hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

因縁

問い「人間の男に生まれることは、前世の悪行の報いでしょうか。」

問い「人間の男に生まれることは、前世の悪行の報いでしょうか。」

【ご質問内容】

人間の男に生まれたことが、前世での報いでしょうか。 
こんな辛い生は無いと思っております。

独身なら独身で「何で世帯が持てないのか、何か精神的障壁があるのか」とか、「仕事だけが人生なのか」とか

世帯を持てば持てば持ったで「出世もできずに、どうやって妻子を楽にさせるのか」、「お前に男子の本懐はあるのか」、「そんな状況で親孝行できるのか」とか。

果ては「ヒモ」なったらったで、「男の誇りは無いのか」と責め立てられる。

前世でどんな酷いことをしたからと言って、何の記憶もないのこの私に、この報いは余りにも空しすきると思います。

どうしたら「人間の男」に生まれ変わらないようにできますでしょうか。


【拙回答】

「盲亀浮木」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

確かに私たちは迷い苦しみの世界である人間の世界に生まれてしまっております。

しかし、この人に生まれることの難しさたるや・・

仏教では、「盲亀浮木」という譬えがございまして、大海に住む目の見えない老亀が、百年に一度海面に浮き上がってくる時に、たまたまそこに流れてきた穴の空いた浮き木の穴に首を突っ込むというぐらいに、人として生まれるのは難しいとされています。更に仏様の教えのある世界に生まれて、仏様の教えを学び修せられることも、尚もって難しいことであると言われています。

また、人は天・修羅と共に、六道輪廻の中でも「三善趣」と言われるだけに、迷い苦しみの中にあるのは変わりませんが、畜生・餓鬼・地獄(三悪趣)に比べれば、はるかにましな存在であると言えます。

その上、三善趣であっても、天と修羅では、「有暇具足」(悟り・涅槃へと向かうための八つの有暇と十の具足を備えている)を円満には得難いため、実際は人のみが、仏様の教えを修せられるための絶好の機会となるだけに、できる限り無駄に過ごしたくないものとなります。

人して生まれたのは、ある程度、過去世における善き業・カルマの因縁(原因と条件)があってのことであるとも考えられます。私たちは、何とかこの機会を逃さずに、心の資質の向上のためにも、仏教の修習にしっかりと取り組んで参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

問い「仏教徒に対する疑問パート6」

問い「仏教徒に対する疑問パート6」

【ご質問内容】

では回答率99.9パーセントのお坊様に質問です 
前回の質問の答えに大慈様が言われた内容ですが 
仏教では世界の始まりは「わからない」、「無始」、「無記」であると 
これって原因である始まりを無視して結果であるこの世界だけを見てる 
因を無視した果の法則ですよね 
そして「蕎麦のレシピばかり論じる(原因)蕎麦がのびる(結果)とっとと食え(対策)」 
「頭の中でこねくりまわすから(原因)迷いが続く(結果)頭の中でこねくりまわすのを止めましょう(対策)」 
この対策こそが瞑想で悟りを開くことですよね 
お釈迦様は生まれた時から瞑想すれば悟りを開けるなんて知らないですよね 
ではお釈迦様に瞑想を教えた人は誰ですか?そしてその人にも教えたのは?そしてその人にも教えたのは? 
仏教→バラモン→ヒンドゥー→ゾロアスターと土着信仰の融合→メソポタミア 
こうやってどんどんどん突き止めると悟りを開く瞑想を教えたのは因を無視した果の法則ですよ 
因を無視した果の法則が悟りの瞑想法を作り因果関係のシルクロードを渡って我々に瞑想を教えたというのに 
瞑想で悟りを開けばこの因果関係や因を無視した果の法則からも解脱できるってぶっ飛びすぎてないですか 
悟りの境地の空間ですら先に因を無視した果の法則が始まる前から終わった状態での結果として作られたと思うんです 
そうすると煩悩と悟りは最初から二つの性質が同時に存在する量子力学みたいに共存してると思うんですが? 
あと諸行無常の教えで全てのものは変化するなら 
善業も悟りも幸せも形を変えただけの煩悩ではないんですか? 
涅槃の境地で夜に眠り煩悩で朝に起きて  
涅槃の境地で瞑想してて煩悩で仕事行かなきゃいけなくて 
涅槃の境地のお釈迦様は煩悩の梵天に娑婆の世界行かされた様に 
悟りと煩悩は共存してると思うんです もしくは形を変えただけか 
良文様が言われたヴィトゲンシュタイン様の形而上学的な疑問は言葉で説明できないという話 
最初から量子力学としてある言葉に出来る世界と言葉に出来ない世界 
その言葉に出来ない世界のような概念のないような形而上学の世界に神ならまだしも人間がいけると思いますか? 
たった6年の修行で・・・この6と言う数字・・・666 
お釈迦様が実はフリーメーソンのメンバーで仏教をある理由で作ったとか思ったことないですか? 
物事を理屈で考えさせない政治的プロパガンダのためとか


【拙回答】

龍樹大師「根本中頌」(中論)読解の勧め

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

因縁果、因果の法というものにおいて、本来、因にも縁にも果にも、実体・自性・自相としての成立はありません。

もしかすると、因や縁や果というものが、それぞれあたかも実体としてあるかのようなとらわれを起こされてしまわれている可能性がございます。

そこで、是非、お勧め致したいのが、龍樹大師の「根本中頌」(中論)となります。

第一章から、因縁をどのように観ていくべきであるのかについても説かれております。

是非、学ばれて理解を進められてみて下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「もう幸せなど望んでいません…」

問い「もう幸せなど望んでいません…」

【ご質問内容】

以前、2度ほど「家族で幸せになりたいだけです…」というタイトルで相談に乗って頂いた者です。

あれから、何も変わることなく日々が過ぎています。

私の中で離婚はやはりあり得ません。 
それは、子供のことを思うとこんな冷めきった夫婦でも子供にとっては大好きなパパとママであるからです。

子供の前では不仲な姿は見せていません。

そして、前回離婚協議でかなり親権で揉めました。 
その事を思うとまた揉めて辛い思いはしたくありません。

しかし、このまま夫婦生活を続けるのは生き地獄…私にとっては苦しみでしかありません。

子供がいるから生きていられる。ただそれだけです。

もう逃げたい。 
毎日、旦那が死ねばいいのにと望んでいた私ですが、日に日にそう念ずることすら疲れました。

子供が成人したら熟年離婚しようとも考えました。 
あと、15年ほど… 
我慢できるだろうか…

それすら我慢できない私は、自分が死ねばいいのでは…と考えています。

それは、現状からの逃げでもあるし、旦那に対する復讐でもあります。

私が死ねば旦那は一生苦しんで生きていく。 
そんなことを望む私がとても恐ろしいです。

しかし、やはり子供のことを思うと思い悩みます。

私が死んだら、親権で揉めることもなく、旦那と子供は二人で逞しく生きていけるのではないか… 
そんな思いに至ります。

私はどうしたらいいのか…自分でも分かりません。幸せになりたかった。ただそれだけなのです。

長文になり申し訳ありません。 
心を救ってください。


【拙回答】

「幸せ」というもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

旦那様とのご関係に色々と悩み苦しまれておられるご様子・・誠におつらいことでございます・・

詳しい事情は分かりませんが・・

とにかく、「幸せ」というものは、「これが幸せです」と決定して言えるような何か実体的なものがあるわけではなく、色々な因縁(原因と条件)、依存関係によって成り立っているものとなります。

良い因縁によれば、良いものに、悪い因縁によれば、悪いものとなり、また更には、その結果を判断する人の思考・概念作用によっても左右されて成り立っているものでございます。

ですから、一つの同じ出来事や境遇でも、ある人にとっては「幸せ」となったり、ある人にとっては、「不幸せ」となったりすることもあり得るものでございます。

ようこ様が望まれる「幸せ」の通りに、現実がなれば「幸せ」となれることも、もちろんありうるところでございます。

ただ、ままならない現実に、嫌悪し、それが怒りや恨みという煩悩になってしまっているようにも存じます。仏教で申すところの「求不得苦」(ぐふとっく)という苦しみに今は近いのかもしれません。

とにかく、「幸せ」も、これからの因縁次第で変わるものとなり得ます。諦めずに、幸せの種(因)をまき、それを丁寧に育み(縁)、花を咲かせたいもの(果)でございます。もちろん、その因縁も、悪い動機、悪い因縁ではいけません。

では何が良い動機、良い因縁になるのかについては、仏教に色々とヒントがございますので、是非、これから少しずつでも仏教を学び修していって頂けましたらと存じます。

川口英俊 合掌

問い「試練、、、」

問い「試練、、、」

【ご質問内容】

たまに、色んな人が言っているのを聞いたことあるんですが、"神様はその人が乗り越えられないことを与えないから、やっていけば大丈夫"みたいな感じなのをよく聞くんですが、これって本当にそうだなって思ったり、そんなの嘘だって思いますが、ホントにそのようなことは、あり得るのですか??

【拙回答】

因縁論・因果論

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「神様はその人が乗り越えられないこと(試練)を与えないから、やっていけば大丈夫」・・

と言われても、乗り越えられないこと、仕方のないことなど、山ほどあるけど、、と思ってしまうのは、意地悪な考え方でしょうかね。。

仏教では、運命論・宿命論は否定されることになります。その代わりに、因縁論、因果論を重視致します。

良い因縁(原因と条件)によっての良い結果を、ということになります。

とにかく、良い結果を出したいのであれば、良い因縁に努めることが必要となります。

ただ「やっていけば大丈夫」というのではなくて、何か良い因縁に繋がる具体的なアドバイスがあると助かりますよね。

川口英俊 合掌

問い「生きる意味」

問い「生きる意味」

【ご質問内容】

初めまして。家族の不祥事により、私達家族は今まで普通に出来ていた物事ですら上手く生かず、それぞれが苦悩する毎日を過ごし生活をしています。当時、ニュース等でも大きく取り上げられ、世間をかなり騒がせました。そんな立場ですので、苦しくても私達は誰にも相談できません。

正直な心の内としては、今回の件により、私や子供達は当事者ではなく、その家族ですが、報道の影響力と言うのは予想以上に大きく、報道のまま、事実を知らない人ほど、そんな世間の現実を感じ、その負い目から目立たないように生活すること、人生全てに疲れ果てました。

ですが、相手方もありますので、失礼や私達が何もしない訳にはいきません。当然、今日までも今後も、私達は然るべき行動をし対応していく気持ちに何ら変わりはありません。

変わりはありませんが、自信は無くなりました。その全てのフォローに私ひとりが動いている状態で、私は身も心もボロボロになりました。

義理親兄弟が沢山いるにも関わらず、誰一人として今回の件の深刻味が未だに分かっていないと言いますか、まるで他人事です。 
親の世代であれば、自分達が先陣をきって行動するべきなのではないか、と思います。 
私も勿論、分からない事だらけですが、義理母はただ分からないもの、と言い切り何もせず全て私に丸投げです。

また、常識外れな行動や発言で初動時、相手方へ不快を与えました。親は言葉を知らないから、と平気で言う人間です。そんな事で済む話ではありません。

論点がずれているので、当然、まともな会話になりません。また、夫は私にかなり依存し、あてにし続けます。

まだまだ、書ききれませんが、一生背負っていく十字架だけではなく、全ての対応、話の分からない大人ばかりの家庭環境での苦悩。本当に苦しいです。

自分は消えたい、もう死んでしまいたい。 
最後まできちんとやり遂げる、と決意を固く持って生活してきましたが、最近、初めてそう思いました。

自分は何のために生きているのか。 
責任を果たす意味すら分からない。この義理家族の尻拭いのために私は結婚したのか。 
訳が分からず、辛さや苦しみのがんじがらめです。

今では、家事や車の運転、子供の学校の用事などにまで記憶や注意が散漫になり、以前の様にスムーズにできず、迷惑を掛けてしまうようになりました。

私は、生きている意味があるのでしょうか。


【拙回答】

加害者家族支援

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

犯罪被害者等基本法の施行により被害者やその家族への公的行政による支援はございますが、一方で、noa様のように加害者側における家族の悩み、苦しみへの公的な支援システムは今のところ整備されていないのが現状でございます・・

そのような中でも、以前に加害者家族の支援を行っている団体の新聞記事を拝見したことがありましたので、ネットで調べてみましたら、下記の団体さんでございました。

NPO法人World Open Heart 

ご相談の流れ 

加害者家族支援とは 

長らく加害者家族支援をされておられる経験からも、もしかすると良いアドバイスを頂けるのではないだろうかと存じます。

「生きる意味」につきましては、「これです」と決定して言えるような何か実体的なものがあるわけではなく、色々な因縁(原因と条件)によって成り立っているものとなります。

良い因縁によれば、良いものに、悪い因縁によれば、悪いものとなり、また更には、その意味を判断する人の思考・概念作用によっても左右されて成り立っているものでございます。

とにかく、良い意味を見い出していくためには、これからの因縁次第となります。

また、過去の出来事、事実はもはやどうにも変えられませんが、これからの因縁次第では、良い結果と共に、その過去の出来事、事実の意味を変えることだってできていくことにもなります。

これからの因縁をどう調えていくべきであるのかということのためにも、上記の団体に、一度ご相談なさられてみて下さいませ。

ご家族のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「生きている辛さについて」

問い「生きている辛さについて」

【ご質問内容】

生きていると本当に辛いことが続きます。 
重なります。 
自分のこと、家族のことです。 
心配事いつも付きまとうものです。 
そんな時、じっと動かず待つべきすか。 
時折、笑えなく鬱状態になります。 
必ず、幸せはやってきますか?


【拙回答】

「辛」いを「幸」せにするには・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

確かに、生きていくということは、誠に辛く、苦しく、しんどいことでございます・・

そんな中でも、良い結果を出していくためには、良い因縁(原因と条件)を積んでいくことが必要となります。

「因縁無くして結果無し」です。

「辛」いという字の「立」の上の出ているところに横線を引くと、「幸」せになります。

何か一つ前向き、プラスになることを少しずつでも日々の行いに加えていくことができれば、まさに字の如くに「幸」せになることもできるようになっていくかと存じます。

幸せになるための因縁、前向き、プラス思考で生きていくためのヒントが、仏教にもたくさんございます。

是非、この機会からでも、仏教について関心を持って修習していって頂けましたら有り難くに存じます。

少しでも笑顔が増えていきますことを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「生きる意義」

問い「生きる意義」

【ご質問内容】

私は生きる意義が分かりません。 
生きる事はただ同じことの繰り返しで、ゆっくり朽ちていくように感じます。 
生きている心地がありません。この状態が続くのであれば、早く死んだ方がマシです。 
ですから教えて下さい。 
生きる意義とは何ですか? 
宜しくお願いします。


【拙回答】

全ては縁起し空である。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

生きる意義、意味、理由、価値・・

これらは、因縁(原因と条件)により成り立っているものです。

良い因縁によれば、良いものに、悪い因縁によれば、悪いものに、更に言えば、つまるところ、その意義・意味・理由・価値を判断する思考・概念作用によって成り立つものとなります。

様々なモノ、コトは、他に依って成り立っているだけで、実体・自性として、そのもの自体の側で独立自存としては成り立っているものではなく、色々な依存しているものによって変化していくものとなります。

全てのモノ・コトがそうなります。

生きることもそうです。同じ繰り返しなど全くなく、色々な因縁によって皆、刻々と変化しているはずです。

上記のことを仏教的にまとめると、「全ては、縁起し空である」ということになります。

とにかく、今よりも生きる良い意義を見い出したいのであれば、良い因縁に努めて、良い結果を出して、良い認識判断をすることが必要となります。

「因縁無くして結果無し」です。良き因縁に努めて参りましょう。

また、仏教にはそのヒントが多くございますので、これを機会に仏教の修習も少しずつ進めていって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

問い「・」

問い「・」

【ご質問内容】

死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい

何度もhasunohaで 相談して お坊様達から お言葉をいただいても 死にたい気持ちは変わりません。本当に死にたい。


【拙回答】

ハチドリのひとしずく

しずく様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お名前の「しずく」から、「ハチドリのひとしずく」を連想致しました。

森の山火事を消そうと、くちばしに一滴一滴水を含んで運び、火の上にかけるハチドリのお話です・・

火事からわれ先にと逃げ出した動物たちは、それを見て、「そんなことをして、いったい何になるんだ」と嘲笑します。

それに対して、ハチドリは答えます。

「私は、私にできることをしているだけ」

・・

生きることは確かにしんどく、つらく、苦しいことです。

ある意味では、皆、苦しみの業火に焼かれ悶えてしまっています。

そんな中で、少々何をどうしたところで、何の役に立つのかと思われるかもしれません。

それでも、「因縁(原因と条件)無くして結果無し」です。

少しずつでも心に善い種をまき、水をやり、育てないと、幸せの花は咲きません。

70億人の人間のそれぞれの迷い苦しみに、hasunohaは、所詮、無力です。無いに等しいのかもしれません・・

でも、ほんの少し、例え一人でも、幸せの花を咲かせて頂くためのお手伝いができればと思って取り組ませて頂いております。

まさに、「私は、私なりにできるだけのことを、何とかできるだけ」の思いですが、今や多くの法友の同志の皆様の参加により、世間で大きく注目される取り組みにまで成りつつあります。

何でもそうですが、やっても無駄だ、一滴で何になるのだと思われず、やれるだけ、やれることから是非、やって、生きていってみましょう。もしかすると、その一滴一滴の力が、やがては皆の力も得て、大海にまで大きくなるかもしれません。

どうか、はやまらないでほしいです。やるべきこと、なすべきこともまだまだございます。

できれば、仏教を少しずつでも学び修して頂きまして、善き種を心にまいて、しっかりとそれを育てていってほしいと存じます。

しずくさんの心に、少しでもこの拙い私の思いが届きましたら幸いです。

共に仏様の教えを養って参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「輪廻転生パート2」

問い「輪廻転生パート2」

【ご質問内容】

回答率99.9パーセントを誇るお坊様さすがです 
毎回私の質問に答えてくれてありがとうございます 
それではまた輪廻転生について質問です 
前回の質問で人が輪廻転生するのはその人の業によってと聞きました 
それはこの世に借金があって返済しなきゃいけないんですよね 
でも最初に作られた人間はこの世になんの業も残してないのになぜ借金を返済するためにこの娑婆の世界へ生まれるのですか?


【拙回答】

「無始無終」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

とにかく迷い苦しみに輪廻してしまうのは、何らかの因縁(原因と条件)があってのことになります。

因縁の無いところに結果はあり得ません。しかし、ではどの因縁が・・と遡り続けても、正直なところ無限遡及となるのは免れません。

よく、輪廻と合わせて、「無始無終」という言葉も使われますが、「誤った因縁を積み続けてしまう限りは、いつまでも輪廻は続いてしまいますよ」ということでございます。

借金という例えはある程度言い得ていますが、実際には返済できるような行いが、無明・煩悩により、ほとんどできていないのも現実となります。

また、「無始無終」について議論するのは、「無記」ということにもなりますが、とにかく、現に今、人として迷い苦しみの世界に存してしまっている以上、これから少しでも迷い苦しみを無くしていくための因縁を積んで参りたいものとなります。そのための教えが仏教でもございます。

共に頑張って努めて参りましょう。

川口英俊 合掌

問い「お金は空  とは…」

問い「お金は空  とは…」

【ご質問内容】

 何気なく立ち読った本屋で帯に<お金は空>と衝撃的?!なタイトルに思わず手に取り拝読しました。昔から金の切れ目は縁の切れ目と離婚や相続などでお金は人を狂わせるのかなぁ、でも生きてくためのツールだし今は分相応?身の丈にあった生活をしてると思っていました。だけれど ふ と親の医療費、子どもの学費と、お金があればもっと余裕を持って(セカンドオピニオンや奨学金に頼らなく)してあげられる事もあるし悩み事も減るんじゃないかと思ってみたり。お金もまた煩悩の一つなのかなと。宝くじは楽しみに購入してます。年末、師走は何かとお金に振り回され生活しています お金は空とは…腑に落ちなく質問となりました。 hasunohaでお金のことを問うのは失礼になるかと思いますが…


【拙回答】

お金も縁起し空である。

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「お金は空」と本の帯に書いてあったとのこと・・

本の中身の詳しい内容は分かりませんが、おそらくは、「お金へのとらわれ、執着を捨てるように」という意味合いがあるのかなと想像できます。

お金はもちろん大切です。生きていくために、生活するために、社会活動を営むために必要なものです。

お金というものも、色々な「因縁」(原因や条件)によって、その「価値」・「信用」が与えられているものであり、因縁次第によって、その「価値」・「信用」も変化していくものとなります。

つまり、実体として、変わらない、固定したものではなく、因縁次第で刻々と変動していくものであり、それに対して、あたかも変動しないものであるかのように、価値や信用を与えて、とらわれ、執着を起こすのは、よろしくないことですよ、という内容になるのではないだろうかと存じます。

もちろん、「空」だからといっても、何も無い、虚無というわけではなくて、あくまでも「固定的な、独立自存としての実体が無い」ということであって、実体は無くても、因縁により、お金に価値や信用があって、有効に社会で流通・使用されている以上は、当然に、私たちにおいても、必要で大切なものには変わりありません。

お金も、生きていくために、生活するために、社会活動を営むために、しっかりと有効に活用して参りたいものでございます。

川口英俊 合掌
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ