hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

嫉妬

問い「恨みと嫉妬」

問い「恨みと嫉妬」
【ご質問内容】

以前こちらで相談させて頂きました。 
回答頂きありがとうございます。 
今回は違う件で相談させて頂きます。 
私は幸せな人が羨ましいです。 
私は昔から色々と大変な思いをしてきました。 
学生時代はいじめにあったり、人から利用されたり、ストーカーにあってお金を騙し取られたりしました。 
会社ではパワハラにあったり会社をクビになったりしました。 
ナンパされて連れて行かれそうになったこともあります。他にも色々な辛い思いをしました。 
何で私ばっかりと思うことがあります。 
私の従姉妹は人間関係に恵まれ、頭も良く、お嬢様大学に行けて、大手の会社にも入社出来き何も揉め事もなく、安定した生活を送れているのです。 
羨ましいです。 
人と比べるなとか、その人達も知らないところで大変なこともあるかもしれないとか言う人もいますが生きていれば少なくとも嫌なことはありますし、いいことばかりではないと思います。 
ただ、明らかに差があると思うんです。 
今までは今苦労した分、いつか恵まれると思い信じてきましたがそうとは限らないみたいですね。 
何も信じられません。 
親も嫌だしもっと優しい親に生まれていれば人生変わっていたかもしれません。 
親は一回スイッチが入ると感情的になるのでいきなり怒られたりします。 
で、急に絡んできたり。 
もうもっとまともな人生になりたかったです。 
あまりにも嫌で空想してもっとあーだったらなとかこーだったらなとか昔から考えていました。 
でも現実は違いますね。 
学校卒業して出会った人とかで出会わなければよかったと思う人もいます。 
既婚者の人からは性的なことで色々言ってくるしもう恨みや嫉妬でいっぱいなのです。 
私は数年前から強迫観念にとらわれ、頭の中で悪く思ってないことが浮かんできてその事柄を消す為に打ち消し行為をしています。 
気にしないようにしようとか考えないようにしても浮かんできたりします。 
後、数字に関してもこだわったりします。 
頭の中で浮かんできても考えない方がいいのでしょうか?私からすれば他人は呑気に気楽に生きてるように見え、どうしたらあんなに罪悪感もなく、気楽に生きていられんだろうと羨ましいです。 
とにかく私は怖くてたまらないんです。 
私はこれからどうしたらいいのでしょうか? 
私は自分の人生を受け入れるしかないんですかね?


【拙回答】

随喜

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

境遇、環境への恨みと嫉妬・・人間誰もが少なからず持ってしまうものでしょう・・

拙生も・・

しかし、恨みや嫉妬などの悪い煩悩による行いは、悪い業(ごう)・カルマとなるため、やはり避けて参りたいものとなります。

それよりも、「随喜」(ずいき)と言いまして、一緒にその幸せや成功を素直に喜んであげることで、自分にもその「福徳」の分け前を頂くようにしていく方が、よほど先々へと向けた良い因縁(原因と条件)にすることができるようになります。

例えば、FacebookやTwitterでの他人の善い行いに「いいね」するというのも、仏教的には一つの「随喜」と言えます。

あるいは、他人の善い行いをシェア、リツイートするというのは、周りにもその「福徳」をお裾分けすることになり、仏教的には「回向」(えこう)と申しまして、尚、良い因縁とすることができます。

とにかく、良い結果へと向けては、良い因縁が必ずや必要となります。

原因の無いところに結果は生じませんし、原因があっても、条件が調わなければ結果は出ません。

自ら進んで悪い因縁を作るのはやはり愚かなこと。それよりも、お金も労力もある意味で全く掛からない「随喜」というものであれば、簡単に良い因縁としていくことができます。ここだけの話、実はかなりお得なのです。

是非、身近なことからでも、お試しになって下さいませ。

川口英俊 合掌

問い「自分は自分と割りきる方法」

問い「自分は自分と割りきる方法」

【ご質問内容】

22歳、大学四年生女です。

機能不全家庭で育ちました。父親の愛情不足も一因か、自尊心がまるでありません。 
ゆえに、自分のやることなすこと満足できません。 
何をしても後悔し、卑下してしまいます。 
そして他人(友達や知人)を羨み、僻んでしまいます。 
私だって一生懸命やってるのに、コツコツ努力しているのに報われない…… 
他人のために尽くしてきたし、人に迷惑かけず一人で頑張ってるのに成果が出ない…… 
成功している人(例えばワガママ自己中な友達に彼氏が出来たり、ちゃらんぽらんでカンニングするような知人が就活上手くいったり)に対し、不幸になれ!死ね!と願ってしまいます。 
表にはそのような態度は出しません。 
むしろ良い人ぶって、いつも他者優先です。

隣の芝生は青く見えると言う通り、私も他人から見たら恵まれているのでしょうが 
周りが羨ましくて憎くてなりません。

どうすれば嫉妬せず、自分は自分と割りきることができますか?


【拙回答】

お詫び申し上げます。

この度は私の拙い回答にて不快な思いをされてしまわれたようにて、誠にお詫び申し上げます。すみませんでした。希、さんが誠実に生きておられることとが理解できました。憎まれっ子世に憚るとは申しますが、しっかりと誠実に生きていくことが何より芯のある人生、実りある人生になるかと存じております。お幸せを祈念申し上げます。これに失望なされずに、また気軽にご質問下さいませ。私は回答を控えさせて頂きますが、優秀な回答僧侶様方からまた良い回答を頂けるかと存じます。どうか宜しくお願い申し上げます。川口英俊合掌 平成28年6月19日記

・・

他人とあれやこれやと比べてしまうことは、実は仕方がありません。私たちは他と比べなければ自分が何ものであるかもわからなくなってしまうからであります。

しかし、どうしても目につくのは、自分の足らないところ、至らないところばかりとなってしまい、嫉妬したり、劣等感や自己嫌悪に陥ってしまうところもあるかとは存じます。それも仕方のないことですが、できれば、他と比べることにより、自分というものを正確に知れるという利点を活かして、では、どのように自分を変えていくべきであるのかをしっかりと考えて、実行していければ、自己向上へと確実に繋げることができていくのではないかと存じます。

「隣の芝生は青い」のも、何もそれは始めから青いものではありません。実際の芝生に例えますとよく分かりますが、放ったらかしにしておくと、当然に茫々となり、醜いものになってしまいます。

仏教では、モノ・コトは、因縁(原因と条件)によって成り立っていると、ご説明申し上げます。

芝が青いのにも、青くするための因・縁(原因や条件)が必ずあることになります。

肥糧をあげたり、こまめに刈り込んだり、水を絶やさずあげたりと、よく手入れをしているからこその青さになります。

それだけの因・縁を調えてこその青さということは、表面上だけを見ていては、なかなか理解できないものとなります。

青いのには、必ずそれなりの努力や精進があるということです。

何事もそうですが、善い結果を得たいとするならば、善き因縁を調えてこそとなって参ります。

できれば「比べる」ことも、その良き因縁を調えていくことに役立てて参りたいものでございます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「復讐したい気持ち」

問い「復讐したい気持ち」

【ご質問内容】

パワハラを受けた上に左遷させられました。恨まないよう毎日 自分なりに努力していますが 半年経っても心の中から憎しみが消せません。良くないこととわかっているのに死ねばいいのにとか、事故に会えばいいのにと妄想が頭から消せません。自分が嫌になってしまいます。どうしたら このような気持ちを無くすことができるのでしょうか?

【拙回答】

「復讐」よりも「福修」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

恨みにお苦しみのご様子・・

仏道におきましては、恨み、憎しみ、嫉妬などに耐え忍ぶという「忍辱(にんにく)波羅蜜」という修行の実践がございます。煩悩に負けず、他を傷つけるという悪業も積まずに耐え忍ぶということになります。

お気持ちは分かります。分かりますが、仏教的には、煩悩に負けて、悪業を積んではやはり宜しくないこととなります。

「感興の言葉・ウダーナヴァルガ」(中村元氏訳)・岩波文庫・第14章・「憎しみ」から・・

「実にこの世においては、およそ怨みに報いるに怨みを以てせば、ついに怨みの息むことがない。堪え忍ぶことによって、怨みは息(や)む。これは永遠の真理である。」

「怨みは怨みによっては決して静まらないであろう。怨みの状態は、怨みの無いことによって静まるであろう。怨みにつれて次々と現れることは、ためにならぬということが認められる。それ故にことわりを知る人は怨みをつくらない。」

逆に恨みを持っているその者に対して、慈悲の思いを向けることによって煩悩を対治することも一つとなります。

煩悩、無知によりそんなことをしてしまう者を憐れんであげて下さい。

そして、どうか煩悩による「復讐」よりも、慈悲によっての善い行いに勤め励むことでの福徳の修習としての「福修」を積むことで、幸せへと至る因縁(原因と条件)を調えて参りたいものでございます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「嫉妬してしまいます」

問い「嫉妬してしまいます」

【ご質問内容】

私には、忘れられない元彼がいます。 
もう別れてから5年経ちます。 
ずっと思い出さないようにしてきましたが、元彼の結婚を知り、楽しかった日々を思い出してきました。 
元彼は、私にはもったいないぐらいのイケメンで、性格もあい、すごい完璧な人です。 
私は、元彼と別れてから2年たって彼氏ができました。 
その彼と今、婚約中です。 
彼と結婚するには、転職し県外に行き彼以外知らない環境で暮らすことになります。 
すごく不安で元彼が幸せなのを羨ましい、隣が私だったらと彼氏に対して失礼な考えをしています。 
彼氏と付き合ったのも元彼を忘れるためでした。 
そんなこといけないと分かってても彼氏の優しさに甘えていました。 
本当に最低な事をしてしまいました。 
それに私は、仕事を始めてパワハラにあい、抑うつ、適応障害になり休職経験もあります。 
その時に支えてくれたのが彼氏です。 
元彼のことを思い出して、最近はずっと吐いています。 
こんな気持ちで結婚していいのかと悩んでいます。 
仕事は、辞めました。 
彼氏は、私の全てを受け止めてくれる人できっと結婚したら幸せになります。 
でも、元彼を思い出して泣いて、体調崩してる私といて、彼氏は幸せなのでしょうか。 
私は、引っ越ししたら転職したら、また適応障害になりそうです。 
怖いです。 
ご飯も食べれない、寝たっきり状態になります。 
仕事もできない、病気の私といて、彼は幸せなのでしょうか。 
彼は、それでも一緒に居たいと言ってくれます。 
元彼の事を早く忘れたいです。 
元彼の事は、どうしたら忘れきれますか?

文章がごちゃごちゃしてしまい、すみません。

アドレスお願いします。

【拙回答】

幸せは妄想の中で探すものではなく、現実の中で探すもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

前の彼氏さんとのことは、「忘れる」のではなくて、「良い想い出」として、大切になさられて下さい。

そして、婚約中の今の彼氏さんと、しっかりと向き合って、お互いに幸せになれるように努められて下さい。

もう一つ、誰が言ったのかは忘れましたが、

「幸せは妄想の中で探すものではなく、現実の中で探すもの」

きっと、幸せは、あなたの現実の前に既にあるのじゃないかな、と思います。

どうかお幸せになって下さいませ。

祝婚歌・吉野弘氏

二人が睦まじくいるためには 
愚かでいるほうがいい 
立派すぎないほうがいい 
立派すぎることは 
長持ちしないことだと 
気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい 
完璧なんて不自然なことだと 
うそぶいているほうがいい 
二人のうちどちらかが 
ふざけているほうがいい 
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても 
非難できる資格が自分にあったかどうか 
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは 
少しひかえめにするほうがいい 
正しいことを言うときは 
相手を傷つけやすいものだと 
気付いているほうがいい

立派でありたいとか 
正しくありたいとかいう 
無理な緊張には 
色目を使わず 
ゆったりゆたかに 
光を浴びているほうがいい

健康で風にふかれながら 
生きているなつかしさに 
ふと胸が熱くなる 
そんな日があってもいい

そして 
なぜ胸が熱くなるのか 
黙っていても 
二人にはわかるのであってほしい

川口英俊 合掌

問い「まわり羨ましくて仕方がない」

問い「まわり羨ましくて仕方がない」

【ご質問内容】

他人が羨ましくてなりません。 
都心のタワーマンションに住んでいる友人やフルタイムで働かずにすむ友人、専業主婦で幼い子供と一緒に過ごしている友人。

私は幼稚園で育ったため自分の子供も幼稚園入園までは一緒に過ごし幼稚園に行かせたかったのですが経済的に困難であり今月から保育園に預けて来週から私も仕事復帰です。

結婚してから夫の借金が発覚し現在夫は給料の全般が借金の返済に追われています。

結婚を期に引っ越しをし 私は通勤時間が2時間となりました。 
それでも生活のため必死で職場に通い家事も行い仕事、妊娠、出産、育児を行っていました。妊婦中マタニティーハラスメンントにもあいました。

先日夫に暴言を吐かれ何かがプツンと切れて今は夫と話す気力がなく意見したら夫も不快だろうと思い夫を回避する手段を選びました。

綺麗なマンションで暮らす人、パートで生計がなりたつ人、専業主婦の方が羨ましくてなりません。

自分が不幸だとは思いませんが先日の夫からの暴言で、急に他人が羨ましくなり時には泣いてしまいます。

こんなにも他人が羨ましくて仕方がない日々、どうすれば抜け出せるのでしょうか。

【拙回答】

「隣の芝生は青い」のには・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご主人様の借金問題、暴言・モラハラのこと、誠におつらいことでございます・・

妊娠、出産、育児とこれまでも本当に大変でしたね・・

とにかく、ご主人様との話し合いによって、場合によっては、親、第三者や専門家も介して、まずは借金問題の解決のメドと、職場復帰へ向けて、保育園の送迎や家事分担等についてなど、より良くにお互いに過ごしやすくしていく環境を調えていくことが、まず大切になるのではないかと存じます。

他の拙回答において、前にも述べさせて頂いておりますが、「隣の芝生は青い」とよく言われますが、何もそれは始めから青いものではありません。放ったらかしにしておくと、当然に茫々となり、醜いものになってしまいます。

仏教では、モノ・コトは、因縁(原因と条件)によって成り立っていると、ご説明申し上げます。

芝が青いのにも、青くするための因・縁(原因や条件)が必ずあることになります。

肥糧をあげたり、こまめに刈り込んだり、水を絶やさずあげたりと、よく手入れをしているからこその青さになります。

それだけの因・縁を調えてこその青さということは、表面上だけを見ていては、なかなか理解できないものとなります。

青いのには、必ずそれなりの努力や精進があるということです。

幸せになるためにも、良き因縁次第であり、しかるべくに因縁を調えてこそとなって参ります。

その良き因縁を調えていくことで、良き結果も次第に見えてくるのではないかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「苦しいんです」

問い「苦しいんです」

【ご質問内容】

苦しいんです。

家族が楽しくしていることも、身近な人が楽しくしていることを見てると。

人の「幸せ」な姿や言動が煩く見えてしまって。

だから? 
私には負があるのか、誰も話しかけてたりしてくれないし、話しかけるすきすら与えないんです、

友達もいない 
知り合いもいない 
家族すら、…そんな事?と答える始末。

私はこの先どうしたらいいんでしょう。

【拙回答】

「随喜」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

もしかすると「嫉妬」のお悩みになるのかもしれませんね・・

「嫉妬」は本当に厄介な「煩悩」であり、嫉妬は心の中だけでは留まらずに、それが元になり、色々な悪い行いへと繋がってしまう可能性もあります。

「嫉妬」を退治するには、できれば、幸せを共に喜んであげれるようになると良いでしょう。

仏教では「随喜」(ずいき)ということを大切に致します。

正確には、「随喜功徳」と申しまして、法華経・随喜功徳品第十八の内容が有名ですが、他人の喜び事・善行を自分のことのように喜ぶことで、その喜び事・善行が、あたかも自分がしたことと同じように功徳になるというものでございます。

簡単には、他人の喜び事・善行を共に喜ぶことで、幸せ、福徳を自分も得るということになります。

「嫉妬」は、悪業の種になる一方で、「随喜」は、善業の種となります。

ただ心から喜んであげて祝福するだけでも、功徳となり、善業となるならば、「随喜」する方が、当然にお得です。

どうでしょう。一つ試してみて下さい。きっと「随喜」による「功徳」にて、自然に周りとも良い関係が築けるようになっていくことでしょう。

多美様のお幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「どうしたら諦められますでしょうか」

問い「どうしたら諦められますでしょうか」

【ご質問内容】

自分にはお付き合いをしておる方がいるのですが、別に好きな方ができてしまいました。

ただ、別の好きな方というのは既婚者で、家庭を壊すようなことにはなりたくないと思いつつ、その方に好きになって欲しくて仕方がなくなってしまいました。その方の特別な存在になりたいと思うようになりました。

やや気持ちが通じたように感じたのですが、それも一瞬で、自分以外の女性への興味を気にするようになってしまい、嫉妬するようになりました。

実際にその方がどう思っているかを確認したわけではないのに、「自分より特別に思っている女性がいるんだ」と気が狂いそうになる程悩むようになってしまいました。

共通の知人に話すことができないストレスや、現在お付き合いしている方への罪悪感、今後幸せな結婚をしたいという展望を考えるとこのままではいけないと思い、既婚者のその方に一方的にもう連絡を取らない旨意思表示をしました。

それから数ヶ月が経ちましたが、気持ちの整理がつかないままただ過ごしているだけになっています。

結局顔を合わせてしまう環境が続いており、他の女性と話している場面を必ず見てしまうこと、自分はその方ともう話せないこと、一方的に自分から切ったものの向こうからは何もコンタクトがないことがモヤモヤと心に残り、話したいと思ってしまっている自分と、せっかく決断した意味が無いと律する自分とで葛藤して毎日心が疲れます。

依然他の女性への嫉妬心がなくならず、そんな自分に嫌気がさしており、どうにかその方への想いを諦めたいのですが、その他の物へ没頭する気力がわかず、諦められる方法がわかりません。 
どうしたら諦められるのでしょうか。

【拙回答】

真なる諦めとは・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

諦めるの「諦」は、もともと、「真理」を意味する言葉となります。

ですので、真に諦めるとは、心の底から「真理」・「真実」に納得して「諦める」ということにならないといけません。

後悔や未練、嫉妬や恨みなどが生じてしまっては、「諦める」とはなりません。

真に諦めるためには、しっかりと自分のありようを今一度見直すことも必要であるかと存じます。

正直、相手の迷惑も考えずに、自分の恣意的な都合や解釈、独り善がりで、自分を苦しめてしまっているのではないでしょうか・・

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「他の人の妊娠」

問い「他の人の妊娠」

【ご質問内容】

結婚11年目の35歳です。結婚後に卵巣嚢腫の手術、子宮筋腫の手術を経て、その後に不妊治療に挑んでいます。

不妊治療をしていて、少し知識が付いてきているので悩んでいる人や子供を欲しいと思っている人に悩みを相談されたら、こうしたら良いんじゃない?などのアドバイスもしたりして悩みを共有していましたが、私に悩みを相談してくれた方々がどんどん先に子供を授かり、喜んであげなきゃいけないのに羨ましい気持ちと何で私には…というようなモヤモヤした気持ちになります。

言葉とは裏腹で複雑な気持ちが入り乱れます。姉が妊娠した時も、おめでとうと言いつつも、心の中では羨ましくて仕方なかったですが産まれた姪を見て可愛くて2歳になる今ではメロメロ状態です。 
今度は妹が妊娠し、おめでとうと言ってあげたいのに心から喜べない自分がいたりと、喜んであげられないから私にはコウノトリが来ないんだ、妬んだり羨ましがったりするからダメなんだ…こう思っていることを口にしてはいけないと自分に言い聞かせているので言動と気持ちがバラバラで本当に辛いです。

どうしたら、他の人の妊娠を心から喜んであげることが出来ますか?

【拙回答】

随喜功徳

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

最近の拙回答でも扱わせて頂きましたが、仏教では、功徳の行いの一つとして「随喜」ということも大切に致します。

法華経・随喜功徳品第十八の内容が有名ですが、簡単には、他人の喜び事・善行を自分のことのように喜ぶことで、その喜び事・善行が、あたかも自分がしたのと同じように功徳になるというものでございます。

他人の喜び事・善行を共に喜ぶことで、幸せ、福徳を得るということになります。

拙生も昔は、色々と嫉妬したり、羨んだりしてしまうことがございましたが、それで何か自分にプラスになるのかと申しますと、正直、嫌な感情(不幸になれ、失敗しろなど)ばかりが沸き、やがて虚しい気持ちとなり、プラスどころか、どんどんマイナスに落ち込んでいくような感じでした・・

その内に、仏教の随喜功徳について学んでから、嫉妬したり、羨んだりするのではなく、それを自分のことのように喜べるようにしていこうと、少しずつ、少しずつ努力していきました。

そうすると、今まで嫉妬したり、羨んだりしていたであろうことが、次々と自分の身にも起こるようになっていきました。

驚きましたが、まさに、これが随喜功徳による賜物ではないのだろうか、と思うようになりました。(俗に言う引き寄せの法則みたいな感じになるでしょうか・・)

もちろん、完全に嫉妬や羨んだりしないかと言えば、まだまだそこまでできた人間ではないので、多少はございますが、それでも随分と減って楽になったように思います。

白パンダ様も、宜しければ、是非、お試しを頂けましたら有り難くに存じます。

何より、心身共に健康にご留意なされて、ご夫婦仲睦まじくに。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「毎月落ち込まずにすむにはどうすれば良いですか?」

問い「毎月落ち込まずにすむにはどうすれば良いですか?」

【ご質問内容】

結婚して子供を希望してから三年。 
1度流産して、それ以降子供が授かりません。

子供は空からママとパパを選んで、おりてくる

と聞いてから、 
そんなに自分には魅力がないのか、何が人より劣っているのか、何で選んでもらえないのか、そんなことを考えたりしてしまいます。

また子供連れで歩いてる人を見てはとても羨ましくなり、友達の妊娠を聞いては何で私は授からないんだろうとと素直に祝福できません。 
自分より遅く結婚したのに先に子供を授かった友達をみては、とても焦ります。

毎月毎月月経がくるたびに落ち込んで、 
穏やかに過ごせずにいます。

どんな心持ちでいれば、 
人を羨まず、 
授かり物だからと気持ちを大きく構えることができますか?

【拙回答】

随喜

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

焦らずに、お互いの心身の健康をしっかりと調えられておかれることが、まず大切です。

どうか、お互いにいたわり合って、仲睦まじくにお過ごし下さいませ。

その内に、授かるご縁がしっかりと調えば、お子さまに恵まれることができるでしょう。

さて、仏教には「随喜」という言葉がございます。他人の喜び事、他人の善い行いを自分のことのように喜び、祝福することでございます。

その随喜による功徳は、その喜び事、善い行いを自分がしたことと同じぐらいになると言われています。

簡単には、心から随喜した祝福は、自分の幸せにもなるということであります。

素直に人の喜び事、祝い事、善い行いは、是非、喜んであげて下さいませ。

逆に煩悩である嫉妬や羨みは、やはり、幸せを遠ざけるものになってしまいますので、気を付けなければいけません。

頂けるものならば、何でも頂く精神(がめついと言われる関西人の一人です・・)で、随喜による福徳もしっかりと、ちゃっかりと頂いておくのが賢明でございます。

ご懐妊を心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「友人を妬んでしまう」

問い「友人を妬んでしまう」

【ご質問内容】

こんにちは お坊さん方の知恵をお借りしたく、投稿しました。

私は自分の顔にコンプレックスを抱いており、化粧をすることでそのコンプレックスを和らげています 
(古くからの友人からは化粧でからかわれるのはまた別の話です、、)

コンプレックスを取り除くための化粧を続けていたところ、自分の中で「目鼻立ちが良くない自分が人前に出る=化粧をする」の方程式が出来てしまいました。 
しかし、友人の中にはスッピンで学校に来る人もおり、なんだかなぁと思いながらも考えは人それぞれだからと流していました。

するとその友人の一人に彼氏がいると判明しました。 
仲の良い相手ではあるのですが、内心(何の努力もしてないのに…)(私の苦労のやり場は…)と思ってしまいます。 
相手への嫉妬と自己否定感と同時に、友人さえ見下してしまう自分にもガッカリしてしまいます。

自分の負の感情とどう向き合い、どう処理していけば良いでしょうか?


【拙回答】

そんな貴女におすすめの動画

湿気様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「妬む」という字は、女偏に石と書きますが、まさに負の感情に石のように固まってしまわれているため、まずは、その負の感情に固まってしまっている石(意思)を打ち砕くことが必要となります。

そんな貴女におすすめの動画があります。以下をまずご覧下さいませ。


「気づいてください。あなたは自分が思うよりも、ずっと美しい。」

それと・・彼氏ができたからといって、本当に幸せになれるとは限りません。

仏教的な幸せとは、嫉妬したり、高慢になったり、卑下したりなど、煩悩に左右されなくなり、心が平安となって、更には、相手の幸せを心から喜んであげられることもその一つとなります。

そのように相手のことも思いやって過ごすことができるようになれば、煩悩に苦しむことも少なくなるのではないかと存じます。

そして、また、それが自分の立場となった時にも、相手もきっと心から喜んで応援してくれることになるでしょうし、苦しいことや悲しいことがあった時にも、力になって助けてくれる、支えてくれるようになるでしょう。

とにかく「湿気」というハンドルネームから、まずは変えていきましょう。

僧ですね・・たくさんの綺麗な花を咲かせてくれる「春風」とかどうでしょう。

次回、何かございましたら「春風」というハンドルネームにて、どうぞご質問下さいませ。

川口英俊 合掌


「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ