hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

アルバイトについて

問い「自分が恥ずかしいです」

問い「自分が恥ずかしいです」
http://hasunoha.jp/questions/1382

【ご質問内容】

最近、初めてのアルバイトを始めました。
ですが、仕事内容と覚えなければならないことの量の多さに初出勤から怖じ気づいてしまいました。長く続ける自信も無くしてしまいました。

慣れれば大丈夫と友人や家族に言われましたが、神経質で緊張しやすく物覚えの悪い私はそう簡単にその励ましを受け入れられませんでした。

他にも家族からは、アルバイトでそんなことを言っていたらこの先就職なんてできないと言われました。本当にその通りだと思います。自分は甘えていると思います。こんな自分が恥ずかしいし、情けないです。
最近そんなことばかり考えていて、こんな自分に何ができるのだろうか、生きていても社会のためになるのだろうか、生きていてもどうしようもないのではと考えてしまうこともあります。

とにかく、失敗が怖いです。それに伴って怒られたりすることも…。
失敗しないことはないとわかっていても、したくないです。

私はどう考えたらいいのでしょうか…

文がまぜこぜで申し訳ありません。

【拙回答】

命あっての物種

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

人間誰しも失敗して成長するもので、失敗しない人間などまずおりません。

問題は、失敗をしても、それを活かして次により良く繋げることができるかどうかであります。

そして、失敗には、大きく分けて、取り返しのつくものと、取り返しのつかないものの二種類がございます。

ほとんどの失敗は取り返しのつくものですが、取り返しのつかないものとは、自分あるいは他人の「死」となる失敗であります。さすがに「死」だけは、他人に対してであるならば、罪を償うことはできたとしても、それで亡くなった人が戻るかと言えば、そんなことはなく、やはり取り返しがつかないものとなります・・

さて、少し大袈裟なことですが、ここで何が言いたいのかと申しますと、取り返しのつかない失敗(自他の死となる失敗)以外は、所詮あまり大したことがないということでございます。

ですから、ある程度のことは恐れず、怖気づかずに堂々と精一杯に頑張って、その中で失敗したことが多少あったとしても、しっかりと反省して次に活かせば、それで良いのであります。

また、アルバイトはアルバイトとして、もちろん、アルバイトで生計を立てるというのであれば別ですが、あくまでも自分の目指す就職へと向けたステップ、踏み台、お試しとして、一つのところにこだわらず、もっと自分にあったものへと変更されていかれるのも良いのではないだろうかと存じます。

もっと気楽に、気軽に考えて社会勉強の一つとして、是非活かしてみられて下さいませ。

拙生も学生時代は色々とアルバイトをしたものです。その中で、特に一番怖かったのは、開店前のパチンコ屋さんの深夜警備で、裏ロム(良く玉がでるようにするための装置)を仕掛ける外国人集団に押し入られた時は、さすがにヤバいと思ったのですが、焦らず、逃げて、警察通報の対処ができ、早々に退散させることができました。今ではそれももう昔の思い出です(やはり命あっての物種です)。

紫苑さんは、そこまでのヤバい目にそうは会わないかと存じます。明石家さんまさんではないですが、「生きてるだけで丸儲け」の精神でここは是非、失敗の恐怖を乗り越えられてみられて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「真面目すぎる?」

問い「真面目すぎる?」
http://hasunoha.jp/questions/1090

【ご質問内容】

飲食店でアルバイトをはじめたのですが
真面目すぎる、人間味がない
と指摘を受けたことにとても悩んでいます。
正直、続けたいと思えなくなってきました。

接客自体はすごく好きで一生懸命にやっているし、
真面目すぎる、というのは緊張したり作っているのではなくこれが自分の素なんです。

フレンドリーな接客というお店の方針と
私の元の性格が合っていないように思ってつらいです。

受験では筆記に加え面接重視の試験を受け、そこで高い評価をいただことに甘えていたのかもしれません。
働くのってこんなにつらいのか、受験生に戻りたい
とそればかり考えてしまいます。
調理も担当しますが料理に興味すら湧かなくなりました。

現在、国公立大学に進学が決まり、個人で家庭教師の依頼をいただいており
そちらに気持ちが傾きつつあります。
しかし、まだ確定ではないし
今のアルバイトをはじめてまだ2ヶ月なので転職する決断が出来ずにいます。
(来年までは働いてもらう!と言われているのもありますが、辞めることはできるのでしょうか?)
今まで勉強、習い事、部活、辛いこともたくさんありましたが全てやり通してきたので
自分ってこんなに弱い奴だったんだな。と家に帰って涙が出るときもあります。

真面目すぎる、丁寧すぎる
というのは
直すべき性格でしょうか。
単に私が甘いだけなのでしょうか。
うまくできないことがあると
ここでは優等生じゃない。
と言われたこともあります。私は優等生ではないです。何もかも1から一生懸命がんばっているのに……とも思いました。
笑顔で仕事をしていることは指摘してくれた方も知っていますがやはり堅いと……
直していまのアルバイトをつらくてもやるべきでしょうか。
いつ何を指摘されるか常にビクビクし、本当の自分がなくなっていくような気がします

それとも向いていなかっただけだ、自分の欠点が分かってよかったと今のアルバイトを辞め、
自分も興味を持っている家庭教師の仕事に飛び込んで新しくがんばるべきでしょうか。

悩みから感情がまとまらず、
文章が滅列で申し訳ありません。

働くのはとても大変で、自分はまだまだ甘い、勉強のほうが何倍もラクだったと痛感しています……次の出勤のことを考えるとご飯も喉を通りません。

背中を押してくださる助言が欲しいです。
宜しくお願いいたします。

【拙回答】

自分の良い塩梅へと向けて

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

しばらく回答をお休みさせて頂いておりまして、お返事が遅れてしまいました。誠に申し訳ございません。

この度は国公立大学への進学、誠におめでとうございます。いよいよこの春からキャンパスライフ、色々と期待と不安が入り混じってあるかとは存じますが、是非、悔いのない学生生活を楽しんで下さいませ。

そのためにも、まずは今のバイトの件について決着をつけないといけませんよね。。

もちろん、学業と共にバイトなどをなさられるのも社会経験の一つとして役立つこともございますが、無理に、嫌になっているのに我慢してまで続ける必要は、今のところ無いのではないかと存じます。

実は私も学生時代のバイトで苦い経験がありまして・・塾講師をさせて頂いたことがありましたが、結構、大変で、他の忙しいこととも重なってきてしまい、途中で半分放り出すようにして辞めてしまったことがあります・・また、バイト以外のことでも幾つか同様のことがございました・・

若い間は、何かと自分の良い塩梅(仏教的には「中道」と言います)のペースがつかめずに、己の力量を過信しすぎたり、慢心してしまうこともあり、無理しすぎたり、オーバーペースになって潰れたりとなりがちではないかと思います。

真面目で、丁寧すぎるぐらいの性格のまいさんならば、尚更になってしまわれるのではないかと存じます。

もちろん、その失敗、経験を反省して、次に活かすということを繰り返す中で、自分の良い塩梅をつかめることができていくもので、最初から何でもかんでもができるという方が逆におかしいと思っておいて下さいませ。

さて、もう答えは既にご自身の中で出されていらっしゃいます。

「それとも向いていなかっただけだ、自分の欠点が分かってよかったと今のアルバイトを辞め、自分も興味を持っている家庭教師の仕事に飛び込んで新しくがんばるべきでしょう」

是非、前向きに捉えて下さい。

ただ、バイトはあくまでもバイト、学業や生活に支障をきたさないように、無理はしないように、できるだけ余裕をもって取り組んで下さい。また、色々と忙しくなってきた時には、またこの回答をふと読み返して下さいませ。

良い学生生活を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ