hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

悟りについて

問い「悟りを開いたら」

問い「悟りを開いたら」

【ご質問内容】

こんにちは。四海と申します。質問を見ていただいてありがとうございます。

私は最近仏教の魅力を知り、ネットなどを使って仏教について調べて瞑想などにも挑戦しました。そしてあるとき突然猛烈な衝撃に襲われました。自分と周囲が共に呼吸して境目がなくなった感じがしたのです。それ以来痛みや空腹などを感じてもそれらに惑わされることがなく、心がつねに穏やかで喜びと感謝で満ち溢れています。(言語化すると非常に分かりにくい感覚なので拙い表現なのはご容赦ください。)ひょっとして悟ったのかなと思いましたが実際周囲に変化を指摘されたのでやはりそうみたいです。

ここでひとつ伺いたいことがあります。 
悟りを開いたら何をすればよいのでしょう。苦しむ人々を助けたいという気持ちこそありますが16歳の小娘に出来ることなどあるのでしょうか。

母や父にはとても相談出来なかったのでここで質問させていただきました。お知恵を拝借したいです。


【拙回答】

二障の断滅

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

最近は、「アドヴァイタ」(非二元性)、「ノンデュアリティ」(非二元)などの体験を「悟り」として誤解されている方が多くなってきてしまっているように存じます。

仏教における、「無分別」をめぐる議論にも関わって参りますが、それも悟りへ向けて必要となる二つの資糧、「智慧」と「福徳」のうちの、「智慧」の中における「空性」の理解の一つのことであって、その「空性」の体験的理解の一つを「悟り」と勘違いしてしまっている場合がほとんどでございます。

仏教の禅定における「三昧」や「等引」も勘違いされやすいのですが、拙見解では、確かに悟りを開く前の段階においては、そのような「空性」体験も大切なことであると認識していますが、しかし、まだそれは悟ってはいない段階のものであって、そのような体験から元の世界に戻ったとしても、結局は、無明・煩悩により、迷い苦しむままであるのが恐らく現実でありますでしょう。

悟りへと至るためには、煩悩障と所知障という悟りの障りとなっているものを、智慧と福徳という二資糧によって、しっかりと断滅させない限りは、真なる悟りへと至れることはあり得ないとして、是非、これも機縁として、これからも仏教の修習に取り組んで頂けましたら有り難いことであると存じております。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「素晴らしさはわかるのですが…」

問い「素晴らしさはわかるのですが…」
【ご質問内容】

お念仏のありがたみは分かるのですが、どうしても「阿弥陀さまを信じてお念仏を唱えたら極楽に往生できる」ということに疑念を抱いてしまいます。疑い深い性格でして、「たったそれだけで?」と思わずにはいられません。 
もちろん、「たかがそれだけ、されどそれだけ」というのはわかるのですが、どうしても信じられないというか。 
信じるって難しいですね。 
私にはお念仏があっていないんでしょうか?


【拙回答】

悟りへと向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちが仏教を修習して目指すところは「悟り」です。

往生も大切ですが、何よりも悟りが目指すべき最終の目標となります。

往生というのは、悟りを目指すための一道程、過程に過ぎません。

自分に合わないルートであると判断されれば、まだルートはお釈迦様により幾つも開かれているのですから、別のルートを選択するのも必要なことであるかとは存じます。

頑張って悟りを目指して仏道に精進して参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「癒しと悟りは別物?」

問い「癒しと悟りは別物?」

【ご質問内容】

癒しと 
悟りは別物ですよね?

癒しは『私』がいるけど、

悟りには『私』がいないから

自分を癒してから 
悟りについて向かっていったらいいでしょうか。


【拙回答】

「自利利他」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

仏教では、「自利利他」という言葉がございます。

自分の事だけでもいけないし、かといって、他の事だけでもいけない。

自分の事も他の事もバランス良く進めていくことが大切となります。

詳しくには、自利が智慧、利他が福徳(方便)として、両方の円満な成就を進めていくことで、悟りへと至れるものとなって参ります。

自分のへの癒しと共に、他への癒しもバランス良くに進めて参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「悟りすら単なる概念?」

問い「悟りすら単なる概念?」

【ご質問内容】

悟りとは 
実はすべて幻だった!ときづくことですよね?

悟りすら単なる概念ですよね?


【拙回答】

悟りも「空にして縁起なる」幻の如きようなもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「悟りとは 実はすべて幻だった!ときづくことですよね?」・・

仏教では、確かに一切の全てのモノ・コトというものは、幻の「如き」ありようだと説明されます。

それは、あたかも、幻、夢、陽炎、こだま、逃げ水、蜃気楼、ガンダルヴァ城のようなものであるというような例えの表現で示されています。

しかし、あくまでも「如き」、「ようなもの」であることに気を付けないといけません。

何も無いわけではなく、確かにモノ・コトは「縁起」(因縁、依存関係など)において、あり得ています。

無いとして否定されるべきものは、「実体」(他に依存せずに独立自存にて、永久永遠に変わらずに存在し続けているような自性・自相)というものとなります。この実体が無いということを、仏教では「空」と申します。

ですから、「全ては幻だ」と言って、赤信号であるにもかかわらず、信号も車も「幻である」として、交差点に突っ込んでしまっていけば、当然に事故に遭い、怪我してしまう、最悪、死んでしまうことになります・・

悟りの一部分としては、智慧としての上記の「空と縁起」の理解をしっかりと修習していくことが大切なことになります。

「悟りすら単なる概念ですよね?」・・

概念であって概念でない・・むしろ、概念を超えた概念とでも言いますでしょうか・・また、「戯論寂滅」とか「言語道断」とか、概念を超えたところに「ある」ものだとも勘違いもされがちですが、悟りというものも、実は「空(実体としては無く)であり、縁起(因縁・依存関係など)により成り立っているもの」であります。

ですから、しかるべくに悟るための因縁(原因と条件、簡単には、原因としての菩提心と条件としての智慧と福徳の資糧の集積)を調えることができていけば、やがては、悟りへと至れることになるということでございます。

共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「悟ったお坊さんへ」

問い「悟ったお坊さんへ」

【ご質問内容】

悟ったら毎日どんな感じですか?

悟ったら毎日たのしいですか?

たのしいだと 
つまらないが対極について回るから

たのしいというより 
静かな感じですか?


【拙回答】

悟りへと向けて・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

悟りへのご興味、誠に有り難く尊いことでございます。

どんな境地が目的・ゴールとなるのか、それを事前におぼろげながらにでも、しっかりと理解した上で、仏教の修習を進めていかないと、一体どこへ向かっているのかも分からずに、無駄に五里霧中を彷徨うようなものとなってしまいかねません・・

悟っておられる如来様の境地につきましては、難しい言葉で申しますと、仏教を修習なさられて、智慧と福徳を円満に成就されて、輪廻して迷い苦しむ原因となってしまっている煩悩障と所知障を断滅されておられて、悟り得られたる如量知・如実知(一切知・勝義知)によって、例えば、モノ・コトの顕現については、「ご覧にならない仕方で、ご覧になる」と言うような表現となります。

もちろん、当然に「なんのこっちゃ・・」となるでしょうが・・

もし、大いに興味がございましたら、そうですね・・

全訳・ツォンカパ大師「中論註『正理の海』」の「第24章・聖諦の考察」の内容を理解できるところまで、是非、まず仏教について優しく分かりやすく説かれている教えから、一つずつ段階的に学びを進めていって頂けましたらと存じます。

拙生はもちろん全くまだ悟ってはおりません。共に悟りへと向けて頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「無分別智」

問い「無分別智」

【ご質問内容】

無分別智をわかりやすく教えて頂けませんでしょうか? 
特に蹴落とし社会における無分別智の実践をお坊様はどのようにお考えなのでしょうか? 
お忙しい中、恐れ入りますが、ご回答を宜しくお願い申し上げます。


【拙回答】

無分別智について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「無分別知(智)」についてでございますが、まず、「分別知(智)」と共にそれぞれ二段階で考える必要があるのではないかと存じております。

分別知について・・

無明・煩悩による影響のある分別知(真実執着・真実把握・迷乱知・顛倒知など)

無明・煩悩による影響のない分別知(後得知・正理知・比量了解に近い分別知など)

無分別知について・・

顕現しているものに対する無分別知(後得知・正理知・比量了解など) 
(幻の如き空性)

無顕現に対する無分別知(三昧・等引知・現量了解など) 
(虚空の如き空性)

分別知は、特に言説知・言説量によって把捉されたるモノ・コトとなり、「無明・煩悩に犯された言説知・言説量と無明・煩悩に犯されていない言説知・言説量」による二通り、無分別知は、「顕現しているものと、顕現していないもの」の二通りを対象にしていると考えることができます。

かなり以前における拙図式となりますが・・

拙理解仏教図式No.7(2014.6.14) 

上記拙図においては、空性へと向かう知(智)が正しい無分別知の理解において大切になるのではないかと考えております。

しかし、ここで注意しなければならないのは、「無分別知」=「悟り」という勘違いでございます。

これは、よく一般的な仏教理解においても間違われてしまいますが、仏陀・如来となるまでは、「善い分別と悪い分別」、「善い無分別(空性了解)と悪い無分別(悪取空など)」(更に厳密に言えば、中性の分別と無分別もあります)があり、仏道においては、善い分別・善い無分別を慎重に選択して修行を進めていかなければならないのではないかというのが現時点における拙見解でございます。

そして、更に、上述における善い分別・善い無分別(つまり、善業や無明、所知障を対治することになる分別、無分別)をしっかりと見極めていくためには、「勝義諦」と「世俗諦」の二諦の意義を理解していくことも求められるものとなります。

是非、二諦につきましても併せて学ばれて頂けましたらと存じます。

川口英俊 合掌

問い「仏教の心髄はなんでしょうか」

問い「仏教の心髄はなんでしょうか」

【ご質問内容】

各宗派の違いはあれど 
仏教は釈迦の教えから発していると思いますが 
端的にいってその教えの心髄、核心、エッセンスとは何でしょうか? 
多くの宗派のお坊さんからご回答を頂けるとありがたく存じます。

なお恐れ入りますが、 
仏教学的な、学べば分かるようなものは期待しません。


【拙回答】

智慧と方便、空と縁起

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

仏教の心髄。

光禪さんのおっしゃられていますように、七仏通誡偈が、まさに端的にはその通りとなりますが、更にその中身における実践として大切になるのが、智慧と方便であると言えるのではないだろうかと存じます。

智慧と方便が、悟り・涅槃へと至れるためには必ず必要となるからでございます。

智慧は、空を悟る智慧のこと。方便は、福徳行、善徳行、慈悲行のことになります。智慧と方便により自利利他を円満に成就することが、悟り・涅槃へと向けて大切となります。

あとは、「縁起をみるものは、法をみる。法をみるものは、仏をみる」、「縁起をみるものは、法をみる。法をみるものは、縁起をみる」と申しますように、空と共に縁起も仏教の大切な要諦であると言えるでしょう。

特に空の理解においては、縁起もセットで理解することが望まれます。

ご参考までにて。

川口英俊 合掌

問い「悟りって本当にあるのですか?」

問い「悟りって本当にあるのですか?」

【ご質問内容】

悟りって本当にあるのですか?悟っているお坊さんはどのくらいいますか?

【拙回答】

悟りも空であり縁起なるもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「悟り」とは、最高の境地のことになりますが、その境地へと至るための因縁(原因や条件)によって、もちろん至れることになるかと存じます。

ですので、悟りは、あるにはあると思いますが、「実体」として、はじめから「これが悟りだ」というものとしてあるわけではなく、しかるべき因縁によっての結果として、あり得ることになる様相のこととなります。

では、その因縁とは何かとなれば、因は、「菩提心」(悟りを目指すための強い志)、縁は、「智慧」(空性の理解)と「福徳(功徳行・方便行)」を積むこととなります。

悟っているお坊さん・・

悟りを開いた者同士でなければ、分からないのではないかとは思います。

仏教における最高真理としての勝義諦の理解というものは、言語道断、戯論寂滅と申しまして、なかなか言葉などで表現するというのも難しいところがございますし。

私たち凡夫ではなかなか伺えないところとなります。ただ、悟った者同士であれば、お互い自由自在に察せられるのではないかとは思われます。

つまり、自分自身が悟りを開くまでは、誰が悟りを開いているのかは、正直分からないという感じになりますかね。

とにかく、まずは悟りへ向けて、しっかりと仏道を歩んで参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「ブッダの一番言いたかったこと」

問い「ブッダの一番言いたかったこと」

【ご質問内容】

知識のない一般人としての質問で大変申し訳無いのですが・・・

ブッダがいた時代は、大乗仏教や宗派ができる前ですが、ブッダが一番言いたかった、伝えたかったこと(メッセージ)というのは、大乗仏教の中にどう生きていると思われますか(大乗仏教の様々な宗派の中でどの部分に一番それが象徴されていますか)?

大乗仏教において、ブッダの教えとその宗教としての儀式などがどこか矛盾していると感じてしまうことがありますがそれはどう捉えればよいでしょうか。(ブッダのいう悟りから得たもの(教え)と大乗仏教の在り方が矛盾してみえることがある)

菩薩という存在は、大乗仏教のなかでどう捉えたら良いのでしょうか。

【拙回答】

「不放逸なれ」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

釈尊は、最期の教えとして、「もろもろの事象は過ぎ去るもの(無常)である。怠ることなく修行を完成なさい。」とおっしゃられました。

「不放逸(ふほういつ)なれ」。

これが最期のお言葉であり、大切な釈尊のお言葉の一つと考えられます。

釈尊は、悟り・涅槃へと向けて、「善き巧みなる方便」により仏教を説示なさられました。

「対機説法」、「応病与薬」です。

もちろん、大乗仏教もその内に包摂されるものでございます。

しかし、大乗や他の分類云々は、あまり分けて考えられても意味のないことであると考えております。

とにかく、釈尊の教えの全てには、聖なる四つの真理、「四聖諦」が原理的に控えているとお考え下さい。

「・・仏教における教えの中でも、その要諦となるのが、何よりもお釈迦様が最初に教えを説かれた「初転法輪」の中での「四聖諦」であり、それは、例えば、私たちは、代表的に八苦する中にありますが、それらの苦しみには、その苦しみという結果へと至らしめている因縁(原因と条件)が必ずあって、苦しんでしまっているのであって、その苦しみをもたらしてしまっている因縁を何とか解決して、より良い結果へと向かわしめるための因縁へと変えていくことができれば、やがて、苦しみを滅することができ、更に、仏道の実践によって、悟り・涅槃へと至るための因縁もしっかりと調えていくことで、いずれ、悟り・涅槃へと至れることになるものであるとして、そのための方法論を、お釈迦様が、対機説法、善巧方便を駆使なさられてお説きになられたのであります。・・』

そのお教えを、それぞれに合った「カタチ(合うカタチも因縁(原因と条件)によって様々に変化していく)」にて、怠ることなく学び修することにより、しっかりと悟り・涅槃へと向かって参りたいものでございます。

菩薩は、智慧と福徳(功徳)の修行実践者のことであり、その中でも、特に、福徳を修習するのに重きをおいている者のような印象がありますが、皆、悟り・涅槃へと向けては、智慧と福徳(功徳)の修習に取り組むべきことになります。修行実践者の一つの「カタチ」として、それもあまり分けて考える必要もないかとは存じます。

「不放逸」にて仏道に取り組んで参りたいものでございます。共に頑張りましょう。

川口英俊 合掌

問い「空(くう)」

問い「空(くう)」

【ご質問内容】

感情が無い、肉体、つまりただの「物質」になれという事とはまた違うのでしょうか?

【拙回答】

「空と縁起」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「空」は、【感情が無い、肉体、つまりただの「物質」になれという事とは】、もちろん違います。

「空」とは・・

深遠なる真実義、勝義、了義へと向かうための智慧の真髄。

無明の闇を払う智慧の光。

「空」とは、「無実体・無自性・無自相」という事態を示す概念となりますが、簡単には、モノ・コトが、それ自体の側において、永久永遠に変わらずに存在し続けているような独立自存なる何かによって成り立っているのかどうかと言えば、そういった独立自存なるものは、何らとして見当たらないということになります。

もう少し述べるならば、他に(例えば、原因や条件等に)依存せずに独立自存として成り立っているものが何らとして見当たらないということであり、他に依存して成り立っているということを「縁起」(えんぎ)と申します。

ここで注意しなければならないのは、「空」は、「何も無い」という「絶無・虚無」ではない、ということもしっかりと理解しておかなければいけません。

貴女も私も、現に今、このように存在しています。

感情も肉体も物質も、確かにそれらも、現に、今、そのように存在しています。ただ、存在はしていますが、そのありようは、あくまでも「縁起」によって成り立っている「空」なるもの、ということになります。

是非、この「空」の理解につきましては、できれば、これからしっかりと仏教を学んで頂きまして、特に、龍樹(ナーガールジュナ)大師がご教示なされておられますような『「縁起」の見解に基づいた「空」の理解について』の学びも深めていかれますことをお勧め申し上げたいと存じます。

※「縁起」の理解では、主に三つの階層が考えられ、第一に、「原因と条件と結果のそれぞれとの依存関係」、第二に「部分と全体との依存関係」、第三に、「意識作用・概念作用・思惟分別作用により、仮名・仮説・仮設されることによっての依存関係」がございます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ