hasunoha 川口英俊

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス http://hasunoha.jp/ 川口英俊回答のまとめ集

愛情

問い「友達とは何か。愛情とは。生きたくない。」

問い「友達とは何か。愛情とは。生きたくない。」

【ご質問内容】

僕は、友達とは何なのかわかりません。 
人生の半分を家族と離れ生きており、小・中学校も転々としており、友達・愛情という概念?言葉の意味?がわかりません。 
小学校の頃の同級生とは連絡も取れませんし、中学校の頃の同級生と遊ぶことがあっても、素の自分が出せず、また、奢ったり、現金を渡してしまったりと、お金で釣っているような感じになっています。 
もう、今は笑うこともなければ、泣くこともなく、怒ることもなく、 
たばこやお酒・薬物も辞めれず、人生のどん底にいます。 
このまま生きていてもいいのか・・・。いっそのこと死んだ方が良いのではないのか・・・。と毎日思っています。 
また、感情を手に入れて、人間関係も正常に戻すにはどうすればいいのでしょうか? 
・・・


【拙回答】

「全ては縁起し空である」

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「全ては縁起し空である」

友達も、愛情も、生きることも、それらは縁起し空である。

全ては縁って起こっているということを「縁起」と申しますが、つまり、あらゆるモノ・コトというものは、全て何らか他の関係性に依存して成り立っています。

簡単には、例えば、全てのモノ・コトは、因縁(原因と条件)によって結果として成り立っているということが言えます。

また、定義・概念によっても、それぞれ意味合い、受けとめ方も異なるものになります。

例えば、私とあなたとでも、友達も、愛情も、生きることもそれぞれ価値判断や意味は異なるものであって、ここで私が、友達とは、愛情とは、生きるとは、と述べたところで、やはり絵空事みたいなものになってしまうことでしょう。

つまり、友達も、愛情も、生きることも、それぞれ、これだと決めれて言い得るような実体が無いのだということで、この実体が無いということを「空」と言うのであります。

ただ、いずれも良い結果を得たいのだとするならば、そのためには良い因縁が必ず必要であるということ、それは一応言えます。

そのためにも、なすべき基本的なこと、そして努力しなければならないこと、そのおおよそのことぐらいは理解できるのではないだろうかとは存じます。

たばこやお酒・薬物は正常な感情、感覚を失わせてしまうことにより、悪い因縁となるのは世の道理。控えるべきでしょう。薬物は違法薬物であれば捕まり、身の破滅となります。必ず辞めましょう。

感情や人間関係の良い因縁のためには、やはり手前みそながら仏教の実践がお勧めとなります。

四無量心や慈悲の瞑想、布施行など六波羅蜜の実践など。

是非、これを機縁として、仏教の学びとその学びからの実践を少しずつ進めていって頂ければと存じます。

また、分からないことがありましたら、hasunohaでも遠慮なくお尋ね下さいませ。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「もやもやが消えません。」

問い「もやもやが消えません。」

【ご質問内容】

質問、失礼します。

先日、3年間程お付き合いしていた方とお別れしました。 
原因は私の気持ちの変化です。 
本当に好きなのか分からなくなり、会っても素っ気ない態度をとってしまったり、連絡も適当だったりしました。 
それを何も言わず彼は我慢してくれていました。

このままでは彼を傷つけるばかりだと思い、話し合った結果、別れを選びました。 
去年にも同じようなことで距離を置き、数日考えてみてやっぱり私には彼しかいないと思い戻りました。 
それもあり、ここで距離をおくだけでは繰り返すだけなのかも知れないと思いました。

しかし自分から別れを選んだのに、別れて数日経った今ももやもやしています。 
彼とのラインのやりとりや写真など見ると、辛いのは彼の方なのに私も辛いなって思っています。 
このもやもやは、やはり私にまだ彼への気持ちが残っているからなのか、何も言わずに我慢してくれていた彼への罪悪感なのか分かりません。

3年間という長い期間一緒にいたため、情が湧いてしまっているのもあると思います。

今私はどうしたらいいのか、 
数日後に彼と直接会って話すつもりです。 
今のところはそれが最後に会う日です。

私はこのまま彼と別々の道を進んでいいのでしょうか。

乱文で失礼いたしました。 
ものすごぐ雑な文章なため、回答いただけるか不安ではありますが、宜しくお願い致します。

【拙回答】

恋愛に後悔はつきもの

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

揺れる恋心・・

全ては変化して無常である・・心も様々な因縁(原因と条件)によって変化していくものです。

「好き」という感情や「愛情」にも色々なカタチがあるかとは存じます。

仏教では極端や偏見を避ける「中道」を歩むことが大切なことになります。

いずれにしても、お互いに支え合って、助け合って、分かち合って過ごせる、そんなバランスの取れた関係があれば良いのではないだろうかなとは思います。

どちらかが無理してしまっていたり、頑張り過ぎたり、負担になっていたり、ストレスになっていたり・・と、恋愛がうまくいかなくなるサインをうまく掴んで、お互いの気持ちを都度にちゃんと確かめ合うということも時に必要かとは思います。

この度は、もう一度、貴女が相手を想う気持ち、相手の貴女を想う気持ちについて、真摯に向き合って確かめられてから、お答えをお出し下さいませ。

ただ、いずれにしても恋愛に後悔はつきものだと思います。それでも前を向いて、前へ進んでいかないと幸せは掴めません。どうか勇気を出して。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「結婚するべき?」

問い「結婚するべき?」

【ご質問内容】

2年付き合っている彼がいます。

しかし、以前付き合っていた彼の事を完全に忘れらず、今の彼の事を本当に好きなのか自分でもわからないまま付き合ってきました。

こんな状態で付き合い続けるのも彼に申し訳ないという気持ちもあり、何度か別れも考えて来ましたが、一人になることの不安や寂しさを考えると出来ませんでした。彼も私に対して深く踏み込んでくるタイプではなく、お互いにヒマな時に一緒に遊ぶ友だちのような感覚だったので、それに甘えているのもありました。

しかし、先日突然彼からプロポーズされました。 
これまで結婚を考えている様子は全くなく、逆に結婚はしたくないのかと思うくらいだったので、びっくりしてしまいました。

私自身、今までの彼との付き合いを考えると、お互いのことをちゃんとわかりあえているとは思えないし、彼との結婚は正直考えていませんでした。 
彼もどこまで考えて結論を出したのかわからなかったので、後で話し合いをすることにしました。

私は保育士として長年勤務してきたのですが、仕事に対する責任やプレッシャーなどから限界が来てしまい、3月で退職することにしました。

そのようなタイミングも重なり、今プロポーズされたことに何か意味があるのか、結婚するべきなのか、と考えてしまったり…考えているうちに自分の気持ちがわからなくなってしまいました。

年齢も年齢なので、これからまた相手を見つけることが出来るのかという不安もあり…もうどうしたらいいかわかりません。

【拙回答】

理想か、現実か

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

実は・・拙生も妻の退職というタイミングでプロポーズしましたので、彼氏さんのお気持ちは分かる気が致します。

彼氏さんも、おそらくはある程度見込みのないであろうことは察されていたのでしょうが、もしかして・・というタイミングがきて、一気に勇気を出して、プロポーズされたのではないかと存じます。

さて・・あとは、もちろんchico様のお気持ち一つ。彼氏さんは、おそらく五分五分ぐらいで期待半分、諦め半分もあるでしょう・・

私もそんな感じでしたが、私はとにかく攻めました。ここで決めないと後はもうないという感じです。もちろん、妻も牽制するところがありましたが、そこは駆け引きになります。

本気でchico様のことが大好きで、この人でないとと決めているならば、プロポーズだけではなく、より具体的な生活面、将来面の話があるはずです。それこそ、結婚式、住居、生活設計・・と。ある程度のことを具体的に少し聞いてみられても良いのではないかと存じます。

ただ、chico様に彼氏さんへの愛情というか、好きな気持ちはなく、この人なら幸せにしてくれるとか、この人の支えになってあげたいとか、一緒に人生を歩いていきたいとか、そんな気持ちもなく、ただ、独りになる不安や寂しさを回避したいだけということであるならば・・もちろん、先で一緒になってから、本当の彼氏さんのことが分かり、心変わりして大好きになるということもあり得ますが、どうでしょうか・・

駆け引きとなれば、妻からも結婚するならということで色々な要求がありました。痩せることから、これはダメ、これを良くしてとか、とにかく必死に頑張りましたね。体重なんか10kgも落としましたよ。プロフィール画像が結婚式の時のものです。(今や見事に戻ってしまっていますが)

ガンガン要求して、その達成度合いにより、本気で幸せにしてくれるかどうかの本気度を計られるのも一つでしょうし、やっぱりどうしても無理として断られるのもchico様次第となるでしょう。

理想と現実・・意外に重要なのは、現実に「幸せ」にしてくれるかどうかではないかとは思います。「幸せ」にしてくれるかどうかをしっかりと見極められて、どうぞご判断下さいませ。

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「前向きになりたいです。」

問い「前向きになりたいです。」

【ご質問内容】

結婚して、もうすぐ12年になります。

主人は、普段は優しく親切でおとなしいのですが、思い込みの激しいところがあります。

今まで、何度も勘違いの思い込みにより、私に腹をたて、叩いたり踏みつけたり攻撃してきています。暴れたり叫んだりは、最近は月に3度以上になっています。

そんな主人を大切に思うことが出来なくなってきました。情はあるのですが、愛情はなくなってしまっています。

周囲は、優しい主人しか知らないので、誰も信じてくれません。私の我慢がたりないとも言われます。

どうすれば主人への気持ちがさめることなく、上手くやっていけるでしょうか?

気持ちの持ちようを教えてください。 
気持ちが折れそうです。

【拙回答】

「アスペルガー症候群」の疑い

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

結婚されて12年・・「情はあるのですが、愛情はなくなって」しまわれておられますとのこと、誠におつらいことでございます。

勘違いの思い込みが激しいというのは、最近のことでしょうか? それとも結婚された当初からでしょうか?

大変失礼なことであるかもしれませんが、もしか致しますと、旦那様は、「アスペルガー症候群」の疑いがあるのではないだろうかと存じております。

「アスペルガー症候群」の場合、本人の努力ではどうにもならないこともあるため、周りのサポートや理解が必要となります。

勘違いや思い込みが激しくなる兆候をうまく掴んで、事前に対処することは可能でしょうか?

どのようにすれば、勘違いや思い込みを起こされずに済むか、どうすれば収まるのかなど、少しその方法について、専門家や本などから学ばれて、理解を深められた上で対応されてみられるのが良いかもしれません。

あまりに我慢されてしまうと、ストレスや無理がたたって、それこそ本当に気持ちが折れてしまって、どうにもならなくなってしまうこともありえます。

あまり我慢されずに、「アスペルガー症候群」(そうでなければもちろん良いのですが・・)かもしれないとして、その専門家に頼られることも一つであるかと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

問い「彼氏にお金を貸してしまって悩んでいます」

問い「彼氏にお金を貸してしまって悩んでいます」
http://hasunoha.jp/questions/539

【ご質問内容】

14歳年上でバツイチの彼氏から「友人に20万借金がある」と打ち明けられ、頼まれたわけではないのですが、彼に20万円貸してしまいました。
その他にも借金があるとのことだったので、私は「私への返済は最後でいいから、他の借金を終わらせて」と言ってしまいました。

その後彼が持病で一週間入院し、収入減。その時の入院費も私が出しました。

退院したものの、仕事の復帰が上手くいかず退職。
高時給を求めて派遣の仕事で県外へ行ってしまいました。
しかし想像していたよりもお給料が少なく、半年経った今でも貯金は愚か借金返済もわずか。もちろん私への返済はありません。

月に一度のデートは 毎回私が行くことに。
本当に彼に会いたくて行っているのか分からなくなってきました。
私に返済しようとしない事や、本気で貯金しようとする努力が見えず、苛立ちや不信感がつのります。

そんな時、中学時代の級友(男)から連絡がきました。
好意を寄せられている気がして揺れ動いてしまいます。

彼氏は派遣の契約が切れる一ヶ月後に、こっちに戻ってきて就職すると言っています。
でもすぐに就職できるとは限らないし、できたとしても借金返済にはまだまだかかると思い、私は不安でいっぱいです。二人で力を合わせればなんとかやって行けるのかもしれません。
でもお金を貸してる今の状態では、一緒に頑張っていこうという気持ちになれないのです。でも返してもらえるのを待っていたら、いったい何歳になるのかも分かりません。
まわりは皆、結婚して出産しています。
他人と比べるものではないと分かっていても、焦ってしまいます。

経済的にも安心感のある級友の元へいきたいと思う自分がいます。
でもうまくいくとは限りません。

今の彼氏となんとか頑張って一緒になれたら、それが本当の愛だと思う反面、年齢差のことやお金のことで苦労することばかり考えて不安です。

結婚には愛情が必要だと思いますが、お金も大事だと思うのです。
そもそも、わたしは本当に結婚したいのか、お金を返してもらいたいから彼氏と付き合ってるのか、本当は級友のことがずっと好きだったんじゃないか、考えすぎて頭が混乱しています。
私はいったいどうしたいのか…毎日眠れません

【拙回答】

バランス

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「結婚には愛情が必要だと思いますが、お金も大事だと思うのです。」・・誠に切実なお気持ち・・

「愛さえあればお金なんて・・」・「お金がなくても愛さえあれば・・」、という言葉をよく聞くことがありますが、実際に生きていく上では何をするにしても、当然に先立つものがなければ、正直、何もできないのも現実です。

要は何事にもバランス関係を保つことが大切となります。愛だけでもダメですし、お金だけでもダメです。仏教では、極端に一方にとらわれて、こだわって、かたよってしまうことを排することが推奨されます。これを「中道」と申しまして、これまでも下記の問いにて扱わせて頂いて参りました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/中道

借金や金銭貸借の問題も、要はバランス関係、つまり、収支のバランスを見極めて、貸す方も貸さないといけませんし、借りた方も返さないといけません。

あくまでも少し内容を拝見させて頂いただけでの推測ではございますが、その彼氏には色々とバランス感覚が欠けてしまっているようには思えます。当然、これ以上はお金を貸さないのはもちろんではございますが、貸したお金も額の問題ではないものの、今後の余計なトラブルや身の危険を避ける上でも、半分捨てたものとして諦めらておかれるのが得策なのかもしれません・・

下手に貸し借りでもめると、本当に僅かな額でもとんでもない災難に見舞われてしまうこともあるため、慎重な判断が求められるものになると考えております。

少し先でトラブルとならないためには、第三者も介しての予防線を色々と張っておかれることも必要かもしれません。

とにかく、しっかりと今一度自分の素直な気持ちに正直に向き合ってみるべき機会であるかとは存じております。

「幸せ」につきましては、下記の各問いにて扱わせて頂いておりますので、少しくご参考にして下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/幸せ

お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「娘との関係がうまく築けません。」

問い「娘との関係がうまく築けません。」
http://hasunoha.jp/questions/526

【ご質問内容】

短大に今年入学した娘がおります。一人娘として大切に育ててきたつもりでした。
そのせいか、わがままな態度が目に付きます。

自分の要望ばかりを主張し、手伝い一つしてくれません。
毎日、学校とアルバイトで大変とは思いますが、休みの日は部屋で一日中
ごろごろしています。

ある程度のことは、何でも器用にこなせるのに、私がいると、一切しようとはしません。
見ていて、いらいらするようになってしまいました。

できる事は何でもしてあげたいと思い、できるだけのことは手をかけてきたつもりです。
時が来れば、やがて自分でやるようになると思っていたからです。
でも、全くその様子がありません。もう短大生です。いっぱしの口をきくなら、
親の手を煩わさなければいいのにと、考えてしまいます。

本気で親を辞めたいと思う時もあります。(無理だとはわかっています)

生意気な口ばかりきき、何も自分でしようとしない娘。
何もしないことを子供の甘えと受け止められなくなっている私。

どのように娘との関係を築けばよいのでしょうか。

【拙回答】

自立へと向けて・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

娘さんがなかなか自立してもらえていないことに少し苛立たれてしまわれているご様子でありますね・・

自立へと向けましては以前に下記の問いにてもお答えをさせて頂いておりますが、少しずつでも、自立へと向けてご夫婦で協力して工夫されて促されていかれるのも一つかとは存じております。

問い「息子の反抗期」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002967022.html

『・・例えば、少しでも余裕があればにて、一人での旅行や、短期間でも一人暮らし、寮生活、あるいはアルバイトなどをさせてみることで、お母様のこれまでの「ありがたみ」を理解させれることもあるかとも存じますし、とにかく少しでも息子さんの「自立」へと向けて、自分のことは自分でできるだけさせれるようにしていくこと、社会とはどういうものかを少しくでも知るための機会を設けてみることも必要ではないかと存じております。・・』

ただ、学校生活・バイトと平日は色々と大変なことも十分に理解できますので、休みの日はやはり休むことも必要であるかなとも思います。

少し見守りつつ、いずれは就職して社会人として働き出すようになれば、自然と自立していくでしょうし、恋愛したり、やがて結婚、子育てとなっていけば、否応なくに自立せざるを得なくにもなることでしょう。

れんれん様に甘えられるのも、もうあと僅かではないかなとも存じております。

もちろん、いつまでも甘えられてしまう場合もあるかもしれませんが、その時は、厳しく突き放すことも一つかとも存じます。下記問いの拙回答も少しご参照下さいませ。

問い「母親って何なんでしょう? 」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1003968518.html

『・・本当の愛情のあり方としては、しっかりと社会にて道徳的・倫理的に生きていくための大人としての自覚と責任を持たせていくことであるかと存じております。・・』

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「既婚の姉が既婚者と不倫の末家出しました。」

問い「既婚の姉が既婚者と不倫の末家出しました。」
http://hasunoha.jp/questions/504

【ご質問内容】

10年前に5年程お付き合いした後結婚した姉夫婦ですが、初めは子供も欲しいと考えていたようですが、姉が働くようになり、子供は要らないと言い出し、喧嘩も絶えませんでした。
義兄は、私からしたら全く厳しいとは思えず、私の母や私とも関係は良好でした。旅行に連れて行ったり、姉の趣味も自由にさせていたりと、口煩い様子ではありませんでした。
しかし、姉は数年前から結婚後すぐに就職した会社内で一つ年上の既婚男性と付き合っていたようです。
私も母も気づかず、不倫が義兄にバレ、一度は別れると約束した後また続いていることが義兄に発覚し、大喧嘩になり、家出しました。
私も母も不倫の件は姉が居なくなってから義兄に聞きました。
会社にはいるようですが、何処に住んでいるのかもわかりません。会社に出向こうと思いましたが姉の事を考えると他の人の目もあるため出来ません。
連日姉に連絡をしていますが出ません。母も私も義兄が不憫で仕方が無く、申し訳ない思いでいっぱいです。
相手の男性が姉と一緒になるとは到底思えず、姉はどうやら貯金も使い果たしているようです。
姉に何と伝えれば目を覚ましてくれのか、また離婚するならば、このまま義兄を縛り付けない為にはきっちり清算させないといけないと思っていますので、何か手立ては無いものかと毎日悩んでいます。
母も私も限界に来ています。このまま私達は、縁が切れてしまうのでしょうか。悲しくて仕方がありません。この悲しみはどうしたら姉に伝わるのでしょうか。教えて下さい。

【拙回答】

「許さないこと」も時に大切な愛情表現の一つ

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「許さないこと」も時に大切な愛情表現の一つであるかと存じております。

まず、不倫は立派な悪業(悪い行為)です。このことは、下記の問いにおいても扱わせて頂いております。

問い「配偶者の浮気について悩む友達に…」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002964052.html

『・・仏教では悪い行為をしてしまっても慚愧することにより、心から懺悔して悔い改めることが大切なこととなります。二度と同じ過ちはせずに、善い行い(戒律を守ることと積極的な他を利するための行いとしての利他行・慈悲行)に努め励むことで、今までとこれからの悪業を撃ち滅ぼしていくことが望まれることになります。問題はどこまで寛容になるべきかということでありますが・・』

義兄様も寛容に(恐らくこれまでに何度か・・)お許しになられていたことでしょうが・・結局、お姉様は出て行かれてしまわれたとのことにて、懺悔して悔い改めることができなかったようですね・・義兄様のつらいお気持ち誠に察するところでございます。

世の中には、好きな人のすることであれば、何でも許してあげる、認めてあげる、信じてあげるということもございますが、それが悪い行為であるならば話は全く別となります。むしろ、悪い行為を諌めて、反省させて、悔い改めさせる、償いをさせることこそが、真なる愛情のあり方となります。

ここは一度、厳しく突き放しておいて、猛省を促す意味でも、きっちりと離婚、賠償へと向けた落とし前も付けさせるべきでしょう。もちろん、一方だけの話を鵜呑みにするのではなくて、お姉様にも言い分が当然にあるかとも存じますので、しかるべく調停の場でも双方の主張をしっかりと鑑みた上で判断していくことも必要であるかとは存じます。

ただ、厳しく突き放すにしても、何処にも行き場が無くなって、それこそ自殺するまで追い込む必要もございません。一つのけじめ(離婚)が付けば、最終的に帰る場所として迎えることもいずれかの場面でタイミング良く伝えておくことも必要であるかとは存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「結婚への迷い」

問い「結婚への迷い」
http://hasunoha.jp/questions/516

【ご質問内容】

読んでいただいてありがとうございます。
来月結婚が決まりましたが、彼と結婚
するにあたり、不安と迷いが大きくなり、
相談させていただくこといしました。

彼は、バツ1の38歳・大手勤務・貯蓄・収入はかなりの額があります。
この結婚にあたり、彼は
共働きは絶対・プロポーズなし・結納なし・結婚式なし・私の両親への挨拶あり・彼のご両親への挨拶なし
両家顔合わせなし・住まいは社宅
婚約指輪は不要だと思うけれども、私がほしがるので渡す。
新婚旅行は行く・この結婚にかかる費用は基本的には自分がだす。
と言っております。
そして私の希望は
プロポーズ希望(夢です)・父に花嫁姿を見せたく互いの両親のみの海外挙式希望・両家顔合わせ必要・彼両親への挨拶は必要・社宅は嫌・
婚約指輪はいただきたい!と思っておりました。
ただ、現段階では
プロポーズ・結婚式・両家顔合わせ・社宅の件は諦めましたが、
婚約指輪と彼両親へのご挨拶は絶対譲れません。
私の方はかなり譲歩しているのに、彼にとっては元々不要なものが
なくなっただけなので、当たり前のこととして受け止めており、
指輪なんて不要な物をほしがる我儘な彼女に指輪を買う自分・・・
と、思っているようです。
そんな彼に、諦めるまでの私の苦しさ・葛藤・私の両親の思いなど伝えても暖簾に腕押し・・・合理的でないことをしたがる私のことが理解できないようです。

この年まで結婚せず、心配をかけてきた両親・
この結婚について心配しているけれど、黙っていてくれてる両親
彼のことが好きな自分、大事に育ててもらったのに、彼に大事にされていないようなこの結婚の進み方に思う両親への申し訳なさ・・・
38歳・・・これが結婚へのラストチャンスかも!?という不安・
すでに会社に結婚を報告してしまっていること・・・
もう、どうしてよいのかわからなくなっております。
結婚の取りやめも含め、上記の件で何度も話し合いましたが
彼はブレません。
私とは結婚したいけど、私が彼の条件を飲めないのであれば
破談も仕方がないと思っているようです。
このままナイナイずくしで結婚するのか、しないのか、ブレない
彼に、ブレてる私なので、ブレてる側の私が我慢するのがいいのか?
結婚・破談・考え方・気の持ちよう・・・どのようにしたら良いかと
思われますでしょうか?

【拙回答】

結婚へと向けて・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

結婚へと向けた不安と迷い・・これまでにも下記のようなご質問もございました。

問い「婚約中ですが、不安です」
http://hasunoha.jp/questions/374

問い「周りの友人が羨ましくてたまりません。」
http://hasunoha.jp/questions/290

そうですね・・何が大切となるのか、何を優先させるべきか・・様々に異なる人間同士、お互いに多少のすれ違いが生じるのも仕方のないところでもありますが・・もちろん、お互いの心の繋がりが大事ですが、その現われとなる形も大事にしたいものですよね。。

振り返りますと、拙生の結婚の際にも、確かに拙妻から色々と条件がございましたね。。

婚約指輪、結婚式、新婚旅行、新居のことなど・・そんなことにまで拘らなくても、とにかくお互いが想い合って心が通じていればいいんじゃないのかな・・と思う面もありましたが、女性として、やっぱり結婚への憧れや夢や希望もありますから、できるだけ努力し、喧嘩ももちろんありましたが、何とか頑張らせて頂いたかなと振り返ります。それでもご不満も色々とあった(る?)とは思いますが・・この回答を見てしまう可能性もございますので、ここでも未だ至らぬことの反省の念を表させて頂いておきます。

さて、お相手の方にとっては、二度目でもぶーみん様にとっては一生に一度のことになるでしょうから、そこはやっぱりしっかり配慮してほしいものですよね・・

できるだけ話し合って、お互いに良き落としどころでうまく何とか進められると良いのですが・・そうですね・・一番の懸案としての両親へのご挨拶については、後々でも機会は伺えるのではないかとは存じますし、先にご挨拶すべきを・・との気持ちをお手紙か人づてかで先に伝えておいても良いのかもしれませんね。

とにかく、まずはお互いの心の繋がり合い、愛情を大切に、それらの思いが形としても調って、仲睦まじくに過ごして参りたいものでございますね。

あとは・・吉野弘氏の祝婚歌を下記問いの拙回答にて扱わせて頂いておりますので、少しくご参照頂けましたら幸いに存じます。

お幸せを祈念申し上げます。

http://hasunoha.jp/questions/374

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「家族との関係で悩んでいます」

問い「家族との関係で悩んでいます」
http://hasunoha.jp/questions/394

【ご質問内容】

 4歳違いの兄(長男)と二人兄弟です。小学校の頃から私が疎外されていると感じていて、明らかに冷遇されてもある意味納得していました。
 高校の頃にグレた私にも原因はあると思いますが、親には信用されていなかったようで、後に聞いた話ですが、母は私のあることないことを親戚に言い回っていたそうです。
 二十歳の頃、兄の婚約とその後の婚約解消を祖母から聞きました。女性と付き合っているのは知っていましたが、親からは何も聞かされず「またいつものやつか」と気にしないようにしていました。
 結婚して歳も40に近づき、「今までいさかいもあったけれど、育ててもらったのだから水に流そう」と月に1~2回は電話して、話を聞くようにしていました。
 その後、好きだった叔父が癌になっているのを知らされず、お見舞いに行けないまま亡くなりました。「何で教えてくれなかったのか?」と頭に来ましたが、腹に収めていました。
 同時期に兄から突然「実は離婚していて、今度再婚する」とのメールが来ました。また、私に知らされなかった事に怒りを覚え、両親に「なぜ、私のある事ないことはふれ回るのに、大事な事は知らせてくれないのか?ただ、兄には幸せになって欲しい」という内容の手紙を出しました。
 兄の結婚式には出席しましたが、正直行きたくはありませんでした。再婚がどうのという事ではなく、「また、蚊帳の外か」という不信感からです。
 その後も仲の良かったいとこの死も知らされず、子供の頃お世話になった親戚も亡くなったのを私にだけ知らされないまま、葬儀は済んでいました。それでも、怒る気持ちを抑えていました。
 去年、実家に置いてあった、私の趣味にとって、必要不可欠な物が無い事に気づきました。実家には空き部屋があり、滅多に使わない物は了解を得て置いていました。
 その趣味は十代から、私の生きがいであるのは両親も知っています。何度も実家に行き、家中探しましたがありません。両親は「捨てていない」と言いますが、結局、見つかりませんでした。ある程度重く、大きな物ですから、捨てない限り無くならない物です。
 それから、今までの疎外感と相まって、糸の切れた凧のように、完全に家族と心が離れてしまいました。
 以後、私から連絡する気持ちになれません。もう、一切関わりたくありません。そういう気持ちをどうすれば良いのか、アドバイス頂ければ幸いです。

【拙回答】

振り子を振らない

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご家族との関係でのお悩み・・肉親間の愛憎劇においては時に色々と難儀なる醜いことが生じてしまうことがございます・・このことに関しまして以前に下記各問いにても少しくお答えさせて頂いております。

問い「身内の裏切り」( http://hasunoha.jp/questions/371 )・問い「父親と良い関係が築けません」( http://hasunoha.jp/questions/198 )・問い「兄との関係」( http://hasunoha.jp/questions/80

さて・・肉親間の愛憎劇の原因については、それぞれにおけるお互いの「愛情」の事情、度合い、偏りにもよるでしょうが、肉親であるからこその期待や、肉親だから当たり前という思い、あるいはまだまだ甘えられるという思いなどによるとらわれも大きく影響しているのではないかと考えることができます

そして、例えば、まだまだ期待できる、当たり前だ、甘えられると思っていればいるほどに、例えばそれが振り子のようなもので、振れれば振れるほどに、今度は、逆のこと、裏切られたこと、期待はずれになった場合に、振り子が逆にも大きく振れていくことになってしまいます。もちろん、振れてしまった振り子を理性の働きにより真ん中で止めることができれば誠に良いのでしょうが、そうならず怒りや憎しみの感情が勝ってしまい、振り子が逆に振り切れば振り切るほどに、やがて悲劇が起こってしまうことになってしまいかねません・・

仏教としましては、できるだけどちらにも振り子を振りすぎないように気をつけることを目指します。もしくは、始めからどちらにも振らないように心掛けるということとなります。いわゆるこれが「中道」ということになります。

この度においては、例えば、肉親だから、親だから、兄弟だから、これこれして当たり前だ、当然だ、期待できるという思いを少し外してみる必要があるのではないかと考えております。

そのようにして、コミュニケーション、情報収集も、肉親だから・・・という言い訳をなくせるように調えていくことで、ある程度現実的な対応を粛々と取ることが一つの有効な解決方法になるのではないかと存じております。

川口英俊  合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16

問い「愛して欲しいと願う事」

問い「愛して欲しいと願う事」
http://hasunoha.jp/questions/376

【ご質問内容】

先日彼女との事を相談させて頂きました。

ここではもう一つ相談をさせて頂きたいと思います。

なぜ、今の彼女とは上手くいってないのか。根本的な問題は何かと考えた時に僕は「愛されてる」と感じないから不安になったり、イライラするのだとわかりました。
僕にとってそれは連絡の頻度だったり、会いたいと言われる事です。
しかし相手は連絡は別に取らなくても平気、今は忙しいからそんなに会えない。
だから僕は愛されてないと感じ、相手も愛してないんじゃないか?と不信感が拭い切れません。

でも、それは僕が頼んでしてもらう事でもないと思うのです。僕は嫌な奴なので、頼んだからしたんだろ?とめんどくさい考えになってしまいます。

もしかしたら彼女なりに好きでいてくれて、表現をしないだけなのかもしれませんが、伝えてもらえないと僕はわかりません。伝えてるのかもしれませんが、僕にはわからないのです...

ですが、伝えて欲しいと何度もした結果が別れ話に繋がるのでもうしたくもありません。またその話?と相手を不快にもさせたくありません。いや、不快にする事が別れに繋がるので怖いんだと思います。

八方塞がりなのはわかりますが、何かアドバイスがあったらよろしくお願いします。

PS
一度別れることになった時、完全に僕に対する向こうの気持ちは0に近くなったと思います。今どうなのか聞く事すら出来ません。

【拙回答】

「愛」という漢字は・・

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「愛」という漢字は、「心」を「受」けると書きます。

相手の心を受け止めて、相手も自分の心を受け止める、この心の受け止め合いが、まさに「愛し合う」ということになります。

もちろん、この愛も、どちらかの一方通行だけの偏った愛では、お付き合いもなかなかうまくいかないことになりかねないものとなってしまいます。

前回の問いにては、「思い合い、支え合い、助け合い、支え合いのバランス関係」の重要性を述べさせて頂きました。

やはり、このバランス関係を保つためにも、お互いの心の受け止め合い、つまり愛し合いが大切となります。

もちろん、愛情のカタチ、表し方は人それぞれにあって、あえて口に出して表現しない、行動で示さないというものもあるかとは存じます。

そのため、一方的に、自分は愛されていない、相手は自分を愛していないと決め付けるのではなくて、この度は、お互いの適切な距離感を図りつつ、相手の負担やストレスとならない度合い、間合いを突き詰めて、それから、上手に自分のペースにも合わせてもらえるようにコミュニケーションを取っていくのが良いのではないだろうかと存じております。そのあたりの駆け引きは、もちろんわざとらしくなると、相手に嫌がられてしまうでしょうから、少し自分が忍耐すべきは忍耐しつつ、相手に合わせて少しずつ少しずつに自分の求める愛情のペースに相手にも慣れてもらえるようにしていくのが望ましいかとは思います。

とにかく、あまり焦らないことです。急いては事を仕損じてしまいます。

前回にも引用致しましたが、「がんばってみるよ やれるだけ がんばってみてよ 少しだけ なんだかんだ言っても つまりは 単純に 君のこと 好きなのさ」(作詞・作曲 山崎まさよし氏)で参りましょう。

あ、そうだ、せっかくなので、「思い合い、支え合い、助け合い、分かち合い」を「思い愛、支え愛、助け愛、分かち愛」としておきましょうかね。。

川口英俊 合掌

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/

これまで拙生が回答させて頂きました内容は下記にてまとめて閲覧して頂くことができます。
http://hasunoha.jp/users/16
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ