hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

リフレッシュ

問い「気力が湧きません。」

問い「気力が湧きません。」

【ご質問内容】

3ヶ月前、職場の移動をきっかけに体調を壊し3週間のお休みをもらい復帰のその日に解雇通告されました。 
「解雇」の事実は日に日に私を苦しめ自信を奪い再就職の気力さえも消し去りました。その後、原因不明の湿疹に悩まされ体調もすぐれません。 
毎日考える事は、元気に働いていた頃の事ばかりです。3ヶ月経った今でも、なかなか心の区切りがつきません。 
今は1日も早く区切りをつけ次の仕事を探さなければいけないのに、なかなか動き出せません。

どうしたら心の区切りがつけられますか? 
自然に心身ともに復活する時がくるのでしょうか。よろしくお願い致します。


【拙回答】

旅行や映画など、どうでしょうか。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

職場の移動における環境の変化がストレスとなり、体の不調へと影響を及ぼしてしまったのかもしれませんね・・

「病は気から」と昔から申しますように、心の不安定さが、体の不安定さへと繋がってしまったり、もちろん、その逆もあり得るところでございます。

湿疹も、ストレスによる蕁麻疹だったのかもしれませんね。

とにかく、まずは体調を戻したいところでございます。

そのためにも、まだ今は休養、リフレッシュ、気分転換、癒しが必要であるようにも存じます。

少し旅行に出掛けられても。何か良い気づきやきっかけがあるかもしれませんし。せっかくでしたらお寺の宿坊に泊まって、写経体験、坐禅体験などもいかがでしょうか。

興味がございましたら、「宿坊 ○○体験」などで、検索して調べられてみて下さい。

または、映画などもお勧めです。それも自分が観たいというのではなく、事前に調べずに映画館に行って、その場で偏見を持たずに上映されているものを観てみる、などどうでしょうか。日常の思考を離れて、一度、思考をリセットしてみることが必要かもしれません。

とにかく、いち早く心身共に健康になられますよう、祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「終了」

問い「終了」

【ご質問内容】

私の七日間戦争終わりました。喝もらったんで頑張れました。ありがとうございました。結果がほしいです。次は何を目標にしようかなって思います。

【拙回答】

人事を尽くして天命を待つ

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「人事を尽くして天命を待つ」ですね。

ひとまずお疲れ様でした。

少しリフレッシュ、休暇も入れられつつ、また英気を養われてから、次の目標へと向かっていって下さい。

くれぐれも無理は禁物ですよ。

川口英俊 合掌

問い「生きること、生活することが苦でたまらないです。」

問い「生きること、生活することが苦でたまらないです。」

【ご質問内容】

生きていくこと、生活していくことに本当に疲れ果ててしまいました。来月の生活すら、考えられない。ただただ、1日をこなすので精一杯です。 

いつまで、生きていればいいのかと、この先生きていくことを考えると、本当に苦になります。

生きていくことが、生活していくことが、本当に苦でつらいです。

子供たちは頑張ってるので申し訳ないです。 
周りの人が、孫が楽しみと話してますが、私は孫なんて見なくていいから、早く生きることを終わらせたいと思っています。

どうしたら、いいのでしょうか?


【拙回答】

安全装置としての「遊び」を設ける

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

かなりお疲れにてネガティブになられておられるご様子・・

少しゆっくりと身体と心も癒せるようなリフレッシュ、気分転換が必要なのかもしれません。

あまり思い詰め過ぎず、お疲れのことを旦那様、あるいは職場にもご相談なさられてみて下さい。

自分に余裕が無ければ、周りへも余裕をもって見れなくなってしまっていることもあるかと存じます。

何でもそうですが、車のブレーキやアクセルのように「遊び」がないと、推して急発信、急停止では、運転者の心身的負担がかなり掛かってしまいますので、「遊び」を設けることで、その軽減を図り、また、「遊び」は、急発信、急停止を防ぐための安全装置にもなっているのであります。

少しご自身の余裕(遊び)について、意識してもってみられみて下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「肢体不自由児の子育てにイライラしてしまう」

問い「肢体不自由児の子育てにイライラしてしまう」

【ご質問内容】

私には、早産の為脳性麻痺で足の不自由な9才の男の子がいます。

歩けますが、まだまだ不安定で、学校の送り迎え、毎日のリハビリなど、手がかかることが多く、何でちゃんと産めなかったのかと毎日考えてしまいます。

幸い知的の遅れはないのですが、普通に産めてたら、今頃放課後友達と遊んだり、自転車に乗ったりできてたのに、うちの子は家にいて、リハビリして、、と毎日考えてしまいます。

リハビリに誘ったり、歩き方をアドバイスしても、、いやと言われると、きれてしまいます。 
私が怒ると、子供は私の顔色を伺って、話しかけてくるのですが、冷たくしてしまいます。 
自分で、こんな自分がすごくいやです。 
怒った後に、なかなか気持ちを切り替えられず、1日冷たくしてしまう事もあります。 
子供の寝顔を見ながら、反省してしまいます。 
何故、友達はみんな普通に産めているのに、私だけ、、と考えてしまいます。


【拙回答】

お母様の負担の軽減と共に、たまにはリフレッシュ、気分転換も

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちには、それぞれできること、できないことが、誰にでも大小少なからずございます。

それでも、何とか過ごせていけているのは、助け合い、支え合い、分かち合い、補い合いがあるからでございます。

どうしても他と比較してしまって、他と合せようとして、できないことに目が向いてしまいがちですが、できれば、お子様のできることにもっと目を向けて、お子様の特性を伸ばしてあげれるようなサポートもできていけましたら、やがてハンデも乗り越えて、色々と自信となり、更にできることも増えていくのではないだろうかと存じます。

お母様も、あまり負い目に思われませんように。負い目が、お子様の自己嫌悪や劣等感に陥らせてしまう、といった悪い悪循環になってしまいかねません。

また、あまりご無理なさられずに、色々な福祉サービス制度も利用されるなどして、お母様の負担の軽減と共に、たまにはリフレッシュ、気分転換も必要ではないかと存じます。

お子様の健やかなるご成長、ご家族のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「仕事と自分の目指す生き方がうまく合わない」

問い「仕事と自分の目指す生き方がうまく合わない」

【ご質問内容】

4月から社会人になり、5ヶ月がたちました。 
私の仕事は全国転勤があり、現在生まれ育った東海を離れ、中四国で一人暮らしをしています。

私は特に向上心があるわけではないので、仕事について生きてければ内容にはさしてこだわりはなく、お給料や人間関係が程々であればよいと考えています。 
それよりむしろ、趣味の追っかけや、友人や家族、恋人と過ごす時間をとりたい。それが満足にできないなら働く意味はないとすら思います。

ところが現在、中四国から東海・関東があまりに遠く、思うように余暇を楽しめていません。休日も不定休のため、友人とも時間が合わず、知り合いのいない土地で1人で過ごす休日になっています。

会社自体はまったく不満はありません。お給料も同じくらいの学歴の新卒と比べて良い方ですし、残業が多いということもない。反りの合わない上司はいますが、心をやられるほどではないので、ただの相性と割り切っています。年間の休日も、他社と比べて多い方です。 
ただ、連休が取れないために、趣味や会いたい人に会う時間だけが作れないのです。

今ではふと転職の二文字が頭をよぎります。 
しかし、私の経歴では十分すぎるほどの会社に勤められているし、今が社宅住まいなので転職するなら家探しからになる。親も心配するだろうし、何より入社前から予想できたはずのことで何をへこんでいるんだとも思います。 
それでも、今後こんな状態が何年も続いていくのかと思うと、私は何のために働いているのかと感じてしまいます。

私はどうしたらいいんでしょうか。 
せめて心持ちだけでも変えられたらと思います。


【拙回答】

「工夫」(くふう)

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「工夫」(くふう)という言葉がございますが、実は禅語の「動中工夫」という言葉が語源の一つとなっています。

修行僧も坐禅ばかりをしてるだけでは、当然に生活ができなくなってしまうため、坐禅以外における、作務や托鉢、食事の支度などの動作中においても、坐禅をしている時と同じような心境において修行ができるように、状況、環境に併せて、臨機応変に修行しているつもりで対応していきましょう、といった意味合いになります。

あめ様は、今の状況、環境において、どこかまだ「工夫」するような余地はないでしょうかね。

「趣味の追っかけや、友人や家族、恋人と過ごす時間をとりたい」というお気持ちも誠に理解できますが、一方で、転職というリスクを取った場合、安定した職場、給与等を維持できなくなってしまう可能性もございます。そうなると、更に余裕が無くなり、余暇やレジャー、リフレッシュも楽しめなくなってしまう可能性もございます・・

もちろん、まだ一年目であり、これからの頑張り次第では、転勤願いや配置換えを出せるぐらいまでにまでなれることも、先ではできるのではないかと思います。

とにかく、今は今の状況、環境で、ネットも最大限活用するなどして、無駄なく、うまく効率よく休みを「工夫」して、余暇やレジャー、リフレッシュも楽しんでみることも。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「子供にイライラしてしまう」

問い「子供にイライラしてしまう」

【ご質問内容】

一歳8ヶ月の子供に、イライラしてしまいます。 
朝起きたときから、すぐにお腹が空いたと泣く。どこに行くのもついてきて、ゆっくりトイレにも行けません。ご飯も自分で食べず、私が食べさせるのを待っています。それなのに、食べさせ方や順番が気に入らないと怒る、立ち上がる。寝ているときも転がってきて、身体中が痛い。 
発達が遅く、言葉は無いので、何が言いたいのか分からずぐずるときもあります。 
イライラが募り、先日つい子供を怒鳴り付け、押し退けてしまいました。 
頭を冷やそうと、別の部屋に行ったりしましたが、イライラはおさまりません。 
夫がいても、少しでも子供と離れられて、ゆっくり睡眠もご飯もとれる夫が羨ましく、余計にイライラします。 
どうにか、イライラせずに冷静でいる方法はないでしょうか。子供はとても可愛いのに、このままでは虐待してしまわないか、怖いです。


【拙回答】

ゆとりを持つために

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お子様に発達の遅れがあり、まだ発語もないご様子・・少し心配でございます。

保健センターで開催されている親子教室など、療育的なことにはまだ参加されてはいらっしゃらないでしょうか。

一人で悩まずに、他に支援・協力をお願いするのも時に必要な場合もございます。

また、心に余裕を持つためには、お母さんのゆとり、リフレッシュも大切になります。

少し子供さんを預けられて、自分のこと、自分のケアになることもできると良いのですが・・

それが無理であれば、ご主人様に現状を説明して、理解してもらって、休みの日に半日、一日見てもらって、ゆー様の自分の時間を持ちたいところでございます。

提案としましては、一度、発達の事について、ご主人様と一緒に保健センターに相談に行かれて、困っていることについて、客観的に見てもらえる専門家としての第三者も交えて、お話をされることで、ご主人様にも状況を認識してもらうようにするというのはどうでしょうか。そうすれば、少しは意識が変わって、協力的になってくれるかもしれません。

お子様の健やかなご成長を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうしたらいいのでしょうか」

問い「どうしたらいいのでしょうか」

【ご質問内容】

私はもう三十路前にもなる子持ちの母なのですが、未だに、自分の性格とうまく付き合っていけていません。

短気で、精神的にも弱く、ネガティブで、カッとなりやすいです。母からは、まさに子どもと言われます。自分の気の向くまま、ワガママなので。

カッとなったら、外に出さなければ、解消出来ません。その為、子育てする上でも子どもにイライラをぶつけてしまい、叩いてしまったり怒鳴ってしまったりしてしまいます。 
すっきりしたあとは、やってしまった事への後悔から、ずっと落ち込み、母として人として失格だと落ち込みます。 
旦那に相談しても、毎回、同じ事の繰り返しで嫌だと言われます。

私は今まで生きてきて、人生は楽しいと感じたこともなく、自分は生きている価値は無い位やな奴だと思って、ずっと生きてきました。

私もこの性格は変える事は出来るのでしょうか。もっとおおらかで余裕があって優しくて、明るい女性、妻、母になりたかったのですが、理想と現実はこうも違うんですね。

なにより一番は、子どもを叩いてしまうほど、カッとする所をすぐにでも直したいです。

どうすれば変えられるのでしょうか。アドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。


【拙回答】

性格も因縁次第

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

性格というものは、実体的にあるものではなく、色々な因縁(原因と条件)によって成り立っているものでございます。つまり、因縁次第で変えれるものとなります。

まず、あまり自分はこんな性格と自分で自分の性格を固定して決めてしまわないことが必要となります。

このことは、生きている価値や意味や理由も同様であり、実体としては無いけれども色々な因縁によってあり得ているものに過ぎないということでございます。

性格について、では、どうすれば、もっと穏やかで、優しく、和やかな自分になれるのか、そのために必要となる因縁を考えて、実行に努力することが大切になります。

もしかすると、余裕が無いことや、ストレス、不満がその一因になっているかもしれませんね。

うまくリフレッシュや気分転換ができることを取り入れてみるのはどうでしょうか。

自分も幸せな気持ちにならないと、人の幸せな気持ち、あるいは、人を幸せにすることも、やはり、分からない、難しいものとなります。

少し自分が幸せな気持ちになれることが足りていないからかもしれません。

どうか少しずつでも自分に余裕を持たせてあげていってみて下さい。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「秋の気配を感じますね」

問い「秋の気配を感じますね」

【ご質問内容】

今日は恋愛についての質問、というか話です。

私には、親しくしていた元彼女がいました。もともと好きで付き合ったわけではなく、数ヵ月で別れたのですが、初めての彼女だったし、話も合い、長いあいだ友達でいました。元彼女は私のことを受け入れてくれたし、自信を持たせてくれました。私たち二人はいい友達だったと思います。

そんな、元彼女に先日、新しく好きな人が出来ました。 
私は、私に対してずっと一方通行の恋愛感情を持ち続けてきた元彼女に、新しく両想いの恋人ができたことを祝福し、未練が残らないようにあっさり元彼女のもとを去りました。ちょっとやせ我慢をしたわけです。

やせ我慢なので、内心、私は寂しく、ハードボイルドになりきれない部分があって、夜中にお坊さん達に話を聞いてもらいたくなってしまいました。 
正直言って、元彼女の新しい相手がすでに老人と言っていい年齢なのが、私は気になるし、元彼女の話を聞く限り、私は、その老人のことがなんとなく好きになれないです。これはただの嫉妬かもしれませんが。

そうは言っても、元彼女の選んだ相手なので、特に私には言うことがありません。でも、もし元彼女が老人と理由あって別れたりした場合は、また私を頼ってくるのではないかという予感がし、そのことが私を複雑な気持ちにさせるんです。 
…と言うのが話の前半です。

後半の話は私自身に好きな人が出来たというものです。 
私はその女の人のことをあまりよく知らないです。 
仕事で少し接する機会があるだけです。

私は実はあまり恋愛感情というものがなく、今まで恋というものがわからずに来たのですが、その女の人のことを考えると、心が揺れる、と言うか、胸の奥からの寂しさを感じます。これは恋でしょうか?

ともかく私は寂しく、そろそろ秋の気配が感じられることもあり、寂しく、そのために生活が乱れています。 
自炊しなくなり、今まで楽しみにしていた趣味に興味をなくしました。 
酔っ払ってSNSにアルコール臭い文章を書き込んで、人に構ってもらおうとしたりしています。

・・・ここまで、読んで結局、きみは何を悩んでいるんだね? 
とお坊さん達は思ったのかもしれません。

無理に質問にまとめることも出来るかもしれませんが、今日はあえてこのまま投稿します。自分でうまくまとめられないので。 
なにかひとこと頂けると幸いです。


【拙回答】

恋でしょう。。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

そうですね。。まだまだ猛暑が続いていますが、赤とんぼ、朝晩の風、夕涼みに鳴く虫たちの声・・季節の移り変わりを思います・・

少し感傷的といった感じでしょうかね・・

まあ、元彼女のことが気になるのも仕方がありませんが、それぞれ別に好きな人ができたようで、これからもお互いに相談し合える、励まし合える、そんな関係で良いのではないだろうかと思います。

恋はするものではなく、落ちるもの。まさに落ちたのではないでしょうか。

時には、寂しさで感傷的になることがあってもいいじゃないですか。。

でも、あまり生活が乱れて自堕落になるのは避けたいところです。

自分磨きに何か取り入れたりするのはどうでしょうか。

あるいは、体形や体力の維持と気分転換やリフレッシュも兼ねて、ジョギングを始めたり、ジムに通ったりするなど。

何か日常のメリハリになるようなこともあると良いでしょうね。

そして、恋も前進があると良いですね。

川口英俊 合掌

問い「疲れました」

問い「疲れました」
http://hasunoha.jp/questions/10272

【ご質問内容】

生きる事に 疲れました

【拙回答】 

身体と同じく・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

身体と同じく、心も疲れた時には、休み、リフレッシュが必要です。

それも、ただ何となくに休むだけではなくて、英気も養えるようなことや気分転換になるようなことにもなると良いのですが・・

旅行、海外旅行などもその一つです。

見知らぬ土地での見知らぬ人々とのふれあいで、何か良い気付きがあるかもしれません。

あまり殻に閉じ込まれずに、壁も作られませんように。

どうか良いリフレッシュを。

川口英俊 合掌

問い「人生に疲れた」

問い「人生に疲れた」

【ご質問内容】

時々生きてる事が辛くて 
でも、死ぬ勇気も無く


【拙回答】

疲れてしまう前に・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

人生、時には、つらく、しんどく、疲れてしまうことがありますよね。

そんな時は無理せずに、休むことも大切です。

それと、何でも独りで頑張ろうとし過ぎずに、周りを頼ることも大切になります。

仏教では、他に依存して成り立っているということを「縁って起っている」として、「縁起」と申しますが、この「縁起」なるありようで成り立っていることをよく理解して、助け合い、支え合い、分かち合いが必要であると自覚し、頼り、頼られてのお互い様の中で過ごしていけるように何事も調えて参りたいものとなります。

とにかく、身体と一緒で、心も疲れてしまう前に適切な休み、リフレッシュすることが必要です。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ