hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

ニュース・プレスリリース

「現役僧侶による悩み相談サイト 現在も1万件以上回答待ち」

週刊ポストにhasunohaの紹介記事が載ったみたいでして、ネットの方にアップされているのを読んでみますと、なんと、拙回答の問答が紹介されていました。お恥ずかしい限りであります・・そして、釈徹宗先生からのコメント、誠に有り難しでございます。

「現役僧侶による悩み相談サイト 現在も1万件以上回答待ち」(NEWSポストセブン)
https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-461715/

 新聞、雑誌、ネット掲示板……様々なメディアに「お悩み相談」は溢れているが、中でもいま多くの話題を集めている相談サイトが「hasunoha(ハスノハ)」だ。その人気の秘密は現役の僧侶たちが「有り難い」教えを説いてくれることだった──。

 20数年勤めた会社が倒産。再就職するもリストラ続きで、ついには自殺まで頭をよぎるという51歳(男性)からの相談に答えたのは、臨済宗岩瀧山往生院六萬寺の川口英俊副住職だった。

 川口副住職は、〈これまでのご苦労、ご辛苦を癒される機会が与えられたと考えることもできる〉と、優しく語りかける。

 また、この機会にボランティアや社会奉仕に携わり違う視点を持つこともいいと続ける。

〈善い結果を生み出すための善い原因(ご縁)を少しずつでも積み重ねていくことが大切になる(中略)。善いご縁へ向けて、どのように動かれるかどうか次第で、これからが大きく変わっていく〉

 これはお悩み相談サイト「hasunoha」の一部抜擢である。現役の僧侶が「生きる智慧」をアドバイスすることで人気だ。回答するのは宗派問わず200人で、これまでに2万3000件以上の悩みに答えてきた。

 1日の相談は40件までに制限されているため、現在も1万件以上の回答待ちがあるという。1月30万ビューの閲覧があるというからすごい。

 寄せられる悩みは、冒頭のような「仕事」に関するものだけでなく、「家族・夫婦関係」「友人関係」「死について」「嫉妬」など多岐にわたる。

 サイトを立ち上げた経緯について、堀下剛司代表が語る。

「開設は2012年11月。東日本大震災での人々の行動に感銘を受けたことが、大きな動機でした。非常時でも互いに支え合い、我先にと争わずに並んで順番を待つ日本人の美徳や精神性の根底のひとつに、仏教の教えがあるのではないかと思ったんです。

 仏教で説かれる『慈悲の心』『感謝の心』などは現代社会にも通じる智慧であり、医師やカウンセラーではフォローしきれない。僧侶こそ、日本人の求める答えを持っていると考えたんです」

 悩める人の心情に寄り添うお坊さんの味わい深いアドバイスが評判を呼び、相談者は増えていった。相談者からは「心が軽くなりました」「涙が止まりません」とお礼も多いという。サイト内では僧侶のプロフィールや回答歴なども閲覧できるほか、ユニークな回答にはフェイスブックの「いいね!」ならぬ「有り難し」が集まっていくのだとか。

 相愛大学教授で僧侶の釈徹宗氏は、「hasunoha」が支持される理由をこう分析する。

「お坊さんという存在は『仏道』という一般社会とは別の価値体系の中を歩んでいます。一般社会では“ダメ人間”“モラルハザード”とひとくくりにされてしまいかねない悩みでも、仏教ではそれとは違う価値観を提示してくれるのではないか、そんな“救い”への期待があるのだと思います。そのニーズが、ネット社会の利便性とマッチした好例でしょう」

 仏の教えが、ネットを介して人を救う時代が来たようだ。

※週刊ポスト2016年11月11日号

・・

勇気を出して、これまでご縁が無かった「週刊ポスト」を初めて買って参りました。


意外にも売り切れで、コンビニ3店を回ってやっと購入。

当該を見ると、やはり本文は更にございまして、他の方の回答問答も幾つか載っておりました。



パラパラめくると、なんと、あら〜な内容も、、

あら〜な内容はともかく、hasunoha紹介記事の全文をお読みになられたい方は、どうぞお買い求め下さいませ。(^_^;)

「ネットで僧侶に悩み相談…「駆け込み寺」人気に」

「ネットで僧侶に悩み相談…「駆け込み寺」人気に」(読売新聞・オンライン)
http://sp.yomiuri.co.jp/national/20161101-OYT1T50037.html

 
宇都宮市西原にある光琳寺の副住職井上広法さん(36)が共同運営するインターネット上の無料悩み相談サイト「hasunoha(ハスノハ)」が、現代版の「駆け込み寺」として話題になっている。

 
 一般市民から寄せられた悩みに、僧侶が仏教の教えなどをもとに答えるもので、2012年11月の開設以来、回答数は2万件を超えている。

 ハスノハでは、性別とメールアドレスなどをサイトで登録した人のみ、悩みを相談できる。回答する僧侶もハスノハに登録しており、様々な宗派の約150人の僧侶のだれかが、原則として、悩みが寄せられたその日のうちに答える仕組みだ。

 相談内容に制限はなく、生きることの意味や老いへの心構え、恋愛など幅広く受け付ける。実際に、「夫が亡くなってから孤独。早く消え入りたい」という相談には、「孤独のように見えて、実は無数の関係性の中で生かされています。じっくりと観察すれば、孤独とは言えない温かさも感じられるはず」と諭した。

 ハスノハは、2011年3月に起きた東日本大震災をきっかけに作られた。震災の甚大な被害を受けて井上さんは、「寺の敷居を高いと感じる人が増えている中、生死について語れる僧侶が積極的に悩み相談に乗り出すべきだ」と思ったという。

 こうした背景から、ハスノハは、若い世代の利用も多いインターネットを使い、匿名でも相談できるようにした。回答する僧侶は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使って募集した。

 開設当初は知名度が低く、質問も少なかったが、僧侶の偉ぶらない人間味あふれる回答などが評判となり、現在、1万人以上が回答を待つほどの人気ぶりだ。相談者や閲覧者が、回答を納得できると思えばクリックする「ありがたし」ボタンも、これまでに30万回以上、クリックされている。

 井上さんは、「人の役に立つ仕組みに育っている。いずれは、悩み事や困りごとを抱えた人を救う社会のセーフティーネット(安全網)になれば」と話している。

宗教はインターネットに宿るか ―僧侶相談サイト「hasunoha」という回答

古田雄介のネットと人生
第3回:宗教はインターネットに宿るか ―僧侶相談サイト「hasunoha」という回答
https://seniorguide.jp/article/1016494.html

hasunoha記事「悩み相談 選ばれる僧侶」毎日新聞 2016年6月10日

hasunoha記事「悩み相談 選ばれる僧侶」毎日新聞 2016年6月10日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000027-mai-soci

大谷大の門脇健教授が最後におっしゃられていますように、ネットでの回答にて安易に済ませるだけではなくて、是非、現実実際の行動、生活、人生へと仏様の教えを活かして頂きたいと切に願って、これからも少しずつなりにも回答に努めさせて頂いて参りたいと存じております。川口英俊合掌

・・

<僧侶>悩み相談が人気 丁寧な回答が評判  毎日新聞

 胸に抱えた悩みを僧侶に相談できる場が人気だ。インターネットで僧侶が回答するサイトには質問が殺到し、僧侶との対話イベントはすぐ定員に達する盛況ぶり。通常は葬儀や法事でしか顔を合わせない僧侶が、相談相手に選ばれる理由とは。

 「私が殺したのでしょうか」

 岐阜県に住む祐子さん(39)=仮名=は3年前、ネットで偶然見つけた「回答者がすべて僧侶」というQ&Aサイトに質問を書き込み始めた。

 その7年前、職場の薬局の近くで弱った野良犬を見つけた。買い物客らに配慮し保健所に連絡したが、「犬が殺されちゃう」との声も耳にした。「私が死期を早めたのか」との思いがずっと消えなかった。書き込みながら犬の姿が浮かび、涙がこぼれた。

 5日後、サイトには僧侶の回答が並んでいた。「全てを思いのままに救うのは不可能。人間が持ちうる慈悲心は不完全なのです」「名も知らないその犬を思い続けていらっしゃることは尊いと思います」。罪を犯したわけではないと言ってくれているようで、今度は温かい涙が流れた。

 祐子さんが投稿した「hasunoha(ハスノハ)」では宗派を超えて僧侶が悩みに答える。神奈川県の会社員、堀下剛司さん(46)が2012年秋に始めた。東日本大震災後、「日本人の価値観の根底には仏教がある」と感じたのがきっかけだ。

 当初は質問も少なく、回答者に登録した僧侶も知人の紹介者ら5人だけ。しかし仏教の教えに基づく丁寧な回答が評判となり、質問は1日約30件から今年2月には3倍以上に。僧侶も150人を超えた。当初から登録する往生院六万寺(東大阪市)の川口英俊副住職(39)は「悩み苦しみに寄り添うという仏教本来の趣旨を、ネットの世界でも体現したいと思った」と語る。

 熊本地震以降は「夜、家で寝るのが怖い」などの不安も寄せられた。ある僧侶は「いつか必ず来る『死』を考える時が来たのかもしれません」と答えた。堀下さんは「僧侶の回答は、何が本当に大切なのかを改めて気付かせてくれる」と手応えを感じている。

 ◇「ここなら話せる」

 「程度はそれぞれでも悩みを抱える人は想像以上にいる。僧侶はそこに応えていくべきなのでは」。そんな思いで12年11月から「アラサー僧侶とゆるーく話す会」を開催しているのは、浄土真宗本願寺派・光照寺(大阪市東淀川区)の若林唯人(ただと)副住職(33)だ。

 4月下旬にJR京都駅近くの古民家で開いた会には、大学を休学中で「自分が何になりたいか分からない」と悩む男子学生(22)の姿があった。若林さんは「僕も大学を3年休学してん」と切り出し、「じっくり自分のやりたいことを探す時間。焦らなくてもいいんちゃう」と語りかけた。

 同会では3~4人の僧侶が10人ほどの参加者と班に分かれ、日々の悩みなどを語り合う。ほぼ隔月で開催するが、ネット上などで参加者を募るとすぐに埋まる。「仏教や僧侶に対するニーズは元々あったのでは。自分たちにとっても悩みに向き合う現場に立つ得難い経験です」

 常連も多い。奈良県橿原市の森口智実(さとみ)さん(29)は、この日が6回目。仏教が好きで参加したが、初回、若林さんに人間関係の悩みを明かし泣いてしまった。「いろいろあるけど、いいなと思える居場所が見つかるといいね」。掛けられた言葉は今も忘れない。「『この会でなら話せる』と思える優しさがあります」

 ◇現代版「お寺」

 大谷大の門脇健教授(宗教哲学)は、寺や僧侶が歴史的に担ってきた役割が再注目されていると指摘する。「お寺は宗教学で言う聖域であり、早い話が地域では浮いた場所で、僧侶は『異形の人』。何を言っても許される場所だった」。しかし都市化などの変化の中で、そうした場は失われた。「今の生き方に心が疲れているのに、立ち止まる暇もなく『心のケア』によって元の『1億総活躍』的社会に戻されることに、人々は違和感を覚え始めている」。そこで、選ばれているのが、僧侶なのだ。「僧侶がカウンターに立つ『坊主バー』なども人気で、そうした場が現代版のお寺の役割を果たしているのでは」と分析する。一方で、Q&Aサイトについては「ネットで安易に『回答』を得ることで、逆に身動きが取れなくなることもある」と注意を促す。【花澤茂人】

 
デジタル版・「悩み相談 選ばれる僧侶」毎日新聞 2016年6月10日

フジテレビ「バイキング」hasunoha問答の紹介・五週連続に

hasunoha問答の紹介が、5週連続。

フジテレビ「バイキング」。


誠にhasunohaの問答が、真摯に良いカタチにてメディアで活かされていると言えるのではないかと存じます。

このまま火曜日のレギュラーコーナーとして定着していくと嬉しいですね。

有り難し!

フジテレビ「バイキング」(平日・11:55 - 13:45)( http://www.fujitv.co.jp/viking/ )










「hasunoha」が、フジテレビの番組「バイキング」で紹介されました。

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス「hasunoha」( http://hasunoha.jp/ )が、2016年3月29日のフジテレビの番組「バイキング」(11時55分から13時45分http://www.fujitv.co.jp/viking/talent.html )で紹介されました。

誠に良い構成、良い紹介でした。総合司会の坂上忍さんが、実際にご質問されていたとは…ビックリしました。日本テレビの番組「スッキリ!!」(http://goo.gl/le8kvW)に続きましての全国放映紹介にて、凄いアクセス、新規会員登録になっているようです。

まだまだ新規質問制限は緩和されそうにないですね。とにかく更に全国区になりました。有り難し!

















御回答僧侶様も引き続き急募中でございます。ご検討の程もどうか宜しくお願い申し上げます。

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6

回答者として四年目に入っております。すっかりとペースが落ちてしまっておりますが、少しずつでも皆様のお役に立つことができる回答を目指して日々、省察、精進致して参りたいと存じます。また、ご叱正、ご批正の程を賜れますように、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

「日テレ・読売テレビさんの情報番組『スッキリ!!』でhasunoha紹介」

下記のように日テレ・読売テレビさんの情報番組「スッキリ!!」にてhasunohaが紹介されまして、しばらくご質問が殺到しており、随時拙回答させて頂いておりますが、本ブログへの拙回答の追記は滞ってしまっています。ご容赦の程をどうか宜しくお願い申し上げます。

川口英俊 合掌

2016.2.5「日テレ・読売テレビさんの情報番組『スッキリ!!』でhasunoha紹介」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cc5f28cff5539cedccda8fa4e2fd57fd

・・

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

日テレ・読売テレビさんの情報番組「スッキリ!!」にて、hasunohaのことが結構しっかりと取り上げられまして、一時サーバーダウン、質問殺到と、とんでもないことになってしまっております・・

hasunoha共同代表・井上広法さん


hasunoha共同代表・堀下剛司さん・向かって右


法友の丹下覚元さん




hasunoha公式フェイスブックページ


hasunoha新着質問一覧のページ


hasunohaによって、救われた命、癒された心が、例え一つでもあったのであれば、それだけでも尊く有り難い功徳。何をか況んや。今や確信しています。もはや3000を超える問答において、救われた命、癒された心が確実にあったであろうことを。そしてこれからも。

仏法興隆 法幸無量 

偉大なる尊師仏陀世尊釈迦如来様に最敬礼申し上げます。合掌

苦節三年・・当初より参加させて頂いております者と致しましても感慨深いものがございます。共同代表の井上広法さん、堀下剛司さん、誠におめでとうございます。これからもどうか宜しくお願い申し上げます。

ライブドアのニュース・主要トップページにhasunohaの記事/hasunohaバズり連鎖
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52210470.html

回答者として四年目に入りました。すっかりとペースが落ちてしまっておりますが、少しずつでも皆様のお役に立つことができる回答を目指して日々、省察、精進致して参りたいと存じます。本年もご叱正、ご批正の程を賜れますように、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6

ライブドアのニュース・主要トップページにhasunohaの記事

hasunohaが、ライブドアのニュース・主要トップページの記事で取り上げられて、ここのところアクセス&質問が凄いことになっております。

サービス・リリース以来3年3ヵ月、一つの大ブレークになったという感じでございます。



お坊さんが悩みに答えてくれるサイト「hasunoha」 回答がすごい - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11119980/




はてなブックマーク・ホッテントリ(問い「ソシャゲやめたい」)

http://b.hatena.ne.jp/entry/hasunoha.jp/questions/2976


グノシー「四苦八苦する人生に!お坊さんがこたえてくれるQ&Aサービス「hasunoha」がありがたし」

https://gunosy.com/articles/ab9g3


「いいね!」のかわりに「有り難し」ボタンを設置 本物のお坊さんが質問に答えてくれるサービス「hasunoha」の徳が高いと話題に(ヤフーニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000044-it_nlab-sci


「(ガチャは)ただの乱数です」 課金ガチャに悩む女性にお坊さんが説法、エッジが効きすぎと話題に - ねとらぼ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/28/news129.html


・・

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha

http://hasunoha.jp/


回答者として四年目に入りました。すっかりとペースが落ちてしまっておりますが、少しずつでも皆様のお役に立つことができる回答を目指して日々、省察、精進致して参りたいと存じます。本年もご叱正、ご批正の程を賜れますように、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6


「お坊さん×IT」!【hasunoha】代表の堀下氏にプラットフォーム運営について聞いてみました

「お坊さん×IT」!【hasunoha】代表の堀下氏にプラットフォーム運営について聞いてみました
http://www.m-hand.com/hirumeshimae/web-encycropedia/hasunoha/

「hasunoha」運営者堀下さんへの取材記事の紹介です。

少しだけ拙生もご紹介を頂いておりまして、誠に恐縮でございます。最近はかなり回答ペースが下がりっぱなしで、回答数もあまり伸びずに申し訳ない次第でございます・・

「無料でお坊さんに悩み相談なら“hasunoha”を利用してみよう」節約社長編集部

「無料でお坊さんに悩み相談なら“hasunoha”を利用してみよう」節約社長編集部
http://setsuyaku.ceo/post/551/

2015年に入りお寺とお坊さん、つまり「仏教」に注目が集まっています。時代の流れが早くなっているため、仏教の「智慧」を得たいと考える人が増えてい る要因のようです。最近ため息や舌打ちが出る、マイナス思考が止まらない、という方に一度試してみてほしい「お坊さんが主役」のウェブサービスをご紹介い たします。悩みがあれば一度お坊さんへ聞いてみては!?
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ