hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

不妊

問い「不妊体質に振り回される愚かな毎日から解放されたい」

問い「不妊体質に振り回される愚かな毎日から解放されたい」

【ご質問内容】

お忙しい中、駄文に目を留めて下さり感謝いたします。

現在34歳です。 
3年前、第一子を帝王切開で出産したため、2~3年間は妊娠を避けるよう指導がありました。

半年前、第二子妊娠に向けて頑張ろうと思った矢先に、突然3ヶ月間の無月経を経験しました。

不妊治療には抵抗がありましたが、年齢もギリギリですし、2か月前に不妊検査だけでも受けようと決心するも、生殖器の機能が低下しているのか、検査が進んでいきません。

一般に女性が28日で一つの周期を終える中、私は45日もかかりました。当然、妊娠の機会は減ります。

自分の体が信用できず、焦っていることを医師に伝えるも、 
「心の問題まで不妊外来で扱えない。不妊治療はいったん辞めておいて心療内科か精神科に行きなさい」と一蹴されてしまいました。

検査は全部終わっていないものの、これまで受けた検査はすべて問題なしでした。

でも、普通の女性のように周期も整わず、妊娠もしませんでした。

排卵日が近づくたびにイライラ、ソワソワ、 
妊娠が成立しなかったことがわかるたびに落ち込み、眠れなくなり。

本当にバカみたいです。

正常にホルモンの分泌もできない、欠陥品の体を壊したくなる衝動にかられます。 
本当に下腹部を棒で殴りまくり、アザだらけにした日もありました。

子どもの笑顔を見ても「あなたのきょうだいをつれてきてあげられなくてごめんね」 
と卑屈で惨めな気持ちになります。

無意識に妊活やまだ見ぬ第二子のことで頭がいっぱいになっている自分が恥ずかしいです。

何かが嬉しいとか、楽しいという気持ちも弱くなりました。 
どんなに良いことがあっても、誰かが耳元で「でもあなたは、一人しか子どもを産めなかったんだよね」とささやきます。

これはもう、夢や願いなどではなく煩悩、執着といった醜い感情ではないでしょうか。

こんなものに振り回されるのはもうたくさんです。

今いる子に全く関係ないことで悩みながら子育てしているのは、二重人格的で苦しいです。

不妊治療はあくまで生殖活動の補助であり神仏に代わって命を作っているわけではないので、否定はしませんが、 
子どもは授かりもの、授からない奴は前世で悪いことをしたからだ、などと言われていた時代の方がまだサッパリしていたかもしれません。

終わらない悩みを断ち切ってくださるお言葉を賜りたいです。


【拙回答】

ホルモンバランスの変化について

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お子様を授かるためのご縁が調えば、また授かれることもできるのではないだろうかと存じます。

そのご縁をどう調えるかとなりますが、何よりまずは、ご夫婦仲睦まじくに、お互いで支え合って助け合って、そして、お子様のこともご縁が調えばにて。

そのためにもご自身のお身体、ご家族を大事に、大切に。

ホルモンバランスの変化につきましては、副腎機能の低下の問題が考えられます。

最近よく耳にする慢性疲労症候群の原因でもあります。

もし、慢性疲労症候群に当てはまるようなことに心当たりがあれば、不妊治療と全く関係ないとあまり思い込まれずに、一度、慢性疲労外来を受診されても良いのではないだろうかと存じます。

心の不安定も、意外にも原因は、身体の機能的な問題にあることも。

ふゆり様、ご家族のお幸せを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「生きている意味が分かりません」

問い「生きている意味が分かりません」

【ご質問内容】

結婚して12年、不妊に悩んでいます。 
いくつかの病院にも通いましたが、お互いに大きな問題はなく原因不明です。

去年年末に初めて体外授精を行いました。 
結果は、卵が胚盤胞まで育たず移植ができず治療を中止。

それが原因で、3年前から心療内科に通っていましたが鬱がひどくなり 
中学生の頃から発症していた過呼吸と嘔吐を繰り返す毎日。 
当然、仕事にも行けなくなり 
離婚と死ぬ事ばかりを考えるようになりました。

2ヶ月間入院し、現在は自宅療養中。 
夫とも話す努力をし、少しづつ回復。 
薬も少し減り8月中旬には職場復帰できるかな、と思っていました。

しかし、休職中にまた人工授精に失敗。 
去年結婚した義妹の妊娠報告に 
義母から泣かれ、義両親には顔をあわせる事も出来なくなりました。

長男の嫁として、出来る限りの事はしてきたつもりです。 
仏壇への挨拶や、季節ごとへのお墓参り。 
人工授精当日も「どうか家族として認めてください」とお願いしてきましたが、ダメでした。 
義妹は認めてもらえ、私はダメなのか…と絶望しました。

眠れない毎日が続き、また急激に心のバランスが取れなくなってきました。 
食い違う夫との考え方、未来の見方。 
完全に理解し合えない苦しさに、一緒の寝室にいることも出来なくなってきました。

誰にも言えない心の不安は大きくなるばかり。 
大声で「助けて!」と言いたいのに、誰に何を助けてもらえばいいのかさえ分からない状態です。

オーナーには「焦らなくていい」と言われながら 
本当は仕事にいつ戻れるか分からない不安。 
待たせてしまっているというプレッシャー。 
一旦「美容師」というレールから外れたら、もう2度と戻ってこられない気がする恐怖。

生かされている意味を何度も考えても答えが出ません。

どうしたら、この苦しさを誰かに理解してもらえるのか? 
何か大きな事件を起こさなきゃいけないんだろうか…。 
間違った考えが頭の中を支配します。

もう本当に限界です。 
助けてください。


【拙回答】

何事も因縁が大切になります

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

一生懸命に頑張ってこられたのですね・・色々なプレッシャー・ストレスで心身ともにかなりお疲れのご様子です。快復まで、まだまだご自身をいたわってあげて下さい。

生きている意味も、お子さんを授かるのも、とにかく因縁(原因と条件)次第。何事も因縁が大切となります。

原因、あるいは条件も無いところに、何らとして結果は出ないものです。

また、大きな病院で調べてもらったから原因が分かるとも限りませんし、対症療法ではなかなか難しい場合もございます。人間の体は誠に複雑にて解明されていないこともまだまだございます。実は、もしかすると些細なことが根本的な原因としてある可能性もあります。

あまり気にならない程度の何か身体的に表れている症状とかはないでしょうかね。例えば、アレルギーや軽い皮膚病や胃腸の問題など。根本的な体質に関わるところに問題があれば、その治療に取り組むことで、お互いにお子さんが授かれる因縁を調えられていくことも、まだまだ余地があるのではないだろうかとは存じます。

色々と憂うこと、悩み苦しむことはこれからも多々あるかとは思いますが、とにかく、旦那さんと仲睦まじく、助け合って、支え合って、分かち合って、人生の困難を共に乗り越えて、お幸せにお過ごし頂けますようにと、祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「本当の気持ちがわかりません。」

問い「本当の気持ちがわかりません。」

【ご質問内容】

不妊治療をしてましたが、子供に恵まれなくて 
夫婦2人で暮らしています。

主人は、子供はいないなら 
いなくてもいいと言っていて 
不妊治療ももうやめようと 
言われています。

先週、実家にいる妹から 
息子(甥)が、軽度の発達障害と医師から 
言われたと聞きました。 
甥が産まれてから実家で育ててきて 
ずっと成長をみてきたので 
実の子供のような存在です。 
かなりショックでした。この先のことを 
考えるといろいろ悩んでしまいました。

このことがあって、 
子供がいると、子供のことで悩みは出てくるし 
こんなに 先のことを悩んだり考えたりするなら 
主人のように 子供はいなくてもいいのかもと 
考えたりするようになりました。

今日、友人から妊娠の報告を受けました。 
彼女も不妊治療で やっと授かったので 
私も 嬉しく思ったのですが 
電話を切った涙が止まりません。

やっぱり 子供はほしいと思う気持ち 
反対に甥のことなど悩みが増えるなら 
子供がいない方がと思う気持ち 
私も歳なので、高齢出産のリスクなど 
考えてしまって、 
自分の本当の気持ちがわからなくなり 
どうしていいかわからず 
気持ちの整理もつかないです。 
つらいです。助けてください。

【拙回答】

チーム「えりりん」結成

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

人生、誰でも困難や問題が色々と生じるものでございます。悩み事も尽きません・・

大切となるのは、それらの困難や問題、悩み事とぶつかった時に、困難や問題、悩み事を乗り越えて、解決していくために、助け合って、支え合って、補い合って、分かち合っていくことのできる存在があるかどうかとなります。

旦那様、ご両親、兄弟姉妹、友人、医師・・チーム「えりりん」を結成して頂きまして、どうか、独りで悩まずに、独りで苦しまずに、思い悩みを共有して、困難や問題、悩み事を乗り越えて、解決して参りたいものでございます。

どうかhasunohaも、まずはこのご質問を機として、チーム「えりりん」にお加えを頂きまして、また何なりとご活用をして下さいませ。ご質問の直接の回答になっておりませずに申し訳ございません。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「不妊治療して、やっと授かったのに流産して気持ちが苦しいです」

問い「不妊治療して、やっと授かったのに流産して気持ちが苦しいです」

【ご質問内容】

初めて相談させて頂きます。どうか前向きに生きるアドバイスをお願いします。

結婚8年目の専業主婦です。4年間の不妊治療で双子を授かりましたが、週数違いで流産してしまいました。

当初はただただ悲しいばかりでしたが、時間が経つにつれて、自分を責めるようになりました。自分が双子と戸惑ったから、子供たちがお空に帰ったのでは、もしくは私が子供たちを殺してしまったのではとも思いました。

子供たちは頑張ってくれたと、私を守ってくれたのだと周囲の人が言ってくれました。頭では理解できるのですが、まだ心がついていきません。

悲しんでばかりだと子供たちにも心配をかける、そう思って頑張れる時もありますが、夜中に涙が出て、哀しくて寂しくて、亡くした子供たちに会いたくて、どうしようもなくなる時があります。

どうすれば、もっと前向きに日々を過ごせるでしょうか。

【拙回答】

双子のお子様に「ありがとう」と言ってあげて下さいませ。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

美月さんと香月さん・・流産されてしまわれた双子のお子様のお名前になりますでしょうか・・

拙生にも十週以下にて流産した子の経験がございますが、半年ぐらいは、本当に悲しみ、悩み苦しみました・・

水子供養はなされて頂きましたでしょうか・・

水子供養をお勤め頂きまして、双子のお子様のことを地蔵菩薩様へとお任せになられて頂くことも。お地蔵様の善きお導きも賜りましょう。

この世のモノ・コトは、因縁(原因と条件)によって成り立っていると仏教では説明申し上げます。

どうしても因縁が調わないと難しいこともございます・・

双子のお子様は僅かの命だったかもしれませんが、確かにお二人の子どもとしてこの世に現れてくれたことは紛れもない事実です。それは何か大切なことを気づかせに来てくれたのだとお考え下さいませ。

もちろんまだまだ難しいかもしれませんが、拙生はやがてそのように思えることができ、有り難くに感謝致して、水子供養を致して、乗り越えていくことができました。

その気づきはもちろんそれぞれにおいても異なるでしょうが、真摯に「いのち」と向き合うことによって得られるものは、それぞれに大きなものがあるのではないかと存じます。

旦那様と、お互いに支え、助け合って、そして、仲睦まじくに。

きっと、双子のお子様はこのように言われることでしょう。

「お母さん、いつも私たちのことを忘れずに思っていてくれてありがとう。でもね、どうかこれ以上は泣かないで。悲しまないで。」と。

双子のお子様に「ありがとう」と言ってあげて下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「赤ちゃんの行き先は誰が決めるのですか?」

問い「赤ちゃんの行き先は誰が決めるのですか?」

【ご質問内容】

赤ちゃんが「あのお家に行こう」と選ぶというのは本当ですか? 
それとも神様・仏様が「あのお家に行きなさい」と決めるのですか?

私は不妊治療もしましたがなかなか授かれず、一度だけ妊娠したものの早いうちに成長が止まり流産となりました。 
子どもが好きで保育士をしていますし、何よりも全く性格の違う夫と私の間にどのような子どもが生まれてくるのか、どうしても会ってみたくて諦められず、待ち続けています。

だから、虐待や殺害のニュースを見るたびに「我が家に来てくれていれば…」「待ち望んでいるお家に行ってくれていれば…」と思わずにはいられません。 
「行き先が違っていたら幸せになれた命が沢山あるはず」と思わずにはいられないのです。

最近も28歳娘と義父の元に生まれた赤ちゃんが殺害されたニュースがありました。(その娘さん自身も被害者なのかもしれない事は知っています)

赤ちゃんがそこに行きたいと選んだのでしょうか? 
神様・仏様が決めたのでしょうか? 
親に傷つけられたり、殺されるために…。 
そんな酷い事があっていいのでしょうか?

私たちが「たった1人でもいいから」と望んでいる間に、よそには2人目、3人目と生まれたりしています。 
何の意地悪なのか…、そもそも神様も仏様もいないのでしょうか? 
「信じる者の中に存在する」と聞き、ずっと信じて生きてきましたが…。

身も蓋もない言い方になってしまいますが、結局のところは身体的に全く問題がなく受精・着床…と進めば、人としてどうかとか、神仏云々関係なく授かることができるんですよね。

頭ではわかっていても心がモヤモヤしてしまい、こんな事ばかり考えてしまいます。 
「今度は間違えないで私たちの家に来るんだよ」と諦められず待ってしまいます。

【拙回答】

どうかお子様が授かれますように

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お子様を強く望まれる中におきまして、大変な不妊治療、そして、流産のご経験・・と、誠におつらいことでございます・・

仏教では、全てのモノ・コトというものは、因縁(原因と条件)により結果が成り立っているとご説明申し上げます。

赤ちゃんが授かれるのも、そのための因縁が調っての結果ということになります。

その因縁をできるだけしっかりと調えて参りたいものとなります。

何よりご夫婦仲睦まじく、そして、お互いの心身共の健康に留意しつつ、医療の活用にも努めて、結果を待ちたいものでございます。

どうかお子様が授かれますようにと心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「娘と夫と笑っていたいけど」

問い「娘と夫と笑っていたいけど」

【ご質問内容】

1歳半の娘を持つ専業主婦です。 
ご相談したいのは、娘を育てていけるのかと不安に思っていること、夫がうつになり、この先どうしていったら良いのかわからなく八方ふさがりに感じていることです。

まず、娘は生まれた時に酸欠になり、脳性麻痺になりました。おそらく座る立つ歩く、握る書く捻るなどの体を動かす面で障害を持つと思われて、今は地域の専門機関でリハビリをしています。知能面は大丈夫だろうと言われていますが、まだわかりません。

そして、夫は娘が生まれる前から、仕事で大きなストレスを抱え、不眠、過食なとがあり、心療内科に通いだしていました。 
娘がいろいろあって生まれ、ばたばたしているうちに、自分の通院はどこかに吹き飛び、そこから徐々にうつが悪化していきました。 
今は再度何とか心療内科に通い内服していますが、薬で無理やり落ちつかせている感じです。少し何かあると叫び、物にあたります。 し
娘が大きくなるにつれ、周りのお子さんとの差を受け入れられず、頭の中が娘の将来への不安でいっぱいだそうです。 
理解はしてなんとか家の中で明るくいようとは思っていますが、暗い夫の感情を引きづられてしまうので、家の中が暗くなることもしばしばです。両親ともに不安定な精神状態で、身体機能面の不安があるうえ、さらに娘の内面の成長をも妨げないか心配です。 
子供が欲しくて不妊治療してやっと授かり産みましたが、私のいつかの行いが悪かったからだろうか、産んではいけなかったのだろうかと思うこともあります。

ちなみに、私と夫両方の親は協力的で、よく相談にものってくれますが、うつに関しては、あまり深刻には捉えていないと感じます。やはり、親の前では平気なふりを夫がしているからかと思います。

娘と夫と笑顔で生きていくにはどういう心持ちでいたら良いでしょうか。

【拙回答】

余裕、リフレッシュも必要です。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お子様のことと、旦那様のことで、色々とご不安がおありにて、誠におつらいことでございます・・

お子様のことは、とにかくしっかりと、関係機関と連携も取り、リハビリとサポートに取り組める環境を作ることで、予後の回復と健やかな成長をと存じます。

旦那様のことは、仕事におけることと、お子様のこともあり、お子様の将来についての不安によるところも大きくおありなのでしょうが、何とか現実をしっかりと受け止めて、そして、少しずつでも前向きに取り組めるようになって頂きたいところでございます・・

とも様はご自身をお責めになられてしまわれるお気持ちは分かりますが、モノ・コトというものは、無数の因縁(原因と条件)により成り立っており、どれがどうとははっきりと断定し難く、また、どうしても避けがたいことは避けられませんし、過ぎ去ってしまった過去のことをあれこれと思い悩み悔やんでも、もはや詮無き事でございます。

それよりか、これからどうしていくと良いのかを考えて行動していくことが大切となります。

また、旦那様も、とも様も、少し余裕やリフレッシュが必要であるかもしれません。幸いにも両方のご両親が協力的であるならば、正直に鬱病の悪い状態のことも打ち明けて、治療と共に、少し色々と助けも頂いて、余裕・リフレッシュも持つことで、いったん落ち着いて、現実をみれるように立ち止まることも必要ではないだろうかと存じます。

私たちの世界は、助け合い、支え合いで成り立っています。みんなで助け合って、支え合っていくことで、そして、ご家族が笑顔で過ごせるように調えて参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「赤ちゃんが欲しいです」

問い「赤ちゃんが欲しいです」

【ご質問内容】

2年前に結婚してずっと仕事を続けていました。 
約4か月前に退職し、今は専業主婦をしています。 
私の悩みは子供を中々授からないという事です。真剣に子作りをし始めたのは私が退職してからになります。周りの友人や私より後に結婚した人もぞくぞくと出産しており羨ましく思う日々です。元々生理不順でクリニックにも通いだしました。中々授からない原因の1つは私の黄体機能不全によるものもあります。 
年老いた父にも孫の顔を見せてやりたいし、義理両親にも初孫を早く見せてあげたいです。とてもしんどくて辛いです。亡くなった母も時々夢に出てきます。主人との愛しい子供を見たいです。助けてください。苦しいです。お願い致します。

【拙回答】

焦らずに・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

焦らず、医師のアドバイスと共に、心身ともに健康に、安穏に過ごせるように、そして、ご夫婦仲睦まじくに。

仏教では、全てのモノ・コトは因縁(原因と条件)により成り立っているとご説明申し上げます。

しかるべくに良き因縁を調えることによって、赤ちゃんも授かれることができるということになります。

他は他、周りは周りとして、とにかく赤ちゃんが授かれるための良き因縁を調えていけれるように一つ一つでございます。良き因縁へと向けて、どうかご自愛下さいませ。

お子様が授かれますように、そしてご家族皆様がお幸せでありますようにと祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「子どもはいないけど…今後について悩んでいます」

問い「子どもはいないけど…今後について悩んでいます」

【ご質問内容】

主人が浮気しているようです。 
ラブホテルのカードを見つけてしまいました。 
毎日家には帰ってきますし、 
休日休みが合えば買い物など一緒に出かけています。 
仲の良い夫婦だと思っています。 
私への態度を見ても、浮気であって本気ではないのかな…? 
と感じています。

でも、主人は結婚前にも浮気したことがあり、 
お互いの親も巻き込んでの大騒動になりました。 
そんな修羅場を越えての結婚だったので、 
主人も懲りていましたし、 
私も覚悟はしたつもりでした。 
だけど、さすがにもうしないだろう 
と思っていたので 
やはりとてもショックです………。

私たちは結婚4年目ですが 
まだ子どもはいません。 
思ったよりもなかなかうまくいかず、 
今、不妊治療に取り組んでいるところです。

なのでますます、 
これから力を合わせて不妊治療に取り組める気がしません。 
結婚したときに、次浮気したら離婚する! 
と宣言していましたし、主人もさすがにもうないよ!といつも言っていました。 
とにかく辛くてこれから今まで通りに共に歩む自信がありません。 
子どもがいないのだから、きちんと離婚の話をしたらよいのか… 
どうやって確かめたら良いのか… 
自分のところに必ず帰ってくると思って待つべきなのか… 
どう対応していいかわかりません。 
でもじっと待てる自信もありません。

主人のことは大好きですが、 
その分つらいです。 
許していいのか…なんと言えば一番よいのか… 
今後どう対応したらよいでしょうか…。 
長くなってしまい申し訳ありません。 
よろしくお願いいたします。

【拙回答】

ゲス不倫ではないことを…

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

昨今、世間でも「ゲス不倫」という言葉が流行っていますが、欲のコントロールができない人間の性と申しますか、中には、やめたくてもやめられないという病的、依存的なものもあるかと存じます。

何度も浮気や不倫を繰り返すという場合は、後者のことが多いようです。

形だけの謝罪、開き直り、逆ギレ、責任の押しつけなどにも注意が必要ですが、後者の場合では、理解やサポートも必要になるかもしれません・・

しかし、ラブホテルのカード・・そんなものがあるのですね・・ポイントとかつくのでしょうか・・

普通、バレないようにするならば、まずそんなカードなどは作らないでしょう・・

カードまで作っているとなれば、常習の疑いも拭えないですが、昨今は、会社の経費削減の方針に従って、やむを得ず経費を浮かす為にラブホテルを宿泊所代わりに利用するというのを聞くことがあります。

そうであってほしい・・

カードのホテルの所在地とか分かりませんか・・

遠方であり、その日に出張であれば、その可能性も高くなりますが・・

問いつめるも問いつめないのも、チョコ様次第ですが、このバレンタインを目前にしてのタイミングの悪さ・・

正直、疑いすら持たせるなよ、ですよね・・お気持ち、誠にお察し申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「他の人の妊娠」

問い「他の人の妊娠」

【ご質問内容】

結婚11年目の35歳です。結婚後に卵巣嚢腫の手術、子宮筋腫の手術を経て、その後に不妊治療に挑んでいます。

不妊治療をしていて、少し知識が付いてきているので悩んでいる人や子供を欲しいと思っている人に悩みを相談されたら、こうしたら良いんじゃない?などのアドバイスもしたりして悩みを共有していましたが、私に悩みを相談してくれた方々がどんどん先に子供を授かり、喜んであげなきゃいけないのに羨ましい気持ちと何で私には…というようなモヤモヤした気持ちになります。

言葉とは裏腹で複雑な気持ちが入り乱れます。姉が妊娠した時も、おめでとうと言いつつも、心の中では羨ましくて仕方なかったですが産まれた姪を見て可愛くて2歳になる今ではメロメロ状態です。 
今度は妹が妊娠し、おめでとうと言ってあげたいのに心から喜べない自分がいたりと、喜んであげられないから私にはコウノトリが来ないんだ、妬んだり羨ましがったりするからダメなんだ…こう思っていることを口にしてはいけないと自分に言い聞かせているので言動と気持ちがバラバラで本当に辛いです。

どうしたら、他の人の妊娠を心から喜んであげることが出来ますか?

【拙回答】

随喜功徳

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

最近の拙回答でも扱わせて頂きましたが、仏教では、功徳の行いの一つとして「随喜」ということも大切に致します。

法華経・随喜功徳品第十八の内容が有名ですが、簡単には、他人の喜び事・善行を自分のことのように喜ぶことで、その喜び事・善行が、あたかも自分がしたのと同じように功徳になるというものでございます。

他人の喜び事・善行を共に喜ぶことで、幸せ、福徳を得るということになります。

拙生も昔は、色々と嫉妬したり、羨んだりしてしまうことがございましたが、それで何か自分にプラスになるのかと申しますと、正直、嫌な感情(不幸になれ、失敗しろなど)ばかりが沸き、やがて虚しい気持ちとなり、プラスどころか、どんどんマイナスに落ち込んでいくような感じでした・・

その内に、仏教の随喜功徳について学んでから、嫉妬したり、羨んだりするのではなく、それを自分のことのように喜べるようにしていこうと、少しずつ、少しずつ努力していきました。

そうすると、今まで嫉妬したり、羨んだりしていたであろうことが、次々と自分の身にも起こるようになっていきました。

驚きましたが、まさに、これが随喜功徳による賜物ではないのだろうか、と思うようになりました。(俗に言う引き寄せの法則みたいな感じになるでしょうか・・)

もちろん、完全に嫉妬や羨んだりしないかと言えば、まだまだそこまでできた人間ではないので、多少はございますが、それでも随分と減って楽になったように思います。

白パンダ様も、宜しければ、是非、お試しを頂けましたら有り難くに存じます。

何より、心身共に健康にご留意なされて、ご夫婦仲睦まじくに。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「毎月落ち込まずにすむにはどうすれば良いですか?」

問い「毎月落ち込まずにすむにはどうすれば良いですか?」

【ご質問内容】

結婚して子供を希望してから三年。 
1度流産して、それ以降子供が授かりません。

子供は空からママとパパを選んで、おりてくる

と聞いてから、 
そんなに自分には魅力がないのか、何が人より劣っているのか、何で選んでもらえないのか、そんなことを考えたりしてしまいます。

また子供連れで歩いてる人を見てはとても羨ましくなり、友達の妊娠を聞いては何で私は授からないんだろうとと素直に祝福できません。 
自分より遅く結婚したのに先に子供を授かった友達をみては、とても焦ります。

毎月毎月月経がくるたびに落ち込んで、 
穏やかに過ごせずにいます。

どんな心持ちでいれば、 
人を羨まず、 
授かり物だからと気持ちを大きく構えることができますか?

【拙回答】

随喜

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

焦らずに、お互いの心身の健康をしっかりと調えられておかれることが、まず大切です。

どうか、お互いにいたわり合って、仲睦まじくにお過ごし下さいませ。

その内に、授かるご縁がしっかりと調えば、お子さまに恵まれることができるでしょう。

さて、仏教には「随喜」という言葉がございます。他人の喜び事、他人の善い行いを自分のことのように喜び、祝福することでございます。

その随喜による功徳は、その喜び事、善い行いを自分がしたことと同じぐらいになると言われています。

簡単には、心から随喜した祝福は、自分の幸せにもなるということであります。

素直に人の喜び事、祝い事、善い行いは、是非、喜んであげて下さいませ。

逆に煩悩である嫉妬や羨みは、やはり、幸せを遠ざけるものになってしまいますので、気を付けなければいけません。

頂けるものならば、何でも頂く精神(がめついと言われる関西人の一人です・・)で、随喜による福徳もしっかりと、ちゃっかりと頂いておくのが賢明でございます。

ご懐妊を心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ