいての行政とのやり取りも大切となりますので、尚更、リーガルマインドを持った職員は貴重な存在にもなるのではないだろうかとも存じます。

福祉系大学卒でない場合は、一年の一般養成施設での学びが受験資格のようですね。夜間コースもあるようですから、在学中からダブルスクールで頑張れば、卒業と共に受験できるかもしれません。


リーガルマインドは資格試験でも少しは役に立つのではないかとも思います。

あと、拙生の大学時代の利点を思い出しますと、図書館の利用がありました。あの雰囲気が好きでしたね。

図書館に行くために大学に行っていた時期も。色々ととらわれずに好きなことも学べますし。折角ですので、復学されましたら、是非、図書館もフルに活用されて下さい。結構、新たな発見や自分探し、知見の広がりにも役立ちますよ。

川口英俊 合掌

問い「子育ての苦しみ」

問い「子育ての苦しみ」

【ご質問内容】

高2の次男が二週間前気胸の手術をしました。その前から、学校の環境を嫌って、遅刻早退を繰り返し、不登校気味でした。先日高校の先生から、連絡があり、このままでは、出席日数がギリギリで、留年もあり得ると言われました。主人は、留年してでも今の高校を卒業すべきと言いますが、私は次男が嫌いなところへ毎日苦しみながら、行くことが耐えられません。何か私自身が救いのある、考え方、元気の出るお言葉はないでしょうか?よろしくお願いします。


【拙回答】

将来の夢や目標について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

高校生の息子さんのことでお悩みのご様子・・

ご本人が嫌でつらいのに無理に通わせ続けることは、やはり心配ですよね・・

留年、卒業も気になるのはもちろんですが、何よりも本人が、将来、何をしたいのか、夢や目標は何か、ということで、今一度、今後のことをお考えになられることも必要であるかとは存じます。

今の学校で、前向きに通えるようであれば、通えるように応援するに越したことはありませんが、どうしても無理となれば、通信制・定時制、フリースクール、または、退学して卒業できなくても大検に合格して大学へと向かうなど、将来の先へと向けて、まだまだ一考の余地のある選択肢は色々とあるかとも存じます。

とにかく、何事においても、まず、一体何がしたいのか、何になりたいのか、動機・モチベーションが大切となります。是非、この機会に次男さんの高校の先におけることについても少し考えを聞かれて、お考えを頂けましたらと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「自殺しようか悩んでます・・・」

問い「自殺しようか悩んでます・・・」

【ご質問内容】

初めまして。 
私は進学校に通っている高3です 
いろいろなことがあり、とてもつらく死にたいです。 
いま、自殺しようかしまいか迷っています。 
というのも、自殺をすると魂が汚れ、天国へも地獄へも行けず、永遠と無間地獄を彷徨うと書いてあったからです。 
あまり死後の世界などは気にしない性分なのですが、いざとなると不安に駆られます。 
そこで質問です。自殺をするとその後どうなるのですか? 
ただ身が朽ち果て土に返るだけなのでしょうか?


【拙回答】

自殺について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちの存在は、「五蘊仮和合」(ごうんけわごう)なるものと申しまして、五蘊とは、それぞれ、色(物質・肉体)、受(感覚・感受作用)、想(表象・概念作用)、行(意思・意志作用)、識(意識・認識作用)で、色々な因縁(原因と条件)によって、それらの要素が互いに依存し合って集まり成り立っているものとなりますが、死後、この肉体が滅び、今あるような身体的な機能・作用が停止したとしても、五蘊にあまり左右されない微細なる意識(上記の識は粗いレベルの意識)としての心相続(心の連続体)が、更に色々な因縁によって死後も存続していくものであると考えられています。

ですので、少し難しいことですが、何もかもが無になり無くなるという断滅論でもなければ、かといって、永久永遠にこれが「私」であるとして言えるような実体としての自分というものがあるわけでもなく、常住論とも違うものとなり、ただ、因縁によって存続していくものがあると考えることになります。

その死後における心相続の赴きにおいて、最も影響する因縁の一番は、やはりその者自身の行い(業・カルマ)というものとなります。その行いの集まりの因縁に応じて、どのような赴きとなっていくのかが、おおよそ決まっていくことになるとお考え頂けましたらと存じます。

自殺にも、良い因縁となる自殺もあれば、悪い因縁となる自殺、あるいは中性の因縁となる自殺もあり得るため、一概に「自殺をすると魂が汚れ、天国へも地獄へも行けず、永遠と無間地獄を彷徨う」とは言えるものではありませんが、確実に言えるのは、悪い煩悩、無明(根本的な無知)を動機とする自殺は、全くお勧めできないということでございます。

もちろん、動機が善であるのか、悪であるのかは、更に個別事での仏法と照らし合わせての慎重な検討も必要となります。とにかく、どちらか真なる確信が得られないのであれば、辞めておくべきであると強く思います。

川口英俊 合掌

問い「つらい」

問い「つらい」

【ご質問内容】

僕は今大学一回生です 
ここでこんなこと相談するのはおかしいかもしれないんですがお坊さんから何か言葉をいただきたくて相談させていただきました 
僕はとても低身長さらにちょっと体臭がきつめです 
僕は今運動系のサークルに入っていますがこれが原因で特に女性に嫌われたりバカにされたりします 
ほとんど喋ったこともないのに嫌われるのはつらいです 
今日もサークルの活動に行ってきたのですが聞こえるように言ったのかはわかりませんが指差しながら くさい と2、3人で固まって言ってるのが聞こえました さらに うちよりもちっさいやん!笑 という内容も聞こえました 
自分でもずっとこのことは気にしていて特に匂いはこまめに汗拭いたりシートで拭いたりしています 
なんかつらいというよりも腹が立ちました 
僕には彼女や女友達は作ることができないのでしょうか? 
長文で申し訳ありませんがこたえていただけると嬉しいです


【拙回答】

PATM

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

体臭にてお悩みのご様子・・誠におつらいことでございます。

しかし、原因不明だから、体質だからと諦める必要はありません。体臭も治療やデトックスによっては軽減させることが十分に可能であると存じます。

既にご存知かもしれませんが、最近になって少し注目されているのが、体臭アレルギー「PATM」( People are Allergic To Me)でございます。

「PATM」で検索して頂くと多く情報が出てくるかと思います。

もちろん、周りにアレルギー反応まで起こさせるというほどではないのでしょうが、この「PATM」における検査、治療法については、ある程度、適応できるではないだろうかと存じます。

「PATM 検査」、「PATM 治療」などで検索、情報収集されてみて下さいませ。

とにかく、仏教では、必ずモノ・コトには、その結果へと至らしめるための因縁(原因と条件)があると考えます。何も原因や条件も無いのに結果が生じることは有り得ません。

体臭もそうです。しっかりと因縁を明らめることによって、適切に対処できれば、必ず良くなるかと存じます。

諦めずに取り組んでみられて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「将来の夢」

問い「将来の夢」

【ご質問内容】

私は将来演技をしたいと思い、親の許可を得て、演技が学べる学校(習い事のような学校です)へ行かせてもらえることになりました。

親に頑張っておいでと応援され、そのおかげで無事に入所試験を合格し、通うことになったのですが、明日までに送らなければならない書類に親にサインをして欲しいと頼んだところ、やっぱりやめておきなさいと言われ、かなりのショックを受けています。

今は高3で、確かに受験と重なる年なのですが、そこも了承して試験を受けさせてくれたのに、急に裏切られたような、否定されたような、人生で初めての親の急な裏切り(?)に戸惑いを隠せず、部屋でずっと泣いています。

受験と並行は難しいからやめておきなさいと、私のためを想って言ってくれるのはわかるのですが、どうしても立ち直れないというか、応援され支えてもらっていたぶん、悲しみが大きいです。

高校を卒業し、希望の大学などに通いながらでも、努力があれば遅くはないのかもしれません。 
しかし、送られてきた合格通知は無駄になるのかなと考えると暗い気持ちになるばかりです。

正直なところ、この先の進路について話すのが怖くなってしまいそうです。 
悲しくて優しい親の顔が見ることができません。

母はごめんね、今は無理でも受験が終わってからなら応援するからと言ってくれたのに、いつまでもウジウジ泣いている自分に嫌気がさします。


【拙回答】

日大藝術学部

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

そんなライさんにオススメの大学があります。

日大藝術学部 

ダブルスクールとかになると、やはりそれなりにお金もいります…

日大藝術学部ならば、やりたいことが大学でダイレクトにできるのではないだろうかとは思います。

実際にはもちろん難しいかもしれませんが、一つの進路候補としてお考え下さいませ。

他にも演劇が学べる大学の参照・・ 

スクリーンや舞台で拝見できる日を楽しみにしています。

川口英俊 合掌

問い「学校に行けません。疲れました。」

問い「学校に行けません。疲れました。」

【ご質問内容】

生きているだけで疲れてしまいます。 
私は小学5年生のときに親に「生きるって疲れるね」と言ったそうです。

弱さを克服出来ぬまま約10年経ち、不登校気味になっています。もうすぐ出席日数が足りず退学になってしまいます。何故かはわかりませんが、学校に対して不安を強く感じ、お腹が痛くなってしまいます。不安障害だと心療内科では診断されました。

体は至って健康なはずなのに、すぐに心身ともに疲れてしまいます。

死にたいとは思いませんが、もう疲れました。 
どうしたら明るくなれ、学校に行くことができるのでしょうか。そもそも私は学校に行かなければならないのでしょうか。しかし働く方が大変だとも言われ、どうしたらいいかわかりません。

【拙回答】

もしかすると慢性疲労症候群や起立性調節障害かもしれません。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「生きているだけで疲れてしまいます。」・ 「体は至って健康なはずなのに、すぐに心身ともに疲れてしまいます。」・・

もしか致しますと、表面上、形式的な検査では調べてみれば健康に問題がない場合であっても、慢性疲労症候群や起立性調節障害、あるいは膠原病である可能性がございます。

心のご不安も、それらの身体的な原因が引き起こしてしまっている場合も考えられます。

星大晃様もおっしゃられておられますように、もっと「からだの声をきいて」みられるということで、拙生も心療内科とは別に、セカンドオピニオン的に、慢性疲労症候群や起立性調節障害を疑ってみられて扱いのある医療機関を受診されてみられてはどうであろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ