hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

ストレス

問い「病気が辛くて死にたいです」

問い「病気が辛くて死にたいです」

【ご質問内容】

初めて質問させていただきます。

もう3年も、なおらない病気で苦しんでいます。 
頭を中心に、肩、首、背中、お腹などがひっきりなしに痛みます。

病気のため、勤めていた会社も退職して今は無職です。 
病院をいくつも回りましたが、医学的には何も問題はないということしかわかりませんでした。

ある病院で、幼少時より溜め込んでいたストレスが、痛みとなって体に出てきていると教えて頂きました。

死んでは全部終わってしまうとわかっていますが、しにたいきもちでいっぱいです。頑張る元気がありません。必ずこの痛みに打ち勝とう、という気持ちを持ち続けることができません。 
毎日、無気力なまま過ごしています。

いろいろお聞きしたいことはありますが、書く元気もありません。申し訳ありません。

いったい、私はどうすればいいのでしょうか?


【拙回答】

免疫機能の向上

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

原因不明の痛みにつきまして、深刻にお悩みのご様子・・

考えられるのは、膠原病の類になるのかもしれませんね・・

そうなれば、自己免疫機能の不調が考えられます。

また、例えば、食物アレルギーが原因である場合なども考えられます。実は、食物アレルギーにも、即時型と遅延型があり、可能であれば、遅延型についても調べられるとよいかもしれません。

とにかく、まだでしたらにて、免疫機能全般について大学病院などの専門科で、調べられることをお勧め致します。

あとは、免疫機能を回復、高めるために、腸内環境を調える、抗酸化作用のある食べ物やサプリ、漢方を摂取するなど、色々と取り組めることもありますから、それは、ネットででもしっかりと調べて試されてみて下さい。

いち早くその痛みが無くなられて、普通の生活が取り戻せますようにと、心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「気力が湧きません。」

問い「気力が湧きません。」

【ご質問内容】

3ヶ月前、職場の移動をきっかけに体調を壊し3週間のお休みをもらい復帰のその日に解雇通告されました。 
「解雇」の事実は日に日に私を苦しめ自信を奪い再就職の気力さえも消し去りました。その後、原因不明の湿疹に悩まされ体調もすぐれません。 
毎日考える事は、元気に働いていた頃の事ばかりです。3ヶ月経った今でも、なかなか心の区切りがつきません。 
今は1日も早く区切りをつけ次の仕事を探さなければいけないのに、なかなか動き出せません。

どうしたら心の区切りがつけられますか? 
自然に心身ともに復活する時がくるのでしょうか。よろしくお願い致します。


【拙回答】

旅行や映画など、どうでしょうか。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

職場の移動における環境の変化がストレスとなり、体の不調へと影響を及ぼしてしまったのかもしれませんね・・

「病は気から」と昔から申しますように、心の不安定さが、体の不安定さへと繋がってしまったり、もちろん、その逆もあり得るところでございます。

湿疹も、ストレスによる蕁麻疹だったのかもしれませんね。

とにかく、まずは体調を戻したいところでございます。

そのためにも、まだ今は休養、リフレッシュ、気分転換、癒しが必要であるようにも存じます。

少し旅行に出掛けられても。何か良い気づきやきっかけがあるかもしれませんし。せっかくでしたらお寺の宿坊に泊まって、写経体験、坐禅体験などもいかがでしょうか。

興味がございましたら、「宿坊 ○○体験」などで、検索して調べられてみて下さい。

または、映画などもお勧めです。それも自分が観たいというのではなく、事前に調べずに映画館に行って、その場で偏見を持たずに上映されているものを観てみる、などどうでしょうか。日常の思考を離れて、一度、思考をリセットしてみることが必要かもしれません。

とにかく、いち早く心身共に健康になられますよう、祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「生きているのがしんどいです」

問い「生きているのがしんどいです」

【ご質問内容】

私はこの前病院に行っていくつかの検査をしてきました。 
大きな病気とかではなく、胸の痛みと胃の痛みと頭痛がありその原因がなんであるか、何も大きい病気はないことを確認するためでした。

結果として何も見つかることはなく、担当の先生が言ったことは受験などのストレスからくる鬱だろうと言われました。

私は自分が鬱だとは思わなかったのでとても驚きました。 
受験に対してもそこまでストレスを感じているというわけではなかったので、そこにも驚きました。

この体調不良が精神的なものからくるのであれば、私の何がいけなかったんだろうか。と思いました。 
自分の過去の言動が全てダメだったんではないか。この程度のストレスに負けるなんて弱い自分が悪いのではないかとも思いました。

病院に行く前、めったに泣かない私が、教室で泣いてしまいました。泣くというより勝手に涙が出てきたんです。 
初めてのことで、とてもびっくりしました。

頭痛はもう5年間、ほぼ毎日あります。 
私は今、大学に行くために勉強しています。大学に行って資格を取ってなりたい職業があるからです。

でも、この頭痛を抱えて仕事ができるのか。と考えるようになりました。

社会に出れば保健室で休むということはできません。心配されたとしても最初くらいでしょう。痛みはなかなか他人には理解してもらえません。 
たかが頭痛、で片付けられてしまいます。

仕事をするために勉強を頑張っているのに、仕事ができるかわからない。 
じゃあ、私は今なんのために頑張っているんだろう。と考えるようにもなりました。

病院で鬱だと言われた時、他に言い方がなかったから、そう言ったんだとわかっていてもショックでした。

ストレスなんてないよと親に言っておきながら、本当は自分が漠然とした何かに苦しんでいることに気づいていました。

でも、親にも友達にも彼氏にも本当の気持ちなんて言えません。平気だと嘘をついて、気持ちを偽って、そんな自分がますます嫌いになっていきます。

たまに、本当に死んで消えてしまいたいとすら思います。自分が何に苦しんでいるのかすらわからない。本当のことは誰にも言えない。人前でも泣けない。 
みんなの記憶から自分の存在が消えれば迷惑をかけることもないのにと思います。

私はこんなドロドロとした真っ黒な気持ちをどうしたらいいですか?


【拙回答】

身体的原因を更に探る

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

原因不明であっても、身体的な症状が出ている以上は、必ずその症状の身体的な機能における因縁(原因と条件)があるはずです。

例えば、起立性調節障害、膠原病なども考えられます。または、ホルモンバランスの変化・崩れによっての副腎疲労・慢性疲労症候群の予備的な症状といったことも考えられます。

一概に、「鬱」だとして済まされてしまって、本当の原因が見過ごされ続けてしまっては、取り返しのつかないこともございます。

もう少し身体的なことにおける原因を探るということをお考え頂きまして、上記も参考に調べて頂く余地があるのではないだろうかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうしたらいいのでしょうか」

問い「どうしたらいいのでしょうか」

【ご質問内容】

私はもう三十路前にもなる子持ちの母なのですが、未だに、自分の性格とうまく付き合っていけていません。

短気で、精神的にも弱く、ネガティブで、カッとなりやすいです。母からは、まさに子どもと言われます。自分の気の向くまま、ワガママなので。

カッとなったら、外に出さなければ、解消出来ません。その為、子育てする上でも子どもにイライラをぶつけてしまい、叩いてしまったり怒鳴ってしまったりしてしまいます。 
すっきりしたあとは、やってしまった事への後悔から、ずっと落ち込み、母として人として失格だと落ち込みます。 
旦那に相談しても、毎回、同じ事の繰り返しで嫌だと言われます。

私は今まで生きてきて、人生は楽しいと感じたこともなく、自分は生きている価値は無い位やな奴だと思って、ずっと生きてきました。

私もこの性格は変える事は出来るのでしょうか。もっとおおらかで余裕があって優しくて、明るい女性、妻、母になりたかったのですが、理想と現実はこうも違うんですね。

なにより一番は、子どもを叩いてしまうほど、カッとする所をすぐにでも直したいです。

どうすれば変えられるのでしょうか。アドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。


【拙回答】

性格も因縁次第

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

性格というものは、実体的にあるものではなく、色々な因縁(原因と条件)によって成り立っているものでございます。つまり、因縁次第で変えれるものとなります。

まず、あまり自分はこんな性格と自分で自分の性格を固定して決めてしまわないことが必要となります。

このことは、生きている価値や意味や理由も同様であり、実体としては無いけれども色々な因縁によってあり得ているものに過ぎないということでございます。

性格について、では、どうすれば、もっと穏やかで、優しく、和やかな自分になれるのか、そのために必要となる因縁を考えて、実行に努力することが大切になります。

もしかすると、余裕が無いことや、ストレス、不満がその一因になっているかもしれませんね。

うまくリフレッシュや気分転換ができることを取り入れてみるのはどうでしょうか。

自分も幸せな気持ちにならないと、人の幸せな気持ち、あるいは、人を幸せにすることも、やはり、分からない、難しいものとなります。

少し自分が幸せな気持ちになれることが足りていないからかもしれません。

どうか少しずつでも自分に余裕を持たせてあげていってみて下さい。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「人を殺したくなります」

問い「人を殺したくなります」

【ご質問内容】

衝動的に人を刺したくなります。小さいころから時々あって、ここ最近まで忘れていましたが、何度か問題も起こしています。

幼少期から不満や憎しみや悲しみや絶望を心に溜め込んでいて、それを外に出すには、物を壊したり、人を虐めたり、相手を苦しめたり殺したりするしかないと、心のどこかで感じてしまっています。

そうでなければ、その感情から逃げるために、自堕落に遊び続ける日々です。しかしそれももう疲れました。自ら自分を苦しめていることにおかげさまで気がつけました。

でも、もしこれから家の外に出る機会があって、今までと同じように大量のストレスを感じたり溜めてしまったら(人よりずいぶん感じ・溜めやすい性格です)、今度は自覚しているぶん明確に悪事を働いてしまうと思います。

何度も幼少期が原因の悩みばかり質問して申し訳ありません。現在の私には乗り越えるのに時間がかかり、また相談することもできず凄く辛いので、ここで吐露させて頂いた次第です。 
日々の事もなかなか踏み出せない私ですが、やはりそれが原因なのでしょうか?どうか言葉を下さい。よろしくお願いいたします。


【拙回答】

慈悲心の滋養

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

それはいけませんね・・  

悪い感情は、できれば、慈悲の感情で退治していきたいところとなります。

慈悲の感情を滋養していく一つとして「慈悲の瞑想」がございます。日本テーラワーダ仏教協会さんの「慈悲の瞑想」や「慈経」が有名ですので、下記にご紹介させて頂いておきます。
 
宜しければ一日一回でも、「慈悲の瞑想」をお勧め致したいと存じます。

いも様のお幸せを祈念申し上げます。

「慈悲の冥想 Metta Bhavana」 

「慈経 Metta Suttam/※注意・パーリ語読み自動再生あり」 

「慈悲(四無量心) 」 

川口英俊 合掌

問い「性欲との向き合い」

問い「性欲との向き合い」

【ご質問内容】

幾度の質問になってしまい、申し訳ありません。聞いていただけたら幸いです。

私は不安障害の症状があり、いつも過去や現在の過ちを思い出しては不安になる日々で、最近は自分の性欲について心配事が増えるようになりました。過ちを思い出しては不安で仕方なくなり解決するまでなにもできなくなってしまい、なぜかその時に限って性欲が強くなります。抑圧しながらなんとか悩みが晴れるまで我慢するのですが、解決したとたん安心して性的なことをしてしまいます。 
したら後悔するのにしてしまいかなり辛いです。 
この間もこちらで相談し悩みがはれたのですが、安心から性的なことをしてかなり後悔しています。悩みがペット供養についてだったので罰当たりなことをしたのではと考えてしまいます。 
以前、喪中に性的なことをしてしまったこともかなり気にしていて辛いです。不謹慎だと思います、反省したいです。大変なことをしてしまったでしょうか、どうしたら罪償いできますか。

本当に辛くてもう性欲を捨てたいです。今はないですがまた出てこないか不安です。


【拙回答】

性欲について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し性依存症的なものにお悩みのご様子・・

性欲は人間のみならず、生命全体においても大切な生殖的生理機能ですので、捨てようとされても捨てれないものであり、もちろん、無理に無くそうとされる必要もないかと存じます。

問題は、性衝動に負けて、倫理的・道徳的に反する行為に繋がらないようには、自制によりコントロールする必要がございます。

とにかく、まだお若いですし、あまり無理に我慢されようとはせずに、少しずつでもうまく処理されていかれてはどうでしょうか。

逆に、我慢することによるストレスが、より性依存症を強めることも考えられます。

日常生活や学業にまで影響が出てきてしまっては、その傾向が出てきてしまっているとお考え下さい。

そして、それが、倫理的・道徳的に反することにまでなれば、やはり、大変なことになってしまいます。

うまくしっかりと処理して、後悔や自己嫌悪にも陥らずに、できればその性の力をコントロールして、人生をより良く過ごしていくための力にもして頂けましたらと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「愛とはなんでしょうか。」

問い「愛とはなんでしょうか。」

【ご質問内容】

いつもお世話になっております。 
この場に合う内容かわかりませんが、誰にも言えないので相談させてください。

今年になって生まれて初めて彼氏ができました。 
彼はバツイチで、10以上歳が離れています。趣味や食の好みが合うことと、オンとオフのギャップに惹かれて付き合うことにしました。 
その彼の性欲が強すぎて悩んでいます。

付き合う前はいろんなところへ連れて行ってもらってたのですが、 
告白されて付き合いだして話題の8割が性的な話になりました。 
1番困っているのは、「(胸を)見たいから写メ送って」と言われること。こちらが嫌だと断っても、しつこく言ってきます。

デートは家ですることがほとんどです。わたしの体調関係なく会うたび身体を求められます。 
出かける約束に関しては、私の方からの提案でするのですが、 
当日になって「具合が悪い」とドタキャンされることがほとんど。 
ドタキャンは1度や2度ではありません。後で身体を気遣って大丈夫?とLINEをしたら「(胸を)触りたいくらい元気になった」と言います。

性欲は人の三大欲求なので、真っ向から否定もできませんが、ここまでされると、わたしの身体目当てで付き合われてるのか?と疑いたくなります。

わたしが思うに愛は心の繋がりだと思うんです。その向こう側に身体の関係がある。 
なので、まだ未婚で身体の関係を持つのはすごく違和感を感じます。 
彼は、身体の関係=愛と思っているようです。

わたしの考えは固すぎるでしょうか? 
身体をこんなに求められるのも愛なんでしょうか?愛とは、いったいなんでしょうか、、、?


【拙回答】

バランス

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「愛」とは、字のように、心を真ん中で受けるという意味であり、「愛し合う」とは、「お互いに心を真剣に真ん中で受けとめ合うこと」であると考えております。

お互い同士の気遣う心、配慮の心により、支え合い、助け合い、分かち合い、補い合って、バランス良く幸せに過ごしていけるのかどうかが大切となります。

そのバランスが崩れて、一方的な負担になること、極端なこと、ストレスや不満が溜まりすぎることなどがあると、やはり良い関係とは言えないものとなります。

仏教でも、偏見や極端な考えとなる常見や断見を離れた「中道」により、正しい仏道を歩むことが望まれることになります。そのため、常見を治すためには、「空」の理解を、断見を治すためには、「縁起」の理解を進めるのが必要となります。

さて、本題に戻りまして・・状況を察すると・・やはりバランスが悪いと申しますか・・性欲の処理に一方的に使われてしまわれているような・・性に対する認識の不一致も著しい気が致します。残念ながら、愛し合う良い関係とは言えない状況であるように伺えます。

ここは、しっかりと本音での話し合いによる解決が必要でしょう。

こちらの真剣な苦悩、やめてほしいこと、嫌なことを、相手が真剣に受けとめて、改善してもらえないようならば、お別れも考えていかなければならないのではないだろうかと存じます。

とにかく善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「心を動かしたい」

問い「心を動かしたい」

【ご質問内容】

旦那の叱り方。 
ごくたまにしか、叱らないんですが、そのときは、言葉も悪く、怒鳴りちらします。引きづり回すことも。 
叱られる方も、途中から旦那の事が怖くなり、やらかした事への反省よりも、怖いという気持ちになります。 
日々旦那のスイッチを入れないようにしています。 
息子が叱られてる時に、追い詰められてる息子見てしまい、私が「もうやめてやって」と言ってしまいました。初めてのことです。 
旦那は、悪いのはこいつ、なぜかばう? 
私は、そこまで追い詰めなくても… 叱り方は色々あると。 
旦那は、躾、育て方を否定された。もう知らない。勝手にしろ。俺も勝手にする。口もきかないです。こんな気持ちははじめてだ。 
いつもは、旦那に対して、私も反省するところあるなっと、謝りますが、今回は、冷めた気持ちです。また、今までのこともあり、何が正しいのか?正しい正しくないの問題じゃない?など、思ってしまい、考えもすすみません。 
離婚もよぎります。する勇気はありませんが、旦那が言いだしたら、受け入れざるを得ません。 
息子も、自分のせいで両親がこんなことになったと、私には泣いて謝ります。高校2年男。 
私は何も考えれず、どうしていけばいいのかも、わからなくなり、家事パートを坦々としています。長引けば良くないとはわかってますが、心がうごかないです。苦しいです。助けてください。

【拙回答】

まともに受けないこと

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

旦那様の叱り方、激高すると歯止めが利かない感じでしょうか・・あるいは、ある意味でのストレスのはけ口になってしまっているような感じでしょうか・・

一歩間違えれば、パワハラ、モラハラ、虐待になるのかもしれませんね・・

また、あまりに委縮し過ぎても、助長させてしまうかもしれませんし・・

息子さんもそれが大きなストレスとなってしまっての影響も危惧されます・・

一つは、適当に受け流すことです。

もちろん、ただ罵声を浴びせられるだけ(暴力が伴えば別の問題になります)になることでしょうが、どう考えても、理不尽なこと、無理なこと、できないことについては、一応は聞いておくだけ聞いておいて、カタチだけは反省を示しつつも、やっぱりどう考えても理不尽でおかしいこと、無理なこと、できないことは、心の中で「無理だよー」と言いながら聞き流せるようにしていくことも大切です。息子さんも。

相手は、受け入れられていると思うと、図に乗らせてしまうところもあるかと思いますが、まあ、ある意味で「またストレス発散してるわ、しゃーないな。」ぐらいで捉えられるようにされてみられてもどうであろうかと存じます。

まともに受け取るとなれば、やはりそれなりのダメージは大きくなってしまいます。

例えば、相手が石のように固い心で、こちらも同じように石のように固い心だと、双方ともにぶつかると、結構な衝撃となってダメージもございます。

相手が石のように固い心ならば、こちらは、まともに受け取ろうとしない何か柔らかい心となれば良いのであります。

そうするとやがて、手ごたえがない、となれば、相手も出方を変えざるをえなくなってくることもあります。

逆ギレには気をつけないといけませんので、あからさまに、馬鹿にしたような受け流しだけはもちろん禁物です。

とにかく、相手の心を変えるために、こちらの心からまず柔らかくしてみるという感じになります。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どこまで頑張ったり、我慢すればいいでしょうか」

問い「どこまで頑張ったり、我慢すればいいでしょうか」

【ご質問内容】

もし環境や、誰かに対してストレスを感じることがあっても、 
自分が我慢すれば済む、自分が頑張ればこらえられる、と思ってしまいます。 
それ自体、悪いことではないのかもしれませんが、そうやってすべて「自分が」担うことに疲れてしまうことがあります。

小さな頃から「大人っぽい」「しっかりしてる」などと周囲から評価されることが多く、 
事あるごとに「自分でやる」ことが求められていたし、自分自身もそれが当然だと信じて疑いませんでした。

逆にいうと、誰かがなんとかしてくれるだろうと人任せにすることは、無責任でよくないことだと思っていました。

他人のせいにしてはいけないという責任感、どうせ誰も何もしてくれないという不信感もあるかもしれません。 
その結果として、もし私が負担することで解決するのであればそれでいい、という自己犠牲的な考えが自分のなかで定着してしまいました。

それを繰り返すうちに、頑張ることに疲れてしまうことが多くなりました。 
しかし疲れていても、そこは自分が頑張らなきゃとムチを叩いて、ボロボロの自分を引きずることしかできません。

そこでご相談があります。 
「自分が」なんとかする、という姿勢に疲れてしまいました。 
しかしそれでも、誰かになんとかしてもらおうと考えるのはやはり甘えである気がしてしまいます。 
私はもっと誰かに委ねてもよいのでしょうか。 
あるいは、疲れてしまわないためにはどうしたらよいのでしょうか。 
もっと頑張りなさいと喝をいれていただいても構いません。

最後までお読みくださりありがとうございます。 
ご回答お待ちしております。

【拙回答】

ほどほど

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ストレスや不満、負担となるような頑張りや我慢は、正直、あまりよくありません。

私たちは、皆、それぞれ、独りで生きていけるような強い存在ではなく、色々なものに依存しなければ成り立たない弱い存在でございます。

その弱い者同士が、この厳しい世界で生きていくためには、互いに支え合い、助け合い、補い合い、分かち合っていかないと存在していくことは難しくなってしまいます。

あまり何でもかんでも、「自分がしなければ」とは思われ過ぎずに、できること、できないことのある中で、お互いにより良い依存関係をバランスよく保っていくことが大切となります。

あまり無理に頑張ろう、我慢しなければと思われ過ぎませんように。

ほどほどで、という余裕も必要です。

あとは、煮詰まらないように、休み、リフレッシュ、気分転換もうまく入れられてみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「この先どうしたらいいのでしょう?(長文ですいません)」

問い「この先どうしたらいいのでしょう?(長文ですいません)」

【ご質問内容】

1つ年上の彼女。三人姉妹の子連れ(中1、小5、小3)と付き合い、同居して一年ほど経ちます。

職場恋愛で初めは、同じ職場で男だらけの肉体労働の環境で働いていて、体への負担と子供のこともあり、違う職に就いてもらい、肉体的にも時間的にも余裕のある職になり、私が養っていくことになりました。

現在私自身、交通事故で働けず休職中なので毎日家にいる状態です。 
一人暮らしが長かったので、家事全般全てできます。

怪我をしてからですが、以前に比べて彼女の方が全くといっていいほど、家事をしません。 
(付き合い出した頃は、こちらにも気を使い率先して家事をしていました。)

手術を二回するほどの怪我をしたのですが、彼女が「家事はするから何もしなくていいよ」と言ってたのですが、退院して一週間もすれば、ダラダラ家事もせず、こちらは痛い足で、子どもら含め晩御飯の準備や洗濯をする状態でした。

仕事から帰ってくると、風呂に入り上がる頃には晩御飯ができてるので、ゴハンを食べて、食べ終われば、横になりテレビを眺めてるような状態です。

何事に対しても行動するのが遅く、「何か手伝う?」と聞いてくる頃には、こちらは段取りが終わってる状態なので、他にできる事を探してやって欲しいです。

何度かケンカではないですが、こちらの意見を言ったのですが、言った次の日はするんですが、一週間も経てば元の状態に戻っているので、こちらも怒りを通り越して呆れるしかないです。

子供たちの事に関しても、食事の際のマナーが悪いにも関わらず、そこまで気にしてない様子。

三人とも女の子なので、将来的にも最低限のマナーぐらいは身につけてもらいたいのですが、母親も子供たちに身につけさせるような様子もありません。

言い方は悪くなりますが、子供たちとは血の繋がりもないし、まだ彼女とは結婚もしてないので、そこまで無理して自分がやる必要あるのかと最近思ってきます。

生活費は、家賃、光熱費、食費、全て私もちです。

彼女と子供たちのダメだと思う所を、自分で気付きなおすようにするにはどうしたらいいでしょうか?

最近は、結婚を考えることもあまり意識しないようになってきてるのも事実です。

【拙回答】

婚姻するかしないかの差について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

事実上の婚姻関係、あるいは、内縁関係といった状態となるのでしょうかね・・

少し読ませて頂いただけですが・・失礼ながら、どこか都合の良い家政婦状態になってしまっているような気も・・

正式な婚姻関係となれば、「社会的に認められた結合で,当事者間の子供に社会的地位を与え,配偶者の権利と義務を規定した法律,規則,習慣,信仰などにより統制される。異なる社会や文化においても,婚姻には性的満足の創造と提供,子供の養育・教育・社会化,両性間の分業,経済的な生産と消費,愛情や地位や交友に関する人間的な欲求の充足などのさまざまな普遍的社会・人間機能を有する。」(出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)となり、お互いにそれなりの権利と義務、責任が発生することになります。

何より、民法・第752条にありますように、互いに協力し合って、相互扶助により、円満な家庭を築くことが大切となります。

このまま中途半端で、悶々と不満やストレスを抱えて過ごしていくよりかは、やはり、正式に婚姻するならする、しないならしないとはっきりさせて、曖昧になってしまっている状態を一度点検した上で、今後のことをお考えになられるのが良いのではないだろうかと存じます。

お子様たちのことも考えますと尚更にそのように存じます。

ご一考下さいませ。善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ